映画『天気の子』

August 19 [Mon], 2019, 23:35
やっと観に行けました!

レイトショーの安さに味をしめ、最近はレイトショーでしか映画を観ておらず、今回も最後の時間で観てきました。

もう公開して1か月が経ちますが、レイトショーなのに結構お客さんが入ってましたよ。








簡単なあらすじとしまして…

田舎から家出してきた16才の少年・穂高。バイトなんてそう簡単に見つけられるわけもなく、落ち込んでいたところ、柄の悪い兄ちゃん達に連れて行かれそうになっていた(穂高にはそう見えた)少女を助ける。
実は、彼女はネットで噂になっていた“100%の晴れ女”だった。
どうしてもお金がいる2人は、この天気を晴れにさせる力を使ってアルバイトをすることに―――。













 ネタバレ含みつつの感想 



オープニングは穂高のダメッぷりがとてもリアルでした。
家出少年がそんな簡単に1人で生きていけるほど東京という街は優しくないんです。

映像は綺麗で、町の風景もとてもリアルに描かれていて、あの場所を探しに行きたくなりました。
こういう所が新海監督の持ち味でもあります。


中盤では晴れ女・日菜と出会い、晴れの日アルバイト。
晴れの日を待ち焦がれる人々の助けになれることがこんなに嬉しい事なんだと知り、一生懸命に依頼をこなしていきますが………。

厳しいことを言えば、まぁありきたりな読める設定です。だからこそ、そういう設定の物語をどのようなエンディングに持っていくのか。

最後は普通でしたけどね(笑)
その過程での物語に感動しました。

何が自分にとっての一番なのか。
どれが正しいことなのか。
たぶん自分達にすら分かっていなかったかもしれません。
それでも自分がこの先どうなるのかもわからないのに、信じた素直な気持ちを貫き通した穂高はかっこよかったです。
それと同時に、周りの大人への怒りも感じ取れる台詞や言い方等、役者にも感動しました。


子供なんて、多少わがままで生意気なくらいが可愛いんですよ。
自分のわがままが通用するのは子供の時だけですから。



しかし私があえて評価をするとしたら【★★★★☆】ですね。
理由は、先が読め過ぎるから。
ただそれだけ(笑)


『君の名は。』からそう思っていましたが、作品の雰囲気が変わりましたよね。明らかなハッピーエンド。大衆受けする作品になりました。
勿論受けなくては次に繋がりませんが、ひねくれている人にはなかなか眩しい作品になっていると思います。
好きですけどね。



この作品にはちょいちょい小ネタも挟まれていて、見ていて「あっ…」と思わず嬉しくなるようなシーンがあります。
まぁそれはあえてここでは書きませんが、ぜひまだの人は『君の名は。』を見てから『天気の子』を見ることをおすすめしておきましょう

  • URL:https://yaplog.jp/alive-on/archive/1616
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
自己紹介
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かめこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年7月21日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・ゲーム
    ・岩盤浴
読者になる
【Favorite】 読書、アニメ、声優、ゲーム、寺院、旅…etc. かめこTwitter
手紙

TITLE


MESSAGE

2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R