平尾台ピクニックコンサート

July 29 [Mon], 2013, 20:50
昨日の第20回平尾台ピクニックコンサート、とても盛り沢山なコンサートになった。

「ピクニック」コンサートとは名ばかり、「満腹」コンサートだった。


平尾台自然の郷、高原音楽堂がコンサート会場なのだが、これが野外ステージ。
ステージにこそ屋根はあるが、そのほかは芝生のひかれた観覧席。

当日はかなり早めに会場入りしたので、車にビニールシートを取りに戻り、
(これが駐車場までかなり遠い(笑))
なんとなくぱらつく雨に嫌な予感もしつつ、
でも天気予報では午後から雨は降らないという予報を信じた。
一応、傘はあった。

いよいよ開演30分前になったとき、終演後は時間が遅くなるから子供たちは早めの晩御飯中、
「パラパラパラ」、「ボトッボトッボトッ」、「ザザザザザー」、と突然の大雨。
芝生にビニールシートを敷いていたが、瞬く間に水たまり。
もちろん、身動きもとれず、座ったお尻から脚にかけてずぶ濡れ。
かろうじて上半身は傘のおかげでしのげたが、とても尋常ならざる濡れっぷり。

周囲状況も皆同じ、
何回もこのコンサートに来ている人かな?レインコートを着ている人もいたが、
とてもコンサートが開ける状況ではなかった。


緊急措置として、ステージ上前方にシートを敷き、
演出ステージをステージ後方、観客席がステージ前方という、
コンサートではなく、まるで公民館の演奏会のような状態。

それでも演奏会は決行された。

雨が一向にやむ気配はなく、コンサートスタート。


いきなり開演ファンファーレよろしく、須川展也サックス・バンドの演奏開始。

今回、突然の雨というハプニングだったが、結果として良かったことは、間近で生の演奏が聴けること。
観客席では、スピーカー越しの演奏になり、全く違っていたらしい。
(あとで聞いた話)


サックス9本とピアノの音に圧倒されてしまった。

今回のコンサート、サックスバンドだけではなく、
そのほかにもシンガーソングライター冨永裕輔氏や
トリオ・ロス・ファンダンゴスなどの演奏もあり、
プログラム内容もおなか一杯。

このシンガーソングライター、歌が上手かった。
恥ずかしながら、全く知らない人だったのだが、こんなに上手いなら、ファンも増えていくであろう。

トリオ・ロス・ファンダンゴスはアルゼンチンタンゴの演奏。
とても熱い、エネルギッシュな演奏。
特にあのピアノは素晴らしかった。

この団体の演奏のおかげで、我が家では
「ほんの首の差〜で〜、負けちゃあったの〜よ〜」がエンドレスリピート…

そして、須川展也サックス・バンドだが、須川さんソロのカッチーニ「アヴェ・マリア」から開始。
CDではよく耳にする須川さんの演奏だけど、
今回こんな近くの生演奏、本当に特等席としか言いようがない場所で聴けたのだが、
須川さんの音がこんなにも美しいのだということに改めて気づいた。

これはCDではわかりえないところだと思う。

たぶん、通常のホールでも、気づかないのかもしれない。

でも、本当に音が美しい。

きっと一つの音を出すだけでも、美しさのために気を付けていることが相当あるんだろうと思った。
まだまだ、意識しないで適当に吹いている自分の未熟さを思い知らされた。

ブエノスアイレスの四季からサックスバンドも加わり演奏開始。
この曲はソロフューチャーではなく、ピアノを含めた10重奏の演奏。
春夏秋冬のいいとこどりメドレー。
冒頭のテナーソロにすでにやられました。

ここから、この素晴らしいサックスバンドアンサンブルの世界に引き込まれた。

スカラムーシュ、須川さんソロフューチャーの全10重奏。
今までに聴いたことがないスカラムーシュ。
あっちこっちからサックスのうごめく音が聞こえ、少しの混乱と、ものすごい興奮を覚えた。
ピアノもしくはオーケストラとアルトというのは聴いたことがあったが、
全編サックスと共演というのはとても新鮮な感覚。
まるで、主題を同じにした別の曲のような感覚だった。

スペインの曲を集めたマドリッド・インスピレーション。
これはぜひCD化してほしい。
こんなに楽しくて興奮できる曲に出会ったのはいつ以来だろうか?
知っている曲が連なり、折り重なって、情熱の国スペインを見事に表現した曲だと思う。

プログラム最後にアルメニアンダンスT、
須川展也指揮、サックスバンドの8重奏+ピアノの演奏だったが、
吹奏楽経験者がこの曲を聴いて心躍らないわけがない。
特に終盤からクライマックスにかけての高揚感、自分も楽器を持って加わりたい衝動に駆られる。
願わくば、聴衆としては須川さんも指揮ではなく演奏で一緒に吹いてもらいたかった。
(だって、背中しか見えないんだもん…)

とても盛大な拍手の後、アンコールにグラナダ、イケイケバージョン(笑)。
もう、いうことがありません(笑)

豪雨だったにもかかわらず、大盛況のうちに終演。
とても感動して、楽しめて、心躍る演奏会でした。
本当に満腹(笑)


ずぶ濡れになり、汗の臭いと生乾きの臭い(知っている人ならわかる、剣道着の臭い)、
日が落ちて明るいステージに群がる虫たち、
わけもわからずテンションアゲアゲな子供二人、など様々な状況が折り重なり、
終演後にご挨拶に伺えず、早々に会場を後にしてしまった。

だって、臭いんだもん、自分自身が。
この臭い、自分の臭いなのに自分が耐えられない(笑)

でも、こんな思いをしても、行ってよかったコンサートだった。
もしかしたら、こんな思いをしたからこそ、こんな良い思いをしたのかもしれない。

また、明日から、楽器の練習頑張ろう。
こんな自分の演奏でも聴いてくれる人がいるのだから、
聴いてくれる人のために自分のできる精一杯を発揮できるように、
そしてその精一杯をもっと大きくできるように頑張ろう。

スピーカー購入

July 21 [Sun], 2013, 6:08
スピーカー、買ってしまった。


今年も、例年同様に、高齢者施設の納涼祭にお呼ばれしました。

今回も、演奏をさせていただけるとのことで、
例年、施設のラジカセをお借りして、
音割れ気味にカラオケCDを流して、
それでも聴こえにくいこともあり、
今年は意を結して自前でスピーカーを購入した。


Bluetooth対応の充電式にもなる、
BOSEのスピーカー。

ヨドバシ○メラで、いくつか聴き比べをしたが、
音質、音量、大きさ、携帯性を考慮した結果、このスピーカーになった。


何気に人生初のBOSEスピーカーだ。
やっぱり音質は、これまでのミニコンポ等とは比べ物にならない。

このスピーカーで、
スマホに保存した音源を再生すれば、
施設の機材を使わずに演奏ができる。


良い買い物ができたと、満足している。

とある貼り紙…

July 21 [Sun], 2013, 5:48
お寺さんを訪問した折、
車を停めるため駐車場に行くと、
ちょうど停めた正面に、この貼り紙。


エンジンではなく、「エンヂン」なのだ。

確かに、発音は同じだ。
でも、パッと見て「エンデン」とも読んでしまいそうになる。

場所が場所なので、文脈から意味はわかる。

でも、「エンヂン」…


いや、もしかしたら、これが正しいのかもしらん…
仏門になるとジはヂなのか…?

ゼイタクTKG

July 19 [Fri], 2013, 7:38
最近は、あまりTKGって言葉を聞かないね(笑)


卵かけご飯。


あ、ちなみに「卵」と「玉子」の使い分けって、
生なら卵で、火が入ると玉子らしい。
だから、「生卵」であり「茹で玉子」らしい。

ま、どうでもよい話…



今朝は、贅沢をした。

頂き物のからし明太子をほぐしたものを炊きたてご飯に乗せ、
卵黄をon!
ちょいと醤油をかけて、混ぜ混ぜしてかきこむ。

卵の濃厚さと、からし明太子のピリ辛、なかなかの贅沢味を、朝からいただきました。

タブレ

July 17 [Wed], 2013, 20:15
今日、会社の研修で、海沿いにある会社の研修所にいた。


海の見える大きな窓のある研修所。


夏の海に夏の空、とても仕事をするシチュエーションではないが、
仕事であることを否定する材料がない。


そんな折、会社の仲間から、
「キンキンに冷えた白ワインが飲みたい」と悪魔のような囁きが…


もう、頭の中は地中海。


研修が終わって、家に帰りながらも、
頭の中から地中海気分が抜けない。

なので、夕食の気分だけ地中海風にしてみようと、タブレを作った。


タブレは、クスクスを使った、フランスの国民的サラダとも言うべき一品。

クスクス?
北アフリカで主食のような、世界最小パスタ。


クスクスは、固めに戻したいから、
100mLのクスクスに対して、
塩1つまみ、オリーブオイル大さじ1を和えて、
お湯を80mL加えて混ぜ、ラップをして蒸らす。


みじん切り玉ねぎ、半個分、種を除いてやや幅のあるいちょう切りしたキュウリ、1本分、5mm角に切ったピーマンに小さじ1程度の塩で塩揉みをしてしばらく放置。

ごく少量のすりおろしニンニクと、少しのカレー粉、小さじ1程度のクミンパウダーとコリアンダーパウダー、胡椒少々、砂糖小さじ1、大さじ2のレモン汁、大さじ1のビネガー、大さじ2のオリーブオイルを混ぜてタレにする。

塩揉みした野菜の水気を絞って、
ざく切りトマトとタレも一緒に戻したクスクスにあわせて、
全体を混ぜて、冷蔵庫で冷やす。


さっぱりしたサラダで、キンキンに冷えた白ワインにぴったり。


その白ワインが無いけどね…


わりと簡単にできるサラダで、夫婦二人、好きなサラダの一つ。


でも、実は本場のタブレは知らないから、
僕の作ったタブレが正解かは不明…

干しエビとワカメの炊き込みご飯

July 17 [Wed], 2013, 7:13
家の近所に、安売りを謳い文句にしているスーパーマーケットがあって、
そこで、干しエビが1パック80円という、驚異な商品があった。


お好み焼きやサラダのドレッシングに重宝する。


そんななか、何かしらの情報で、
桜エビとワカメの炊き込みご飯と言うものをみた。
なんとも美味しそうだった。
桜エビとお茶の炊き込みご飯でも良さそうだが、そういうのは静岡の誰かにお願いするとして、
一般庶民は、原価の比較的かからないもので炊き込みご飯を作ってみる。


干しエビとワカメの炊き込みご飯


ワカメは韓国産塩蔵ワカメをざっと洗い、細かくカット。
(韓国産だからというわけではないが、キッチンバサミでザクザクと)
3合のお米に対して、
酒大さじ2、薄口醤油大さじ2、塩小さじ1を計量カップに入れ、水で540mLになるように調整して、鍋に入れ、干しエビとワカメを好きなだけのせて、普通に炊く。

今回は厚手のストウブ鍋で炊いたので、水加減を3合に対して3合だけど、
炊飯器なら3カップでいいかも。

干しエビとワカメから出汁が出るので、あえて出汁は使用せず。

干しエビとワカメの香りかおる、美味しい炊き込みご飯になりました。

子供たちだ食べる食べる(笑)

追い山(山笠)

July 15 [Mon], 2013, 7:47
今朝は超早起き。
3:30に目覚まし時計をセットしたものの、
2:30に目覚めてしまった。

soirを3:30に起こし、
箱崎駅発4:01の臨時列車「博多山笠号」に乗って博多駅へ。


ぼちぼち歩いて、真言宗九州総本山、東長寺を目指す。

祇園に差し掛かると、4:30というのに、
すでにものすごい人だかり。
交差点を渡れないほど。


東長寺の前を陣取り、待つこと30分。
その間に、背の低いsoirは、ご厚意で、
恐らく早くから場所取りしていたのであろう、大学生風の若者集団に最前列の場所を提供してもらった。
なんと運のいいやつ…


さて、山笠はこの東長寺にも奉納される。
この観覧ポイントは、山が旋回する場所。
勇壮な博多の男たちの姿、
そして、小学生くらいの子供たちが駆けていく姿、
テレビでは幾度となく見ているが、
実際の生の姿は今回が初めて。

こんなに感動を覚えるのはいつ以来だろうか?


770年続く、この博多の伝統祭、
やっぱり、山笠があるけん博多たい!
これからも残していきたい博多伝統の一つです。

鶏皮ポン酢

July 11 [Thu], 2013, 21:45
最近の定番おつまみ。

鶏皮ポン酢


作り方を知ってから、ほぼ毎週のようにつくっている。

ものすごく簡単。


鶏皮を買ってきて、
深白ネギの青いところと一緒に、
灰汁をとりながら一時間煮るだけ。

茹でたら鶏皮を取りだし、冷ます。

ゆで汁は、チキンスープとして使える。

一応、1日程度鶏皮は冷蔵庫で冷まして、
食べる前に千切りにして、青ネギ、柚子こしょうを添え、
ポン酢醤油をかけて出来上がり。


ポン酢醤油は、
大さじ1の砂糖、各50mLの醤油、味醂を鍋に入れて火にかける。
沸いて、味醂のアルコールを飛ばし、火を止め、
50mLのポン酢を加える。
保存小瓶に、出汁昆布と花かつおを入れておき、
鍋のものを熱いうちに小瓶に注ぐ。

ポン酢醤油も、1日以上おいた方がいいみたい。

毎週作って、鶏皮ポン酢を週二回は食べるね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年1月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Saxophone演奏
    ・クッキング-男の料理
    ・お酒-呑むこと大好き
読者になる
【家族構成】
kao(嫁ちゃん)
soir(娘)
to-me(息子)

2013年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31