2012年門下発表会告知

November 30 [Wed], 2011, 21:36


いよいよ門下発表会が近づきました。

年明け早々、波多江先生門下生の発表会が、
今回は平賀美樹先生の門下生と合同で開催されることになりました。

2012年1月7日(土)13:00開演
幡ヶ谷KMアートホールにて

いつものように講師演奏もあります。


私は僭越ながらトマジのバラードを演奏します。

ほかの出演者はデザンクロのPCF、イベールのコンチェルティーノ、
グラズノフのコンチェルトやデュクルックのソナタ、
ファジーバードやプロバンス、
ヴィラ=ロボスのファンタジアやヒンデミットのソナタ、
マルチェロやフランクなど、、、

みんな、ここぞとばかりに大曲ばかり。
とにかく盛りだくさん。

開演時間は予定で6時間にもおよびます。

どれもみんな本気で取り組んでくるから、この発表会はとにかく有意義。
演奏することもそうだけど、
ほかの門下生の演奏を聴くこともすごく刺激になる。

次の発表会に向けての活力を、
毎回の門下発表会で得ています。


前回のレッスンを受けて、残り1か月、
いい演奏が披露できるように頑張って練習します。

レッスン防備録

November 29 [Tue], 2011, 17:01
先週の土曜・日曜はレッスンのために鹿児島まで行ってきました。


鹿児島滞在、18時間。
移動時間、7時間。

鹿児島到着したら、そのままシダックス。
音だし、練習後、ホテルにチェックインして、レッスン会場へ。

結構ギリギリについてしまった。


レッスン後はいつものように飲み会。
今回、他にレッスンを受ける学生さんが主体となって開催され、学生に混じって参加させてもらいました。

翌朝は先生をホテルから会場までお送りして、早々に帰路に。

日曜日の午後はまた別件があったのでね…。

鹿児島に行った感じがしない。
鹿児島らしいものといえば、
黒い車が白っぽくなったことくらいかな?

恐るべし桜島の火山灰…


レッスンはというと、
やっぱり、同じことを言われてばかりだな…。

今回の課題は、
ビブラート
かけ方がおかしい。
そりゃそうかな?
ちゃんと練習した記憶がない。

きちんとメトロノームに合わせ、
かけた時とかけてない時の音色が変わらないようにすること。
かけてない時の音色がつぶれないこと。


アーティキュレーション
指とタンギングが合わない。
まずは指が正確に動いているか確認。
セパレートと音の処理。


低空飛行
しっかりキープすること。


大きくまとめるとこんな感じかな?


今回は家でkaoちゃんレッスンも受けて、波多江先生のレッスンに挑んだんだけど、やっぱり先生に見抜かれます。

やっぱりレッスン受けてよかった、って毎回思う。

次は、年明けの本番直前しかないので、確実に仕上げていかないと、、、

絶対に後悔しない演奏したいから、もっと練習頑張ろう。



今回の鹿児島レッスン、
コーディネートしていただいた、鹿児島の楽器屋、十字屋さん、
飛び入りなのに、快く飲み会に参加させてくれたK大やK国際大の学生さんにも感謝です。


なんと、学生さんから
「どこの学生さんですか?」って聞かれた。
一回りも違うのに学生と思われてた。

まだまだ、若作りできるらしい…

再始動

November 28 [Mon], 2011, 14:42
先日、私は人として、してはならないことをしてしまいました。

謝っても、反省しても、とても許されることではありません。

そして、多方面に渡り、多大なご迷惑をかけました。


ブログの閉鎖やmixiの退会も考えました。


しかしながら、これまで続けてきたことで得ることができた人とのつながり、
これがなければ得ることができなかった経験、
これまでの記録や記憶、
その全てにおいて、切り離すことは、現段階において不適当という結論にいたりました。


決して反省したことは忘れません。
この事は自分への戒めとして、一生背負って行きます。

そして、今まで通り、
また、新たな気持ちで、
更新をしていきたいと思います。

直方焼きスパ実食

November 12 [Sat], 2011, 12:11




直方駅に程近いもすけさん。

検索かけて、一番近いところで行ってみました。


焼きスパって、最近直方で売り込み中のB級グルメ。

平たく言えば、スパゲティで焼きそば作った感じ。

もすけさんは、もともとがお好み焼き屋さんで、
おそらく、焼きスパのソースはお好み焼きか焼きそばソースのアレンジ。

甘めのソースで、ちょい酸味あり。
ソースだから、スパイシー。
たぶん、カツオ出汁も入ってる。

個人的には、もう少しあっさりの方がいいかも。
でも、タバスコは合わなかったな。

スパゲティを使ってるから、
食感は普通の焼きそばと違って新鮮。

あと、上の半熟玉子は嬉しい。


そういえば、学生のころ、よく行っていた、
熊本の喫茶店メニューにも同じようなモノがあったな。
そのお店、いまはもうなくなっているけど。

あぁ、懐かしい…

公開レッスン聴講

November 10 [Thu], 2011, 2:14
今日、ファブリス・モレティ氏の公開レッスンがありました。

本当は明日リサイタルがあるんですけど、
仕事の都合がどうしてもつかず、
行けないと思っていたんですが、
たまたま、先輩から公開レッスンのお誘いをいただき、
行ってきました。

リサイタルは3500円だけど、
聴講なら1000円。
不純だけど、それも助かったりする。


今回は、カルテットでベルノーの四重奏、
ソロでイベールとトマジのバラード。
どれも知っている曲だけにどんなレッスンになるんだろう、と思っていました。

特にトマジなんて今度の門下生発表会の演奏曲だし。


カルテットのレッスン。
演奏者は福岡でヤマハ講師をしている面々。
ベルノーの四重奏なんて、技術的にも難しく、吹けるだけでもすごいのに、
指摘されたことをすぐにやってのけるのはさすがです。

モレティの指導、とてもシンプルなのに、なるほどって思う。
ソロで吹くときはいいけど、4人だからねって。
メリハリつけよう。
あと、バランス。
どうしてもソプラノは強くきこえて、
テナーが沈む。
そのバランスを丁寧に合わせる。
室内楽は指揮者もいないから、奏者それぞれで考えないといけないよね。


そしてソロのレッスン。
モレティが演奏するイベールやトマバラが、断片的とは言え、聴くことができてお得感満載。

イベールをやった高校生、上手だったな。
keiちゃん見てるみたいだった。
音がとても魅力的。
もっと自分が見えてくると、もっと上手になるだろうな。

トマバラ、自分が考えていることがそのままだったし、
曲の背景も伝わったと思う。

また、門下生発表会にむけて、
練習する意欲が湧いてきた。

やっぱり、ちゃんと練習しないとだめだよね。
練習は裏切らない。
裏切られたのは、自分が練習を裏切ったから。
今回の公開レッスンでもわかりました。
しっかり練習、頑張ります。

今度の日曜日は演奏会

November 08 [Tue], 2011, 22:29


今度の日曜日は、直方で演奏会に出ます。
http://ubw-step.com/concert/index.htm

もちろん、お手伝いとして…
お手伝いというより、足手まとい?

直方と言えば、焼きスパに成金饅頭…
あと、何かあったかな?

福岡から電車で1時間くらいの所。


今回の演奏会、ゲストソリストにブラストの石川直氏が登場するところも見どころかな?
あと、ホルンに都響のジョナサン・ハミル氏がお手伝いでのるらしい。

僕が手伝いでのるのとえらい違い(汗)

そして、今回の演奏曲目がすごい。
とても普通の演奏会ではこんなプログラムにはならないですよね。

大変な演奏会にお誘いいただいたと焦っています。

こんな曲数、こなせない。



さて、このSTEPっていうバンド、
今回参加してみて、スペシャルゲストが来るということも驚きなのだが、
プレーヤーとして、
プロもいる、
プロっぽい人もいる、
ハイアマチュアもいる、
普通の人も、
……、

そんなところにお誘いいただいて、改めて恐縮している。


今回この演奏会のために、10月から合奏に参加している。
いろいろと思うところがあった。

まずは、自分自身の不甲斐なさ。
事前に数曲、楽譜はもらっていたのだが、
「ま、こんな感じでいいのかな?」なんて、
軽い気持ちで練習に参加した。
案の定、ちゃんと吹けるわけがない。
でも、上手な人がいるし、プロもいるし、
多少吹けなくてもなんとかなるよね、って思っていた。

そして、新しく楽譜をもらった。
また、難しい楽譜だった。
また同じ考えを持っていた。
そして、きっと同じように吹けない人もいるよ、
大丈夫、って甘えている自分がいた。

でも、なんかイライラする。
なんでだろう?
周りで吹けていない人がいること?

いや、違う。

吹けていない自分に対してイライラしているんだ。
そんなことに気が付いたのは2〜3週間前かな?

だって、一緒にプロ奏者が吹くのに、
こっちが吹けないと、申し訳ないと思う。

誘っていただいた先輩にも、失礼である。

で、必死にさらうようにした。
合奏での感覚を忘れないように、毎朝の練習で一通り吹く。
ここ数日の日課。

でも、ちゃんと吹けている気がしない。
前回の合奏でも、怪しいなと思ったところは当然、
できていると思ったところも、不十分だった。

どんな練習したら、みんなあんなに吹けるんだろう?

これで本番を迎える自分に腹が立つ。


でも、このバンドに参加しなければ、気付かないことがたくさんあった。
合奏のなかで音を出す時の責任、
吹けなければ吹かないほうがましじゃないかと思うくらい、
ちゃんと吹けない音を人に聴かせることが恥ずかしいし、悔やまれる。
もちろん、吹かないのは責任放棄だし、音楽にもならない。

自身をもって吹けるように練習をすることが必要なんだ。

そして、たくさんの曲を、きちんと演奏すること。
同じ曲ばかり繰り返していたら、結局指がなまってしまっている。
だから、もっとたくさん、いろんな曲を吹かなきゃ、衰退・退化するだけだと思う。

いい演奏をしたいって思う気持ちを生半可に持たないこと。
適当にいい演奏をしたいって思ったって、結局ついてこれない。
本当にいい演奏をしたいと思うなら、それだけ真剣に練習に打ち込まないといけないんだ。

今まで吹奏楽にこんなに必死になることは、コンクールの時以来なかったんじゃないかな?
逆に、コンクールだけじゃなく、いつでも真剣に取り組めば、
コンクールの結果なんてついてくるものじゃないか、なんて最近思ってしまう。

どこかの定期演奏会とか聴いても、
コンクールの曲だけしか上手じゃないところもあるもんね。

演奏に真剣に取り組むことを常としなければ、結局コンクールでも詰めが甘くなるんだろうね。


だから、今回の演奏会参加を機に、どんな演奏会でも、
ソロでも、アンサンブルでも、吹奏楽でも、
人に聴いてもらうのであれば、常に真剣に、
練習に打ち込んで本番を迎えようって心に決めました。

中途半端な片手間には絶対にしたくない。


そんなことを考える機会を、今回の演奏会参加にあたっていただきました。
本当に感謝です。

今週の日曜日、kaoちゃんも聴きに来てくれるから、
帰るときに、一緒に笑って演奏会の話ができるように、
いい演奏ができるように、
がんばって練習して本番を迎えたいです。

チケット

November 04 [Fri], 2011, 15:52
久々、海外プロオケ、チケットゲットりました。

パリ管。
ペトリューシュカ聴いてきます。

いつか聴いたイスラエルフィルの、
あの弦セクションの音が素晴らしく、
印象的で、ものすごく感動したんだよね。

それ以来のプロオケだから、かなり楽しみ。

いよいよ

November 02 [Wed], 2011, 16:22
門下生発表の開催が決まりました。

年明けそうそう、1月7日
東京の幡ヶ谷。

幡ヶ谷ってどこ?
って感じなんですけどね。
地方に住むと、東京の地名には疎いです。

初めて行く場合って不安がいっぱい。

年明けなので、いつものスーパー旅割は設定が無く、
今回はホテル付きのツアー。

ホテルも新宿辺りを探したけど、
どこのホテルも満室回答。
仕方なく、若干の馴染みがある池袋。

今回、なかなか都合がつかず、
事前のレッスンは今月末に鹿児島で、
ピアノ合わせは前日にする事になりました。

なので、金曜日午後休にして、前乗り。


やっと、二年くらい温めたトマジのバラードを演奏します。


あと、頼まれてもいないのに、
勝手にチラシとプログラム作成しています。

一応、チラシはできたけど、内容確認中。
そのうちupします。


あと二カ月くらいだけど、最後の追い込み。
今朝はkaoちゃんレッスンも少し受けて、
本番でいい演奏が披露できるように頑張りたいと思います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年1月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Saxophone演奏
    ・クッキング-男の料理
    ・お酒-呑むこと大好き
読者になる
【家族構成】
kao(嫁ちゃん)
soir(娘)
to-me(息子)

2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30