乳歯の虫歯 

October 09 [Wed], 2019, 20:41
こんにちは
スタッフの小寺です


皆さんはお子さんのお口の状態を把握していますか小さいお子さんだとまだ乳歯が生えていますよね、乳歯の虫歯について今日はお話したいと思います


乳歯の特徴として歯質がまだ柔らかく永久歯よりも噛む面の溝が永久歯よりも深くなっています。


永久歯よりも柔らかい乳歯はしっかりと歯磨きをしないとすぐに虫歯になってしまい進行もはやいので注意をしてあげないといけません。
幼少期のうちに仕上げ磨きはしっかりしてあげましょう


乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫だと思ってしまう方もいるかもしれませんがそれはあまり良くありません。
幼少期に虫歯になってそのままにしていると、虫歯になりやすい口内環境になってしまいます。虫歯菌が口の中に定着してしまうのです。


やはり、幼少期から歯のメンテナンスをしっかりしている子は習慣になっているので大人になってもずっと口腔内を綺麗に保つことが出来ています。逆に幼少期に虫歯が多かった人はその環境が当たり前になってしまうため綺麗な口腔内を保つことが難しくなる可能性が高いです。


なので、幼少期からのお口のケアは大事になってくるのです。


院内では検診、メンテナンス、自宅での口腔ケアのお手伝いをさせていただきます
お子さんのお口の環境が気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい

定期検診 

September 26 [Thu], 2019, 0:44
こんにちは!
スタッフの草薙です
もうすっかり寒くなってきてもう秋ですね!
食欲の秋…美味しい食べ物が沢山出てくる時期ですね笑

今回は定期検診の大切さについて…
よく歯医者さんには歯が痛くなってから行く
と言うのをよく聞きます。
ですが虫歯や歯周病といった2大疾患の初期症状というのはほとんどが自覚症状がありません。
痛みがでた時にはかなり進行してしまっている、という可能性があります。
進行が進んでからの治療というのは大掛かりになり、通院回数も増えたり…考えただけでも大変ですね笑

定期検診では歯茎の状態や詰め物の状態、虫歯のチェック、お口の中の全体をみてクリーニングをしていきます!
怪しいところがあればその都度レントゲン撮影をしたり細かく確認していきます!
なので治療が必要になった場合でも治療回数は抑えられて、いきなり大掛かりな治療になる可能性も低くなります!

毎日しっかり歯磨きをしていてもご自身でのブラッシングのみでは完全には虫歯を防ぐ事は難しいです…
なので定期的に歯科医院にてクリーニングする事をオススメしています!

いつまでも綺麗な自分の歯で美味しいものを食べれるよう頑張りましょう!

分からないことはお気軽にご質問してください!
スタッフ一同お待ちしております!

むし歯菌! 

September 16 [Mon], 2019, 17:25
こんにちは
歯科衛生士の田です

日中は暑くても朝晩は過ごしやすい時期に入ってきましたね

さて、お子さんのいるご家族の方
お子さんに自信をもってキスができますかみなさんは『むし歯はむし歯菌による感染症』ということはご存知でしょうかなので赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません歯の生えはじめから3歳頃までにお口の中のむし歯菌の数が決まると言われていますむし歯菌は唾液などに混じって家族から感染するのでこの時期に家族が使用したスプーンや箸で乳児に食べ物を与えることはなるべく控えましょう
赤ちゃんが生まれる前にご家族みんなのお口の中が清潔でむし歯の治療が済んでいることが望ましいので、赤ちゃんを迎える前にご家族で検診やクリーニングに来てみてはいかがでしょうか
スタッフ一同心よりお待ちしております

うがいの回数 

August 28 [Wed], 2019, 13:21


こんにちは、受付の和泉です

みなさん、歯磨き粉をつけて歯磨きをした際、最後うがいをしすぎていませんか?

少しじゃ口の中がすっきりしない気持ちもしますが、フッ素入りの歯磨き粉を使って歯磨きをしている場合、
うがいのしすぎはよくありません

歯みがきの後に何回もうがいをすると歯みがき剤に含まれるフッ化物が流れて薄くなってしまうのです。

歯磨き後に汚れを吐き出した後の仕上げのうがいは、ごく少量の水で1回だけにして、
しばらく飲食しないことにより再石灰化効果(※)が高まると言われています。


(※再石灰化とは・・
むし歯はいわゆるむし歯菌が糖を食べて酸を作り、これが歯の成分である(ハイドロキシ)アパタイトを溶かすことにより起こります。これを「脱灰」といいます。
初期のむし歯では、脱灰したアパタイトが歯に戻る「再石灰化」と呼ばれる現象が起こります。)

フッ素、正しくはフッ化物を含むアパタイトは再石灰化を起こしやすく、
いったん歯に戻ると次には脱灰しにくいため、歯の表面が強いアパタイトに置き換わってむし歯に強くなります。

つまり再石灰時にフッ化物がお口の中にあることが重要となります。

これがむし歯予防にはフッ素入りの歯みがき剤(ペースト、粉など)が良いといわれるゆえんです。

当院でも、フッ素入りの歯磨きを多数取り扱いしております。
歯磨き粉や歯ブラシなどの物販のみの購入も可能です。

来院お待ちしております

口腔内体操 

August 20 [Tue], 2019, 21:07
こんにちは
スタッフの小寺です


嚥下障害や誤嚥性肺炎など
聞いたことはありますか?
水分や食べ物を飲み込む時何気なくやって
いますが、
それは舌や喉などがうまく機能して
口から食道、胃へと運ばれます。


この機能は加齢や病気などの原因で呼吸のコントロールや嚥下の機能が低下し上手く働かなくなるとスムーズに食べ物や飲み物が飲み込めなくなってしまいます。
また、飲食した物の一部が気管や肺に流れてしまうと[嚥下障害]が起こることがあります。
嚥下障害になると栄養を十分に摂れなくなり栄養失調になったり、不潔な口の中で増えた細菌が嚥下障害によって肺に流れてしまうと[誤嚥性肺炎]という病気になってしまいます。


口腔内の機能低下をしないために
お口の中のトレーニングをご紹介します


食べる前に行うトレーニングです。
この体操を2〜3回くり返します。
○体調にあわせて無理しないことが大切です。
○鏡をつかって?や舌の動きを目で確認しながら行うと効果的です。

[舌の体操]
@少し口を開けて舌の先で左右の口角をなめる
A少し口を開けて舌の上下に動かす。
B口を閉じて舌を口の中でぐるぐる動かす。


[顔面体操]
@?を膨らませる
A膨らませたら?をへこませる
これを繰り返します。


[咳を出す訓練]
@〈えへん〉と強く咳払いをする。




※体操後は口の中に出てきた唾液を意識して
? 『ごっくん』『ごっくん』と2回飲み込んでから
? ? ?食事をすると誤嚥が起こりにくいと言われてい
? ? ?ます。

また、お食事するときはよく噛んでたべましょう


気になる方は是非実践してみて下さい。

痛みのない虫歯 

August 12 [Mon], 2019, 11:28





こんにちは!
衛生士の種村です


みなさん、虫歯って痛いものだと思いますよね?
なんと、初期の虫歯は痛みを感じないことが多いのです!!!


気づかないうちに虫歯が進行して
どんどん神経までの距離が近く、深く進むと痛みやしみを感じるようになります。


定期検診の際に虫歯のチェックをしています。
みなさんが自分では気付くことが難しい、
小さな虫歯を見つけることができます。


ちいさな虫歯であれば大きく削らなくても大丈夫で、
回数も少なく、すぐに治すことができます。






『痛みが出てから歯医者に行く』


という方もまだまだ多いみたいです。
痛みが出てからだと、虫歯が深く進行してしまい、一本の歯でも、治療回数がかかり何度も通わなければならない場合が多いです。


ぜひ、痛みのないうちに、定期検診にいらしてください


スタッフ一同心よりお待ちしております

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:秋田アクアデンタルクリニック
読者になる
2019年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像aqua1225
» 旅行 (2018年06月09日)
アイコン画像伊藤仁志
» 七夕ですね(*´ω`*) (2015年07月08日)
アイコン画像伊藤仁志
» 父の日 (2015年06月22日)
アイコン画像伊藤仁志
» サマーキャンペーン☆ (2015年06月22日)
アイコン画像伊藤仁志
» 歯ブラシ(^-^) (2015年06月10日)
アイコン画像秋田アクアデンタルクリニック
» オープン一ヶ月♪ (2015年05月21日)
アイコン画像伊藤仁志
» オープン一ヶ月♪ (2015年05月21日)
アイコン画像伊藤仁志
» こんにちは(^-^) (2015年05月12日)
アイコン画像秋田アクアデンタルクリニック
» こんにちは(^-^) (2015年05月12日)
アイコン画像伊藤仁志
» こんにちは(^-^) (2015年05月11日)
ヤプミー!一覧
読者になる