オリバー・ツイスト

January 31 [Tue], 2006, 21:20
今年10本目の映画です。
おすぎがあんなに褒めちぎるから、お涙頂戴の子供を使ったずるい映画なのかなって思って見に行ったのですか・・・いい意味で裏切られました。

19世紀・英国で孤児として育った9歳のオリバー少年。わずかな食事のおかわりを求めたばかりに救貧院を追放された彼は、奉公先でも理不尽ないじめに遭い、とうとうそこを逃げ出してしまう。オリバーが目指したのは大都会ロンドン。だが100キロ以上の道のりをたったひとりで一週間歩き通し、やっとロンドンにたどり着いた時、彼は飢えと疲れで一歩も動けなくなっていた。そんな彼を助けてくれたのは、愉快な悪党フェイギン老人のもとで働いているスリの少年ドジャーだった。フェイギンに迎えられたオリバーは、スリ仲間の少年たちや心優しい女たちの中で、生まれて初めて、家族のような暖かさを味わう。しかしそれも束の間、オリバーは彼の運命を大きく変える恐ろしいたくらみに巻き込まれてゆく――。  「戦場のピアニスト」でオスカー監督となったロマン・ポランスキーが、英国の文豪ディケンズの名作「オリバー・ツイスト」を原作に忠実に映画化。撮影は「戦場のピアニスト」のパベル・エデルマン。

何と言ってもオーディションで選ばれた主役のバーニークラーク君がよかった。悲しげな瞳の中にしっかりとした意志を持っている瞳、もちろん大人になってもかっこよくなるだろう端正な顔立ちに、大人顔負けの演技力も抜群でした。彼がオリバー自身なんだと思わせられたくらいです。静かに涙を流すバーニー・クラークに多くの人が心打たれたことでしょう。それに制作費80億をかけたセットもいかにも19世紀のイギリスっぽくて素晴らしかったし、脇役の子供達にすり軍団の元締めのフェイギン役のベン・キングズレーの謎めいた役柄もよかったな。オリバーの人生がどうなるのかと手に汗握りながら最後まで見ました。純粋で無垢な心を持って、希望を忘れずに進んでいけばきっとその先には幸せが待っているのです。世の中も悪い人ばかりでないのだからと希望を見出せる映画でした。
監督が有名すぎるのと制作費のかけすぎ、過大宣伝がこの映画のマイナスポイントですね。

評価:7点(10点満点)
この貧しい時代の映画ってよくありますが本当に悲惨で何度見ても悲しいです。特に子供までもが日々の食べ物に困り、盗みを犯したり、いつもお腹をすかせていたりと今では考えられないような世界ですね。この映画で何度も孤児のオリバーにとって幸せな生き方とは何か何度も考えてしまった。孤児院で惨めな思いをしながらみんなと暮らすのか、奉公先で養ってもらいながらおとなしく生きるのか・・・しかし彼は自分の人生を自分で切り開くために新しい地に足を運びます。食べるものも、寝るところの保証もないのにすごいなと感心させられました。私もこのオリバーの行動に勇気をもらったような気になりました。生きていくためには盗みを犯したり悪いこともしなければならないけど、純粋なオリバーにはそれが出来ませんでした。しかし純粋な心が彼の人生を大きく変化させたのですね。というかいろんな人の心を揺り動かしたのです。
これからオリバーはどう生きたのか知らないけれど、ずっと優しさ、純粋さを忘れないで生きていって欲しいと心から願いました。子供がこのような思いをしないといけない時代は二度と訪れて欲しくないし、貧しい国では日々の食べ物に困っている国がまだまだありますよね、このような問題も世界規模で解決していかないといけないですね。

→オリバー・ツイスト
  • URL:https://yaplog.jp/alice59/archive/313
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ALICE
kenさん>
コメントありがとうございました。
TVはあまり見ないのですね。
あたしはテレビっ子なので。。。
誤解がないようにですが本当に映画自体はよかったですね。ただ10段階で10の映画ではなかったけど、それを10みたいに宣伝するのがね・・・おすぎのばか!

メビウスさん>
いつもTBだけしてごめんなさい。
なかなかじっくりコメントを書いてる時間がないもので・・・制作費80億円にはびっくりですが、あのリアルな町並みがその成果なんですよね。儲けはあるんでしょうか???

さわわさん>
はい、おすぎに始まりおすぎに終わりましたね。
彼の評価はなんだか配給会社から頼まれてるようで嫌ですね。これなら月一ゴローの方が信頼性がありますよ。オリバー・ツイストはいい映画だったというのは間違いないですね。
February 03 [Fri], 2006, 14:08
ALICE
ミチさん>
友達にもあの紫があたしのイメージだって言われました。あたしのことを知ってる人間が言うのってどんなイメージなんでしょうか!?
おすぎの61年生きてて良かったみたいなコメントは絶対にいらないですよね。いい映画だったけどね。

たましょくさん>
いつもコメントありがとです。
オリバーはどうやったら幸せになれるのかいろいろ考えさせられました。彼の場合はお金より愛情が必要だったのでしょうね。

謎の評論家さん>
深夜にTVで見たら大絶賛ですよね。
過度の宣伝は逆効果だけど、宣伝しないと客も入らないし難しいところですね。でもなんでもアカデミー賞最有力作品とかつけるのは止めてほしいな。


February 03 [Fri], 2006, 14:01
どうも!TBありがとうございました★
ほんと、おすぎの宣伝はいつも過剰すぎですよね。
逆効果になりかねないのでもうおすぎを使うのはやめてほしいなぁと思います
この作品だってすごい感動作って言ってるけどなんか違うし・・・
感動、感動って言えばいいってもんじゃない!と思います
・・アレ?おすぎの話ばかりになってしまった(汗)
February 02 [Thu], 2006, 0:55
こんばんわ♪TB有難うございました♪

そうそう、おすぎはかなり評価してましたよね〜。彼がCMなどで『絶対観て下さい』とか言うと、やっぱり釣られて観てしまうのですが、今回ばかりは自分もやられちゃいました・・(汗

街並みとかは凄くリアルだったんですけどね・・
February 02 [Thu], 2006, 0:05
こんにちは!TBありがとうございました!
僕はテレビをあまり観ないので知りませんでしたが、この映画の宣伝すごかったんですね。
確かに「すごい映画だから是非!」といわれてしまうとそれほどのものでは無いような気がします。
全然悪い映画ではないんですけどね・・・。
February 01 [Wed], 2006, 21:55
こんにちわ。TBありがとうございました。
『過大宣伝』正に、コレが私の評価が低くなった一番のポイントかもしれません。ダメではないんですけど、期待し過ぎてしまいました。
February 01 [Wed], 2006, 20:04
 TBありがとうございますm(_ _)m

 19世紀のロンドンって、ちょっと寒々としていた
んだなぁ〜と思いながら、そこで暮らす人々の悲
喜こもごもがオリバーの視点で見事に描かれて
いたかと。

 ただ、オリバーの目的意識が薄く、何か流されて
いるよーな印象も受けました。ナンシーが亡くなる
シーンや、最後の別れはホロリとさせられてしまい
ましたが。
February 01 [Wed], 2006, 16:39
こんにちは♪
TBありがとうございました。
テンプレートが変わって、ALICEさんといえば紫色のイメージがあったので戸惑っています(笑)
>監督が有名すぎるのと制作費のかけすぎ、過大宣伝がこの映画のマイナスポイントですね
激しく同意です!
なんせ予告編で「戦場のピアニスト」のワンシーンまで流していましたからね〜。
あとはおすぎ起用の功罪かと
February 01 [Wed], 2006, 14:42
P R
2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる