ツォツィ

May 10 [Thu], 2007, 18:40
今年40本目の映画館での映画鑑賞です。
南アフリカは今ではかなり発展していると聞いていますがそれはある一定の生活レベルを保障されている人たちだけであって底辺の人たちはまだまだ悲惨な状況下で暮らすことを強いられているんだとここ最近、何本かのアフリカ映画を見て痛感しています。この貧富の差どうすれば埋めることが出来るのだろうか?

自分の本名と過去を封印し、幼い頃からたった1人、社会の底辺で生きてきたツォツィ。仲間とつるんで、富裕階級の人間から暴力で金を奪うのだ。ある日、高級住宅地を歩いていたツォツィは、黒人女性が運転するベンツを見かけ、女性を脅し車を盗んで逃走。しかし、後部席に赤ん坊がいることに気が付く。紙袋に赤ん坊を入れ、途方に暮れている時、女手ひとつで子供を育てているミリアムと出会う。ツォツィは、彼女に赤ん坊を預け…。
“ツォツィ”とは、不良を意味する言葉。南アフリカの社会派作家、アソル・フガードの同名の小説が原作。アパルトヘイトは過去のものとなり、民主的な国家が誕生したものの、長年来続いた政治がもたらした負の遺産がすぐに消滅するはずもなく、今も貧困と差別に苦しむ人々が多い。ツォツィを演じたプレスリー・チュエニヤハエも、南アフリカの治安の悪い地域で育ち、息子の行く末を案じた母の勧めで演劇を始めたという経緯を持つ俳優だ。共演は、テリー・ペート、ミュージシャンのZOLAら、いずれも南アフリカで生まれ育った俳優たちである。監督のギャヴィン・フットは、南アでの活動が世界的に評価され、次回作はハリウッドで製作予定。


→ツォツィ

どんな人間でも自分が生まれ育った故郷、そして育ててくれた両親は人生にとってもっとも大切なものだと思います。しかしこの映画の主人公ツォツィは自分の過去を捨て両親までも捨ててしまいました。そんな彼も例に漏れずに不良になるわけですが彼らのような貧困層の人間はもしかしたらこのように犯罪に手を染めてしか生きる手段が無いのかと思わせられました。お金が無いから学校にも行けない、学校にも行けないから就職も出来ない、就職できないから生活費の確保も出来ない・・・その結果犯罪に走ってしまう。決して犯罪は正当化されるものではありません。しかしこの貧しさが本来は清らかだった人間の心も悪に染めて自分がしていることの善悪さえも判断できないような人間にしてしまうのかもしれないと考えるとこの犯罪には政府にも大きな責任があると思います。彼らのような人たちが住むところや食べるものに困らないような生活を送れるような支援をしてあげてほしいです。新たなツォツィはもういらないです。

評価:90点(100点満点)
主人公のツォツィ役のプレスリー・チュエニヤハエは彼自身が同じような境遇にあったということで演技といううよりは私たちのメッセージかのようにスクリーンから彼の思いが伝わってくるようでした。映画中は極悪な顔になったり、無邪気な表情や寂しそうな表情などいろんな顔を持つ彼にすごいパワーのようなものを感じました。貧困から勝ち上がった彼なのだからこれからもタフに頑張ることだろうと思うのでまたいい映画で再会することを楽しみにしています。映画でも出てきましたが黒人であれどんな肌の色の女性でも母親は強く優しくそしてかけがえの無いすばらしい存在だと思いました。子供には母親が絶対に必要だと思うので軽はずみに子供を作って捨ててしまうなんてことは絶対にしてほしくないです。

アフリカではこの写真のように住む家や親のない子供が共同で暮らしているところがたくさんあると聞きました。こんな子供たちが犯罪に手を染めていくわけですが、わずかなきっかけでツォツィのように自分のしてきたことが本当にしてはいけないことで止めなくてはいけないと気づくことが出来ると思います。だから他人であったとしても大人が子供に興味を持って駄目な事は駄目だと注意することが出来る昔の日本のような社会が大切なんです。ツォツィの場合は赤ちゃんがきっかけだったのですが彼に一欠けらの良心も残っていなかったらあの場で子供を置き去りにして見殺しにしていたと思うと彼も心のどこかで母を思い今の状況から脱したいと思っていたに違いありませんね。

私の中で映画はいろんな世界のことを学習するいい教材にもなっています。せっかく趣味で多くの映画を見ているのだから何かしなくてはって思ってるだけではなく小さな基金からでもいいので何かを始めようと思います。自分さえよければ言いなんて思っていたら絶対に幸せにはなれないと思うしどこかで神様が見ていて人間同士助け合わないと世界は終わってしまうよって言ってるようにも感じるので・・・

DECENCY(品位)=respect myself 大切な言葉を知りました。私も品格を持って自分という存在に感謝、敬意を払いたいです。
  • URL:https://yaplog.jp/alice59/archive/640
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
●きららさん
コメントありがとです。

この映画はそんなに短いなんて感じなかった〜
時間の使い方がすごく上手な映画でしたね。
スパイダーマンにも見習って欲しいよ。(笑)

母がやっぱり偉大だわ。
そんな偉大な母親になれるのかなぁ?
May 14 [Mon], 2007, 13:43
●睦月さん
コメントありがとうございました。

睦月さんのように素晴らしい適切な言葉で
語ることは出来ないんですが本当に
この映画は訴えてくるエネルギーが
半端なくって感動しました。

あの力強いヒップホップもよかったですね。
May 14 [Mon], 2007, 13:41
●migさん
コメントありがとです。

migさんが高評価だったので見ようと決めた
この映画ですよ。その私がmigさんより高得点なんて
本当に見てよかったです。

これからもこのようなメッセージ性の高い映画から
いろんなことを受け止めて何か形に出来たら
いいのになって思っています。

これからもいい映画お勧めしてね。
May 14 [Mon], 2007, 13:39
●NAOさん
コメントありがとです。

この映画はアフリカの現状を知るのと共に
母親の偉大さも教えられて本当に素晴らしい
映画でしたね。感動させられました。

親の愛情はこんなにも大切なんですよね。
May 14 [Mon], 2007, 13:38
●ジョーさん
コメントありがとです。
アフリカを含めいろんな国でまだまだ
平和でも平等でもないこの時代で
自分はいったい何が出来るのかと
考えてしまいますね。
映画を通してでも多くの人が
そのように考えることによって
何かが始まればいいことですね。
May 14 [Mon], 2007, 13:36
こんにちは♪

90分程度の作品の中に
たくさんの問題や大切なことが詰まっていた作品でしたね♪
ストレートに訴えてくる作品だからこそ、
私たちもそれをストレートに感じることが出来て、、、
ただのほほんと日々を過ごすのではなく、ツォツィのような人が実際に存在するということを考えながら生きて生きたいな♪

母の愛は絶大だねー
May 13 [Sun], 2007, 13:53
睦月
こんばんわ!
TB&コメントありがとうございました!

音楽も描写も、すごくパワフルな印象の作品でしたが・・・
観終わったあとに残るのは優しさと人間の良心に対する希望でした。

人間の原点(赤ん坊)と対峙するツォツィの中で
彼自身も原点を顧みて、心にさまざまな変化が生まれた・・・
その様子をリアルに秀逸に描き出していたと思います。

素晴らしい1作でしたよね。
May 13 [Sun], 2007, 0:41
mig
ALICEちゃん★

おー♪
わたしよりさらに高得点☆
なんか嬉しいな。
この作品、さすが観客賞に選ばれたというだけあって、
訴えるものがあったと思う。

引き込まれる映画でした♪
May 12 [Sat], 2007, 22:15
TBありがとうございました♪
この1年でアフリカを舞台にした作品を何本観たことでしょう〜
映画で初めて知る事実も沢山あります。
自分に何が出来るか分からないけれど、何も知らないでいるより、まず知る事が大事なんだと映画を観て思います。

この作品もアフリカの“現実と希望”をリアルに、そしてダイレクトに力強く見せてくれました。

そして人のぬくもり(母の愛情など)は、とても大事な事だと改めて感じました。

May 12 [Sat], 2007, 20:54
TBありがとうございます。
映画を観ていると知らなかったことをいろいろ教えられますが、最近のアフリカを舞台にした映画を観ていると、いま自分の生きている時代に、地球の裏側ではこんなことが起きていたのに全然知らなかったという事実に愕然とします。観た価値があったと思いました。
May 12 [Sat], 2007, 18:24
P R
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる