聖少女のサンクチュアリ

March 14 [Wed], 2007, 15:07

題名は略したら「聖域」というわけになります。
四月が愉しみな紫焔姫なのです。
五月六月とnewシングルも発売だそうで。
この三ヶ月は私にとって癒しの季節となる事でしょう。
まあ、其の為にはお金と言うものをしっかりと貯めておかなければならない。
紫焔姫には到底無理な話しなのですよ…お金が有れば使い果してしまうと言う性格なもので。
はぁ、困った。
四月はアルバムを買ってお金が無くなるし、雑誌だって買いたいのよ。
でもお金が無いと言う悲劇。

頑張って貯めるしかないと心に誓う紫焔姫なのでした。

今日は聖少女について語ろうと思ったのにな、何時の間にかお金の話しになっていた。
困ったものですね。



じゃあさようなら。

漆黒の闇に抱かれて眠りにつく

March 04 [Sun], 2007, 1:18

本当、放置どうにかしろって話しですよねー済みません。

さて、そんな事より書くネタが無いぞと言う、ね。(ね、じゃない)
現在の方で結構書いちゃってるし、何かもう毎日毎日同じ事の繰り返しで本当自分が何をしたいのか判らなくなってたりします。



つき最近迄色々言ってきた子が今は私を頼るようになり始めた。
実際、其の子の気持ちも良く判るし力になってあげたいとも思う。
でもどうしてももう信じる事が出来なくて其の一歩を踏み出す事が出来ずにいる。
いい加減こんな自分は嫌いなのだが、如何しようも無い、と割り切っている自分も嫌い。
本当はちょっとだけ其の子の近くにいるのも辛くなるときがある、熱が出たりとか吐き気だとか。
でも、相手が苦しんでいると言うのに自分が甘えるのはよく無いと思う。
だから、今結構苦しい。
不安を押し退けれそうで押し退けれない、寧ろ潰されそうな感じがしてたまらない。
だからまたやってしまう、また同じ事を繰り返してしまう。








結局自分は悲愴に浸かっていたい唯の弱い子と言う結論に辿り付いてしまう。
もう如何したら良いのだろうか。