『逃亡者 木島丈一郎』

December 20 [Wed], 2006, 23:44
録り溜めしていたビデオを消化。

いや、カッコ良かったです。

ていうか、普通に面白かったです。

変にサイコ方面に持って行かずに

素直じゃない叩き上げの

現場刑事っていうか、

泥臭い、人情臭い感じがいい。

わざとらしくないし。

スピンアウトとしては

木島さんのファンを増やしたのではないかと思う。

個人的に好きなのは

交渉課準備室の倉橋君(ムロツヨシさん)

の活躍というか

使えるような使えないような

キャラが好きw



EDで

『交渉人 真下正義』

に繋げていく様な作り方も好み。

エンドロールが終わってからの

「メリークリスマスだ、バガヤロー!」

にシビれます☆

『役者魂』#10

December 20 [Wed], 2006, 23:32
最初の頃

あまりのありえなさに

「本当に君塚さんの本!?」

と思いましたが

本当に面白かった。

うちは家族全員で観ています。



役者はみんな好き。

演技派の人が多いのではないかと思う。

松たか子さんと藤田まことさんとプリクラなんか撮れたら

家宝ですよ。



今週の名台詞。

「あんたたちは、お荷物なの」

「嘘、ってこういうときに吐くんだね」

「この家も、泣いているのか」




本能寺海造曰く

「人生は舞台。人は皆、役者」

なのだそうだ。

あああああー!!!

December 12 [Tue], 2006, 8:24
独語のテキストがないー!!!

・・・orz

ラストサムライ

December 11 [Mon], 2006, 2:04
テレビでやってた。

前半ちょいダレるけど

森の霧の中から騎馬が出てきたシーンから先は

かなり面白かった。

ていうかカッコイイ☆

生活そのものが

(多少の幻想が混じっているとはいえ)

非常に重厚。

ていうか質実剛健?

を絵に描いたような。

天子が七之助さんで

やはり巧さが光る。

真田さんや謙さんは

やはりオイシイ役ですねw

トムさんも流石というか

役者ですね。

最初の頃は

ポン刀の扱いが不慣れで

とても素人くさいのに

最後にはしっかり身体の一部にしているという。

ラストの謁見のシーンが

なかなかに物語を引き締めていて

良いと思いました。

アクションだけではない

「生き様」

のお話でした。



「死に様を教えてくれ」

「生き様をお教えしましょう」
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる