源氏物語絵巻 火葬 狩野派

2012年04月11日(水) 17時32分

源氏物語絵巻 狩野派 メトロポリタン美術館

源氏物語絵巻 狩野派 メトロポリタン美術館
源氏物語では火葬が行われている。当時は土葬、庶民は風葬が多かったが貴族階級では火葬だった。鳥辺山の「葵の上」、旧暦八月十五日の「紫の上」の火葬の場面がある。

この源氏絵巻が誰の火葬の場面なのかがわからない。呪願の僧正、導師の僧都らが描かれている。

二人とも時を隔てて奇しくも八月十四日に息を引き取る。「葵の上」は蘇生術を試みたためか、火葬と葬儀は八月二十日過ぎのことだ。

「紫の上」の手紙を焼く場面は八月十五日。この日に火葬されている。「竹取物語」で八月十五日に月へ帰ったかぐや姫から贈られた不死の薬を帝が焼く場面から、この日に火葬と手紙を焼いた。


茶毘を行う (火葬 Cremation)

念仏を唱える僧侶、葬送の人々、弔問の使者

寺々の念仏僧

従者たち、薄くたなびく煙
ざっと目を通すと、葬儀、火葬の場面は「葵の上」に書かれていた。

こなたかなたの御送りの人ども、寺々の念仏僧など、そこら広き野に所もなし。院をばさらにも申さず、后の宮、春宮などの御使、さらぬ所々のも参りちがひて、飽かずいみじき御とぶらひを聞こえたまふ。

そうすると、このメトロポリタン美術館所蔵(The Metropolitan Museum of Art)の「源氏物語絵巻」(Genji monogatari e-maki)は、第9帖「葵」(Chapter 9 Aoi)の巻なんだろうか。

鳥部山もえし煙もまがふやとあまのしほやく浦みにぞゆく

紫式部が仕えた一条天皇の中宮藤原彰子。1011年には一条天皇の葬儀で火葬が行われている。
  • URL:https://yaplog.jp/alei/archive/84
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
なっちゃん
突然のコメント失礼します。
ブログの狩野派の画像使わせていただいても良いでしょうか。
また、出典元も合わせて教えて頂けると幸いです。
2017年02月04日(土) 13時54分
はじめまして。デトロイト美術館の源氏物語屏風から訪問しました。デトロイト美術館所蔵の作品も、この絵巻も解説がなければ「源氏物語」とは思えないくらいですね。他の屏風にも、この火葬の場面があるのか、今度ゆっくり観察してみますが、白い布?で顔を押さえて泣いているのが、葵の父親ではないかと思いました。
2012年04月12日(木) 8時52分