惜敗

June 30 [Wed], 2010, 21:55
はじめに…
W杯の時だけサッカーに興味をもつ、似非サッカーファンです。
普段、Jリーグなども積極的に気にするほうではありません。

が、


昨日のW杯の試合、本当に惜しかった。
スコアレスで、PKに持ち越しになりそうな予感が的中。
PK戦は、それこそ本当に時の運だったと思う。
あそこでクロスバーに当たったのも、仕方のないことだと思う。

今回のW杯は、これまでのW杯とは比較にならない、とても良い戦い方をしたと思う。
というか、感じるのは、W杯が開幕してからの、日本チームのレベルが上がったような気がします。

一番高まったのは、結束力だと思う。
今回大会出場チームの中で上位に入る結束力があったと思う。
そして、守備に関しても、特にパラグアイ戦の延長戦では、絶対にゴールが割られる気がしなかった。

それだけ、今回の大会は楽しめた。
そして、日の丸を背負って戦ったメンバー、本当にお疲れ様でした。
観ていて楽しかった。
ありがとうございました。


日本は負けてしまったけど、
これからベスト8の戦いが始まります。
本当はここに日本が入っていてほしかったけど、負けてしまったから仕方がない。
でも、世界のトップレベルの戦いがここから始まる。
これからの戦いも見逃せない。

もちろん次回大会にむけて期待するところも大きいけど、
メンバーの大半は入れ替わるので、また課題がたくさんになると思う。


しかし、世界のサッカーって面白いな…

思考停止

June 21 [Mon], 2010, 17:19
更新止まってます。


色々とありすぎて、余裕無いです。

穴開きスーツ

June 14 [Mon], 2010, 8:24
昨日の運動の影響もあり、
朝からかなり動きが緩慢になっています。

全身痛い。
胸筋も痛いので息が吸えず、
朝練は練習にならなかった。


さて、先週まで着ていたスーツをクリーニングに出して、
今朝は洋服掛けから、夏物スーツを出してきました。
何せ梅雨入りしたような蒸し暑さがあるので、
薄手の風通しのいいもの。

かなり久しぶりに出したスーツなので、
一応全体をチェック。


そしたらなんと、股下が擦れて、
スケスケ穴開き寸前。
あの穴の開きそうな靴下みたいに…。


「あぁ、このスーツも捨て時かな…」と思って、
kaoちゃんに申告。

「かなり古いスーツだもんね。なら今回までだね」


え?
今回まで?
ということは、今週はこのまま着るの?

確かに風通しはいいけどさ、
擦れてやぶれかかっているんだよ。
まぁ、まだ破れてないけどさ、
クリーニング代もかかっているのもわかるけどさ、

もうほぼ破れているスーツを着る身にもなってほしいな。


梅雨が明けたら、
新しい夏物スーツ買うかな?
涼しげなスーツ。
このスーツが破けることだし。


人には見られないところだけど、
穴が開いてるんじゃないかと、
落ち着かない日々を過ごしそうです。

理想のスコーン

June 09 [Wed], 2010, 8:44
昨日、またまたスコーンを焼きました。


今まで作っていたものは、
ボソボソして、
まるで厚焼きクッキーのような食感だったんです。

ハーブ&パルメザンなら、
なかなか良い感じなんですが、
プレーンやナッツ&チョコチャンクでは、
イマイチイメージが合わないんです。


僕のイメージは、
好きなスコーンがあるんですけど、
とあるパン屋のスコーン。
しっとりして、なんとも言えない、あの匂い。


今までのレシピで、
ねかせる時間なんかもかえてみたけど、
思ったようにならない。


で、ネットでいろいろ見て、
今回は、ヨーグルトを入れてみることにしました。
生クリームなんかも書いてあったけど、
コスト面を考慮して、
ヨーグルトで。


ピンときたのは、ねかせ終わって、
生地を延ばしたとき。

匂いが、あのパン屋のスコーンの匂いに似ているんです。

焼き上がっても、匂いは変わらず、
期待も高まります。


あとは食感。
今朝、食べてみました。

あぁ、このしっとりした食感。
これを望んでいたんですよ。


次回からこれで作っていきますよ。


薄力粉 250g
ベーキングパウダー 10g
三温糖 40g
バター 50g
ヨーグルト 100mL

作り方は以前のプレーンと同じ。
卵・牛乳を混ぜたものの代わりにヨーグルトを入れるだけ。


あとはこの生地で、他のバリエーションを作ってみようと思います。

オーバートーン

June 08 [Tue], 2010, 9:27
「TheSAX」の今月号を買って読んでいたら、
「現代奏法教えます」というコーナーがありまして、
今まではあまり興味のないところだったので、
飛ばし読みしていたんですが、
このコーナーの担当が先日テレビで放映された大石氏。

で、ちょっと興味が湧いて読んでみました。

今回のテーマはグリッサンド。
でも現代奏法。

指と組み合わせて演奏するグリッサンドらしいんです。

読んでいたら、なるほどと思えることばかり。


こうなると、これまで飛ばし読みしていた過去号を読んでみたくなりました。

全ては読み返せなかったけど、
やってみたくなったのが、
オーバートーン。


これまで、少しさわりだけやってみたけど、
全く出来なかったので、
いよいよ敬遠していたんです。


今回も少しやってみようかな?
やっぱり無理だよな?
と思いながら、
今朝の朝練でやってみました。

しかも、説明が丁寧にかいてあるし…。


そしたら、案の定出ません。

あぁ、やっぱり…


と諦めかけたときに、
口の中に意識を集中してみたら、
一瞬、その音がでたんです。

お、
おおお。

もう少し練習したかったけど、時間切れ。
まだまだ不安定だけど、
少し光明がみえてきました。


なんとかコツをつかんで、
ある程度習得を目指したいと思います。

スコーン

June 05 [Sat], 2010, 21:45





「男子ごはん」に触発されて、スコーン作りにはまってしまっています。

基本のレシピは男子ごはんからそのまま。

薄力粉 250g
ベーキングパウダー 10g
三温糖 30g
バター 50g
卵 1個
牛乳 卵と合わせて100mLになる量

バターは使う直前までキンキンに冷やす。
粉類は、砂糖も含めて、あわせてふるいにかける。
(粉が3種類あるので3回かけました)
卵と牛乳をあわせて混ぜておく。

合わせた粉をフードプロセッサーに入れて、
(フードプロセッサーの容量次第で、粉の半量程度でも良い)
冷えたバターを入れ、10秒程度撹拌。

すべての粉を大きなボールで合わせ、
卵・牛乳液をいれて、フォークで撹拌。
こねないように全体をまとめて、ラップをして冷蔵庫で2時間程度寝かせる。

1cm厚に伸ばして、好きな形に切り分ける。

200℃のオーブンで20分焼く。
冷まして出来上がり。

今回はクルミチョコチャンクチョコスコーンと、ハーブチーズスコーンを作りました。

チョコスコーンは、粉にさらにココアパウダーを20g加え、
フードプロセッサーにかけるときに、板チョコ1枚のうち、1/4程度を一緒に入れる。
粉を大きなボールにいれて、液体を入れる前に、
砕いたクルミと、砕いた残りの板チョコを入れ、撹拌。
その後は基本と同じ。

ハーブチーズは、
粉を大きなボールに入れ、ローズマリーとタイムの葉だけを加え、
パルメザンチーズを擦り入れ、
液体を加える。

焼く直前に塩を少し散らして、基本と同様に焼く。


なかなか良い出来だと思います。
後は味。
明日の朝に食べてみることにします。

あ〜あ

June 03 [Thu], 2010, 22:16
急な仕事が舞い込んで、
休憩はおろか、
昼ご飯も食べれないほど
休みなく働いた…


勘弁してほしいよな。
全然何とも思わず、
仕事を投げ掛けるんだよね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年1月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Saxophone演奏
    ・クッキング-男の料理
    ・お酒-呑むこと大好き
読者になる
【家族構成】
kao(嫁ちゃん)
soir(娘)
to-me(息子)

2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30