八幡の温泉郷『きらの里』♪

November 07 [Wed], 2007, 12:48
「10年目の約束」の場所に選んだ
八幡の温泉郷「きらの里」
伊豆高原に位置します。
高原という地名だから、もう寒いだろうと思って行ったのですが
さすが伊豆、暖かかった。。なので、紅葉はまだまだ

宿の敷地内が、昔懐かしい村をイメージして作られています。
到着すると「帳場」と呼ばれるフロントへ通され
地図をもとに「きらの里」の案内をしていただきました。


お部屋は「帳場」続きの「旅籠」と「離れ・別荘」のタイプに別れます。
私たちは、露天風呂つきの「離れ・竹ぶえ」に宿泊。


お部屋の窓から見える村の風景は
初めて訪れたのに、懐かしささえ感じる景色。

私たちのお部屋「竹ぶえ」は
この右側のおうちの二階。



敷地全体が田舎にきたような情緒。

可愛いうさぎや、にわとりも飼われていて
小さな滝から続くマスの泳ぐ小川
小川の淵にはきれいなお花
大きなひょうたんや、とうがらし、色んな種類の野菜が育つ畑…
稲刈りのすんだ田んぼに…かかし。
みかんの木にはたわわな実。
水車や、脱穀機、バス停、
部屋の脇にはどんぐりの木にとりつけられたハイジのようなブランコ。



大きな湯屋(杜の湯)には、山に面した数種の露天風呂

露天風呂では木立の隙間に落ちる栗やどんぐりの音を聞きながら
のんびり、ゆったり、静かな時間を過ごしました。

露天風呂につかりながら、友人と語りあってたとき
森の中の木の葉が「ざわざわ」と揺れました
「なになに??」
音のほうに目をやると、木々の枝をつたって走る可愛い動物が
「リスだぁ
温泉で柔らかくなったどんぐりを拾いに来たのかな?
お風呂に入りながらリスに出逢える宿。。。そうそう無いですよね

ここでは、リピーターのお客様は
「お里帰り」と呼ばれています。
ご家族連れで夏休みに虫とりにこられたり
カップルで静かな二人だけの時間を過ごされたり
私たちのような、友人団体さんとか。。
それぞれが、それぞれの楽しみ方ができる素敵な宿

食事もお風呂もお部屋とは別の場所にあるため
村を歩きながら季節を感じられます
作務衣を貸してくださるので一日中、作務衣で過ごせます。
※ピンクやグリーン、ブルー、茶、好きな色が選べるんですよ。
パジャマや寒さしのぎの半纏もお部屋に用意されてます。


お部屋も古民家調に統一されて、和の趣がとても素敵でした
そんな、お部屋のご紹介は、また次回。。。
  • URL:https://yaplog.jp/ako-bell/archive/720
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
tigさん
「だいこんの花」温泉の専門雑誌で見ました〜〜。
素敵なところですよね
そう、部屋食も、もちろん良いのですが
ここでは、お布団敷きも含め
お部屋に仲居さんが出入りしないシステムになっています。
プライベートな時間を有効に使ってもらうためだそうです。
なので、食事も食事処で。。。
お部屋で自分流にのんびり過ごしながら
好きなときに露天風呂に入り
お散歩しながら、季節や癒しを感じられる。
本当に、時間がゆっくりと流れる感じでしたよ〜〜。
食事もすごく凝っていて、美味しかったし
美味しい物好きのtigさんにはオススメです
November 10 [Sat], 2007, 10:41
癒されますねぇ。
時間もゆっくり過ぎていそうな感じですね。
旅館に泊まったときは、お部屋で食べるご飯もいいけれど、
こういうところなら、食事処まで散策しながら行けるから
違う楽しみがあっていいですね。
伊豆高原の「きらの里」!覚えておきます。
昨年行った宮城の遠刈田温泉「だいこんの花」を
思い出しました。
離れでゆっくり、癒し、コンセプトが似ているのかも。。
はぁ〜ゆっくり露天風呂に入れる宿に行きたくなりました。
November 09 [Fri], 2007, 9:53
misakoさん
田舎のにおい、蘇りましたか
どんな人にもきっとノスタルジックな気分を感じさせてくれる
景色ですよね。
少しでもmisakoさんの気持ちが穏やかになったなら
それだけでも、嬉しいです
元気出してねママ

icchanさん
心も身体も、すっかり癒されました
また、友人と10年後を約束してきました。
「今よりも、もっと、もっと幸せになっていようね」と。。。
リスさん、可愛かったですよん

kyonさん
え〜〜〜〜マジで
ほんと、ビックリ。同じ場所に。。。
どこか、求めてる物が似てるんだね私たち
女性がひとりで泊まれる宿って少ないよね。
でも、ここは一人旅用のお部屋があるんだよね。
誰でも、心を癒しにいける場所って、いいよね。
しばらく、本当に忙しそうだったから
良かったね、ゆっくりできて。たまには癒しも大事です

牧場の住人/プチさん
私の選んだのは、なんと、ピンクの作務衣
グリーン好きの私なのですが、実は友人が先にグリーンを選んだから
今回は、私は女の子らしくピンクでいってみましたぁ〜〜。
まきば村もこんな感じなのですねいいなぁ。
素敵な村ですね
じゃぁ、きっと まきば村にもトトロがいますね
残念ながら、大人には見えないようですが
気配だけは感じていたいですよね
きっと、います、ここにも、まきば村にも。。
だって、どんぐりがいっぱいですからぁ
November 09 [Fri], 2007, 0:08
作務衣で過ごす村でのひと時・・・ステキなものになったようですね
(akoさんは何色を選ばれたのでしょう??)
初めて拝見する風景なのに、懐かしい感じがしますね
まきば村もこんな感じだな〜って、嬉しく拝見しました。

温泉のところにリスがやってくるなんて、ステキ
ドングリがたくさん落ちてくるなんて、
(前の記事に書かれていましたが)トトロの世界のようで
読ませていただいているだけでもワクワクしてきますね

自然たっぷりのお宿で、約束の日を過ごすことができて、
本当によかったですね
続きのお話も、楽しみにさせていただきますね〜。
November 08 [Thu], 2007, 18:20
きょうはじょにーがバッグみたいな案内したかったの♪
November 08 [Thu], 2007, 13:46
kyon
なんというかびっくり。
少し前久々の連休がとれてなかなかまわりとは時間があわないので
一人旅にでたのがこの場所でした。
とにかくゆっくりとのんびりがテーマで決めたので。
久々に虫の声とともに眠りについたよ。
いいところだよね。
November 08 [Thu], 2007, 12:34
小さな滝って凄いですね〜♪
でも、ほんまにええトコロなんですね(*^_^*)
心や身体も完全回復ですね
僕もリス見たかったです(泣)
November 08 [Thu], 2007, 6:44
あ〜良いですね〜〜*^^*
実母の故郷、愛媛の実家がこんな感じなんです*
土の匂い、草木のさざめく音、ひぐらしの鳴き声が蘇ってきて、
なんだか気持ちほっこり*しました*^^*
最近激凹みな出来事があったんですけど、akoさんの所に遊びにきて良かった
気持ち、緩く緩くなれました*
ありがとうございます***
November 07 [Wed], 2007, 21:54
■Profile■

◆ako-bell◆
神奈川県在住
雑貨クリエイター

◇ketuekigata ◇
O型

◇my birthday ◇
4.feb

◇daisuki◇
若葉色のグリーン
晴れた日の洗濯
季節のにおい
わん・にゃんの肉球
植木の水やり

◆取材掲載記事◆
● 雑貨クリエイター ako-bell
● 『Mac People 4月号』掲載記事
● 『EVEN vol8』掲載記事

■メッセージありがとぉ♪■
アイコン画像ako
» お休みします。。 (2017年09月27日)
アイコン画像木川ひろこ
» お休みします。。 (2017年09月27日)
アイコン画像yurimo
» お休みします。。 (2016年10月13日)
アイコン画像ako
» お休みします。。 (2016年10月13日)
アイコン画像yurimo
» お休みします。。 (2016年10月13日)
アイコン画像ako
» 新たな道へ☆ (2014年02月08日)
アイコン画像yurimo
» 新たな道へ☆ (2014年02月08日)
アイコン画像ako
» あっという間に師走…早っ!! (2013年12月07日)
アイコン画像yurimo
» あっという間に師走…早っ!! (2013年12月07日)
アイコン画像ako
» 幸せの宝箱♪♪♪ (2013年10月20日)
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!
読者になる
P R
■ako-bellへのお問合せは■

ほんわか手作り雑貨を
オリジナルで一個から承ります!
作品例は右サイドバーのカテゴリー
『MY・おりじなる』のページをご覧ください
ako-bell作品に対する
ご質問やお問い合わせは
こちらのメールフォームよりどうぞ♪

■朝子 kitchen studio■
きんさんぎんさんの食生活を取材した
『百六歳のでゃあこうぶつ』の著者で
フードコーディネーター 鈴木朝子の
キッチンスタジオ♪
愛知県豊橋市野依町にある
楽しみながら学べるお料理教室です

*ロゴにリンク張ってあります*


*ちなみに…私の義母♪*

雑貨クリエイター ako-bell
■いままでの記事■
https://yaplog.jp/ako-bell/index1_0.rdf