『役者魂』#10

December 20 [Wed], 2006, 23:32
最初の頃

あまりのありえなさに

「本当に君塚さんの本!?」

と思いましたが

本当に面白かった。

うちは家族全員で観ています。



役者はみんな好き。

演技派の人が多いのではないかと思う。

松たか子さんと藤田まことさんとプリクラなんか撮れたら

家宝ですよ。



今週の名台詞。

「あんたたちは、お荷物なの」

「嘘、ってこういうときに吐くんだね」

「この家も、泣いているのか」




本能寺海造曰く

「人生は舞台。人は皆、役者」

なのだそうだ。

のだめカンタービレ Lesson6

November 25 [Sat], 2006, 21:49
佐久間さんがミッチーで来るとは思わなかった!!!

『夢色☆クラシック』

の雰囲気をこれ以上的確に

自己陶酔的に

かつちょっとイタイ感じにw

表現できる人は他にいまい!



云い忘れてたけど

峰の親父さんも

いい感じの役ですよね〜。



ぼちぼち清良の活躍が目立ってくるところ。

それから

黒木君や菊池君にも期待したい。

のだめカンタービレ Lesson5

November 14 [Tue], 2006, 9:40
最初の15分観逃した!

でもオケ部分はちゃんと観れたし

おk。w

録画も初めて録り逃してしまった。



なるほど、ああいう構成だったのか

と、感心。

やっぱりミルヒーの竹中さんは

ちょっと無茶なんじゃないかなぁ。。。

少しくどくなってしまう。

Sオケメンバーの顔が段々覚えられてきたが

特に目立つ峰とかいいっすね☆

あと

スカーレット・オハラの真澄ちゃんw



第5話は

ギャグよりは

ちょっといい話テイストでした。

『地獄少女』のドラマ。

November 12 [Sun], 2006, 3:10
実写やってたんだ!!!

びっくりしましたよ。



なんかこう・・・

いい具合にB級臭い

微妙な作風ですねw

のだめカンタービレ Lesson4

November 07 [Tue], 2006, 0:17
清良の出番が増えてきましたね。

それにしても真澄ちゃんがウケ過ぎる。

あと『プリごろ太』

ガチでアニメ作ってるじゃんw



今回の観所は

こたつエピソードをマジでやった!

ってとこですね。

いや、明らかに

ストーリー上特に必要ないエピソード

だと思ってたから。。。



あってうれしかったんですがね♪

相棒X 第4話「せんみつ」

November 01 [Wed], 2006, 22:46
「せんみつ」って千に三つしかホントの事云わない

大嘘吐きの事を指す言葉だそうです。

別に心理戦が繰り広げられたわけじゃありませんが

嘘って面白い。。。

基本的に

嘘の嘘を見破ったり

沢山の嘘の中の本当とか

嘘の嘘が本当とは限らないという

途方の無さが面白いですよね。

日本シリーズ第5戦。

October 26 [Thu], 2006, 18:34
一回裏ツーアウト満塁。

バッター六番新庄。

初回から盛り上がってます!



・・・と思ったら三振したw

日本シリーズ第4戦。

October 25 [Wed], 2006, 23:44
家帰ったらもう日ハムが勝ったところでした。

新庄選手

明日は絶対何かやるはず。



そして相棒見逃したー!!!

相棒 第14話「アゲハ蝶」

January 26 [Thu], 2006, 0:55
テレビ観てblog書いてる場合じゃなくてテスト勉強した方がいいと思うけど、

「御飯食べながら観てたし」

と、自分に言い訳。

ダメ人間だもの……orz



でも相棒はやっぱり面白いです。

暫く観てなかったんですが、今日は観たので。

水谷さんの「〜、かもしれませんねぇ」というのは口癖を越えて名台詞と云えるんじゃないでしょうか。

毎度ながら脚本が「やるな、おぬし」って感じなんですが、

前に観た回は右京さんの過去から窺える意外な(または面白い魅力的な)一面の話でしたが、

今回は亀山くんの『昆虫博士』の一面が描かれてました。

これによって最近右京さんの影に隠れがちだった亀山くんのキャラクター性が再び存在感を主張したんじゃないでしょうか。

今回はゲストの板谷由夏さんの役がかなり美味しかったんじゃないですかね。

競売のシーンは見物でした。

それぞれの役者さんの魅せどころです。

脚本としてはやはり最後のオチでやられましたね。

蝶の見せた「幻想」、かもしれませんねぇw

恋するハニカミ!

January 16 [Mon], 2006, 19:59
何か観たくて録画してあったのを今日観た。

1/7放送回と思われる。

小出恵介さんと新垣結衣さん。

今回の感想は新垣さん無茶苦茶可愛くて美人だな、ってことくらい。

小出さんはすっげーイケメン(実はこの形容詞嫌い)ってわけじゃないけど、素朴で真直ぐな青年という印象でした。

両者ともにあんまり良く知りませんでしたが。



この番組は結構好きで機会があったら観てます。

シチュエーションが馬鹿馬鹿しいし、やるのもこっぱずかしい。

でも何故か微笑ましい。

確かにこっちが(こっちも?)「はにかむ」

普通じゃ絶対しない事とか、こういうルールがあったらそれはそれで楽しいでしょうね。

ある種罰ゲームに似てる気がしますw



あーでもこれ観るとキュンキュンしちゃうから、軽く恋愛シタイゾ病になってしまうのが問題。

余談ですが去年一時期東京ドームシティで「ハニカミ」が体験できるアトラクションがあったみたいです。

やりたかったなーorz
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる