パフューム ある人殺しの物語

March 07 [Wed], 2007, 21:30
今年20本目の映画は『パフューム』です。2時間以上ある作品ですが飽きずに観れました。
私は自他共に認める匂いフェチです。特にいい匂いよりかは少し異臭の方が好きだったりするんです。(変態だなんて思わないで!)特に愛犬の肉球の匂いはくせになる匂いで暇さえあれば鼻を押し付けています。特に鼻がよくていい事なんかないけど自分のつけてる香水で気分が悪くなったり、昨晩ににんにくをご賞味した人がすぐに分かるなんて言うマイナスポイントの方が多いかもしれないです。

舞台は18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子供が産み捨てられる。名をジャン=バティスト・グルヌイユ。グルヌイユは生まれながらに体臭がなく、神が彼に唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。やがて彼は、天才香水調合師となり、世間を驚かせる芳香を生み出していく。時を同じくして、パリを震撼させる連続殺人事件が発生。被害者はすべて若く美しい娘で、髪を刈り落とされた全裸死体で発見されるのだった…。犯罪史上最も純粋な動機が彼を狂気へと駆り立て、そして物語は、かつて誰も目にしたことのない驚愕の結末へと向かっていく…。
11週間連続1位を記録したあの『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』を抜き、驚異の全世界BOX OFFICE No1!という記録を樹立した本作。原作は、世界45カ国で1500万部も出版された大ベストセラー、パトリック・ジュースキントの「香水 ある人殺しの物語」。永い間、最も映画化の待たれる小説として、その座に君臨してきた幻の小説で、スピルバーグやスコセッシがこぞって映画化権を熱望したと言われる話題の小説だ。その禁断のベストセラーが、『ラン・ローラ・ラン』の鬼才トム・ティクヴァ監督の手により、遂に完全映画化!


→公式サイト

赤毛の犬は美味しいと聞いたことがあるが、赤毛の女性はいい体臭がするのか?なんて不謹慎なことも考えつつ・・・この不思議な匂いの世界にどっぷりとつかっていきました。ただ文句を言いたいのは日本の予告です。あのラストのシーンを誰の目にも触れるTVコマーシャルで流すのはどうなんですか!?おすぎの誇張した宣伝は許すとして大切なネタバレするようなシーンを流すなんてどうなんですか???馬鹿な日本の宣伝に物申したい気分です。(言い過ぎ?)
映画としての展開、魅せ方、音楽、そしてキャスティングはすべて素晴らしかったと思います。あんなに美しい死体を見たのも初めてだったと思うし主人公のベン・ウィショーの言葉じゃなくって目や表情で訴えかけてくる演技も素晴らしかったし、匂いをテーマにした映画で映像によってその匂いを十分観客に伝えることも出来ていたと思います。しかし・・・こ主人公の匂いに対する愛に対するそれらの思いが私には理解することが出来ずに評価としては高得点と言うわけにはいかない映画でした。これは好き嫌いが顕著に表れる映画だと思いますが、嫌いじゃないんだけど主人公があまりにも非人間的過ぎて救いの手を差し伸べることが出来なかったのが残念でした。彼は生まれてきてはいけない命だったのか?そんな命などないはずなのに。

評価:65点(100点満点)
彼は究極の香水を作ることによって、望まれて生まれてこなかった、そして生きている証でもある体臭がない自分の存在を世に知らしめたかったのだと思います。私は自分が生きている証と言うのは誰かに愛されそして愛すると言うことだと思うので彼にも愛することの素晴らしさを感じて欲しかったです。女性のいい匂いを永遠に保存することに固執したばかりに自分の素晴らしい才能を無駄にしてしまったジャン=バティスト・グルヌイユの最期は不幸だったのかどうかは普通の感覚を持つ人間には分からないけれど、究極の香水で多くの民衆を虜にして性の世界に撹乱させ自分自身を天使と呼ばせた彼の技はもはや人間のなせる技ではなかったでしょう。

彼が匂いに目覚めるきっかけになった女性と最期に匂いを抽出した女性が実に印象的でした。美しい女性が放つフェロモンのようなものが匂いの源になるんでしょうか?叶姉妹は香水によっていい匂いを放ってそうだけどその人本来が持っている香というのも大切でですね。私も好きだった人の匂いや赤ちゃんの匂い、おばあちゃんの部屋の匂いや、外国に住んでいた時の街の匂いなど忘れられない匂いがたくさんあります。ある意味一番最後まで記憶に残るのは匂いだと私は思います。彼のように強引に保存すると言うやり方ではなく記憶に残る温かい香りや匂いをこれからも大切にしていきたいです。

脇役のダスティン・ホフマンやアラン・リックマンの演技も良くって、この時代の臭そうなパリの様子もすごい表現力で映像化されていました。しかし匂いと言う見えないものが主題なので絶対に本で読むほうが想像力もかき立てられて私には向いているように思います。この時代の人ってお風呂も入らないし臭かったんだって思うと、日本の着物の時代もかなり臭かったんじゃないかなと言う妄想の世界に入ってしまいました。匂いフェチにはたまらないのかな?(笑)
スコセッシやスピルバーグもこの本の映画化を望んでたみたいだけどこのダークな世界観は彼らには表現できなかったように思うからトム・ティクヴァ監督で正解だったかな。原作を読もっと!
  • URL:https://yaplog.jp/alice59/archive/610
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
 面白かったですねぇ。
もう少し良識有る友人がいれば、人殺しなんかせず、女性の臭いをゲットできたのでは?と思っちゃいます。
変な油を塗って体液(?)を抽出できるなら、それをさせてもらってお金をもらえるなら、やってもイイと思う人を募ればいいのです。
人を殺しても臭いが欲しい変態がいるなら、体に油を塗って気持ちが良い変態もこの世にいるかもしれません。
あ、でも赤毛じゃないとイイ香りがしないのかな?w
September 15 [Mon], 2008, 20:22
●KGRさん
コメントありがとです。
TBもありがとです。

方向性が似てるなんて嬉しいです!
一応マイナー系、メジャー系を混ぜ合わせて
バランスよく映画を観ようかななんて思ってるんだけど
やっぱり近場ではマイナー系があまりやってなくて
観れないことが多いです。

最後の赤毛の女の子のことは
知らなかったですが女子高生なんだぁ。
しかも本当はブロンド・・・少しがっかりだ!

当時のパリに住んでいたら
鼻のいい私は死んでたでしょうね。
March 26 [Mon], 2007, 16:25
この映画、他何本かにTBさせていただきました。

私の倍ほども映画をご覧になっているaliceさんですが、
少し方向が似ているようです。

この映画はラストの意外性がよかったです。

最後の子は、レイチェル・ハード=ウッドですね。
女子高生?
この映画にキャスティングされたとの連絡は、
学校で聞いたそうです。
映画では赤毛ですが、本当はブロンドのようです。

「臭い」、当時のパリはひどかったでしょうね。
糞尿垂れ流し、下水はもちろんなく、
部屋にオマルのようなものをおいて用を足し、
窓から道に投げていたらしいです。
March 24 [Sat], 2007, 9:37
●ぴぃちさん
コメントありがとです。
実に不思議な映画でしたね。
好き嫌いははっきりと別れるんだろうなって
思います。

予告は本当にがっかりですよ。
March 22 [Thu], 2007, 21:47
●冨田さま
お久しぶりです。コメントありがとです。
冨田さんが感情移入されたというのを読んで
少々驚いていました。
素晴らしい作品に出会えてよかったですね。
映画はこれがあるから止められないですね。
March 22 [Thu], 2007, 21:41
ALICEさん、こんばんは♪

匂いを映像で表現されるのってなんだか不思議な感じがしました。
この時代はパリは臭かったんですね〜、魚市場のシーンは強烈でした。

>あのラストのシーンを誰の目にも触れるTVコマーシャルで流すのはどうなんですか!?
同感です。ネタバレもいいとこですよね。
もう少し宣伝の仕方を考えてほしいものです。
March 21 [Wed], 2007, 1:21
 ご無沙汰しています。コメント、ありがとうございました。私は日ごろ、主人公なんかに感情移入はしないのですが、これはやられました。好き嫌いのはっきりする作品だと思います。私は100点をつけたいほど。人生の中でどれくらい、こんな感情になれるかと思うほどの衝撃でした。
 読ませてもらいました。ありがとうございます。  冨田弘嗣
March 17 [Sat], 2007, 2:09
●erikoさん
コメントありがとうございます。

子犬の匂い分かりますよ!
あの赤ちゃん特有の甘ったるい
ミルクみたいな匂いですよね。
私も大好きな匂いの1つです。

映画は残酷なシーンも多かったけど
何故だか嫌悪感は感じなかったです。
なんだか不思議な映画でした。
March 16 [Fri], 2007, 2:46
●マイマイさん
私が好きな映画はラブコメだけど
最近はホラー以外なら何でも見るかな。

私も何でもかんでも観ているし
映画に対しての評価はかなり甘めなので
お勧めが参考になるかどうかは・・・
March 16 [Fri], 2007, 2:44
パフューム見ましたグロテスク過ぎでちょっと私も評価は低いですこのコメント欄で皆さんのお気に入りの匂いについてのものが多かったので、私もひと言私は子犬の匂いが大好きです成犬になるとなくなる香り・・・分かりますか
March 13 [Tue], 2007, 23:16
ALICEさんは、どんなジャンルの映画が好きなんですか?
かなりいろんなもの見てますよね^^

私はホラーと戦争物以外は何でも見れる…かな
R指定がかかっているやつは、かなり用心してしまいます(苦笑)

ALICEさんオススメなので、ぜひ見に行きたいと思います
March 13 [Tue], 2007, 18:33
●swallow tailさん
コメントありがとです。

映画は素晴らしかったんだけど
感情移入できなかったという点で
点数は低くなってしまいました。

原作を読んだらまた評価も変わりそうな映画ですね。
March 12 [Mon], 2007, 23:07
●kazuponさん
コメントありがとです。
ワンちゃん怒らせてしまいましたか。。。
私のとこは嗅がれなれてるみたいで
全然気にしないでされるがままです。

もうコマーシャルはしてないかもだけど
本当にあのコマーシャルは観たくなかったなぁ。

原作で読んだら想像力がすごく働きそうな
お話でしたね。原作読むぞ!
March 12 [Mon], 2007, 23:03
●マイマイさん
この映画是非観てください!
私は映画としてはよかったけど
やはり彼の心境などが理解できなかったので
点数は少し低めなんです。
原作でも読んでその辺がクリアできたら
もっと点数は上がりますよ。

17日以降は観たい映画がいっぱい上映されるので
どれを優先的に観るか悩んでしまうね。
March 12 [Mon], 2007, 22:59
●BCさん
コメントありがとです。

神にも人間にもと言うのはまさしくそうですね。
自分の存在価値を示そうとした彼でしたが
何も達成は出来なかったですよね。

人として人を愛する事の大切さを感じて欲しかったな。
March 12 [Mon], 2007, 22:56
●なななさん
コメントありがとです。

ワンコの肉球は賛同してもらえたみたいで
なんか嬉しいです。
引かれるのかななんて思ってたからね。

映画はなんだか観てはいけないものを
観ちゃった感じでしたね。ドキドキしました。
March 12 [Mon], 2007, 22:51
●シャーロットさん
コメントありがとです。
キャー!シャーロットさんも脱いじゃうかもなんて

でもどんな匂いなのか匂いフェチにはすごく気になりますね。

原作は毒気があるんですね。すごく気になるなぁ。

ちなみに私もにんにく大好き
だからにんにくの匂いもOKなんです。
March 12 [Mon], 2007, 22:47
●migさん
コメントありがとです。

原作のほうが好きだったんですね。
私も読書頑張りますね。

ラストはびっくりする予定が
予告編のせいで半減しちゃいました。
March 12 [Mon], 2007, 22:43
●由香さん
こんばんは♪
コメント有難うございました。
原作を読んでもう少しグルヌイユの心を
分かりたいなって思います。
一気読み頑張ります。
March 12 [Mon], 2007, 22:40
●映画バカなウサコレさん
コメントありがとです。

ラストのグルヌイユは満足だったのですかね?
私には彼の心が良く分からなかったので
何とも言えませんが、すざましい一生でしたね。
March 12 [Mon], 2007, 22:36
●ミチさん
こんにちは。
死ぬまでに嗅ぎたい匂いだなんて
家のワンコの匂いを嗅いでもらいたいくらいです。(笑)

すごく長い映画だったけど
全然退屈する事もなくドキドキ出来ました。
March 12 [Mon], 2007, 22:34
●たいむさん
こんにちは!
匂いって私の中ではすごく大切なので
覚えている事が多いです。
でも匂いってすぐに慣れちゃうし
閉じ込めておきたいって気持ちも
分からなくもないです。

こんな難しい匂いを題材にした映画を
ここまでのクオリティーで完成させるのって
素晴らしいですね。
March 12 [Mon], 2007, 22:31
●kenkoさん
コメント有難うございました。
猫ちゃんはどんな匂いがするのかな?
ワンコはかなり香ばしい匂いが・・・
と言いながら今もワンコの匂いを嗅いでしまいました。

映画に出てきた赤毛の二人は本当に
妖艶でしたね。
March 12 [Mon], 2007, 22:26
Aliceさん、こんばんは。

結構、辛口評価ですね。

この作品、ぜひ、原作も読んでください!!
ってわたしはまだ、途中までしか読んでいないのですけど。
映画では説明不足の部分もしっかりと書いてあるし、
もっと皮肉たっぷりで、シェークスピアの喜劇のようにユーモラスですよ。

それにしても、Aliceさんがにおいフェチとは・・・
March 12 [Mon], 2007, 21:17
ALICEさん
犬の肉球の匂い好きな人って結構いますよね
って今真横で二匹寝てるので無理矢理
匂い掻いてみたら、一匹は怒ったみたい(笑)
コマーシャルまだ観たことないんですけど、そうなんですか?
ネタバレしてるのか〜・・。
本のほうが匂い想像できるってのは同感です!
March 12 [Mon], 2007, 21:16
この映画、見ようかかなり迷ってるんですよね〜!
ALICEさんの点数は結構低めですね〜
うーん、どうしよ…。
他にも見たい映画があるので、ついつい後回しになります(苦笑)

そういえば、私も自分の匂いをついついかいでしまうクセがありますね。。。
それとか、臭いとわかっているのについかいでしまうとか…。
人間って、基本的に匂いフェチなのかも!?

そうそう、私も飼いネコの肉球の匂い、かいでしまいます><
かなり臭いんだけどね〜
March 12 [Mon], 2007, 15:58
aliceさん、はじめまして☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

人間にもなれず、神にもなりきれなかったグルヌイユの姿がせつなかった・・・。

私も原作読みたくなりました♪
March 09 [Fri], 2007, 23:56
ALICEさん、こんばんわ。
犬の肉球の匂いがクセになるってすっごい解ります!
何かいい匂いってわけではないんですよね。
外に行ったりトイレをうろうろしている時もありますし・・・
でも暇があれば匂いたくなるんですよね(笑

この映画は観ている間にずっとそわそわしていました。
何か観ちゃいけないものを観ているような気がして・・・そういう意味ではずっとドキドキしていました。
March 09 [Fri], 2007, 20:27
こんばんは。
匂いというもの、感じ方は人それぞれですものね。
究極の香りというものを嗅いで全ての人がひれ伏すなんて・・・ありえないーと思いながらも、きっと私も嗅いだら脱いだかもです。笑
だから、アランリックマンぱぱだけは、匂いにごまかされない何かがあって、やっぱりグルヌイユは死んでしまうのかしら??と思ったのですが。
あまりにも予想外のあのシーンを見た後は、ただただ唖然としました。
んー、原作の方が私は毒気があって好きかもな。
ALICEさんって匂いフェチなんだ〜。
私にんにく大好きだし、嫌われるかもなあ。あはは
March 09 [Fri], 2007, 0:53
ALICEちゃん★


最初の文章、笑ってしまったぁ。
いい匂いよりもちょっと異臭の方がいいなんて
ほんとの匂いフェチだね〜(笑)

そうそう、原作とはちょっと違っていたかな。
どこを中心に描くかという部分が。。。。
わたしは原作より映画の方が好きだったけど
ALICEちゃんはどうかな??

ラストも最初は唖然だったけど、後で思うとしみじみ良かったよ〜 殺人はするけどなぜか憎めないのよね、、、。
March 08 [Thu], 2007, 21:45
TB&コメントありがとうございました^^・
ALICEさんも原作を読まれる予定なんですね♪
映画は、ほぼ原作の雰囲気を保っていると思いますが、やはり脚色や省略がありますので、原作を読まれた方が、よりグルヌイユが何故あんな行動にでたか分かると思います。
ですが、かなかな奇怪な物語ですので、一気読みする魅力はありますが、不気味な後味は残りました(笑)
March 08 [Thu], 2007, 20:41
映画バカなウサコレ
レビューを読んで、すごくグルヌイユの気持ちが分かりましたわ。
ラストでは、きっと彼は満たされていたと思います。
どうも、ありがとうございました。
March 08 [Thu], 2007, 19:35
こんにちは♪
私も全く飽きることが無くのめりこむように見てました。
ALICEさんは匂いフェチ・・・っていうかお鼻が利くほうなのね?
私は動物を飼った事が無いのですけど、「肉球」の匂いって嗅いで見たい〜〜〜。
死ぬまでに嗅いでみたい匂いのひとつなんですぅ(笑)
March 08 [Thu], 2007, 19:03
こんばんは。
エピソードのある匂いは覚えていたいものですけど、
匂いほど理屈じゃないものってないですし、難しいですねー。

凄く練りこまれた奥深い作品だったと思います。
妙に心に残ります。
March 08 [Thu], 2007, 17:04
aliceさん、こんにちは☆
私、自分が匂いフェチだと思ったことはないんですけど、飼い猫の匂いは同じく好きです。
フカフカの毛によく顔をうずめたりはしてますが、肉球の匂いはまだ嗅いだことないので今度チャレンジしてみますね。犬と猫とじゃ違うかもしれないけど。

>赤毛の女性はいい体臭がするのか?

どうなんでしょう。しかし、独特の体臭があるらしいとは聞いたことがあるようなないような。。。
白い肌に赤い髪、青い瞳がとても美しかったです。
最初の赤毛ちゃんの方は、アプリコットの黄色とのコントラストも効いてました☆
March 08 [Thu], 2007, 17:00
P R
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる