ポビーとディンガン

December 30 [Fri], 2005, 15:46
ことし最後に最高に心温まる映画を見てしまった。どうしてか分からないが、今年こんなに泣いた映画はなかったくらい感動をしてしまいました。心の隙間の繊細な部分に語りかけられたような温かい映画で、ミニシアター系の映画も見ないとなぁって実感空中庭園にあることから少し行くのには面倒なこの梅田ガーデンシネマですが、本日会員に入ったので来年は足を運ぼうと思います。ある子供もすごく楽しみにしている映画です。

日本でも10万部以上を売り上げたベン・ライスの世界的ベストセラーを「フル・モンティ」のピーター・カッタネオ監督が映画化した。空想上の友だちがいなくなったと言って元気をなくしてしまった妹と、そんな妹のため町の人々を巻き込んで友だち捜しに奔走する兄の姿を描く。
 世界的なオパールの採掘地として知られるオーストラリアの田舎町。両親と一緒にこの町に暮らす兄妹。町の生活になじめないケリーアンにはポビーとディンガンという架空の友だちがいた。が、ある日、ケリーアンは2人がいなくなったと騒ぎ出す。そして次第に元気をなくし、ついには病気になってしまうのだった。妹を心配したアシュモルは、ポビーとディンガンが妹の想像上の友だちと知りながらも、2人をなんとかして捜し出そうと立ち上がるのだった…。


目に見えないものを信じる気持ちってもう何年も前に忘れてしまっている。目に見えるものだけが現実ではないんだけどそれを信じる心はどこかに落としてしまった。だから映画の前半は家族に波風を立てるケリーアンが憎らしくも思えました。ラストには想像力の無くなってしまった自分に気づいて悲しくもなってしまった。またここでは兄弟愛、家族愛を深く感じました。家族の信じ合う心や思いやりが街中の人の心までを一つにしたのにはあたしの心をもこの映画と一つにするパワーがありました。どんなにうまくいかない時でも諦めないで信じれば必ず何か見えてくるんですね。

評価:★★★★★(満点は5個)
何といってもこの映画のポイントはアシュモル役のクリスチャン・ベイヤースくんにケリーアン役のサファイア・ウィリアムソンちゃんの原石のような演技でしょう。演技はほぼ初めてに近いという二人の演技は、演じているというよりは映画をみんなで創り出しているようなリアリティーがあり本当に素晴らしかったです。オーストラリアの田舎というのもこの映画の良さでしたね。この小ささですがこの二人には眼力や何かオーラを感じてしまった。ダコタ・ファニングなんて目じゃないかも!時々耳に入ってくるハエの羽音のブーンって音がなんだか今も耳に残っています。景色や自然の音の素晴らしさもこの自然体の映画に良い味を残していました。

想像の友達が居てると言う映画を何度か見たことがありますが、現実的にイマジナリーフレンドがいてる子供が多いということを聞いてびっくりしました。あたしの子供の頃を考えてみたのですが、架空の友達は居なかったのですが、愛犬のナチとよく話したことが思い出されました。これもある意味空想上の友達なのかな?何か嫌なことがあった時はナチと山に行っていろいろ悩み事聞いてもらったりもしました。鶏やウサギとも放してたなぁ。あたしもちょっと不思議ちゃんだったのかな???サンタクロースも人より長い間信じていたし、空には神様のような存在の話を聞いてくれる誰かが居てたしね。みんなはどうか分からないけど、架空の友達っていうのは特別な存在ではないような気がします。子供の成長の一過程で現れる存在かもしれないですね。その存在を通じて思いやりなどの対人に対する気持ちを培うのかもしれないですね。今も神様に願いを込めたりするときもあるし、自分の事を見守ってくれている友達はきっとずっと存在するんです。そんなことを思い出させてくれるような素晴らしい映画でした。見えないものを信じている点で言えば父親のレックスも同じでしょう。見えないオパールを求めて日々生きているのだから。見えないものを信じる心は奇跡を起こすこともあるかもしれないんです。あたしはこの見えないものを信じる心って夢を持ち続けてそれに向かって努力するのと同じかもなって思いました。自分の文章力のなさでこの映画の素晴らしさを充分に伝えられないのが歯痒いですが、来年はもっといろんな文章や本を読んでもっと文章力を磨こうと思います。それにミニシアターには面倒でも足を運ぶようにします。このような映画にこそ心に響く何かが隠されているような気がするから・・・映画を通じて目に見えないものを信じれる心が蘇ってくるかもしれないしね。

→ポビーとディンガン
  • URL:https://yaplog.jp/alice59/archive/267
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ALICE
こんにちは。
あたしは今年からミニシアターの会員になったので
実はミニシアターデビューなんです。
こんなにいい映画をたくさんしてるのかと思うと
もっと早くから行ってれば良かったなって思います。

これからもいい映画をいっぱい観ていきましょうね!
March 10 [Fri], 2006, 11:47
こんにちは♪
年末にごらんになったんですね〜。
私の場合、心に残る映画とかホンワカ温かくなる映画って断然ミニシアター系が多いんですよ。
そしてこういうステキな映画にめぐり合うことが出来るのでミニシアター通いはやめられません(笑)
March 09 [Thu], 2006, 17:48
ALICE
kenさま
明けましておめでとうございます。
コメントありがとです。
本当に忘れていた何かを思い出させてくれるような
いい映画でしたね。今年も宜しくお願いいたします。

nitomoさん
明けましておめでとうございます。コメントありがとです。
何かを信じることの大切さをこの映画から
教えてもらいました。信じることによって現実になる時も
あるんですよね。奇跡は起こるのかもしれないですね。
あたしもある子供楽しみにしています。

いわいさん
コメントありがとです。
お兄ちゃんの妹を救いたいという思いが伝わってきて
ほろりとさせられた映画です。

リーチェンさん
コメントありがとうございました。
家族って大切ですよね。
ガーデンシネマ梅田の会員に是非なってくださいね。
2000円と少しお高いですが・・・

sbauさん
コメントありがとです。
今年はミニシア系頑張って見ますよ。
二本見て二本共当たりだったので
これはチェックしなきゃって思っています。

kinoさん
コメントありがとです。
ガーデンシネマは一人で見に来ている人の割合が多かったので
驚きでした。しかも前の方に座る人が多かったしね。
今年は通うことになりそうです。

January 04 [Wed], 2006, 12:54
私も、去年の見納めにこの映画を観て、よかったなーと思ってます。
ホント、ガーデンシネマは遠いけど、そのぶん、ホントにその映画を
見たい!と思って来てる人が多いので、いい気持ちで見られて、
そして、いい映画に出会えることが多くて 大好きな映画館です。
January 03 [Tue], 2006, 22:38
TBありがとうございました。
本当に、子役の二人には脱帽ですね。
このまま素敵に成長してほしいです。
単館系、地味ですがいい作品が多いので、ぜひぜひ足を運んでください!
January 03 [Tue], 2006, 20:58
TBありがとうございました!
私もこの映画では、家族だとか信じぬくことの大切さだとか、さまざまなことをさわやかに感じさせてもらい、最後には涙でした。

私も今年こそは梅田ガーデンシネマ会員になろうと思ってます(笑)
今年もよろしくお願いします。
January 02 [Mon], 2006, 11:47
トラックバックありがとうございました。
わたしも前半はケリーアンにイライラしてみていました。
でも、お兄ちゃんの一所懸命な姿に自然に共感させてくれる演出によって、最後には、すっかり感動させられてしまいました。
こちらからもトラックバックさせていただきますね。
January 01 [Sun], 2006, 20:41
TBありがとうございました。
「温かい」とか「優しい」とか言葉で表現することが難しい思いをじんわりと伝えてくれる映画でした。
何かを信じたり追い求めることは幸せへの第1歩。大人になってしまうとその1歩を出す前に諦めてしまったり、逸らしてしまうことがありますよね。思わず、自分の日々を振り返ってしまいました。

「ある子供」は私も、とっても楽しみにしています。
January 01 [Sun], 2006, 15:22
明けましておめでとうございます!
TBありがとうございました。
こういう地味だけどしっかりした映画、良いですよね。
大人になると失ってしまう想像力、それが大人の社会を救う力を持つこともある、という静かなメッセージに静かに感動できる映画でした。
今年も宜しくお願いします!
January 01 [Sun], 2006, 14:17
P R
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
https://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる