ベルギー et フランス旅行記 その6

January 31 [Thu], 2008, 23:33
旅行記最終日です。

シャンパーニュのペンション風のシャトーはこんなところでした。


ここは自分のところの畑でとった葡萄を自分のところでシャンパンにするところです。
しかも白葡萄“シャルドネ”種だけを使った“ブロン ド ブロン”を作っています。
すっきりとしたのみ口で美味しいシャンパンでした。

朝方の散歩ではとても田舎な風景ですが心和む風景に出会いました。

高台にある葡萄畑。
冬の葡萄畑なので実どころか葉っぱもありませんが、これはこれでいい風景です。
シーズンになると緑に色付いているんでしょうね。

今度はそこから車で移動して、シャンパーニュ地方のエペルネという街に行きました。
ここにはシャンパン通りというところがあり、ドン・ペリニョンで有名なモエ ト シャンドンをはじめ、ペリエ ジュエ、ポール ロジェなど、有名なシャンパンメーカーが軒を連ねています。
もちろんここだけでなく、エペルネの街にはカステランなどたくさんのシャンパンメーカーがありますが…。
そんな中、ドン・ペリニョンさんにお目にかかりました。

このドン・ペリニョンという僧侶が発酵の終わっていないワインを瓶に詰め、その中でさらに発酵し発泡性を持った飲み物が後にシャンパンになりました。
この僧侶の失敗がなければ今日のシャンパンはなかったと思います。
失敗からの産物でこんなにすばらしいものが出来たなんて、とてもありがたい失敗ですね。

冬の時期はシャンパン地方もオフシーズンで、カーヴの見学をしたくてもどこもやっていませんでした。
そんな中、Achille Princierというメーカーだけカーヴの見学が出来ました。
説明のビデオが日本語でも流してもらえて、とてもわかりやすかったですね。

ここの5年熟成のシャンパン…

とてもエレガントな味で、忘れられないですね。
きつさや嫌味がないけど芳醇で素敵な味がするいいシャンパンでした。
また飲みたいなぁ…。

この日の夜は、パンクしたタイヤの交換をして、買い込んだシャンパンを2本くらい開けて、今回はベルギー最後の夜がふけっていくのでした。

家族が待つから早く帰りたいのはあったけど、もっともっと長くベルギーにとどまっておきたい気持ちもあり、とても複雑な心境で、荷造りをして、ぎちぎちにつめました。
割れ物があるからね、しっかりつめないとね。
そして、手荷物の重さ制限も考えないといけないから、水物、瓶物は控えめに…。

最近の好み

January 30 [Wed], 2008, 23:37
ラベルがほとんどありません。

宮崎の芋焼酎「ないな」

ロックで呑むより、湯飲みで生でいくのがより美味いです。

きつい味のしない、呑みやすいけど味のある焼酎です。


今のマイブーム焼酎です。

生パスタ

January 29 [Tue], 2008, 22:27

先日、ベルギー土産にいただきました。
もちろん僕も行っていたんですが、kaoのために用意していただいたようです。

スーパーで普通に売っていたみたいです。


生パスタ、タリアテッレかフィトチーネか…
平打ちロングパスタを生かすならクリーム系かチーズ系かな、と思い…



じゃん

カルボナーラにしました。

たまたま、僕がパルミジャーノを持って帰ってきていたのでそれも活用。
今回は生クリーム使っていません。

厚切りベーコンをオリーブオイルで炒め、白ワイン、茹で汁を加え、茹でたパスタを絡める。
ボールにあらかじめ卵黄と全卵を同量か卵黄の数が多めにして溶きほぐし、すりおろしたパルミジャーノと黒胡椒を混ぜておく。
卵液のボールにパスタをあわせ、余熱で卵に火が通るようにして、固まらないように絶えず混ぜて出来上がり。

今回のカルボナーラはかなり上出来でした。
材料がいいとそれだけで美味しいですよね。

付け合せにスープを作りましたが、その方が時間かかりましたね。
オニオングラタンスープ。
玉ねぎをしつこく炒めましたよ。

時間かけただけあって満足しました。

拡張子.pptx

January 28 [Mon], 2008, 23:25
先日のじゃいさん&ロナっち結婚式の時の写真をDVDでいただきました。

写真の数は半端じゃありません。
たくさんとってありました。

それと一緒に、じゃいさん&ロナっちのお友達、ナタリーさん作、結婚式で放映されたサプライズフォトプログラムが添付してありました。

じゃぁ、再生してみようと思ったら、僕のパソコンにはファイルを実行するためのソフトがないらしいです。

拡張子.pptx

.pptはパワーポイントの拡張子だけど、.pptx
なんですの?

検索機能でみてみると、パワーポイント2007、2007ですよ。
うちのは海賊版みたいなのでしかも2000。
到底開けません。

なので、フリーソフトのビュアーをダウンロード。
これで観れるかと思ったら、アプリケーションが開かない。

再起動したり、ソフトを再インストールしたり、色々やってみましたが、全部ダメ。
あれこれ悩んで、ネット検索。

英語以外のOSでダウンロードしたからダメだったみたい。
変な日本語に訳された(自動翻訳みたいなので…)サイトの解決法を試みて、ようやく観ることが出来ました。

しかし、余りに時間がかかったので、一番見せたかったkaoちゃんはもう寝てしまいました。
残念。

また明日上映会をしましょう。

フェット

January 27 [Sun], 2008, 17:59
また、写メ撮るの忘れてしまった。

今日はじゃいさん御家族に御自宅に招いていただいて、楽しい昼食をいただきました。


ヨーロッパからの持ち帰り品で色々と御馳走になり、楽しい時間をを過ごしました。
ありがとうございました。

乾杯!!

January 26 [Sat], 2008, 23:53


今日は日本から、遅ればせながら じゃいさん&ロナっちにおめでとうの乾杯です。


というか、今日はシャンパンを飲もうと心に決めていたんですけどね。
今日のシャンパン “Perrier-Jouet”

こんな贅沢はないですよ。
夫婦二人でこの1本飲むのはちょっともったいないけど、結婚祝いを名目に飲むことが出来ました。


すっきりとした味わいで、さすがBRUT。

そしてこの立ち上る泡がなんとも言えません。


ロナっちのおかげで、シャンパンが好きになりましたよ。


ちなみにシャンパングラスは“Achille Princier”のグラスですが…。
ここの5年ものはとてもエレガントな味でしたよ。
日本で手に入らないかな?

ベルギー et フランス旅行記 その5

January 25 [Fri], 2008, 23:01
結婚式から一夜明けて、



明けていない感じですが、これで午前8時です。


この湖の湖畔のホテルが結婚式会場です。
日が暗いうちはずっとライトアップされていたようです。
色が七色に変るんですよ。

そして一夜明けた新郎新婦。


またこの車で家に帰ります。
それにしても走らない車でしたねぇ。
坂道登らないんですよ。



さて、ここからロナっち大仕事。
フランスのシャンパーニュまで3時間以上運転をしてくれました。
感謝感謝。
大変だったと思いますよ。


ちなみにお部屋はこんな感じ。



日本ならファミリー向けのペンションみたいな感じですね。

夜はもちろん、そこのシャトーで作る地シャンパンをいただき、楽しい時間を過ごしました。


まぁ、この日は主に移動日ですね。

ベルギー et フランス旅行記 その4

January 24 [Thu], 2008, 22:41
さてさて、4日目です。

この4日目が今回のベルギー行きの最大の目的。
じゃいさん&ロナっちの結婚式当日です。

この準備のために朝からわたわた…


ちなみに起床は6時。
そして、この日最悪なことに指の蜂窩織炎が再発。
なにもこの日に再発しなくても…。
幸い薬は持っていっていたので何とかやり過ごしました。
次の日には治まっていましたけどね。
抗生物質はきちんと飲まないといけないですね。

朝からじゃいさんのお宅には人がいっぱい集まりました。
特にすることのない僕の仕事は、ポーターとギャルソン。
荷物運んで、コーヒー入れて…。


そして、ヨーロッパの結婚式は初めてなので、わけもわからずしましたが、車の飾りつけ。

コムサ〜

どんなものか知らないからちゃんと出来ているのかもわからないんですが、ドイツの友人と飾りました。
新郎新婦はこれに乗って移動するそうです。
みんなでクラクションを鳴らしながら、車の行列ですよ。
これもプチ感動。


結婚式はというと、ヨーロッパの結婚式は、区役所できちんと挙げます。
日本では書類提出だけですけどね、ちゃんと区長さんが宣誓をするんです。
その区長さんの前で指輪交換も…


この黒い服を着ているのが区長さん。
実は近所の飲み屋さんの常連だったらしいけど…。


無事に区役所での式が終わると、会場を移動して式場のあるホテルに移動。
シャンパンで乾杯して、式の支度。

3時からカクテルパーティ、5時からディナータイム、8時からダンスタイム。
でも、それぞれ時間は押しましたけどね。
さすがベルジャンタイム。


シャンパン ペリエジュエがこんなにいっぱい…

ディナータイムでは、初めてお目にかかる二人の友人方々と同席。
初対面は緊張しましたが、そこは皆さん同じ条件。
しかし、僕には大変だったのが言葉の壁。
皆さん気さくに、気軽に話しかけてくださいますが、頭がパニック。
英語が、本当に簡単な英語で話しかけてきてくれるのに、答えられない自分がいます。
こんなことならもっとちゃんと勉強しておくんだったよ。
でも、本当に優しい人たちでよかった。

楽しい時間はあっという間。
しかも蜂窩織炎の再発もあって、12時には就寝しました。

でも、本当に楽しかったです。

じゃいさん&ロナっち、本当にありがとう。
そしていつまでもお幸せに…

ベルギー et フランス旅行記 その3

January 23 [Wed], 2008, 23:38

さてさて、ブリュッセル3日目です。

この滞在中にとてもお世話になったじゃいさん&ロナっちのアパルトマンの前から通りを撮ってみました。
とてもヨーロピアンな風景で何の変哲もないですが、好きな風景です。
時期になるとフリーマーケットや移動遊園地が来るんですよ。

この日は特に予定もなく、行動も遅かったんですが、夜の食事を任されたので、午前中のうちに近所のスーパー“カールフール”に行きました。
とても大きなスーパーで、1時間あっても時間が足りませんよ、このスーパー。

ここで大豆の水煮缶が欲しくて買ってみたけど、トマト煮缶でした。
残念。
ぱっと見た目で判断が出来なかったんですよね。



午後からじゃいさん家族の泊まるアパートホテルの近くにあるオルタ美術館へ。
僕は残念ながら時間がなく、場所へ案内のみ。

また次来た時に行けばいいですよ。



帰りしな、本当に一人っきりで、じゃいさんアパルトマンに帰りました。
道すがら撮った素敵な通りです。
この通りにはショーウインドウだけでも楽しめるお店がずらっと並んでいます。
一人でぷらっと歩いていると、その街に溶け込んだような錯覚に陥ります。
いい散歩時間でした。

帰ったら晩御飯の準備。
相変わらず作った物の写真を忘れてしまいました。

ポークのトマトシチューをメインに、アンチョビとブロッコリのリングイネ、エビとアボガドのサラダ、付け合せにポテト−ローズマリーを作りました。


ドイツから来たじゃいさんの同級生と御主人が一緒になって、楽しい時間でした。



もっとちゃんと英語が話せたらなぁ…

結局…

January 22 [Tue], 2008, 0:43
日付が変わってしまった…


それでも問題が解決せずに、結局明日(もう今日か)に持ち越し。

それにしても、このタクシーの運転手、運転が荒い。
客を乗せているという意識はあるのかな?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年1月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Saxophone演奏
    ・クッキング-男の料理
    ・お酒-呑むこと大好き
読者になる
【家族構成】
kao(嫁ちゃん)
soir(娘)
to-me(息子)

2008年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31