レミーのおいしいレストラン

July 28 [Sat], 2007, 20:00
試写や先行上映がいっぱいあったので世間一般からは遅れているかもしれないですが上映初日にレミーを観ることが出来て幸せです。

すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。ひょんなことからパリにたどり着いた彼は、今は亡き名シェフ・グストーの幽霊に出会い、彼のものだったレストランへ導かれる。そこで料理の才能ゼロの見習いシェフ・リングイニが、店の大事なスープを台なしにしてしまうのを見たレミーは、思わず味を整えに走る。レミーの才能を知ったリングイニは、二人でパリ一番のシェフを目指す…!?
『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『カーズ』などの優れた3DCGアニメを生みだしてきた、スタジオ「ピクサー」作品。料理の才能は天才的だけど、“キッチンの嫌われ者”のネズミだから…と、シェフになる夢をあきらめていたレミー。だが人間の協力者(というより操り人形?!)を得て、一気に夢に近付くが…?!たまらなく愛らしいレミー、アニメとは思えないほどおいしそうな料理たち、魅惑的なパリの街並みと、心躍るような映像の連続!ストーリーも子どもが理解できるシンプルさながら、大人の胸に訴えかける深遠なメッセージを内包していて“噛みしめがい”がある。さすがはピクサー作品、期待を裏切らず万人を楽しませてくれる。


→オフィシャルサイト

ピクサー作品はほとんどはずれがないくらいにお気に入りばかりなのですが今回の『レミーのおいしいレストラン』も期待以上の出来で大満足できました。ピクサー作品の人間はあまり可愛くないから好きになれないこともあるのですが今回の準主人公であるリングイニは愛嬌があってOKでした。またどうしてこんな事が思いつくんだろうと感心したのがねずみがシェフになりたいと願って頑張ると言うストーリーです。もちろんねずみと言うと不潔なイメージがあるのですがそんなことなど一瞬も考えられないくらいにレミーが愛くるしくてレミーの動きに釘付けになってしまいました。映画は笑いありほろっとさせられる場面もあって本当によく出来た映画でしたよ。家族で観てもカップルで観ても友達と観ても・・・誰とでも楽しめるような映画でした。

評価:100点(100点満点)→ピクサーのアニメとなると評価も甘くなるのかもしれないですが私はこの映画が本当に好きになりました。続編を心から願います。


☆愛しの映画館バトン☆

July 26 [Thu], 2007, 20:00
今日は久々のバトンです。バトンは映画・食べ物・雑貨・・・など楽しいブログを書いておられるきららのキラキラ日記のきららさんから頂きました。

Q1。 年に何回くらい映画館で映画を観ますか?

ここ3年くらいは100本前後映画を観ています。でも映画好きは高校生くらいからでこの頃から月に数本は映画館で映画を観ていました。
もっと映画料金が安かったらもっと頻繁に映画館に行くのになぁ。

Q2。 最後に観た映画は?

昨日観たジェイソン・ステイサムの『アドレナリン』です。もしかシネマート心斎橋で上映していた『私たちの幸せな時間』が満員でなかったらそっちを観ていたはずです。
週末は『レミーのおいしいレストラン』を観る予定です。

Q3。 初めて観た映画は?





記憶にないものでは多分幼稚園の頃に市民会館などでよく見た二本立てのドラえもんなどのマンガ祭りだと思うのですが記憶があるところでは家族で観に行った『南極物語』、『ハチ公物語』です。親以外の人と初めて観た映画は『ビーバップハイスクール』です。また初めてのデートで観た映画は『ゴースト ニューヨークの幻』ですね。

Q4。映画館では飲み食いしますか?

ポイントや1000円の日、レイトショーで観る事が多いので映画館の収益を考えジュースやポップコーンを映画館で買うように心がけています。地元の映画館のフライドポテトが好きです。

Q5。 主に誰と観にいきますか?

圧倒的に一人で行くことが多いです。旦那さまとは大作だけ一緒に観に行っています。(それ以外はDVDでも十分だからね。)

Q6。 映画館でうれしかった思い出

そんなに嬉しいことはないんだけど映画を観ていて途中で画像がおかしくなり20分くらい中断した後にまた再開したのですが、迷惑をかけたと言うことで無料チケットをもらったことです。

Q7。 映画館で悲しかった思い出

ハリー・ポッターの2作目で初日の最終上映に並んでチケットを購入してやっと観れるってワクワクしながら待っていたら映写機の故障で上映が中止になったことです。この時も払い戻し+無料のチケットをもらったのですが初日に観たかったのですごくショックで悲しかったです。

Q8。 映画館で困った思い出

韓国映画を観に行った時によくある事なんですが、おば様がまるで自分の家の居間で映画を観ているかのように喋り捲ることです。映画上映中に話をされるのは本当に困ります。もちろんきっちり注意するけどまるで注意した私が悪いみたいに言われたこともあって困ってしまいます。

Q9。 パンフレットは買いますか?またそのタイミングは?

今までは100%購入していましたが部屋がパンフレットに侵略されそうになったので買うのを止めました。今はミニシア系であまり情報がなく、またその映画に感動したものだけを買うようにしています。今までは映画鑑賞前に今は鑑賞後にパンフレットを購入しています。ネット時代が到来してパンフレットを買う人が減っているように思うのですがどうなんだろね。

Q10。 次に回す人(3〜5人)

このバトンも結構出回っているみたいなのでここでストップさせてもらいます。

アドレナリン

July 25 [Wed], 2007, 22:15
今日は焼肉の宴のはずだったのですが・・・メンバーが夏風邪でダウンしたので急遽延期になってしまいました。水曜日に何も予定がなくなるなんて寂しいので映画を観に行くことにしました。

1時間で命を奪うという毒に意識が朦朧となりながらも、怒るシェブはヴェローナの行方を追う。日頃ドラッグを手配してもらっているドク・マイルスから「アドレナリンを出し続ければ毒の作用を止められる」とアドバイスを受け、興奮を求めながら街中を走り回るシェブ。そして友人カイロの助けを借りて、ヴェローナの弟に復讐を果たすが…。
「アドレナリンを体内に出し続けなければ、死ぬ」―そんな単純明快な設定の中繰り広げられる、怒殺し屋・シェブはある朝目覚めると、宿敵リッキー・ヴェローナに毒を注射されていた涛のアクション
作品。主人公のシェブは死なないためにあらゆる手段を用いてアドレナリンを放出しようとするのだが、その様子が時に格好よく、時に滑稽だ。チンピラ相手にケンカを挑んだかと思いきや、パンクロックでヘッドバンキングしたり、刺激の強いお菓子を大量に食べたり。挙句は衆人環視の街中で彼女とセックスしたりと、やりたい放題。その姿は痛快のひと言に尽きる。アクションシーンも多彩で、主演のジェイソン・ステイサムがスタントなしでほとんどのアクションをこなしている。特にヘリにぶら下がっての格闘シーンは迫力満点だ!

→オフィシャルサイト

最近はトランスポーターの流れからかアクション映画のイメージが強いジェイソン・ステイサムですが『ロックストック・・・』や『ミニミニ大作戦』でもカッコいい大人の男の香りを漂わせていて大好きな役者の一人です。今作品は何人かの評を読んでいてどうして彼がこの映画の出演を決めたんだろう?と言うような意見もあったのでかなりダメダメな映画なのかなって思っていたのですが私としてはこんな遊び心いっぱいのB級映画はは大好きです。この主役が実績のあるジェイソン・ステイサムだったからこそB級さをくだらなさから面白くスタイリッシュな映画に変えたんだと思います。週の真ん中に何も考えずに観るにはもってこいの映画だと思いますよ。ジェイソン・ステイサムが手術着を着てハンケツでアクションしている姿が可愛くって目から離れないです。くだらないけどアクションは本物って感じの不思議な映画でした。

評価:75点(100点満点)→期待以上のB級さに高得点をあげましょう!

ハリーポッター最終章

July 21 [Sat], 2007, 12:22
昨日はハリー・ポッターと不死鳥の騎士団を観たのですが今日は『Harry Potter and the Deathly Hallows』(最終巻)の発売日でした。amazonからは日にち指定でしっかりと午前中に届けられて大満足です。本国ロンドンなどでは相変わらずのフィーバーぶりなようで日本のメディアのニュースでもいろいろ取り上げられていました。これで終わりなんだと思うと寂しい気もしますが映画は後2作品あるし原作を読む前に翻訳版の5・6作目も読まないといけないしまだまだハリーは私の生活から離れそうにもありません。



愛犬のダンボは興味はないだろうけど写真を撮ろうとしたらダンボも近寄ってきました。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

July 20 [Fri], 2007, 21:40
大好きなハリーポッター・シリーズの第五弾です。本の中のハリーたちももう5年生ですが映画の中のハリーたちも1作目からは比べ物にならないくらいに成長しちゃいました。

ホグワーツ校の5年生となったハリー。彼が闇の帝王ヴォルデモート卿と戦ったという事実があるにも関わらず、魔法界の人々は、ヴォルデモート卿の復活を信じようとしない。そんな最中、魔法大臣のコーネリアス・ファッジは、ホグワーツのアルバス・ダンブルドア校長が自分の権力を弱体化させるため、ヴォルデモートの復活について嘘をついているのではないかと心配する。そこでファッジは、ダンブルドアと生徒達を見張るため、「闇の魔術の防衛術」に新しい先生を採用する。しかし、採用されたアンブリッジ先生の授業は、若い魔法使いたちの防衛術を強化できるようなものではなく…。
人気シリーズ『ハリー・ポッター』の最新作が遂に完成!今回の監督は、イギリスTV界出身のデビッド・イェーツ。彼は本作が長編映画デビュー作となる。また、今回は脚本家も変わり、映画『コンタクト』の脚本家マイケル・ゴールデンバーグが担当する。またキャスト陣も新メンバーが投入され、新任のアンブリッジ先生役に、『ヴェラ・ドレイク』のイメルダ・スィントン。“不死鳥の騎士団”メンバーには、『アバウト・ア・ボーイ』のナタリア・ティナや、『レイヤー・ケーキ』のジョージ・ハリスが起用された。現在のファンタジック・アドベンチャー映画ブームの火付け役ともいえる『ハリー・ポッター』シリーズも第5作を数え、ハリーと仲間たちも15歳と成長した。彼らだけでなく映画そのものも成長し、進化を遂げている。


→オフィシャルサイト

原作はすべて何とか(理解できているかは別にして)読んでいるのですが前作では翻訳版を読んでいなかったので途中で私の理解の範囲を超えてしまったのを教訓に今作品は翻訳版も読んでから映画を観ようと思っていたのですが、あっという間に公開日が訪れてしまいました。先行は見逃したものの今までも公開初日に観に行っていたので本は4分の1くらいしか読めていなかったのですが新作ハリーを観に行くことにしました。
数日前から大慌てで本を読み始めていたおかげが頭がハリーモードになっていたのとなんとなく前作からの流れも理解しての鑑賞になったので違和感なく映画の世界に入ることが出来ました。いつもの顔ぶれにいつもの風景がなんとも懐かしくてまたしても涙が出そうになりました。ハリーも今作品では短髪でますます大人っぽくなったしロンもハーマイオニーの成長も微笑ましく思いました。ハリーシリーズは5作も続いているのに主要メンバーが降板することもなく同じ配役で続いているところに感激してしまいます。ただ同じ様な作品を何作品も観ていて少しマンネリ化しているのと今作品では私の大好きなクィディッチの試合がなかったのが残念です。それにハリーの額の傷の秘密解禁!なんて宣伝で言っていたのですが・・・そこがはっきりしてなかったように思ったのが残念なところです。明日にはオリジナルの最終版(第七弾)がAMAZONより届くはずなので翻訳版の5・6を読んでからゆっくりハリー・ポッターのラストを楽しむことにします。

評価:90点(100点満点)→ラスト2作品に多大なる期待をこめて・・・

ハリウッドランド

July 18 [Wed], 2007, 19:20
上映開始後初めてのレディース・デイなので大混雑を予測して前日に早チケまで購入したのに予想に反して映画館は半分くらいの入りでした。いい席を確保できたからいいんだけどちょっと拍子抜けでした。

1959年6月16日、TV版「スーパーマン」シリーズの主演俳優ジョージ・リーブスが殺害された。私立探偵ルイス・シモは事件の真相を追う過程で、映画会社の重役の美貌の夫人とジョージとの情熱的な恋や、ジョージの秘められたコンプレックスなどを次々と暴いていく。事件解決は時間の問題と思われた。しかし、彼はまだ知らなかったのだ。ハリウッドにおいて《真実》と《正義》を求めることがいかに困難で危険なことかを……。
ハリウッド史上最も悪名高く、ミステリアスな《スキャンダル》を、ハリウッドを代表する実力派俳優の競演によって映画化した衝撃のミステリーが幕を開ける。


→公式サイト

前回ベン・アフレックを見たのはすぐに死んでしまう役だったので今回も死んでしまうとは言えども主役なのでちょこっと期待して映画を観に行きました。役作りのために10キロも増量したというベンはどこから見てもスーパーマンにしか見えない身体つきがこの映画にかける意気込みを感じることが出来ました。映画は未解決事件でもあるし真相は分らないのですがハリウッドの複雑な人間模様や利害なしにただ人を好きになるということの難しさを見せ付けられた気分です。この映画は実在しない登場人物として私立探偵のシモの調査を基に話が進むのですが彼もスーパーマンの死を調査することによって最終的には何が大切なのかが分るのですが、私は真相を掴めなくともシモが再生してくれたことがこの映画での救いでした。現状に満足しないで何か新しいことを始めるというのは大きなリスクを伴うものなのですね。

評価:60点(100点満点)→隣りの女性は映画の前半で爆酔していたので万人受けする映画ではないようですね。私も正直途中何度か退屈したし・・・

THE OC

July 16 [Mon], 2007, 16:12
週末は3連休だというのに台風が近づいていて天気予報は雨 だから旅行にでも行きたかったんだけど週末は家でのんびり過ごしました。こんな絶好の機会は逃せないということで私は今はまっている海外ドラマの『THE OC』を見まくりました。



DVDは海外バージョンのをシーズン4まで持っているんだけど日本バージョンが先日発売になったので思わず買ってしまいました。しかし海外では1シーズン40ドルくらいで購入できるのに日本版は1シーズンをわざわざ3回の販売に分けてトータル2万円以上の価格設定をして売っているのです。まぁ、文句あるなら買うなって話ですが・・・こんな金儲け主義は許せないですね。エビちゃんを使ったCMやらをやっていたので宣伝費にお金がかかったのかもしれないですね。



『The O.C.』(じ おーしー)は、アメリカ合衆国のFOXネットワークで2003年から放送されているティーン向けのテレビドラマ。O.C.とは、ドラマの舞台であるOrange County(カリフォルニア州オレンジ郡)の略。
現在35カ国以上で放送されている。アメリカでは2006年5月18日で第3シーズンが終了し、第4シーズンは2006年11月2日から放送されている。主演のミーシャ・バートンは第3シーズン限りで降板した為、第4シーズンではマリッサの妹のケイトリンが主役となる。しかし、視聴率不振によりFOXがキャンセルを決定し、第4シーズンで終了することになった。

今週で第1シーズンの半分まで見ることが出来ました。日本語版はまだシーズン1しか発売になってないので字幕付きで見れるのもあと半分しかないのかぁ。シーズン2以降は頑張って英語字幕で見てみます。初めは主人公のライアンを応援していたのですが映画を見ているうちにライアンと一緒に住んでいるセスやその家族がすごく気になり始めています。マリッサ役のミーシャ・バートンはこのドラマから超有名になったわけですがシーズン4で降板したんですね。。。そのせいでシーズン4で打ち切りなんでしょうね。他の出演者もすごく魅力的なので残念です。

この映画を見ていたらもう一度『ビバヒル』を見たくなってしまいました。見たい海外ドラマはいっぱいあるのでこれからはゆっくり出来る週末に見ていこうって思いますが・・・あまりダラダラもしていられないのでほどほどにします。

傷だらけの男たち

July 11 [Wed], 2007, 21:10
久しぶりに大好きな金城武をスクリーンで観れるということでかなり興奮しながら映画館に向いました。(日本のドラマで深キョンと共演した時からのファンなのだぁ〜

かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事のヘイとポン。だが、ある事件をきっかけにポンの恋人が自殺、その時からポンの生活は一変、警察を辞職し私立探偵になり、酒びたりで自堕落な日々を送っていた。一方のヘイは億万長者チャウの娘スクツァンと結婚し、キャリアもプライベートも順風満帆だった。そんなある日、チャウが自宅で惨殺される事件が起きる。父の死に不審を抱いたスクツァンは、ポンに捜査を依頼するのだが…。
傑作『インファナル・アフェア』から早5年。アンドリュー・ラウとアラン・マックのチームが放つ新作は、傷ついた男たちの切ない物語。トニー・レオンと金城武の共演は意外にも実質的に初めて(『恋する惑星』では同じシーンはない)。ほかにも中国4大女優のひとりシュー・ジンレイ、今や話題作には欠かせないスー・チーなど、アジアのトップスターの共演はもちろん見応え十分だが、2003年の「SARS騒動」以降、香港の人たちが受けた傷を癒し再生させたいという願いも感じ取ることができよう(原題は「傷城」。つまり“傷ついた街”)。なお本作もハリウッド・リメイクが決定しており、レオナルド・ディカプリオが出演する模様。


→公式サイト

うーん・・・感想は金城武氏はすごくかっこよかったんだけど、主人公の名前がキョンとかチャンとかマンとか同じような名前でまた画面が暗くってあまり顔も覚えられなかったので途中ストーリーについていけなくなってしまいました。男たちの心の傷の深さもあまりいまいち伝わってこなかったし、パートナーをどれだけ好きだったのかという話もあまり説明がなかったのでいまいち心に響いてこなかったです。トニー・レオンに関しては今まではもっとカッコいいイメージがあったんだけど今作品ではメガネなんかかけたりして、また髪型もいまいちだったからかフツーの暗いおっさんにいや石坂浩二に見えてしまった。金城武氏も酔っ払ってるシーンが多かったので少し残念でした。ハリウッドでリメイクらしいですが・・・ディカプリオはどっちの役をするのかな?やっぱり金城武役だとにらんでいるのですがどうでしょうか?

評価:50点(100点満点)→悪くないとは思ったのですがいまいち訴えかけるものが薄かったです。金城武出演じゃなかったら40点くらいかもです。

ボルベール<帰郷>

July 05 [Thu], 2007, 6:40
ペネロペの魅力が十分に表現されていたこの映画はまさしくラテンの力強い女性の生き様を活き活きと映像に映し出されていました。

失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は勢いあまって父親を殺してしまう。愛娘を守るため、ライムンダは必死に事件の隠蔽を図るが、その最中に「故郷の叔母が死んだ」と知らせが入る。一方、葬儀のため帰郷したライムンダの姉ソーレは、大昔に火事で死んだ姉妹の母の亡霊が、1人暮らしだった叔母をこっそり世話していた、という奇妙な噂を聞く。
「今もっとも自由で独立した映画監督」と言われるペドロ・アルモドバル作品。女性のたくましさと母性を、尊敬と賞賛をこめて描いてきた彼の目線は、今回も健在だ。登場するのは、大昔に死んだはずなのにひょっこり戻ってきた母、二人の娘、孫娘、叔母、隣人の6人の女たち。セクシーでたくましい女を演じたペネロペ・クルス、監督とは19年ぶりの仕事となったベテラン、カルメン・マウラら6人の女優は、カンヌ映画祭の最優秀女優賞を全員が獲得するという快挙を成し遂げた。女が主役となれば、当然そこには笑いと涙と“秘密”がいっぱい。先の読めないユニークな筋書き、6人6様の生き様、ペネロペが歌うタンゴの名曲「ボルベール」をご堪能あれ!


→公式サイト

やっぱりペネロペはスペイン語で演じている時が自然で一番いい状態の彼女を表現出来るなって改めて思いました。ラテンの女性のパワーを感じるのと共にラテンの男性の女にだらしなく働かないというダメな部分もいっぱい見てやっぱり世界は女性の力で周っているんだ!なんて思ってしまいました。
この作品はペネロペ以外は美女は出ていないのですがみんな親近感がわくような容姿で映画というよりはある女性たちのドキュメンタリー映画を見たようにも感じました。ペネロペは相変わらずのナイスバディで胸の谷間が強調されていて女の私でもドキドキしました。ヒップのラインもいつもより豊かでセクシーだなって思っていたらあれは付け尻だったようですね。ラテンの女性はお尻が大きいことが美女の条件だって言ってたスペイン人の友達との会話を思い出しちゃいました。(私もラテン系だったらよかったのにって思ったから・・・笑)
思ってたよりシリアスな映画ではなく台詞も面白くって楽しめました。また親子の絆や過去のトラウマなど泣ける場面もあって私は大満足な1本になりました。ペネロペファンは彼女の力強い歌声と共におしっこしているシーンまで見れちゃうので必見ですよ。(おしっこするペネロペもなんかかっこよかったし・・・)

評価:75点(100点満点)


脳内メーカー

July 04 [Wed], 2007, 12:21
最近migさんのブログで見て気になっていたこのサイト→脳内メーカー

まずはこのブログ名であるALICEで挑戦。

ほとんど遊ぶことしか考えていないようですね。まぁ、映画ブログのALICEだから当たってるのかもね。



次は新しくなった名前で。

休・愛の板ばさみなのでしょうか!?確かに愛情もいっぱいだけどいろんな慣れない環境に疲れているのも確かですねぇ。



旧姓では・・・

嘘つきで食べることと愛で頭がいっぱいなんて・・・名前が変わってよかったのかもね。



旦那さまは・・・

欲と休ですかぁ。確かに仕事ばっかりで疲れているからお休みは必要だろうけどね。欲は何に対する欲なんでしょうか・・・



愛犬のDAMBOも・・・

遊んで食べて・・・でも友人関係で悩んでいるのかな?ってか友達いないしね。それが悩みだったのかな



当たってるような当たってないような感じだけどなかなか面白いですね。繋がり難くなってるかもしれないけど名前を入れるだけで簡単なのでみんなもチェックしてみてはどうですか?
P R
2007年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる