幸せのちから

February 01 [Thu], 2007, 20:50
今日は1日の映画の日、いつもはがらがらの劇場も多くのお客さんが入っていていつもの指定席である丁度真ん中の席に座る事は出来ませんでしたが、ウィル・スミスと息子の熱演に観ている私も力が入りました。

 81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたことをきっかけに、証券会社の養成コースに通うことを決意する。受講者に選ばれるように、クリスは人事課長のトゥイッスルへ自己アピールするのだが…。
 作品に登場するクリス・ガードナーは、シカゴなどに会社を構える実在の人物で、いわゆる“勝ち組”の人間。しかし一時は住む家を失い、息子と共にホームレス生活をするほどの極貧にあえいでいた。この『幸せのちから』は、そんなクリス・ガードナーの足跡を基に描かれた真実のドラマだ。とはいえ、単に成功を描いたアメリカン・ドリーム物語ではない。むしろ重きを置かれているのは、息子を想う父の愛情。息子を守ろうとする想いこそが、成功への原動力となるのだ。そんな父親をウィル・スミスが真摯な演技で表現。息子クリストファーを演じたウィル・スミスの実子、ジェイデン・スミスとの自然なやりとりが、作品にリアリティを与えている。


邦題は幸せのちからなんだけど原題は『The pursuit of Happyness』です。映画の中ではこのpursuitも綴りの間違ったHappynessもかなり重要な意味を持っていたのでそのまま原題が題名にならなかったのは少し残念です。でもまぁ、ここは日本だから仕方ないかな。映画は典型的なお涙頂戴映画ではなくって私達に幸せとは何か家族とは何かということを追求させてくれるような映画でしたよ。それに少し老けたヒーローではないウィル・スミスと彼の実の息子の演技が超自然で映画に花を添えていました。
子供の為に家族の為に頑張る父親の姿には幸せは降って来るものではなくって自分で掴み取るものなのだと思いました。たとえどん底でも希望さえ持って努力すれば上に這い上がる事が出来るんだと勇気をもらったような気がします。そんな苦労もしていないのに文句ばかり言うのは止めて今の自分が存在する事に感謝しながら有意義に生きて行きたいなって改めて思いました。頑張るぞ!

評価:75点(100点満点)
お母さん役のタンディ・ニュートンはかなり早い段階で家を出てしまうんだけど女性のほうが現実的だから母親が出て行った事を誰も責める事は出来ないと思います。二人して全財産をはたいて購入した医療機器を売り歩くが全く売れずにいろんな督促状が来ている状態でクリスはまだ夢のような事ばかり言うし、自分は何ヶ月も16時間労働で疲労も絶頂に達していたら家族の事を考えるような余裕などなくなってしまうと思います。普通に生活する事が難しいなんて想像も出来ないけど景気が悪くなり職がなくなったら自分にもあり得ない話ではないと思うと自分だったら・・・と感情移入してしまいました。子供の為にそして最後は自分のHAPPINESSの為に頑張ったクリスは父親の鏡ですね。実話を基にしているそうですが今は自分で会社を設立してミリオネラーになられたそうです。

普通ならもっと文句を言っていいはずの息子もお父さんの言う事を信じてけなげについていきます。駅のトイレやバスの中で夜を過ごしても文句も言わないでそれを楽しんでいるかのように見えた姿に親子愛を深く感じました。この息の合った感じは実の親子だったからだと思うと息子の起用は話題性も含めて大成功だったのだと感じます。
映画の最中は涙なんて流している暇がないくらいに彼らに次々と降り注ぐ困難に私自身も悩まされていました。それもあってからかラストのウィル・スミスの何とも言えない表情を見たときに今まで胸につかえていた物が全部吐き出されるかのように涙がわっとあふれ出てしまいました。家族が与えてくれるパワーって本当に素晴らしいんだなと感じて自分も早くこんな可愛い子供が欲しいなって思いました。親になる事は難しいだろうけどこれほど素晴らしい事は他にはないように思います。

ありふれた言い方をすればこの映画を自分の大切な人と見て改めて幸せについて語り合って欲しいです。諦めないで努力すればきっと神様も見放さないはずだよ。ただ神様のサインを感じれるような純粋な心は必要だと思うけどね。

→幸せのちから
  • URL:https://yaplog.jp/alice59/archive/583
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
●カオリさん
コメントありがとです♪

貧困にも打ち勝つような家族の絆が
素晴らしかったですよね。

TBも有難うございました。
February 20 [Tue], 2007, 11:18
こんにちは〜
この映画のすごいところは成功したことではなくて、貧困にあっても心が歪まないように維持できたところじゃないかな?と思います。
それが、なかなか難しいところですよね。
ただのサクセスストーリーではないと思いました。
TBさせてくださいね!
February 18 [Sun], 2007, 13:08
●wakoさん
こんばんは。
コメントありがとです。

もうちょっと強さを感じる邦題がよかったなぁ。

ウィル・パパは今までとは違った演技で
かなり良かったですよね。

これで演じれる役の幅がまた広がりましたね。
February 12 [Mon], 2007, 3:51
TBありがとうございました。
私も邦題がインパクトも弱いし、受身的で
あまり好きでないです。
ウィル・スミスの表情、よかったですね。
February 08 [Thu], 2007, 12:31
●ミチさん
こんにちは。

ウィル親子は本当にはまり役でよかったですね。
母親は・・・成功したと知って
息子の親権をとか言ってきたら興ざめですね。
でもどうなったのか少し知りたい気もするなぁ。
February 05 [Mon], 2007, 14:32
●Hitomiさん
コメントありがとです。

予告編があまりにも涙を予感させるような
出来だったので少し勘違いしましたね。

でもすごく幸せを貰いました。
自分も諦めずに幸せの追求頑張ります!
February 05 [Mon], 2007, 14:31
●晃弘さん
コメントありがとです。

幸せはどこに落ちてるか分からないから
いろんなことに一生懸命頑張れば
幸せは掴める様な気がしました。
人それぞれ幸せのかたちは違うけど
自分なりの幸せを探せたらいいっなって
心から思うことが出来ました。
February 05 [Mon], 2007, 14:29
●メビウスさん
コメントありがとです。

そのように設定が変わってるんですか!知らなかった。
でもメビウスさんの言うように物心付いた年齢じゃないと
あそこまでの感動は表現できなかったでしょうね。
ウィル息子はこれから子役として活躍するのかな?
February 05 [Mon], 2007, 14:28
●たいむさん
コメントありがとうです。

不幸がいっぱい訪れたのにはビックリしました。
税金って勝手に持っていかれるんですね。
あれも衝撃的でした。
最後の涙に全てを表現したウィル・スミスはすごいですね。
February 05 [Mon], 2007, 14:26
●ノルウェーまだ〜むさん
コメントありがとです。

守るべきものがある人生って素晴らしいですね。
ウィル親子はかなりリラックスできていたのも
やはりバランスでしょう!
この息子は将来有望かもしれないですね。
February 05 [Mon], 2007, 14:10
●くろねこ(Shaberiba)さん
コメントありがとです。

お金を稼いでこそ男なんですかね?
就職→お金を稼ぐ この方式が男なら
女は子供を生む機械ですか!?(笑)

私もその後知りたいから続編!?とかどうかな?
February 05 [Mon], 2007, 14:08
●AnneMarieさん
コメントありがとです。

人それぞれ意見は違うから
この映画を辛口に論じても
普通だと思いますよ。
だってあんなダメなお父さんなら
いらなーいと思うしね。
ただ人以上に頑張ったから成功した
だけであのままだったらダメ男に
成り下がってますよね。
February 05 [Mon], 2007, 14:06
●八ちゃんさん
コメントありがとです。

予告編で泣いたんですか!
私ももっと涙ボロボロ系かと思ったんだけど
ちょっと様子が違うようでしたね。
February 05 [Mon], 2007, 14:04
●ミストさん
コメントありがとです。

本当ですね。骨密度測定器をめぐっての
いろんなエピソードがありましたね。
私もお涙頂戴映画じゃなくってよかったなって
思っている一人です。
February 05 [Mon], 2007, 14:02
●睦月さん
コメントありがとです。

そんなに悲惨な状況でも自分を安売りしないで
夢を信じていればかならず夢は叶う!
自信をもらえるような映画で
私自身も頑張ろうって感じましたよ。
February 05 [Mon], 2007, 14:00
●プリシラさん
コメントありがとです。
私も母親の行動は仕方ないのかなって
思いましたよ。だって稼ぎ無しじゃね・・・
自分は16時間も働いていたら
心もかさかさになっちゃいそうです。
February 05 [Mon], 2007, 13:59
●由香さん
コメントありがとです。

ウィル・スミスの演技は本当によかったですね。
親子出演大成功でいい映画でした。

母親は・・・きっと幸せにはなれないでしょう。
関係がドロドロしてたら嫌だけどね。
February 05 [Mon], 2007, 13:58
●きららさん
コメントありがとね。
本当にウィル親子の仲のよさが出てて
ウィル・スミスも今までにないような演技で
すごく良かったですね。
ウィル息子ちゃんはまた次回作ってあるのかな?

February 05 [Mon], 2007, 13:56
こんにちは♪
TBありがとうございました!
ウィルってやっぱり演技が上手いな〜と思って見てました。
今回は実の息子さんとの共演で気遣いもあったでしょうけれどね。
クリストファーが本当に聞き分けよくパパに着いて行くのがとっても健気で・・・・・。
成功してからママとはどうなったか気になる所です。
February 04 [Sun], 2007, 17:51
こんにちは(^_^)
この映画を見て感動しました。
途中でストーリーの流れがうまくつかめないところがあったものの、
「幸せ」について考えるきっかけになりました。
ルービック・キューブや電話番号の暗記など、
ちょっとしたことから幸運を引き込んでいったところも、
実話というのが信じられないほど素晴らしいストーリーでした。
February 03 [Sat], 2007, 15:46
ALICEさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

息子のクリストファー役を演じたジェイデンくんですが、本当のクリストファーくんは当時幼児だったらしく、ここでも脚色が少し加わっていたらしいです。でも同じ幼児設定にしちゃうと演技も期待できないだろうし、ここまで感動できなかったと思いますね。ウィルの演技も然る事ながら、ジェイデンくんの演技にも目を見張るものがありましたしねっ♪
February 03 [Sat], 2007, 0:18
TBどうもです。
苦難につぐ苦難は見ているのが辛かったですよね。
その分、本当にラストでのウィルの表情には、私も涙がこぼれました。
February 02 [Fri], 2007, 18:02
TB&コメントありがとうございました。
ウィル・スミスと息子の自然な演技が、本当によかったですよね。
トイレで息子をひざに抱いて、嗚咽をこらえるところは、ぐっと切なくなりました。
February 02 [Fri], 2007, 12:44
コメントありがとうございました♪
最後のあの喜びがこみ上げる(泣き)シーンは
さすがの演技でしたね。
就職=幸せ?のような終わり方は
男の視点っぽいですかね(笑)
もう少しその後の2人をみたかったです〜
February 02 [Fri], 2007, 11:56
こんにちは♪
ALICEさんの記事を読ませていただいて、とってもあったかい気持ちになりました。
そして反省・・・。
私、文句が多い記事になってしまったので。。。
最後のウィルの涙はもらい泣きしました。今までたまったものが一気に解き放たれた感じでしたよね。
February 02 [Fri], 2007, 11:02
TBありがとうございました。
私は爽快なサクセスストーリーが観たかったんですけど、
まぁ、これはこれで暖かくて、涙押し付けでもなく
サラリと見せてくれたので良かったです。
骨密度測定器との共演の様にも見えましたが!?(笑)
February 02 [Fri], 2007, 10:03
おはようございます〜。自分の中では結構さめちゃったんですけど、ストーリーにのめりこめました。ウィル、本当に気合入れているし頑張ったなぁ〜と思います。
できればコメディ系も観たいって気がしているんですけどね〜(笑
予告編で泣きすぎて本編では泣けませんでした(汗
February 02 [Fri], 2007, 9:14
こんにちわ!
私は妻でも母親でもないので、クリスの生き様という部分に
一番注目して観ていたような気がします。
どんなにドン底にいたって、努力と信じる気持ちがあれば
這い上がることが出来る・・・・そういうエネルギーを
もらえる作品だったと思います。

何よりも、父親を信じて文句も言わずについていった
息子がとてもけなげでした。
February 02 [Fri], 2007, 8:44
こんにちは。コメントありがとうございました。

奥さん、出て行ったけど、あれはわかりますよね・・・。「夢みたいなことばっかり言って」には本当にしみじみと。奥さんからしたら「そんなこと言ってないで、地道に働け」ってとこなんでしょうけどもね。

これからもよろしくお願いしますね。
February 02 [Fri], 2007, 8:38
TB&コメントありがとうございました^^・

ウイルの演技が素晴らしかったですね〜
オスカーノミネートも納得です。
父子共演も成功でしたね。ウイルが息子を見る目には、愛情が溢れていたと思います。。。
一つ気になったのは奥さんのその後です。
彼女にも幸せが訪れているといいなぁ。。。
February 02 [Fri], 2007, 8:12
おはよう〜☆
ALICEさん、またまた高得点でなんだか「ホッ」っとしています♪
なんといってもウィル親子が良かったよねぇ〜。
親子だから自然なのも当然なんだろうけど、それを超えてジェイデンくんが可愛かった☆
私もラストでウィルと一緒に涙がこみ上げてきました。あのウィルの泣き演技もすごかったなぁ、、、

February 02 [Fri], 2007, 6:42
P R
2007年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる