御免なさいしか言えなくて。

April 22 [Sun], 2007, 15:36

愛してるのに
大好きなのに

ゴメンナサイ、しか、言えなくて。










疲れました。
家の、姉妹や両親からくる高望み。
学校では先生に「教室に上がった方が良いよ」という言葉と、友達の重い気持ち。
笑っときゃなんとかなる、なんて甘い。
頑張ったらなんとかなる、なんて甘い。
これでも頑張ってるつもりなのに皆高望みし過ぎなんだよ。
もう疲れたんだ。
何もかもに。
「お前なら頑張れる」とか「やったら出来る」とか
高望みし過ぎ。
出来ないから別室にいってるの。
頑張れないから泣くの。

リスカをえげつないと言われるし、自分の絵は否定されるし。
全部全部生きる為にやってるんだよ。

勉強だって足りない頭で頑張ってる。
今の子にはついていけてないけど頑張ってる。
…つもりでいる。

辛い苦しいしんどい。

弱音ばっかりな自分が嫌い。

相談したくても、性格の問題で、変なプライドもって。
優しい言葉に泣いて、甘えて堕落する。


それから実際頼られても何もする事も出来無い。
無力なんだよ、私は。
何もしてやれなくて、それでもなんか馬鹿みたいに「いつでも頼って」なんて偽善だ。


取り敢えず疲れた。

御免なさい。
御免なさい。

大好き。

April 18 [Wed], 2007, 14:06

昨日、坊くん脱退をあきちゃんから訊いて。
訊いたのはムミ―ンと一緒に居る時で。
泣きそうになりました。
一度もライヴ行った事無いし、見ているだけの存在でした。
初めは「なんかの冗談でしょ」みたいなノリだったけど、本当らしくて。
頭の中が真っ白になりました。

想えばアンティック―珈琲店―を好きになったのは坊くんを見てからだなぁと今更しみじみ思い出します。
近くにCDが無かったから携帯で音源取って。
みくてぃの声に、カノンくんのベースに、輝喜のドラムに、そして坊くんのギターを聴いて、凄いなあと思った。

男の人でもこんなに可愛くなれるんだ、と思って。
負けた気がした反面、頑張れる気がしました。

何も出来無いけど、坊くんを応援し続けます。

大好きです。
今からも、これからも。