夏物語

January 28 [Sun], 2007, 17:10
今日は久々に韓国映画を見に行くことにしました。レイトショーがないので休日の夕方に観たのですが映画館はおばさま達でいっぱいでした。

60歳を超えた今も独身を貫き通す老教授ユン・ソギョン。誠実な人柄で学生たちから信頼も厚く、その端正な容ぼうは、さぞ美青年だったであろう若き日の面影をとどめている。ある日、彼の元に「初恋の人を探すテレビ番組」への出演依頼が舞い込む。番組取材のために訪ねてきた構成作家スジンに、ソギョンは古びた1冊の本を差し出した。その本をきっかけに紐解かれるソギョンが生涯唯一愛した女性ソ・ジョンインとの秘密。そこには歴史の波に翻弄された男女の悲恋の物語が隠されていた…。
『誰にでも秘密がある』『甘い人生』『バンジー・ジャンプする』など日本でも主演作が次々と公開され、日韓両国で国民的俳優の地位を築いたイ・ピョンホン。彼が待望の次回作として選んだのは『純愛中毒』以来4年半ぶりの本格派ラブ・ストーリーだった。イ・ピョンホンは幅広い演技力で、ある男の若き青春時代と著名な教授になった現在の両方を熱演。新境地を開いた。イ・ビョンホンが、4年半ぶりに挑む本格派ラブ・ストーリー。


多くのオファーを蹴ってこの作品に出ようと決めたイ・ビョンホン氏ですが前半はあの『甘い人生』に出演したビョンホンがどうして今更このようなありふれた純愛映画に出るんだろうと不思議に思いました。韓国映画ではありがちだけどいいおっさんが大学生の役だし少し違和感を感じながらも映画を見続けていると後半ではなんとなくどうして彼がこの映画に出ようと思ったのか何となく分かった気がしました。周りのおばさまは泣きじゃくりでよかった、よかったと満足げに映画館を出て行かれましたが、私には今までの韓国映画となんら変わらずに新しいものに感じられませんでした。時代背景がちょうどおばさま達の時代背景と同世代だったから彼女達には特別思い入れの大きい映画だったのかもしれませんね。私にはアームストロングが月面着陸した映像を見ても何も心を揺さぶられなかったし・・・

評価:50点(100点満点)→普通すぎて何点にしたらいいか正直良く分からなかったです。
P R
2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる