今更ながら…

January 22 [Thu], 2015, 18:55
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

なかなか、blogの更新ってできてないですね。
このblog、食べ物日記の様相を見せておりますが、ここ最近料理をしていないので、なかなか更新が…

はい、言い訳で〜す( ・∇・)


昨年12月頃から、色々と練習時間を割くために、料理まで手が回らない状況です。

今、2月1日に開催する、サクソフォンアンサンブル大樹の第一回定期演奏会に向けて、練習に励んでいます。

複数曲を演奏する事自体、本当に久しぶりで、曲の度、頭を切り替えるのに必死です。

あと10日で本番で、今は最後の追い込み時期。
本番でいい演奏ができるようにがんばります。

ぜひ、会場に足をお運び下さい。

覚書

December 18 [Thu], 2014, 9:49
鰹出汁 1カップ
味噌 大さじ1
ミリン 大さじ1
醤油 小さじ1
砂糖は入れない

白もつ 100g
キャベツ 1/4玉
ニラ 1/2束
白ネギ 1本

レモンとトマトのフジッリサラダ

November 08 [Sat], 2014, 11:19
どうも、blogupは滞るな…

国産レモンが手に入りまして、冷蔵庫の野菜室で場所をとっています。

スーパーで特売のフジッリを見つけたので、サラダにしました。

といっても、簡単混ぜるだけ。

レモン1個を搾って、皮は白いところを削ぎ取って、表面の皮を千切り。
トマトは角切り。
茹でたフジッリと塩、黒胡椒、レモンの搾り汁と皮、カッテージチーズ、オリーブオイルを混ぜて出来上がり。

ホント、これだけだけど、ワインに合うサラダなりました。

ソフトバンクホークス、優勝!!

October 03 [Fri], 2014, 8:31
昨日、やっと福岡ソフトバンクホークスのペナントレース優勝が決まりました。

144試合目、ホークスの最終戦での優勝決定。
しかも選手会長 松田のタイムリーヒットによる延長サヨナラ勝ち。

なんて劇的な幕切れだろうか。

9月はなかなか勝つことができず、マジック電灯目前での敗戦。
最後までマジックがないまま、優勝が決まった。

144試合の結果が優勝なんだけど、最後までやきもきしました。

色々あった今シーズンだけど、
松田や本多、内川、長谷川の怪我による離脱もありつつ、それを選手みんなでカバーして、選手層の厚さを感じた。

今年、印象に残った選手は、今宮と大隣。
この二人の活躍は、優勝の原動力の一助になったと思います。


何はともあれ、リーグ優勝。
あとは、日本一を奪還だ!



鳥の煮込み

September 27 [Sat], 2014, 5:31
案外、テレビや雑誌、漫画などから影響を受けやすく、目にしたものを作りたくなる衝動に刈られる。

今回は、「孤独のグルメ」というテレビ番組。
たまたまインターネットで配信された動画を観た。
文京区根津が舞台の話だった。
全くその場所を知らないのだが…
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/story/chapter11.html

そこに出てくる「すみれ」というお店の鳥の煮込みがとても美味しそうだった。

今回はそれを作りたい衝動だった。

とはいえ、どこかにレシピがあるわけでもなく、どんな味か説明もない。
本編では、「鶏皮好きにはたまらない一品」と紹介されただけ。

だから、全くの思いつき。
というか、こんな味が食べたいと思い作ってみた。
ベースは牛筋煮込み。

備忘録
スプーンでちぎった板こんにゃく一枚を下茹でして、あくぬき。
ついでに鶏皮もサッと茹でてくさみぬき。

鍋に鶏皮とこんにゃくを入れて、
酒 1カップと、ヒタヒタになるまでお水。
これをコトコト1時間ほど煮て、砂糖 大さじ1、醤油 大さじ3加え、2〜30分煮る。
仕上げにみりん 大さじ1を加え、艶が出たら器に盛り、多めのネギ、一味唐辛子をふって出来上がり。

まさしく、酒のみのための一品になった。

味平カレー

July 24 [Thu], 2014, 5:59
1970年代に連載された、包丁人味平という史上初の料理漫画をご存知だろうか?

もちろん、私はその頃に生まれたので、リアルタイムでは知らなかったけど、学生時代に通った喫茶店に置いてあったり、コンビニコミックとして再販されたりと、目にする機会はあった。

その作品の中に、「カレー戦争」をテーマに掲げたシリーズがある。

一般大衆向けの料理を目指す、主人公味平。
そんな味平が作るカレーが、なんとも旨そうなのである。

辛さの選択は無し。
付け合わせに冷水と福神漬けのみ。アルマイトの楕円皿に盛られたカレー。
シンプルな、昭和の香りがするカレー。

そんなカレーの作り方を、検索したらヒットした。

それがこれ↓
http://www.ryupro.com/gallery/ajihei_curry.pdf?lan=jp

玉ねぎ、ニンジン、ニンニク、生姜をみじん切りにして、バターや油で炒める。
小麦粉、カレー粉を加え、鶏ガラスープに加え、塩と醤油で味付けして、1日寝かせて出来上がりなのである。

本当にシンプルなカレー。

根幹、鶏ガラスープをとった出汁殻に残ったお肉をほぐして具にしたが、具が無くても充分。

もったいつけた、高級カレーより、
私はこっちのカレーの方が好みに合うなぁ

山笠の時季やんね

July 01 [Tue], 2014, 18:00
そうやん、今日から7月ばいね。

博多で7月いうたら、そらぁ山笠やんね。

山笠のあるけん、博多たい!


暑い季節がやってくるねぇ…

東南アジアの香り

June 09 [Mon], 2014, 21:33
どこかのサイトで見つけたレシピ、
「ラープ ムー」

興味を引いたきっかけは、ミントを使ったレシピ。

実は、今年は鉢植えのミントが元気よく、摘芯ついでに収穫しなければならない状況。

だから、ミントを活用できるレシピにはとても興味がある。


そういうわけで、ラープ ムーを作ってみることにした。

ただ、手に入りやすく、楽な作り方にアレンジしてみた。

本当は、パクチー(香草)を使うけど、kaoちゃんが嫌いなものなので、ミツバにしてみた。

米を炒って、ミルにかけるらしいけど、炭水化物だし、めんどくさいので、割愛した。

じゃあ、ラープじゃないじゃん、と言われると、そうなんだけど…


豚ひき肉200gを、少量の水と塩コショウを加えて、フライパンで火を入れる。全体の色が代わり、ポロポロになったら、バットに広げて、粗熱をとる。

ボールに、みじん切りにした紫玉ねぎ1個、ミツバ1束、ちぎったミントの葉っぱを入れ、冷めたひき肉、レモン汁大さじ2、ナンプラー大さじ1.5、一味唐辛子を適量を加えて、全体を混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

食べるときは、ざく切り生キャベツにのせて、口に放り込む。

口に広がるオリエンタルな香りがたまらない、ヘビロテしそうな一品ができた。

きゃらぶき

May 05 [Mon], 2014, 9:05
春になると野菜売り場に並ぶ物の1つに「つわぶき」がある。

春の食材である「ふき」だけど、食べられるようになったのは、ごく最近のこと。
それまで「ふき」の良さをわからなかった。

本当に、20代後半まで好き嫌いが多く、食わず嫌いも多く、お酒もあまり飲まなかった。
今思えば、とつも損した気分…


そんな「ふき」、とりあえず「きゃらぶき」らしきものを作ってみた。
筋をとる必要もないし、下茹で、あくぬきだけで、あとは調味料と煮るだけ。

つわぶき一束を4〜5cmに切り揃え、下茹で、あくぬきをして、
お酒、みりん、醤油を各大さじ3、
砂糖を大さじ1、
お水を1/2カップで煮詰めて出来上がり。

ちょっと味が濃かったかな?
でも、それを喜んで食べる2歳児って…( ̄▽ ̄;)

釘煮

May 05 [Mon], 2014, 7:09
いつも行っているスーパーマーケットに、「新物」と印を付けられた「かなぎちりめん」が並んでいた。

「かなぎ」って通じるのかな?
「いかなご」の方が正式?

普通のちりめんじゃこより大きい。
神戸の辺りでは、各家庭で釘煮を作って、ご近所におすそわけをする習慣があるそうな…

もちろん、かなぎちりめんは塩ゆでされているから、そのままでも食べられるのだろうけど、太く大きいので、釘煮にしてみたい気持ちがフツフツわいてきた。

初めて作るので、味加減がわからない。
普段作る佃煮より、甘い印象があるので、そんな分量。

300gのかなぎちりめんをサッと水洗いして、塩気を抜く。
お酒、みりん、醤油、水を各150mL、
砂糖150g、
千切りにしたショウガを2片分。
調味料とショウガを鍋にいれて沸かし、沸いたところにかなぎちりめんを一掴みずつ入れて、全部入れ終えたら落し蓋をして、水分がなくなるまで煮詰めて出来上がり。

さて、どんな味になるのか…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年1月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Saxophone演奏
    ・クッキング-男の料理
    ・お酒-呑むこと大好き
読者になる
【家族構成】
kao(嫁ちゃん)
soir(娘)
to-me(息子)

2015年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31