第83回アカデミー賞授賞式

February 28 [Mon], 2011, 9:49
今年ももうアカデミー賞の授賞式の日がやってきました。娘が横で何やらごちゃごちゃ言ってますが今日は無視させてもらいます・・・ごめん 昨年も映画には行けなかったし今年も6月には二人目出産になるのでどんどん映画館から足が遠のきそうなのですがアカデミー賞だけでもチェックしてDVDなどでゆっくり見ていこうと思います。

今年の司会はアン・ハサウェイにジェームズ・ブランコの若手二人ですがアカデミー賞も若返りを狙っているのかな?オープニングの映像はなかなか良く出来ていて面白かったです。英語は半分くらいしか理解できなかったからダイジェスト版で再チェックしなきゃだけど。

【作品賞】
●ブラック・スワン/Black Swan
●ザ・ファイター/The Fighter
●インセプション/Inception
●キッズ・オールライト/The Kids Are All Right
英国王のスピーチ/The King's Speech
●127時間/127 Hours
●ソーシャル・ネットワーク/The Social Network
●トイ・ストーリー3/Toy Story 3
●トゥルー・グリット/True Grit
●ウィンターズ・ボーン/Winter's Bone



ソーシャルネットワーク有利か?なんて評判もありましたがこちらがとりましたね。スマステでは吾郎ちゃんが期待するほどではなかったとのコメントだったけどアカデミー賞向きの作品だったのかな?作品賞に選ばれている映画はどれも気になるものばかりなのでいつかは観たいと思います。

【主演男優賞】
●ハビエル・バルデム『ビューティフル/Biutiful』
●ジェフ・ブリッジス『トゥルー・グリット/True Grit』
●ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク/The Social Network』
コリン・ファース『英国王のスピーチ/The King's Speech』
●ジェームズ・フランコ『127時間/127 Hours』



真面目で地味なおじさんの功績がやっと認められた感じでしょうか。いつも渋い演技を見せてくれて好きな俳優の一人ですがこれからも活躍が気になるところです。

【主演女優賞】
●アネット・ベニング『キッズ・オールライト/The Kids Are All Right』
●ニコール・キッドマン『ラビット・ホール/Rabbit Hole』
●ジェニファー・ローレンス『ウィンターズ・ボーン/Winter's Bone』
ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン/Black Swan』
●ミシェル・ウィリアムズ『ブルーバレンタイン/Blue Valentine』



多くの人が彼女の演技を大絶賛だったので納得の受賞ではないのでしょうか。女同士の泥沼の人間関係も見れる様で楽しみにしています。ナタリーも夏にママになるんですね。私と同じ妊婦なのに全然お腹が気にならない!やっぱり元が細いからかなぁ。。。

【助演男優賞】
クリスチャン・ベール『ザ・ファイター/The Fighter』
●ジョン・ホークス『ウィンターズ・ボーン/Winter's Bone』
●ジェレミー・レナー『ザ・タウン/The Town』
●マーク・ラファロ『キッズ・オールライト/The Kids Are All Right』
●ジェフリー・ラッシュ『英国王のスピーチ/The King's Speech』



バッドマンを演じたり不眠症の男を演じたり自分の体重を変幻自在に変えて役に徹する彼の俳優魂には脱帽です。これからどんな役柄に挑戦していくのか楽しみですね。受賞本当におめでとう

【助演女優賞】
●エイミー・アダムス『ザ・ファイター/The Fighter』
●ヘレナ・ボナム=カーター『英国王のスピーチ/The King's Speech』
メリッサ・レオ『ザ・ファイター/The Fighter』
●ヘイリー・スタインフェルド『トゥルー・グリット/True Grit』
●ジャッキー・ウィーヴァー『アニマル・キンダム/Animal Kingdom』



多くの出演者がノミネートされている『ザ・ファイター』もかなり注目したい映画ですね。この受賞も多くの予想通りみたいだけど私的には『トゥルー・グリット』のヘイリー・スタインフェルドが気になっています。

【監督賞】
●ダーレン・アロノフスキー『ブラック・スワン/Black Swan』
●デヴィッド・O・ラッセル『ザ・ファイター/The Fighter』
トム・フーパー『英国王のスピーチ/The King's Speech』
●デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク/The Social Network』
●ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン『トゥルー・グリット/True Grit』

ソーシャル・ネットワークを押さえて主要部門含め4冠のこの英国王のスピーチの一人勝ちな今年のアカデミー賞でしたね。その他、主要部門ではなかったものの『インセプション』も4冠と大健闘しましたね。

【長編アニメ賞】
●ヒックとドラゴン/How to Train Your Dragon
●イリュージョニスト/The Illusionist
トイ・ストーリー3/Toy Story 3

今年もアニメが作品賞にノミネートされていてアニメが大注目ですね。私はこのトイ・ストーリーシリーズは大好きなので早く観なきゃ!娘も一緒にそろそろ映画を楽しめるかな?

【外国語映画賞】
●ビューティフル/Biutiful(メキシコ)
●Dogtooth(ギリシャ)
In a Better World(デンマーク)
●Incendies(カナダ)
●Hors la Loi (Outside the Law)(アルジェリア)

【脚本賞】
●アナザー・イヤー/Another Year
●ザ・ファイター/The Fighter
●インセプション/Inception
●キッズ・オールライト/The Kids Are All Right
英国王のスピーチ/The King's Speech

【脚色賞】
●127時間/127 Hours
ソーシャル・ネットワーク/The Social Network
●トイ・ストーリー3/Toy Story 3
●トゥルー・グリット/True Grit
●ウィンターズ・ボーン/Winter's Bone

【美術賞】
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland
●ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/Harry Potter and the Deathly Hallows, Part I
●インセプション/Inception
●英国王のスピーチ/The King's Speech
●トゥルー・グリット/True Grit

私の好きな作品、好きな監督だけに是非観ないと!DVDは購入済みなんだけどね。

【撮影賞】
●ブラック・スワン/Black Swan
インセプション/Inception
●英国王のスピーチ/The King's Speech
●ソーシャル・ネットワーク/The Social Network
●トゥルー・グリット/True Grit

日本人である渡辺謙が出ているだけに日本ではかなり話題になりましたがアカデミーではそんなに・・・ですよね。でも映画は面白いとの評判なので観てみたい!デイカプリオ何だかんだ言っても好きなんですが・・・

【衣装デザイン賞】
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland
●アイ・アム・ラヴ/I Am Love
●英国王のスピーチ/The King's Speech
●テンペスト/The Tempest
●トゥルー・グリット/True Grit

【編集賞】
●ブラック・スワン/Black Swan
●ザ・ファイター/The Fighter
●英国王のスピーチ/The King's Speech
●127時間/127 Hours
ソーシャル・ネットワーク/The Social Network

【メイクアップ賞】
●バーニーズ・バージョン/Barney's Version
●ザ・ウェイ・バック/The Way Back
ウルフマン/The Wolfman

【作曲賞】
●ヒックとドラゴン/How to Train Your Dragon
インセプション/Inception
●英国王のスピーチ/The King's Speech
●127時間/127 Hours
●ソーシャル・ネットワーク/The Social Network

【オリジナル歌曲賞】
●“Coming Home”『カントリー・ストロング/Country Strong』
●“I See the Light”『塔の上のラプンツェル/Tangled』
●“If I Rise”『127時間/127 Hours』
“We Belong Together”『トイ・ストーリー3/Toy Story 3』

【音響賞(録音賞)】
インセプション/Inception
●英国王のスピーチ/The King's Speech
●ソルト/Salt
●ソーシャル・ネットワーク/The Social Network
●トゥルー・グリット/True Grit

【音響編集賞】
インセプション/Inception
●トイ・ストーリー3/Toy Story 3
●トロン:レガシー/TRON Legacy
●トゥルー・グリット/True Grit
●アンストッパブル/Unstoppable

【視覚効果賞】
●アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland
●ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/Harry Potter and the Deathly Hallows, Part I
●ヒア アフター/Hereafter
インセプション/Inception
●アイアンマン2/Iron Man 2

【ドキュメンタリー賞】
●Exit Through the Gift Shop
●Gasland
Inside Job
●Restrepo
●Waste Land

【ドキュメンタリー短編賞】
●Killing in the Name
●Poster Girl
Strangers No More
●Sun Come Up
●The Warriors of Qiugang

【実写短編賞】
●The Confession
●The Crush
God of Love
●Na Wewe
●Wish 143

【アニメーション短編賞】
●Day & Night
●The Gruffalo
●Let's Pollute
The Lost Thing
●Madagascar, Carnet de Voyage (Madagascar, A Journey Diary)

第82回アカデミー賞授賞式

March 08 [Mon], 2010, 11:19
今年もこの日がやってきました と言っても最新映画からは遠ざかっているのでノミネート作品はほとんど観ていない、知らないって感じで少し蚊帳の外な気もしますがそれなりにWOWOW生放送で楽しみました。しかし去年はねんねの娘も自己主張もしっかりするようになり歩き回っているのでなかなかゆっくり観ることは出来ませんでしたが・・・

【作品賞】
●Avatar/アバター
●The Blind Side/しあわせの隠れ場所
●District 9/第9地区
●An Education/17歳の肖像
★The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Precious/プレシャス
●A Serious Man/ア・シリアス・マン(原題)
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家
●Up in the Air/マイレージ、マイライフ



アバターに予想が集中している中で元妻のキャスリン・ビグローが完全勝利をおさめましたね

【主演男優賞】
★ジェフ・ブリッジス『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
●ジョージ・クルーニー『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●コリン・ファース『A Single Man/シングル・マン(原題)』
●モーガン・フリーマン『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
●ジェレミー・レナー『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』

ジョージ・クルーニーはなかなかオスカー受賞とはならないですね。どの映画も観てないだけにコメントできない・・・

【主演女優賞】
★サンドラ・ブロック『The Blind Side/しあわせの隠れ場所』
●ヘレン・ミレン『The Last Station/ザ・ラスト・ステーション(原題)』
●キャリー・マリガン『An Education/17歳の肖像』
●ガボレイ・シディベ『Precious/プレシャス』
●メリル・ストリープ『Julie & Julia/ジュリー&ジュリア』



私が映画を見始めた頃から活躍し続けていて気さくな感じで大好きな女優さんの一人なのでこの受賞は涙が出るくらい嬉しかったなぁ〜 また前日のラジー賞も受賞していてこのW受賞は史上初だそうで、、、しかもラジー賞受賞にも出向いてワゴンにDVDを用意してこの映画をしっかり観なさい!なんてコメントするなんてかっこいい〜これからますますサンドラ・ブロックを応援しちゃいます。

【助演男優賞】
★クリストフ・ヴァルツ『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』
●マット・デイモン『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』
●ウディ・ハレルソン『The Messenger/ザ・メッセンジャー(原題)』
●クリストファー・プラマー『The Last Station/ザ・ラスト・ステーション(原題)』
●スタンリー・トゥッチ『The Lovely Bones/ラブリーボーン』



タラちゃんのイングロリアス・バスターズ早く見たい 5月にDVD発売予定です。
美しいペネロペからオスカー像をもらって嬉しそう

【助演女優賞】
●ペネロペ・クルス『Nine/NINE/ナイン』
●ヴェラ・ファーミガ『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●マギー・ギレンホール『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
●アナ・ケンドリック『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
★モニーク『Precious/プレシャス』



どの映画も観ていないので何とも言えないんだけど前評判どおりというかアカデミー協会の人たちが好きそうな映画っぽいけど。。。昨年のスラムドック的な存在なのかな?

【監督賞】
●ジェームズ・キャメロン『Avatar/アバター』
★キャスリン・ビグロー『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』
●クエンティン・タランティーノ『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』
●リー・ダニエルズ『Precious/プレシャス』
●ジェイソン・ライトマン『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』

女性初の快挙と言うことでこれからは女性監督ももっと活躍してくれることでしょう。

【長編アニメ賞】
★Up/カールじいさんの空飛ぶ家
●Coraline/コララインとボタンの魔女 3D
●Fantastic Mr. Fox
●The Princess and the Frog/プリンセスと魔法のキス
●The Secret of Kells/ブレンダンとケルズの秘密

作品賞にも選ばれるくらいの素晴らしいアニメ、是非見てみたいです。

【外国語映画賞】
●Ajami(イスラエル)
●The Milk of Sorrow(ペルー)
●Un Prophete(仏)
★El Secreto de Sus Ojos/瞳の奥の秘密(アルゼンチン
●The White Ribbon/白いリボン(独)

【脚本賞】
★The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●The Messenger/ザ・メッセンジャー(原題)
●A Serious Man/ア・シリアス・マン(原題)
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家

【脚色賞】
●District 9/第9地区
●An Education/17歳の肖像
●In the Loop/イン・ザ・ループ(原題)
★Precious/プレシャス
●Up in the Air/マイレージ、マイライフ

【美術賞】
★Avatar/アバター
●The Imaginarium of Doctor Parnassus/Dr.パルナサスの鏡
●Nine/NINE/ナイン
●Sherlock Holmes/シャーロック・ホームズ
●The Young Victoria/ヴィクトリア女王 世紀の愛

【撮影賞】
★Avatar/アバター
●Harry Potter and the Half-Blood Prince/ハリー・ポッターと謎のプリンス
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●The White Ribbon/白いリボン

【衣装デザイン賞】
●Bright Star/ブライト・スター(原題)
●Coco Before Chanel/ココ・アヴァン・シャネル
●The Imaginarium of Doctor Parnassus/Dr.パルナサスの鏡
●Nine/NINE/ナイン
★The Young Victoria/ヴィクトリア女王 世紀の愛

【編集賞】
●Avatar/アバター
●District 9/第9地区
★The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Precious/プレシャス

【メイクアップ賞】
●Il Divo/イル・ディーヴォ
★Star Trek/スター・トレック
●The Young Victoria/ヴィクトリア女王 世紀の愛

【作曲賞】
●Avatar/アバター
●Fantastic Mr. Fox
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Sherlock Holmes/シャーロック・ホームズ
★Up/カールじいさんと空飛ぶ家

【オリジナル歌曲賞】
★"The Weary Kind"『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
●"Almost There"『The Princess and the Frog/プリンセスと魔法のキス』
●"Down in New Orleans"『The Princess and the Frog/プリンセスと魔法のキス』
●"Loin de Paname"『Paris 36/幸せはシャンソニア劇場から』
●"Take It All"『Nine/NINE/ナイン』

【音響賞】
●Avatar/アバター
★The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Star Trek/スター・トレック
●Transformers: Revenge of the Fallen/トランスフォーマー リベンジ

【音響編集賞】
●Avatar/アバター
★The Hurt Locker/ハート・ロッカー
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Star Trek/スター・トレック
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家

【視覚効果賞】
★Avatar/アバター
●District 9/第9地区
●Star Trek/スター・トレック

【ドキュメンタリー賞】
●Burma VJ
★The Cove
●Food, Inc.
●The Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg and the Pentagon Papers
●Which Way Home

日本のイルカ漁のことを題材にしているようで日本人にとっては複雑な心境ですね。

【ドキュメンタリー短編賞】
●China's Unnatural Disaster: The Tears of Sichuan Province
●The Last Campaign of Governor Booth Gardner
●The Last Truck: Closing of a GM Plant
★Music by Prudence
●Rabbit a la Berlin

【実写短編賞】
●The Door
●Instead of Abracadabra
●Kavi
●Miracle Fish
★The New Tenants

【アニメーション短編賞】
●French Roast
●Granny O'Grimm's Sleeping Beauty
●The Lady and the Reaper
★Logorama
●A Matter of Loaf and Death/ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢

【追悼】
2009年12月18日、自宅でシャワー中に倒れ心停止の状態になっているのを母親が見つけ、ロサンゼルスのシダース・シナイ医療センターに搬送されたがそのまま亡くなった。



今日のアカデミー賞で知ったのですが結構好きな女優さんだっただけにびっくり&ショック・・・ご冥福をお祈りいたします。


ベストドレッサー

February 23 [Mon], 2009, 17:46
アカデミー賞のもうひとつの楽しみは女優さんの衣装ですが今年は白っぽいドレスが多かったように思います。私が選んだ5人も偶然にもみんな白系のドレスでした。

いつ見ても美しいペネロペ・クルス、今年はオスカー受賞でひときわ輝いていました。ウェディングドレスのようなこの衣装ですがヴィンテージのドレスだとかで写真で見るよりTVで見ると細部まで凝っていてすごく綺麗なドレスで彼女に似合っていました。



プリンセス役だった彼女もスパイ役もベッドシーンも何でも出来るような素敵な女優に成長してちょっとびっくりしています。好きな女優さんだから嬉しいですね。彼女の作品も早く観たいなぁ。ドレスはこちらもウェディングドレスのようで素敵ですね。授賞式ではちょっとした歌も披露していてそのときはまた別のドレスを着ていましたが歌も上手だったので次はミュージカル映画にでも出演できそうですよ。



マリサ・トメイ、彼女のことはよく知らないのですがこちらもウェディングドレスのような衣装でしたがレッドカーペットではかなり目立っていたように思います。



SATCを思い出させるようなこちらもまたウェディングドレスのようなサラ・ジェシカ・パーカーのドレスです。旦那くんとのツーショットもありましたがベストカップルとは言い難く・・・。2010年の夏にはSATCの映画が再び返ってくるようで楽しみですね。



最後は私の好きなジェニファー・アニストンです。ブラピのことはもう忘れたのかな?40歳になるようで今が人生で一番充実していて幸せだと言っていましたが・・・。こちらも白系のドレスで普通だけど似合っていましたよ。



今年は赤も少なかったし奇抜な人も居なかったのですがその年で流行とかあるのかな?また来年のアカデミー賞が楽しみですが娘ももっと活発になっているだろうしこんなにゆったりと授賞式をリアルタイムで観れるのかしら?

ベストカップル&ワーストドレッサー

February 23 [Mon], 2009, 16:21
日本人の快挙で興奮冷めやらぬという感じの私ですが今は仕事もしていない専業主婦で暇人なので早速オスカーファッションチェックをしてみます。

まずはベストカップル賞と言うことで美男美女の美しいツーショットを紹介します。

まずはハリウッドを代表する美男美女、そして今回はダブルノミネートのアンジー&ブラピ夫妻です。略奪婚だけどそんなことを忘れさすくらいに長年連れ添ったようなおしどり夫婦のような二人ですがきっとアンジーの思い通りにブラピが操られているんでしょうね。可愛い子供もいっぱい、養子をとり寄付をいっぱいして慈善活動にも積極的な彼らの目指すところは何なのかは分からないけど誰かが彼らはムービースターであって何を演じてもブラピ色、アンジー色を消すことが出来ないって評されていたのに私も同感です。オスカーはノミネートが精一杯でしょう。



カップルではないけど日本代表ということでモックン&広末のベストショットです。モックンはかなりハリウッドでも評価されているようで今後は海外進出なんてのもあるのかな?彼は彼なりのスタンスがあってハリウッド映画とかには出ないような気もするけどね。広末さんはレッドカーペットでは派手なドレスが多いだろうから自分は肌に馴染むようなナチュラルな色を選んだと言っていましたがいい感じのドレスで色白の彼女にとっても似合っていますね。



こちらはハイスクールミュージカルで共演して実際にもカップルのヴァネッサ・ハジェンズ&ザック・エフロンです。この二人を見ているとおばさんは若いっていいなぁ〜ってつくづく思うのであります。ヴァネッサも垢抜けてかっこいい黒のドレスを見事に着こなしていていい女になりましたね。



オスカーのレッドカーペットは皆が輝いているわけですが私なりにこれはないだろうって思ったのがビヨンセのこのドレスです。ビヨンセさんちょっとお太りになりましたと思わず聞きたくなるようなこの体格のラインにぴったりのこの服は見ていて威圧感さえ感じられました。授賞式でのパフォーマンスもありましたが完全にヒュー・ジャックマンより体格がよくてびっくりしました。健康的でい



最後はジェシカ・ビールの慌ててホテルのシーツをまとったようなこの白いドレスです。今年は白系のドレスが目立ったのですがせっかくおおお尻をしているのにそのラインも出さずにこのへんてこなデザインのドレスはスタイル悪く見えますよね。決して僻みとかではないですよ・・・



アカデミー賞の締めくくりにALICE的ベストドレッサーを紹介して終わりにします。

第81回アカデミー賞

February 23 [Mon], 2009, 9:08
今年も楽しみにしている最高峰の映画賞のアカデミー賞の発表の日を迎えました。これを見るためだけにWOWOW視聴契約をしていると言っても過言ではないので長時間ですがしっかり鑑賞させてもらいます。幸い今日はお天気が悪く娘のお散歩も行かなくて許してもらえそうなので・・・

TVを観ながら随時更新していきます。

【作品賞】
●『The Curious Case Of Benjamin Button ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
●『Frost/Nixon フロスト×ニクソン』
●『Milk ミルク』
●『The Reader 愛を読むひと』
★『Slumdog Millionaire スラムドッグ$ミリオネア』

今年はスラムドッグ$ミリオネアの一人勝ちのような印象を受けました。お金がかかった作品もいいけど低予算でも信念を貫き作り上げた本物の作品には勝てないんだなって思いました。

【主演男優賞】
●リチャード・ジェンキンス『The Visitor ザ・ビジター』
●フランク・ランジェラ『Frost/Nixon フロスト×ニクソン』
★ショーン・ペン『Milk ミルク』
●ブラッド・ピット『The Curious Case Of Benjamin Button ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
●ミッキー・ローク『The Wrestler レスラー』

こちらの受賞もマイケル・ダグラスやアンソニー・ホプキンス、ロバート・デニーロ、などの大物俳優がノミネートされた俳優たちを一人づつユーモア交じりに紹介するのが印象的でした。ミッキー・ロークのノミネートには驚きましたが彼の演技にも興味がわきました。受賞はショーン・ペンであまり好きな俳優ではありませんがこの作品も是非観てみたいです。

【主演女優賞】
●アン・ハサウェイ『Rachel Getting Married レイチェルの結婚』
●アンジェリーナ・ジョリー『Changeling チェンジリング』
●メリッサ・レオ『Frozen River フローズン・リバー』
●メリル・ストリープ『Doubt ダウト〜あるカトリック学校で〜』
★ケイト・ウィンスレット『The Reader 愛を読むひと』



ノミネート者の発表の仕方が過去の主演女優賞の受賞者が一人一人を紹介するスタイルですごく感動的でした。今までオスカーではノミネートされるも受賞できなかったケイト・ウィンスレットが受賞できて私自身も嬉しいです。

【助演男優賞】
●ジョシュ・ブローリン『Milk ミルク』
●ロバート・ダウニー・Jr.『Tropic Thunder トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
●フィリップ・シーモア・ホフマン『Doubt ダウト〜あるカトリック学校で〜』
★ヒース・レジャー『The Dark Knight ダークナイト』
●マイケル・シャノン『Revolutionary Road レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』



トロピック・サンダーからのユニークなノミネートもありましたが今回は満場一致でしょう、故ヒース・レジャーが受賞しました。受賞は彼の家族が受け取りましたが会場は一瞬悲しみに包まれていてように思います。本当に惜しい人を亡くしました・・・

【助演女優賞】
●エイミー・アダムス『Doubt ダウト〜あるカトリック学校で〜』
★ペネロペ・クルス『Vicky Cristina Barcelona それでも恋するバルセロナ』
●ビオラ・デイビス『Doubt ダウト〜あるカトリック学校で〜』
●タラジ・P・ヘンソン『The Curious Case Of Benjamin Button ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
●マリサ・トメイ『The Wrestler レスラー』



ペネロペ出演のウディ・アレン作品はかなり注目です。ペネロペのスピーチも素晴らしく思わずもらい泣きしそうでした。英語が母国語ではない彼女がいろんな苦悩も乗り越えて芸術を通じて自分自身を表現している姿が素晴らしく感じました。

【監督】
●デビッド・フィンチャー『The Curious Case Of Benjamin Button ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
●ロン・ハワード『Frost/Nixon フロスト×ニクソン』
●ガス・ヴァン・サント『Milk ミルク』
●スティーヴン・ダルドリー『The Reader 愛を読むひと』
★ダニー・ボイル『Slumdog Millionaire スラムドッグ$ミリオネア』

ますますこのスラムドッグ$ミリオネアに興味がわきました。

【長編アニメ賞】
★『Wall-E ウォーリー』
●『Kung Fu Panda カンフー・パンダ』
●『Bolt ボルト』

多くのブロガーさんが2008年度のベスト映画に挙げていたこの映画ですがDVDの発売が今から楽しみです。娘が大きくなったら見せてあげたい作品ですね。

【アニメーション短編賞】
★『La Maison en Petits Cubes つみきのいえ』
●『Lavatory - Lovestory』
●『Oktapodi』
●『Presto』
●『This Way Up』



日本のアニメーションの素晴らしさは実証済みですがこうやって全世界で認められて賞を取るのは嬉しいことですね。つたない英語&日本語交じりのスピーチが印象的でした。

【外国語映画賞】●『The Baader Meinhof Complex バーダー・マインホフ・コンプレックス』(ドイツ)
●『The Class クラス』(フランス)
★『Departures おくりびと』(日本)
●『Revanche レヴァンシェ』(オーストリア)
●『Waltz With Bashir 戦場でワルツを』(イスラエル)



やりましたモックンまさか日本の作品が受賞するとは思ってなかったのですが本当に嬉しくて受賞の瞬間は鳥肌&涙ものでした。本当におもでとう早く観たいです。

【脚本賞】
●『Frozen River フローズン・リバー』
●『Happy-Go-Lucky ハッピー・ゴー・ラッキー』
●『In Bruges イン・ブルージュ』
★『Milk ミルク』
●『Wall-E ウォーリー』

アカデミーではあまり同性愛のストーリーは不利なようなんですがこの作品はそんなことも関係ないくらい素晴らしいんでしょうね。ショーン・ペンの演技も含め観て見たい作品です。

【脚色賞】
●『The Curious Case Of Benjamin Button ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
●『Doubt ダウト〜あるカトリック学校で〜』
●『Frost/Nixon フロスト×ニクソン』
●『The Reader 愛を読むひと』
★『Slumdog Millionaire スラムドッグ$ミリオネア』

お金がかかった作品が多い中でこの低予算の映画がいろんな分野でノミネートされていてすごく気になる作品です。

2008年ベスト&ワーストB

February 05 [Thu], 2009, 14:20
最後になりますが2008年ベスト5の発表です。

ベスト@ プルミエール 私たちの出産 →2008.5.17鑑賞

自分自身が2008年に出産をひかえていたからこそここまで感動したのだと思いますが、出産の神秘を余すことなく感じることが出来る素晴らしい作品でした。母になった今もう一度観てみたい気もします。



ベストA JUNO/ジュノ →2008.6.16鑑賞

偶然にもこちらも妊娠、出産がテーマの映画なのですが全くテイストが違うのですが楽しめる映画でした。内容はヘビーなのに音楽や映像のポップさに引き込まれてジュノのファンになってしまいました。



ベストB セックス・アンド・ザ・シティ →2008.8.23鑑賞

あの大好きなドラマの主人公たちを映画館の大きなスクリーンで観ることが出来ただけでも贅沢なのに音楽も内容も素晴らしくセックス・アンド・ザ・シティの世界に再び引き込まれてしまいました。物語がこれで完結という感じが寂しくもありましたが・・・



ベストC やわらかい手 →2008.1.19鑑賞

この作品は感動的で今まで観たことのないような映画で今でも心に残っています。題名からは考え付かないような内容にびっくりさせられるのではないでしょうか。



ベストD 奇跡のシンフォニー →2008.6.21鑑賞

フレディ・ハイモアくんの成長も気になるところですが彼は彼らしさを発揮できるようないい映画に出演できることがラッキーですね。サントラを買うくらいに音楽もよかったしベタに泣かされてしまいました。2008年は子供が出演している映画にいっぱい感動をもらいましたね。



子育てが一段落するまで当分はこんなハイペースで映画を映画館で観ることは出来ないだろうけど今前お世話になった映画ブログの人たちの評を参考にレンタルやセルDVDで2009年もいろいろ映画を観れたらなって思っています。これからも映画には触れていたいと思いますので2009年も宜しくお願いします。

2008年ベスト&ワーストA

February 04 [Wed], 2009, 13:11
それでは引き続きE〜Fの発表です。

ベストE ジェイン・オースティンの読書会 →2008.5.16鑑賞

ジェイン・オースティン原作の映画は多く観ているのですが作品を読んだことがないのですが彼の作品を通じて多くの女性の考え方などを感じることが出来てすごく共感できる映画でした。私も是非彼の作品を読んでこの読書会に参加したいと思えるような映画でした。



ベストF 最高の人生の見つけ方 →2008.5.10鑑賞

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンのベテラン同士の共演が絶妙で感動をいっぱいもらった映画です。この配役じゃなかったらベスト10には入らなかったかもしれないですね。



ベストG フローズン・タイム →2008.3.11鑑賞

素晴らしい映像美の中に自分なりの美しいものを発見できたような気がします。アート映画のようなんですが奥が深い心に残る素晴らしい映画でした。



ベストH ミラクル7号 →2008.7.2鑑賞

チャウ・シンチーの面白い世界観にプラスしての感動もありでいっぱい泣いてしまいました。彼の次回作が期待できるような映画でますますチャウ・シンチーのファンになってしまいました。



ベストI テラビシアにかける橋 →2008.1.30鑑賞

後半は嗚咽しながら映画を観ると言う大変感動的な映画でした。子供が出ている作品は感動的なものが多いのですがこの作品も忘れられない1作品になりました。



次点作品としてダージリン急行、再会の街で、ペネロピ、君のためなら千回でも、つぐないなどこの年は70本しか観ていませんがいい映画にいっぱい出会えて大満足な1年でした。

2008年ベスト&ワーストB

February 03 [Tue], 2009, 14:34
またブログの更新がかなりあきましたが2008年度の映画鑑賞ランキングだけさくっと発表しておきます。去年は9月6日に出産したのでそれ以降の新作は何も観ていませんので8月まで観た71本の中からベスト10とワ−スト3に特別賞の2本を発表したいと思います。

ワースト@ チャーリーウィルソンズウォー →2008.3.17鑑賞 

この映画は予告の雰囲気と映画の内容が全く違ったのである意味裏切られた感じでかなり評価が下がったように思います。トム・ハンクスとジュリア・ロバーツの共演に期待しすぎたのかも知れないですね。



ワーストA 美しすぎる母 →2008.6.13鑑賞

はっきり言ってジュリアン・ムーアが美しすぎませんでした。。。



ワーストB プライスレス 素敵な恋の見つけ方 →2008.4.4鑑賞

とにかく内容のつまらない映画でした。



特別賞@ ダークナイト →2008.8.19&29鑑賞

映画館で同じ映画を2回観るなんて滅多にないんだけど1回目が納得いく鑑賞ではなかったのでリベンジしました。出産前に観るべき映画ではありませんでしたが・・・



特別賞A アース(日本語吹き替え版) →2008.1.25鑑賞

すごく感動したのですが映画というよりはドキュメンタリーだったので特別賞にしました。



今年は50点以下の観なかったらよかったなって映画は少なかったように思います。人それぞれ好みもあるから私はワースト映画だと思っても観る人によって感想は全く違うと思うのであくまでもこの映画が良くなかったと言う訳ではないのでご了承くださいね。

第80回アカデミー賞【衣装】

February 25 [Mon], 2008, 16:00
中継を見ていないので誰が来ていて、どんな素敵なドレスがあったのか分らないんだけど写真で見た中で可愛いなぁって思ったドレスをピックアップしてみました。

主演女優賞のマリオン・コティヤール



これは鯉を意識したのでしょうか?こんなドレスも似合ってしまうのはやぱりオスカー女優の貫禄

プレゼンターのジェシカ・アルバ



全身の写真ではないんだけど妊婦でも可愛いジェシカ・アルバです。最近ますますふっくらしてきて妊婦さんらしくなってきたね。でもまた子供生んだらすぐに元のスタイルに戻るんだろうけどね・・・

ペネロペ・クルス



去年はピンクのフリフリのドレスだったけど今年はかなり大人っぽい装いですね。素敵です

プレゼンターのアン・ハサウェイ



アカデミー賞で赤のドレスってあまり見ないんだけどやっぱりレッドカーペットとかぶるからなのかな?透き通るような白い肌に赤のドレスが似合ってるけどデザインはいまいちかなぁ。

プレゼンターのキャメロン・ディアス



あまりちゃんと写っている写真を見つけることが出来なかったんだけどキャメロンはやっぱりカッコいいなぁ。次回は是非ともノミネートされてアカデミー賞に出席して欲しいですね。

我想一個人映画美的女人blogのmigさんのファッションチェックが楽しみです。

第80回アカデミー賞【後半】

February 25 [Mon], 2008, 15:00
引き続き賞の発表ですが主要部門は前半で終っているのに軽く流す感じで紹介しますね。

【脚本賞】
★Juno/ジュノ
●Lars and the Real Girl/ラース・アンド・ザ・リアル・ガール
●Michael Clayton/フィクサー
●Ratatouille/レミーのおいしいレストラン
●The Savages/ザ・サベージ

ティーンネイジャーの妊娠を題材にしたこの作品ですが今から楽しみに作品の一つになりました。自分も妊娠してみてまた違った観方が出来るかもしれないですよね。

【脚色賞】



★No Country for Old Men/ノーカントリー
●Atonement/つぐない
●Away from Her/アウェイ・フロム・ハー〜君を想う
●The Diving Bell and the Butterfly/潜水服は蝶の夢を見る
●There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

今年はノーカントリーの一人勝ちのようなアカデミー賞ですね。作品に更なる期待がかかります。

【美術商】



★Sweeney Todd The Demon Barber of Fleet Street/スウィーニー・トッド〜フリート街の悪魔の理髪師
●American Gangster/アメリカン・ギャングスター
●Atonement/つぐない
●The Golden Compass/ライラの冒険〜黄金の羅針盤
●There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ここでティム・バートン&ジョニー・デップの作品がオスカーを取りましたね。嬉しいなぁ。因みにこれは予想通りの結果になりました。まぁ、予想と言うよりは希望だったんですがね。

【撮影賞】
★There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
●The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford/ジェシー・ジェームズの暗殺
●Atonemen/つぐない
●The Diving Bell and the Butterfly/潜水服は蝶の夢を見る
●No Country for Old Men/ノーカントリー

潜水服は・・・を予想した予想した私は見事に外れました。。。

【衣装デザイン賞】



★Elizabeth: The Golden Age/エリザベス〜ゴールデン・エイジ
●Across the Universe/アクロス・ザ・ユニバース
●Atonement/つぐない
●La Vie en Rose/エディット・ピアフ〜愛の讃歌
●Sweeney Todd The Demon Barber of Fleet Street/スウィーニー・トッド〜フリート街の悪魔の理髪師

これも予想的中です!ケイト・ブランシェットは惜しくもオスカー獲得はならなかったけどこれからも素晴らしい演技を期待しています。ちょうど今は妊娠中のようですね。

【編集賞】
★The Bourne Ultimatum/ボーン・アルティメイタム
●The Diving Bell and the Butterfly/潜水服は蝶の夢を見る
●Into the Wild/イントゥ・ザ・ワイルド
●No Country for Old Men/ノーカントリー
●There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

これも予想的中です。あのマット・デイモンをあそこまでかっこよく映すのは編集の賜物でしょうってそんな意味の賞じゃないかな!?

【メイクアップ賞】
★La Vie en Rose/エディット・ピアフ〜愛の讃歌
●Norbit/マッド・ファット・ワイフ
●Pirates of the Caribbean: At World's End/パイレーツ・オブ・カリビアン〜ワールド・エンド

予想はパイレーツでも入れておこうかって軽い気持で決めたのですがやっぱりあの美しいマリオンをエディット・ピアフに仕上げたメイクアップは素晴らしかったと思うので納得ですね。

【作曲賞】
★Atonement/つぐない
●The Kite Runner/君のためなら千回でも
●Michael Clayton/フィクサー
●Ratatouille/レミーのおいしいレストラン
●3:10 to Yuma

素晴らしい映画は音楽もいいということですね。つぐないも楽しみな作品の一つですね。

【オリジナル歌曲賞】



★Falling Slowly『Once/ダブリンの街角で』
●Happy Working Song『Enchanted/魔法にかけられて』
●Raise It Up『August Rush/オーガスト・ラッシュ』
●So Close『Enchanted/魔法にかけられて』
●That's How You Know『Enchanted/魔法にかけられて』

やったーこれも予想的中ですが大好きな作品だけに本当に嬉しいです。

【音響賞】
★The Bourne Ultimatum/ボーン・アルティメイタム
●No Country for Old Men/ノーカントリー
●Ratatouille/レミーのおいしいレストラン
●3:10 to Yuma
●Transformers/トランスフォーマー

トランスフォーマーの音楽がかっこよかったんですが今年はボーン・アルティメイタムが持っていきましたね。

【音響編集賞】
★The Bourne Ultimatum/ボーン・アルティメイタム
●No Country for Old Men/ノーカントリー
●Ratatouille/レミーのおいしいレストラン
●There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
●Transformers/トランスフォーマー

こっちもトランスフォーマーを推したのですがダメでしたぁ。

【視覚効果賞】
★The Golden Compass/ライラの冒険〜黄金の羅針盤
●Pirates of the Caribbean: At World's End/パイレーツ・オブ・カリビアン〜ワールド・エンド
●Transformers/トランスフォーマー

これも一応予想は的中しました。3/1に観に行く予定なので楽しみです。

【ドキュメンタリー賞】
★Taxi to the Dark Side
●No End in Sight
●Operation Homecoming: Writing the Wartime Experience
●Sicko/シッコ
●War/Dance

マイケル・ムーア監督で予想したのですが全く知らない映画が取りましたね。

【ドキュメンタリー短編賞】
★Freeheld●La Corona (The Crown)
●Salim Baba
●Sari's Mother

【実写短編賞】
★Le Mozart des Pickpockets (The Mozart of Pickpockets)
●At Night
●Il Supplente (The Substitute)
●Tanghi Argentini
●The Tonto Woman

【アニメーション短編賞】
★Peter & the Wolf
●I Met the Walrus
●Madame Tutli-Putli
●Meme Les Pigeons Vont au Paradis (Even Pigeons Go to Heaven)
●My Love (Moya Lyubov)

今年のアカデミー賞も仕事でWOWOWの中継を見れなかったのですが家でゆっくり録画したのを観ようと思ったのですが・・・ガーン!家のバカデッキは作動していなかったようです。この日の為にWOWOWに加入しているようなものなのにこのショックは大きすぎます。。。
P R
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる