きゃらぶき

May 05 [Mon], 2014, 9:05
春になると野菜売り場に並ぶ物の1つに「つわぶき」がある。

春の食材である「ふき」だけど、食べられるようになったのは、ごく最近のこと。
それまで「ふき」の良さをわからなかった。

本当に、20代後半まで好き嫌いが多く、食わず嫌いも多く、お酒もあまり飲まなかった。
今思えば、とつも損した気分…


そんな「ふき」、とりあえず「きゃらぶき」らしきものを作ってみた。
筋をとる必要もないし、下茹で、あくぬきだけで、あとは調味料と煮るだけ。

つわぶき一束を4〜5cmに切り揃え、下茹で、あくぬきをして、
お酒、みりん、醤油を各大さじ3、
砂糖を大さじ1、
お水を1/2カップで煮詰めて出来上がり。

ちょっと味が濃かったかな?
でも、それを喜んで食べる2歳児って…( ̄▽ ̄;)

釘煮

May 05 [Mon], 2014, 7:09
いつも行っているスーパーマーケットに、「新物」と印を付けられた「かなぎちりめん」が並んでいた。

「かなぎ」って通じるのかな?
「いかなご」の方が正式?

普通のちりめんじゃこより大きい。
神戸の辺りでは、各家庭で釘煮を作って、ご近所におすそわけをする習慣があるそうな…

もちろん、かなぎちりめんは塩ゆでされているから、そのままでも食べられるのだろうけど、太く大きいので、釘煮にしてみたい気持ちがフツフツわいてきた。

初めて作るので、味加減がわからない。
普段作る佃煮より、甘い印象があるので、そんな分量。

300gのかなぎちりめんをサッと水洗いして、塩気を抜く。
お酒、みりん、醤油、水を各150mL、
砂糖150g、
千切りにしたショウガを2片分。
調味料とショウガを鍋にいれて沸かし、沸いたところにかなぎちりめんを一掴みずつ入れて、全部入れ終えたら落し蓋をして、水分がなくなるまで煮詰めて出来上がり。

さて、どんな味になるのか…

あさりの佃煮

May 02 [Fri], 2014, 9:05
旬のあさり、
先日、スーパーマーケットで、大ぶりのプリっとしたむき身が並んでた。

普段は殻付きしかお見掛けしないのに、冷凍ではない、国産あさりのむき身。
しかも、きれいにむき身になっている。

なので、なんの目的もなく買ってしまった(笑)

帰りながら、何にするか考え、佃煮にしてみた。
(その日は晩御飯メニューが決まっていたので…)

あまり難しく考えず、
酒、みりん、醤油を各大さじ3、
砂糖を大さじ1、
千切りショウガを1片分と、あさりのむき身を小鍋に入れて、ヒタヒタにお水を足して、煮詰めてみた。

つやつやした、あさりの佃煮ができた。
ちょっと、実山椒も入れてみたくなった…

その時季になったら、また作ろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年1月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Saxophone演奏
    ・クッキング-男の料理
    ・お酒-呑むこと大好き
読者になる
【家族構成】
kao(嫁ちゃん)
soir(娘)
to-me(息子)

2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31