梅雨明け猛暑と、宮城・福島一人旅。 

August 15 [Thu], 2019, 10:01
長い梅雨が明けたかと思ったら連日猛暑続きでしたが、今度は台風上陸となかなかの夏になっていますね。

さて、梅雨明け後は屋外制作も再開していましたが、いったんブレイクタイム。11日から東北地方へ一人旅に出てきました。

先ずは、石巻と牡鹿半島で開催中のRebornArtFestivalを見に宮城県へ。

11日は東北道の大渋滞で到着が夜になってしまったので、翌日1日で出来るだけ回ろうと車を走らせることに。

早朝雨が降っていたので心配したのですが、日中は晴れて暑い一日に。

牡鹿半島は初めてでしたが、それぞれのエリアで作品を見つつ景色も楽しめたし、ぎりぎり最後に見られてよかった島袋道浩さんの海まで続く白い道・そしてその先に臨める金華山・スタッフさんにお誘いいただいて島袋さんがマスターを務める吉増剛造さんの「詩人の家」Barカウンターでのお喋りなど、なかなか濃い1日に。

網地島の展示は8月20日からとのことで見ることができず残念でしたが、またいつかタイミングが合う時に是非渡ってみたいです。

その日の夜、福島県に移動し、翌日は相馬市の海水浴場のゴミ拾いボランティア活動に参加。

去年も同じ浜での活動に参加したのですが、今年は砂浜の石を除去をするというミッションでなかなか地道な作業。しかし、およそ50人の参加者+20人ほど大学生も合流の大所帯で、良い汗をかきつつそれぞれ声を掛け合いながら有意義な作業時間を持つことができました。

夜は、ボランティアで知り合った、郡山から参加していた同世代の男性と夕食をご一緒することに。
同世代ということもあり色々とお話できて楽しかったです、お疲れ様でした。

最終日、帰る前にもう一度海岸に出て海のスケッチを。

海なし県に住む者にとってはやはり新鮮で、憧れの景色でもあります。
反面、なんだか遠くへ来ちゃったなという漠然とした不安感も漂うのですけれども。


最後に、帰りに寄った道の駅でたまたま同席した地元のご夫婦と、ラーメンを食べながらお話を。
うちの親くらいか、もう少し上の世代の方かと思いますが、気さくで話しやすくて思いがけず楽しいお昼になりました。

せっかくなので、手持ちの作品カタログを差し上げ、僕はコーヒーをご馳走になり。


今回の旅ではそれぞれの場所で、少しずつですが色々な方々と関わりも持つことができて、充実した旅ができたなと。

またいつかどこかで、再会できる機会があれば嬉しいなと思っています。

そうそう、牡鹿半島の付け根のお店で食べたタコ釜飯も美味だったな。

https://www.reborn-art-fes.jp

判断基準と、魅力的な壁。 

July 27 [Sat], 2019, 0:18
もう梅雨明けでいいんじゃないかなぁと思うんですが。
その、判断基準って何なんでしょうかね。

さて、今日は日帰りで都内へ。

晴れ間が覗くと、肌を刺すような日差しともの凄い暑さでした。
雲は出ていたものの、風が強かったので空気が澄んでいたように感じました、どこかスペインを思い出させるところもあり、湿度は除いてだけれども。

先ずは銀座から展示を見はじめ、上野・千駄木・初台・神保町と結構歩き回ったので足がパンパンです。

初台で見たジュリアン・オピー展、個人的には2部屋目に展示してあった風景の絵画的な作品が気になりました。流れていた音楽も相まって色々な情景を想像させられ、でも近づいてみると単なるプラスチック素材なのに…と、何だか不思議な感覚に。

先日見に行った、塩田千春展、ボルタンスキー展もすごいボリュームだったし、今年は良い展覧会・見たい展覧会が目白押し。

最後の画像は神保町で出会った建物の壁。
この反射色、すごい魅力的。

長い梅雨と、良いピンク。 

July 24 [Wed], 2019, 23:11
気付いたら前の投稿から1ヶ月以上経ってしまっていました、。
制作も地味にぼちぼちやっております。

さて、長い長い梅雨の雨空から、ようやく太陽が帰ってきてくれました。

こんなに雨ばっかり降ってたらいろんなものが腐っちゃうよと呆れていたのですが。
この先雷雨はありそうですが、基本は晴れの日が多いみたいですね、もう梅雨明けでいいんじゃないかな。


で、昨日は前橋・高崎、そして館林に行ってきました。

多々良沼公園ではハスの花が咲いていて、なんとも良いピンク。



連日の雨模様と、偶然の遭遇。+ラジオ高崎出演のお知らせ。 

June 10 [Mon], 2019, 22:19
連日雨模様ですが。

昨日は車で都内へ。

東京都現代美術館で、美術家の柏原えつとむさんと美術評論家の正木基さんのトークイベントがあるということで再び木場へ向かいました。

正木さんとは、今年の2月に北海道立近代美術館で行われた深井克美展の対談でご一緒させていただいたのですが、今回のトークはどんな感じになるのか気になり参加を。

難しい感じの内容になるのかなと思いきや、とても聴きやすかったし、なるほどそういうところから作品が生まれるのかぁ、と。何しろお二人のやりとりが面白かった。

トークとしても、硬くなりすぎず押さえるところは押さえている感じがして心地よく聴けましたし、参加して良かったぁと思いました。

そして先日、リニューアルオープン企画展「百年の編み手たち」は見たのですが、MOTコレクション「ただいま/はじめまして」の方を見逃していたため、トーク前にこちらも拝見。

企画展の方でも出品されていますが、1974年ニ生マレテ@群馬県立近代美術館でご一緒した末永さんの作品空間も充実していて、ご活躍されているなぁとつくづく実感しながらひとつひとつ拝見させていただきました。

今月16日まで開催されていますので、まだ見ていないという方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。https://www.mot-art-museum.jp

その後、夜は法事で多摩地区へ。
皆さん同様、突然の訃報に驚き、、とても残念な出来事ですが、、、安らかな眠りにつかれますよう心よりお祈り申し上げます、。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

明けて今日は、メキシコのアーティストたちがアトリエ見学に来てくれました。
ここ群馬奥地へは中之条ビエンナーレの視察も兼ねての来訪とのこと。

驚いたのが、昨日の都現美のトークイベント会場で、偶然にも今日引率して来てくださったメキシコ在住の作家さんとばったり会ってしまったこと。

元々は正木さんの紹介を受けて来てくれることになっていた流れなので、考えてみればそこまで不思議ではないのですけれど、それにしても今日初めてお会いするはずが事前に会ってしまうなんて面白い。


さてさて、ここで告知ですが、明後日6月12日(水)の午後4時過ぎからラジオ高崎FM76.2Mhzの番組「AirPlace」に生出演します。
お相手は俳優でご活躍の岡田浩暉さん。
高崎駅構内にあるガラス張りのサテライトスタジオで喋ります。
ラジオ高崎のサイトの「オンライン視聴はこちら」というところをクリックしてインターネットでも聞くことができます。

出演:ゲスト/水野暁(画家) × パーソナリティー/岡田浩暉(俳優・ミュージシャン)、田野内明美(アナウンサー)

日時:2019年6月12日(水) 16:08頃〜(15分程度)

場所:高崎駅構内・ラジオ高崎サテライトスタジオ

ラジオ高崎ウェブサイトhttp://www.takasaki.fm
AirPlace番組サイトhttp://www.takasaki.fm/program/program/airplace/

彩樹会最終日と、梅雨入りと制作。 

June 08 [Sat], 2019, 13:22
いよいよ梅雨入りみたいですね、、とはいえ今日は晴れ間ものぞいていますが。

さて、現在開催中の彩樹会@彩鳳堂画廊も今日が最終日。

本日6月8日(土)午後6時までオープンしておりますのでお近くの方はまだ間に合いますかね、画像のぶどうの絵を含め3点を展示中です。


今週火曜日に都内に出た際、彩樹会を見たのちいくつかの展示を見て回ったのですが、なんだかこの日は色々な場所で偶然知り合いに会う確率が高くて、面白かったです。


展示巡りのひとつは、リニューアルオープンした東京都現代美術館。

久々に木場に行った気がします。

物故から現代作家の作品まで幅広く展示してあり、非常に興味深かったです。

個人的には中原實(1893-1990)の部屋の展示が結構良かったなぁと感じました。

一方で、梅雨入りはしたものの、天候を見つつ引き続き屋外での大作にも挑んでいます。

雨の日はアトリエで他の作品を並行しつつ。


木陰と、旬の柔らかさ。 

May 24 [Fri], 2019, 8:14
先週でひとまず山形も一区切りし、今週は制作モードに切り替わっています。

ここ数日は安定した天気が続くようですね。

というわけで屋外制作も再開。

夏日なので日向は暑いですが、描いている場所は木陰なのでちょうど良い気温。

お昼で上がるときに、資生堂 WINDOW GALLERYでも展示したカリフラワーの絵(今回の彩樹会でも展示する予定です)の題材をいただいた方のお宅へ立ち寄ったのですが、またまた旬の野菜をたくさんくださり。

早速サラダにしていただきました。
シンプルにオリーブオイル・塩・ビネガーを加え。

はてこの組み合わせ、なんだかスペインでの生活を思い出したな、機会あったらまた行きたいけれど。
如何せん遠いからなぁ。

そしてサラダ菜のなんと柔らかいこと。

講評日in山形と、彩樹会。 

May 20 [Mon], 2019, 8:37
なんだか学食紹介みたいになってきたな、でも安くて美味しいのは確かなので。

さて先週、担当の授業の講評会を行い、4週続いた山形ライフもひとまず終了。

最後の追い込みで煮詰めてくれたのが如実にわかり作品のクオリティも上がっていて、みんな頑張ったなぁと感じました。

僕の授業はひとまず終わりましたが、今後の展開も楽しみにしているのでまた作品を見せてくださいね。

講評後、夜は学生たちが企画してくれたお疲れさま会に参加。会をまとめてくれたWくんありがとう。

そして、会場になった居酒屋でバイトをしているNくんの働きっぷりに感謝、今度は一緒に飲めるといいね。

誕生日のサプライズも嬉しかったです、みんなありがとう。

あきらくん、ときたか笑。
でも先生と書かれるより近い感じがして嬉しかった。

そんなわけで、ひとまず山形から群馬に戻ってきました。

さて、ここからは制作モードに移行します。

それから、展覧会情報を。
彩樹会@彩鳳堂画廊も来週5/27月曜日スタートです。
新作含め2〜3点ほど出品する予定です、よろしくお願いします。http://akiramizuno.p1.bindsite.jp/pg44.html

気になる場所と、誕生日一人旅。 

May 13 [Mon], 2019, 22:12
先週の授業を終え、翌日はどうしても気になっている場所があって、そこへ行ってみることに。

宮城県気仙沼市にある東日本大震災遺構・伝承館という、震災で津波に襲われた学校を当時のままの状態で残していて、今年2019年3月から一般公開されている施設。

到着が入館時間を過ぎてしまっていたにも関わらず、こころよく対応してくださり見ることができました、「遠方からでしたらどうぞ」というお心遣いとてもありがたかったです。

校舎の1階〜4階、そして屋上まで見ることができ、どの高さまで津波が襲ってきたのかを、その爪痕からまざまざと感じ取ることができました。

どうにも言葉にはできませんが、色々なことを考えさせられる何かを突きつけられた気がします。

きっと、色々な意見や感情があるのだろうと想像するのですが、時間が経ってもこういう場所を残すというのは、意味のあることではないかなと感じました。
http://www.kesennuma-memorial.jp

その日は少し北上したところにある、大船渡に泊まることに。

夕焼けが妙に綺麗でした。

夕食何を食べるか迷った末、大船渡産の牡蠣を使ったカキフライ定食を食べることにしたのですが、これがまた大きくて美味で。

残念ながら僕は生牡蠣は食べられないのですが、そっちも美味しそうでしたよ。
みなさん大船渡に行った際には是非。

翌日の帰り道、遠野物語でも有名な岩手県遠野市を通って帰ることに。

特にどこか特別な場所に立ち寄ったわけではないけれど、道路から見える山村風景はまるで日本昔話のようでもあり、田園や果樹畑の入り混じるなんとも豊かな景色が静かに佇んでいて、きっとずっと昔から日本人はこうやって生きてきたんだろうなって、そんなふうに風景を受け取りながら車を走らせ帰ってきました。


GW明けと、青春のひとコマ。 

May 09 [Thu], 2019, 23:28
長かったゴールデンウィークも終わり、再び山形に来ています。

連休中はというと、それなりに少しずつ色々出来事はありましたが、遠出はせず地元にいました。
というより、GWを挟んで山形を往復しているので、家でゆっくりしたかったというのもあるのですが。

ともあれ、群馬に居る間に制作も少し進めたりもしました。

さて、4月から始まった3年生の担当授業も終盤、残すは来週の講評会となりました。

みんな良い密度が出てきているので、今週末の追い込み、頑張ってください。週明け楽しみにしています。

で、今日の放課後、4年生数人と学食でご飯を食べながら話していると、あまりに夕焼けが綺麗だったので急遽、よしスケッチ会をしよう!ということに。

刻々と変化していく空の色を目の当たりにしながら描く姿は、みんな本当に生き生きしていて、充実した時間が流れているように感じました、良き青春のひとコマ。

面白かったのが、そのとき水彩絵の具のパレットを僕しか持ってなくて、ひとつのパレットをみんなで共有しながら描くという、図らずも実験的な試みのようになっていたことでした。

そんなこんなで今週の山形滞在も終わり、週末は一旦群馬に帰ります。

そしてやはり学食は美味しかった。

春の芽吹きと、なかなかの移動。 

April 22 [Mon], 2019, 23:18
金曜にいったん群馬に帰り、土曜日は日帰りで平塚へ。

空間に線を引く・彫刻とデッサン展という展覧会の初日で、出品作家のリレートークもあるとのことで見に行ってきました。

彫刻家の立体作品と一緒にデッサンも展示するという面白い企画。

平塚のあとは、足利など全国4会場を巡回するとのこと。

5日ほど留守にしていた間に、アトリエ周辺にはいろんな草花が芽を出していました。

小さな花が可愛らしい。

でも群馬に居るのはつかの間、再び山形へ走ってきました。
ここ数日はなかなかの移動距離。


月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる