新道さんの慰労会・パート2

August 31 [Wed], 2005, 23:10
本日は新道さんが最後の日です。

かよっちもあたしもなんだかまだ実感がないねって感じで、いつもと同じ一日がすぎてしまいました。明日からはもうあの新道スマイルが見れないんだなって思ったらなんだか悲しいです。

今日の最後の飲み会は『kichiri honmachi』で開催されました。
三課のメンバー+三名でした。なんとなく今日はをがんがん飲んじゃいました。ワインが飲み放題にしてはおいしかったから。
元社員の女性の人の隣で海外の話をいろいろ聞いてたらすご〜く行きたくなりました。海外在住はすっごく羨ましいなぁ〜
新道さんともいろいろ話しましたがなんだかいつもの飲み会となんら変わりがなくって普通に終わりました。
この後は二次会のに行ったのですが、飲みすぎてたあたしは歌いまくってしまった。。。 かなり反省です。ここでも新道さんといろいろ話しましたが、しんみりとすることもなく、ドタバタと時間は過ぎてしまいました。
めちゃ飲みのあたしは帰りのタクシーの中でも大騒ぎ、の中でも・・・
無事に帰れたのが奇跡でした。 
まぁ自力で帰ったのではないのですが。。。迷惑をお掛けした皆様どうもすみませんでした もう飲み過ぎないです。

最後に長年働かれた新道さん本当にご苦労様でした。

UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

August 30 [Tue], 2005, 23:39
会社の人から8月いっぱい有効のタダチケットをもらったのでUSJに行って来ました。この3日間で予定のないのは今日だけだったので急きょ行ったのですが、あいにくのでした。

仕事が終わりベルサでUSJに向かいました。
隣の席のおかよさんと行きました。

こんな雨だし火曜日だしで絶対に空いてるって思ってたのに・・・
スパイダーマンは70分待ちだし、T3でも60分待ち・・・
ショー系が終わってる分アトラクションに人が集中したのでしょうか・・・

とにかく『スパイダーマン』を60分待ちで乗ることにしました。
前回はそんなに待たなかったのでこんなに待ちのスペースがあるのかってことに驚いてしまいました。人がぐるぐる渦巻きに並んでいました。
スパイダーマンは二回目ですが、本日も楽しむことが出来ました。

次は『T2−3D』を20分待ち。もう3回くらい行ってるので大体どんな感じか分かってるのでゆったりと見ることが出来ました。今回も進行役のおねいさんは迫力満点の演技でした。

最後にシュレックの4Dのショーを見ようと思ったのですが、もう入場を締め切っていたので最後に『E.T』に入ることにしました。
今までで一回しか入ったことがないです・・・何故かってそれは・・・
いっつもすごい混みようなのに入ってみたら・・・だからです。
映画好きにはたまらないのかも知れませんが、あたしの
一番好きな映画はバック・トゥ・ザ・フューチャーですから


帰りにクアアイナのアボガドバーガーを食べて帰ろうと思ったのですが、お店が閉店したのか見つけられず【BUBBA GUMP】に行きました。前から入りたかったけどいっつも長蛇の列で入れなかったので、今日はすんなり入れてよかった シュリンプ・バーなんですがすっごくおいしかったです。
また次回もこのお店に期待です。

本日のメニュー



新道さんの慰労会

August 29 [Mon], 2005, 23:44
今月で定年退職を迎えられる新道さんの慰労会を行いました。

会場は『ヴィアーレ大阪』のエメラルドの間でした。
40人近くの人数が集まり豪勢なPARTYでした。
司会は波多野さんがしっかりとやってくれたので締まった会になりました。


改めて新道さんの人柄の良さを感じた会でした。
一年ちょっとのお付き合いでしたが本当にご苦労様・お世話になりました。

語学勉強

August 28 [Sun], 2005, 23:32
これもあたしの学習アイテムです。

 去年末くらいに創刊されたのですがこれがなかなか読み応えのある月刊誌です。英語の勉強方法や、TOEICのテクニック、有名人ネタetc...結構ためになるんです。
 NHK講座もなかなか持続しないあたしですが、この週刊誌は毎月楽しみに読んでいます。
 そもそも映画も海外ドラマも洋書の読書も英語の勉強として始めたのですが、感覚的には勉強というよりは楽しく趣味をしながら語学習得みたいな感じになってきており、これはいい感じだと思います。持続できないと意味がないですからねぇ〜
家にあるDVDや本をもっと活用していかないと。
見たいDVDがいっぱい溜まってきているので早く見たくてしかたないです。
一日48時間くらいあればいいのになぁ・・・でも時間があったらあったでダラダラ過ごす時間が延びるだけなんだろうな。もっと賢く時間を使わなきゃね。

お寿司

August 27 [Sat], 2005, 23:01
本日はお寿司なり〜(回ってないやつね

『びっくり寿司』に行きました。
ここは中日ファンのすごくやさしそうな大将がお寿司を握ってくれます。
ネタが大きくってめちゃくちゃおいしいです。
本日は炙りサーモンがすごくおいしかったです。
脂がのっててすご〜く濃厚な味わいでした。

お寿司ってやっぱり日本で食べるのが一番だし、日本の誇れる
料理だなって思います。ニューヨーク辺りではかなり昔から流行ってるし
最近ではヨーロッパでもかなり流行ってるみたいですね。
カナダに住んでるときも偽すし屋みたいな(多分中国人経営)がいっぱい
あったしな。味はどこも怪しかったですが・・・
それと照り焼きが日本の伝統料理みたいに思われててびっくりでした。
日本料理店に行くとてんぷらの次くらいに絶対あったなぁ〜

ジョゼと虎と魚たち

August 26 [Fri], 2005, 23:44
隣のかよっちから借りたこの本です。

 【あらすじ】
足が悪いジョゼは車椅子がないと動けない。ほとんど外出したことのない、市松人形のようなジョゼと、大学を出たばかりの共棲みの管理人、恒夫。どこかあやうくて、不思議にエロティックな男女の関係を描く表題作「ジョゼと虎と魚たち」。他に、仕事をもったオトナの女を主人公にさまざまな愛と別れを描いて、素敵に胸おどる短篇、八篇を収録した珠玉の作品集。




【田辺 聖子】
昭和3年、大阪の写真屋に長女として生まれる。
樟蔭女子専門学校国文科在学中に終戦を迎え、卒業後、大阪の金物問屋に就職。かたわらで投稿生活を送りつつ同人「文芸首都」「大阪文学」に所属。
『花狩』がラジオドラマに採用され放送作家として活躍。昭和38年『感傷旅行』 で芥川賞受賞。38歳のとき結婚。現在もかろやかな語り口で「ロマンチック小説」や古典もの、エッセイ(ご本人の弁では「雑文」)を世に送り出し、女性が家庭に沈んでしまわず、ひろい視野をもってたのしく生きることを提唱してやまない。


 この本の中であたしが一番心に残ったのは『恋の棺』です。主人公の宇禰は自分のことを二重人格だと思っています。そんな自分を恋愛の中で使い分け年下の有二を翻弄するのです。私自身も自分自身が『二重人格』だと感じたことがあるのですごく共感できました。それって自分自身が弱いためにどこかで違う自分を創り上げて逃げ道を作っていたように思います。この主人公はそうではないのかも知れないですが、あたしの場合はそうでした。それは楽しくもあり悲しくもあり、いつの間にか本当の自分が分からなくなってしまったのです。どのタイミングかは分からないですがあたしはもう一人の自分を捨てました。その頃からなんだか生きていくのが楽になったように思います。誰だって二面性はあるのだと思います。二重人格を楽しんでる宇禰が少し羨ましくもあり、可愛そうにも思いました。
田辺さんの書く女性はみんな自立していて今で言う『負け犬』的な女の人ばかりのように感じました。だから昔に書かれた本でも古臭さを感じなかったのでしょう。もっと頑張っていかないとあたしも彼女の作品に出てくるような女性になりたいな。ジョゼについては映画を見てからもう一度振り返ってみます。

ぢどり亭

August 25 [Thu], 2005, 23:08
ソフトボールのヘッドコーチとソフトについて語りました。

心斎橋で待ち合わせて『ぢどり亭』に行きました。
このお店はお友達のワンちゃんと行ったのが初めてなんですが、そこは上本町の怪しいとこにお店があり煙もくもくのきったないお店でした。しかし難波・心斎橋にある『ぢどり亭』は飲み物もいっぱいあってこぎれいな感じです。あたし的には上本町のお店の方が味はおいしいような気がします。

また何度かこのお店には行くと思うのでそのときにお勧めメニューを順に紹介していきます。本日は焼き鳥屋さんなのになぜと思うかもしれませんが、あたしの大好物を紹介します。このきゅうりに惚れてこのお店に来ているようなものです。ごま油とタバスコなどの味がしっかりしみててめちゃくちゃおいしいです。このきゅうりはやっぱり上本町が一番です。何故って作り置きでなく目の前で作ってくれからだと思います。他の店舗は少し鮮度に問題があるときがあるもので・・・流行ってるので仕方ないですがね。いつも頼むのはチキン南蛮フライ、せせり身焼き、軟骨か皮、ここは外せないです。

で、本日の本題なのですがこれからのガチンコのあり方についていろいろ話しました。もともとヘッドは何も言わない人で、みんながしたいようにすればいいよって感じなのです。初めは遊びから始まったこのチームなんですが、一部の人間がもっと強くなりたい、試合に勝ちたいと思うようになって大きく変化してきています。それに対してのアドバイスやらグランドの手配、練習メニューを考えたり、対戦相手を探してくれたり・・・いろいろ下働きをしてくれてるのがヘッドなのです。あとはキャップが中心となってチームを引っ張ってくれてるのですが、やっぱりいろんな意見の人がいるのでチームをまとめるのは難しいだろうな。みんなでゆっくり話し合っていいチームを作っていけたらいいなって思っています。そのためにヘッドはすごく頼りがいのあるご意見番だと思うのでみんなもどんどん相談していったらいいなって実感しました。あとはキャップを中心にみんなが意見を出し合ってよりよいチームにしていければいいなぁ。でもこの歳でこんなに真剣にソフトするなんて思ってなかった。。。

マルチュク青春通り

August 24 [Wed], 2005, 23:53
君のために、強くなる。 言われてみたいなこんな言葉・・・

ジムで汗を流した後に映画館に行きました。
本日はまたまた韓国映画でクォン・サンウの『マルチュク青春通り』です。
今月は『恋する神父』に続いてサンウの映画は二本目です。『天国の階段』からブレークしてますね。
劇場はもちろんおば様たちでごった返しです。映画中に『あらまぁ』とか声を
出すのは止めて欲しいです。。。 家と違うねんから!ってツッコミたくなるくらい皆様はリラックスして映画を見ておられます。

 映画は監督:ユ・ハ出演:クォン・サンウ/イ・ジョンジン/ハン・ガイン/パク・ヒョジュン です。一言に言うと古臭い青春映画です。ブルースリーの熱狂的ファンであるヒョンス(クォン・サンウ)がマルチュク通りにある男子校に転向するところから話は始まります。バスケットの試合をきっかけにこの学校の番長であるウシク(イ・ジョンジン)と仲良くなっていきます。その間にめちゃかわいいウンジュ(ハン・ガイン)が絡んできて・・・まさしく青春映画なんですが、舞台が1978年(朴大統領が暗殺される一年前)。朴正熙大統領による軍事政権が内部崩壊の兆しを見せ、民主化運動とその弾圧がピークに達していた頃であるというこの時代背景の影響を大きく受けたこの物語は今にも爆発しそうな学生達の心境を反映しているように思いました。今にも切れそうな危うい学生達、まじめだったヒョンスも青春の真っ只中でいろんなことを経験していきます。ヒョンスがヌンチャクを片手に屋上で大暴れするシーンでは、自身の不甲斐なさと理不尽な大人へ対する怒りが爆発してしまいます。友情・恋愛・学問・親子関係・大人の世界・・・いろんな要素を盛り込んだ楽しくも危険な映画でした。もさい役のサンウもよかった。彼の鍛え抜かれた身体と高校時代に実際全国ストリートバスケットボール大会で優勝したというバスケの技は見ごたえがありました。上映は2003年で当時彼は27歳というのには驚きです。学生時代の事を思い出して思わずするようなほろ苦い青春映画でした。ラストのあっけなさやストーリー展開に問題はありましたが・・・楽しめました。

評価:★★★(満点は5個)

Pasta Frolla

August 23 [Tue], 2005, 23:28
本日はジム(ヒップ・ホップ)の前にを食べに行きました。

ここには母親と時々ランチに来るのですがタルトがめちゃおいしいです。
本日はトマト&モツァレラのフレッシュバジル添えを食べました。
酸味が効いてておいしかったです。ケーキセットにしてシフォンケーキも
食べちゃいました。 (ダイエットしなきゃなのに・・・)






本日食べたパスタです。
その後のジムはめちゃきつかったです。
満腹で激しい運動は身体に悪そうです。。。

通信講座

August 22 [Mon], 2005, 23:46
あたしが今購読してる通信講座です。
しかし忙しいという勝手な理由から全く進んでないんだけどなぁ〜
頑張って進めていかないといけないのになぁ〜

 A通訳トレーニング入門
 今年から新しく始まった通信講座でこの夏から始めています。
 しかしまだ進み具合は全然です。もっと時間を割いて進めていかないんだけどなぁ〜




 A韓国語マラソン
 去年の冬くらいから始めたのに・・・まだ終わってないです。
 韓国語は真剣に頑張りたいので今年中には終わらせる予定です。でないと添削期限が終わってしまうよぉ〜

 こんな感じで勉強道具ばかり揃えては・・・なのでもっと頑張って勉強していかなきゃなって思ってる今日この頃なのですが・・・なかなか趣味とか他の用事も多くて。。。言い訳なしで頑張ります。
P R
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる