左右の手で持ち見ても茶色い石に見える?

January 23 [Wed], 2013, 14:18
先日友達より佐川急便で京都府名産の立派な山の芋が届きました。
友達は少し前に溺愛していた愛犬を失ったので、とても愛されていた犬の命日にと淡いブルーのお花を私の気持ちとして送りました。
幼馴染の友達は愛おしかったワンちゃんの命日を覚えていた事にいたく感動してくれ実家名産の山の芋を感謝の気持ちにと送ってくれました。
届いた箱を開けると「これは何?」有るはずの山の芋が見当たりません!箱ギューギューに茶色いオガクズが入っていて其れを掘ると奥の方から野郎?が出て来ました。
「ん?岩石?」って思えるほど黒くてゴツゴツした山の芋。


おろしてご飯にかける事しか考えられない私(汗)困っているとオガクズの下から何やら光るOPP封筒が!!それを取り上げてみると中に山の芋の小冊子が入っていて調理例がいく通りも書いてありニマニマしながら開封しました。
山の芋は、どんな調理法でも全てウマし!いずれの写真を見てもウマそうなんです♪それが私の戦意?に火をともし山の芋料理にハマり出した始まりとなりました。
料理本を立ち読みしたり料理好きの友人にたずねたり山の芋料理のジャンルの多さに改めて驚きました。
今のシーズンは牛乳多い目のホワイトソースに摩り下ろした山の芋を混ぜて蒸し焼きにすると香ばしくって滅茶苦茶美味です!後オーソドッグスですが、エビを忍ばせて天ぷらにしてもオツですよ。
たくさんのマイレシピが作れ、ファイルする楽しさを知りました。
素材は個性が表に出ないほど色々と挑戦出来て独自性が出せ刺激的ですね!で、挙句分かった事は一番要望の多いのは簡単に焼くだけとか。


がっくし(泣)でもこの山の芋のお蔭で私の道楽?が一つ増え幸せを感じています。
後二個ほどあるので、今日のお昼ご飯は山の芋を何に変身させようかな♪
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/akinotamuranwa/index1_0.rdf