夏飲料

August 14 [Sun], 2011, 11:34

近所のファミリーマートで見つけた、「世界のキッチン」シリーズ。
これは当たりだと思う。

ちょっと甘いんだけど、暑さで汗をかいた時や二日酔いにもいいみたいな気がする。
糖分、塩分補給できるし、脱水症や熱中症防止にちょうどいいんじゃないかな?

個人的にはもう少し甘さを抑えた飲料希望。

九響鑑賞

August 14 [Sun], 2011, 11:17

ずいぶん前のことだけど、いい加減に更新しよう。

とある週末に、会社の通達で「九響の演奏会のチケットあります。希望者は申し込みを」っていう通達が出た。

プログラムを確認すると、禿山の一夜にラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲、そしてラフマニノフの交響曲2番。
魅力的なプログラム。
そして指揮は現田茂夫氏。

九響の演奏会ということを差し引いても行く価値が大いにある演奏会だと思ったので、さっそく申込み。
当選発表はチケットの発送をもってお知らせ。

おいおい、予定が立たないよ…

チケットは前日に届きました。
席番を見てびっくり、砂かぶりならぬ、吹奏楽でいえばつばかぶりくらいの前方。
ステージ全体は見渡せない位置でした。
ちょっぴり残念。


演奏は、パガニーニ、すごく素敵な曲でした。
まだまだ知らない曲がたくさんあるんだな。
ふと、パガニーニを演奏してみたくなったけど、バイオリンの難曲、とてもサックスじゃ無理だよな…


ラフマニノフの2番、あの曲大好き。
現田氏の指揮も熱いタクトで、飛んだりすることもありました。
汗が背中に染み出てきているんですけど、なんとなくそれが天使の羽みたい。
ものすごくエネルギーが伝わってきます。

が、やはり九響。
指揮が熱いのに演奏は淡々。
曲が曲だけに、もっと情熱あふれる演奏を期待したんだけど、残念。
あまり指揮者と演奏者が仲良くない印象を受けた。

コンマスをはじめメンバーの若返りが図られているようなんだけど、
結局、本筋は変わらないみたい。

コンマス就任後わずかだったからかな?
今後に期待。


でも、やっぱり生の演奏が聴けるのは有意義ですね。
また聴きに行こうかな。

三割打者

August 09 [Tue], 2011, 12:28
Hawksにはほしいけどね、
今回は、三割ヒッターっていったほうがいいのかな?


打率三割のハイトーンTp奏者。
わざわざ高い音にして、その打率なら、
上げなくて、確実に吹いた方がいい。
だって、当たってうれしいのはプレーヤーだけだもん。


確かに当たれば格好いいが、
聴き手はそんなギャンブル的な演奏は望まない。


当たる人が偉いんじゃない。
確実に吹けることは絶対条件だよね。


身の丈をわきまえて演奏したいね。

演奏目的

August 09 [Tue], 2011, 12:12
そういえば、昨日は吹奏楽コンクールの高校の部、福岡県大会でしたね 。

結果はいろいろあるんだろうね。

kaoちゃんが指導に行ってる高校の結果が気になるから、2chなんかもみるんだけどね。

今更ながら、あれひどいね。


そもそも、コンクールって何の目的で演奏してるんだろ?

評価のために音程をあわせ、縦をそろえ、ミスがないように練習する。
つまり、自分たちのためなんだろうね。



今回、DWLで感じたこと、
それはどんな形でも、音楽は聴いてくれる人が中心なんだよね。
聴き手が楽しめるように、
感動するように、
できる限りのことをするんだよね。


だから、そのために練習して、
聴き手が感動できるように演奏するのが音楽だよね。



多分、コンクールっての演奏って目的を外してるよね。
個人的には、評価のための演奏じゃなくて、音楽のための演奏をしたいよね。

DWL終了

August 08 [Mon], 2011, 23:09
何気に、全然更新していない。
仕事も忙しかったし、心ここにあらずの状態。
全社発表に向けたスライド・原稿作成に追われていた…
でも、これから取材とか雑誌への寄稿の依頼もあり、まだまだ忙しそう。


さて、それはさておき、今年の夏の最大のイベント、
というか、音楽人生の最大クラスのイベントかな?
こんな経験はおそらく一生ないと思うけど、


なんと、ドリカムワンダーランドに出演してきました。

もちろん、一人で参加!!、なんてことには当然ならないんだけどね。


地元のアマチュアや学生吹奏楽団体がドリカムと一緒に演奏する企画。


実は、今から16年前、95年のワンダーランドの時に、
福岡大学で出演したことがあったんです。
もちろんコンサート自体にではなく、本番事前イベントのパレード隊として。
その時は、コンクールメンバーからも外れ、目的もなく腐っていた時なので、
特に興味も持たず、大学の営業と思って熱心には取り組みませんでした。
今思えばバカなことをしたなと後悔しています。

あの時の経験がもう一度できないかな、って考えていたところだったんです。

こんなこともあるんだなって、思いました。

まさしく DREAMS COME TRUE “夢は叶う”ですね。



前日のリハーサルから3日間、DWL漬けでした。
こんなに間近でドリカムに会えること、
最高のアーティストと共演ができること、
最高のエンターテイメントに参加できること、
どれをとってもこれ以上ない経験でした。

リハーサルでもわくわくしていたけど、
本番の気持ちの高ぶりは、これまでにない心地よい高揚感でした。
たった数分間の演奏だったけど、あの瞬間に参加できたこと、幸せでした。
演奏中、腰を振りすぎて、今日は体が言うことを聞かない…

そして、改めてプロってすごいなって思いました。
たった数分間の演奏でも、不安や怖さはついて回って集中が切れそうになったのに、
それをあんなに長い時間集中力を維持するなんて。
しかも歌って、走って、踊って、

ドリカムは僕ら世代の青春そのもの。
今でもずっとそう。

こんなアーティストと共演できたこと、一生の思い出になりました。


もうないかもしれないけど、
また、こんな経験ができるように心に願い、
楽器の練習にも励んでいこう、そう心に決めました。



DREAMS COME TRUEのみなさん、
ワンダーランドにかかわったみなさん、
永遠会のみなさん、
心から、本当にありがとうございました。


『ドリカムワンダーランド2011 ラヴサプライ・ブラスバンド 九州編』

DWL2011 ラヴサプライ・ブラスバンド 九州編 本番直前!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年1月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Saxophone演奏
    ・クッキング-男の料理
    ・お酒-呑むこと大好き
読者になる
【家族構成】
kao(嫁ちゃん)
soir(娘)
to-me(息子)

2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31