リサイタルinヤマハ銀座コンサートサロン&12月の予定 

November 19 [Mon], 2018, 9:43
先週金曜に行われました演奏会、無事終わりました
聴きに来てくださった皆様、どうもありがとうございました





リサイタルの準備はいつも長期に渡り、体力気力精神力の勝負ですが、
これだけ正面から音楽と自分自身と向き合える機会を持てること、そして
毎回何かの手応えを実感できること、幸せなことだなあ、と感じています
今回は、いつも聴いてくださる方はもちろん、初めて聴いてくださった方もたくさんいらっしゃり、
嬉しいご感想もたくさん頂きまして、本当にありがとうございます。
この嬉しい気持ちをどんな時も忘れずに、
また精進し続けたいと思います

曲目です(アンコールには、ショパンのノクターン作品9−2、モーツァルトのトルコ行進曲を演奏いたしました



当日お客様にお渡し致しました、自分の書いたプログラムノート、折角ですので、
載せたいと思います

プログラムノート(演奏者本人による

本日はお忙しい中、コンサートにお越しくださり、ありがとうございました。
作曲家も1人の人間であり、それぞれの人生を懸命に生きて、その時々の自分の想いを音として残してきました。
今日のコンサートは「詩人ショパンと魔術師リスト、ベートーヴェン熱情と南米の情熱ヒナステラ」というテーマです。この4人の作曲家、それぞれの個性と想いをお伝えすることができましたら、とても嬉しいです。

ベートーヴェン:ピアノソナタ へ短調「熱情」作品57 第1楽章、第2楽章、第3楽章
1770年に生まれたベートーヴェンの時代は、市民革命など混乱と激動の時代でした。ベートーヴェンは、世の中が少しでも良くなるように、人々の暮らしが少しでも良くなるように、との想いと情熱でたくさんの曲を生み出しました。また、
「音楽があなたの人生の重荷を振り払い、あなたが他の人たちと幸せを分かち合う助けとなりますように」との言葉を残しています。
ピアノソナタ「熱情」は、3楽章形式で、第1楽章はベートーヴェンの有名な交響曲「運命」
の動機が使われています。第2楽章は、天上の音楽のようで、ベートーヴェンの優しさに満ちており、第3楽章では、まさに熱情という世界が展開されます。ベートーヴェンはこの「熱情」を書いてから、5年間は次のソナタを書いておらず、
ピアノソナタの中期の集大成といえる傑作です。

ヨーロッパでの活躍を夢見て、ウィーンに滞在していた20才のショパン。
その頃、祖国ポーランドでは蜂起が起こり、ショパンはこれ以上ないほどの衝撃を
受けます。すぐにワルシャワに戻ろうとしたショパンに、友人のティトゥスは、
「君は戦いでは役に立たない。ここに留まり、旅本来の目的を全うし、
音楽で祖国に貢献して欲しい」と必死に説得します。1人ウィ―ンに留まった
ショパン。絶望と孤独の中、行き場のない気持ちを毎日ピアノに向けていました。その時
着想したのが、この練習曲集作品10です。(その後に住んだパリで完成させています)
若きショパンの人生のすべてが詰まった曲です。
ショパン:練習曲 作品 10−3「別れの曲」
ショパンは「私は生涯でこんなにも美しい曲を書いたことがない」という言葉を残しています。        
作品 10−5「黒鍵のエチュード」
黒鍵で出来ている楽しく、美しい曲。
作品 10−6
メランコリックで、詩的な曲。
作品 10−11
天上の音楽。
作品 10−12「革命のエチュード」
悲しみや怒りや、勝利への淡い希望、様々な感情が溢れる曲。

アルゼンチンの作曲家ヒナステラは、
アルゼンチンの自然を愛し、農場や農園で働く人々、特にガウチョの様子に惹かれ、
その様子を曲にすることに情熱を傾けました。
ヒナステラ:ペクエーナ ダンツァ
小さな舞曲という意味で、ヒナステラのバレエ音楽「エスタンシア」の中の曲です。エスタンシアとは、大農園の名前で、ヒナステラはこの農園の風景と
そこで働く人々、特にガウチョの1日の様子を時間に沿って、表現しました。
ヒナステラ:ミロンガ
「ミロンガ」とは、南米の音楽のジャンルの1つで、
タンゴのダンスパーティーのことも意味します。
ヒナステラ:マランボ
「マランボ」で、この曲は1曲目の「ペクエーナ ダンツァ」と同じく、
ヒナステラのバレエ音楽「エスタンシア」の中の終曲です。ガウチョたちの
熱狂的なダンスを表現している曲です。

シューベルトーリスト:セレナーデ
シューベルトの有名な声楽曲をリストがピアノ用に編曲したものです。

リスト:ヴェネチアとナポリ
3曲から出来ており、1曲目は「ゴンドラ漕ぎの女」で、ヴェネチアの日の出から、夕暮れまでを感じさせる曲です。2曲目は、「カンツォーネ」で、ロッシーニの「ゴンドラ漕ぎの歌」が引用されています。3曲目は、「タランテラ」です。「タランテラ」はイタリアの毒グモ「タランチュラ」に由来しています。中間部には、カンツォーネが使われています。」

演奏後バタバタしており、あまり写真が撮れなかったのですが、友人たちが送ってくれた写真です


次のコンサートは、12月15日の土曜日、よみうり慶友病院の慶友コンサートに出演致します
ピアノソロの作品と素敵なヴァイオリニスト礒絵里子さんと共に、たくさんのデュオ作品を演奏予定です
12月16日は、埼玉でピティナのステップのアドヴァイザーを務めます
今年も最後まで、健康に気を付けて、元気に頑張りたいと思います
ピティナのourmusic「アドヴァイザーは手で語る」に寄稿させていただきました(クリックすると大きくなります)


1日1回クリックしてね〜


人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪
http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/

先週末の演奏会 

October 16 [Tue], 2018, 17:11
あっという間に、10月ですね先週末には、神戸でリサイタルがありました





演奏終了後には、たくさんの方が声をかけてくださり、顔見知りの方にもお会い出来て
嬉しかったですし、以前から良く来てくださる方は、
今回は入院先から駆けつけてくださったとのことで、これからも人が少しでも元気になるような演奏が
出来たら、嬉しいです

次回の演奏会は、11月16日(金曜日)の19時から、ヤマハの銀座コンサートサロンです
嬉しいことに、たくさんの方が来てくださるご予定のようで、
作曲家の真髄と、自分が融合できるように、最後まで取り組みたいと思います
チケットは残り少ないようですので、もしいらっしゃれる方は、お早めにお申し込みくださいね



先週末は盛りだくさんで、日曜には生徒の萌遥ちゃんのコンサートもありました
https://1m-cl.com/concert/data/?c=0000001373

日曜には、生徒2名のコンクールもあり、自分の本番に生徒の本番に、
気を張った週末が終わり、今は少しぐったりしていますが、また
新たなインスピレーションで頑張りたいです

1日1回クリックしてね〜


人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪
http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/

後期スタート&プラハ編(最終回) 

September 11 [Tue], 2018, 22:38
今日はすっかり秋の陽気でしたね
大学では先週から後期のレッスンが始まりました
後期から新しい学生さんも増えて、新たな出会いが嬉しいです。

レッスンで使用している洗足学園音楽大学・ターミナルLのレッスン室です


早1か月前のことになってしまいましたが、夏のエディンバラのコンサートの記事が
タウンニュース・秦野版に載っています
https://www.townnews.co.jp/0610/2018/09/07/447643.html

書き残していたプラハ編最終回を書きたいと思います
プラハはモーツァルトも良く滞在していた場所です。
モーツァルトが「ドンジョバンニ」を書いた邸宅ベルトラムカ


ウィ―ンではあまり評判の良くなかった「フィガロの結婚」もプラハでは熱狂的に受け入れられ、
待ち行く人々が「フィガロの結婚」のアリアを口ずさむ様子に、モーツァルトは
感激していたそうです。
モーツァルトの映画「アマデウス」では中世そのままのプラハの街並みがロケで使われたそうです

チェコ音楽博物館には、モーツァルトがプラハのノスティツ宮殿で弾いたチェンバロも
ありました。


アマティのヴァイオリン


プラハの音楽の学校にも行ってみようかと思い、プラハ音楽アカデミーに行くと、
偶然日本人がたくさん参加している、サマーアカデミーが行われていました
その上、ヨーロッパの教授陣と共に、なんと日本人の大学の同僚の先生が講師として
招かれていたようで、プラハ最終日ということもあり、時間が合わず、
レッスンを聴けなくて残念でした。。。

エディンバラ、ザルツブルグ、プラハ、今回も盛沢山の日々でした帰って来てからも行って来て良かったな〜とじわじわ思えるヨーロッパの滞在でした

1日1回クリックしてね〜


人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪
http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/




生徒出演コンサート情報&ヨーロッパ滞在記2018夏(プラハ編3) 

September 02 [Sun], 2018, 21:57
9月8日に銀座ヤマハコンサートサロンに於いて、生徒の実紅ちゃんが出演します
第2部の2番です


現在、海外のマスタークラスに参加している最中の生徒さん、
就活に向けて頑張っている生徒さん、音楽大学受験を間近に控えた生徒さん、
新たに音楽系の大学の受験を希望する生徒さんも増えたり、
コンクールやコンサートやステップに向けて頑張っている生徒さんもたくさんで、
それぞれの持ち味も、想い描く夢も将来も違いますが、生徒さん達の
伴走することは楽しく、自分は幸せだな〜と感じています
もちろん、自分自身も常に前に進み続けられるように、
秋も楽しく頑張りたいと思います

それでは、プラハ編の続きを書きたいと思います

チェコといえば、ドヴォジャークということで、ドヴォジャーク博物館に行ってきました
中では、ドヴォジャークの音楽を聴けるオーディオスペースもあります。
プラハで聴くドヴォジャークの音楽は、哀愁を帯びながらも、生き生きとしており、生きる喜びに
満ち溢れて聴こえました来年2月のコンサートで、プラッゲ先生とドヴォジャークのスラブ舞曲
も連弾で演奏することになっており、今から楽しみです

スメタナ博物館にも行ってきました。楽しみにして行ったのですが、そこの係のチェコ人のおばちゃん、
見に来た人たちに怒鳴ったり、お客の博物館の回り方が気入らないと
文句を言いにきたりと、信じられない接客(?)でしたもちろん日本とは
社会のシステムや、習慣もすべて違うので理解できなくはないのですが、
オチオチ落ち着いて博物館も見ていられない程でしたでもそのせいで、
たまたま同様に思っていた日本人のご夫婦の方とお話しすることが出来て、
スメタナ博物館の前のカフェでお茶にお誘い頂き、とても楽しい時間を過ごさせて
頂きました(写真を取り忘れてしまい、残念。。。)
大阪の方々で、私の父も大阪出身ですし、旦那様はアマチュアオーケストラでヴァイオリンを
弾かれているそうで、話が弾みました。海外での日本人の方々との出会い、
とても嬉しいです

写真は、たくさんの観光客で賑わう、旧市街広場


プラハ編最終回へ続く。。。

1日1回クリックしてね〜

人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪
http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/





秋のコンサート情報&ヨーロッパ滞在記2018夏(プラハ編2) 

August 29 [Wed], 2018, 22:11
秋のコンサート情報です
11月16日の金曜日の7時より銀座のヤマハ・コンサートサロンで
演奏します曲目は、ショパンの練習曲・別れの曲、黒鍵のエチュード、革命のエチュード等など5曲、
シューベルトーリストのセレナーデ、リストのヴェネッチアとナポリ、ベートーヴェンの熱情、
ヒナステラのペクエーナ・ダンツァ、ミロンガ、マランボと、本格派の名曲揃いのコンサートで、
お楽しみに頂けること間違いないと思いますので、是非皆様お誘い合わせの上、
いらしてくださいね


銀座ヤマハ店様のリンクですhttps://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/event/akiko_okamoto-piano_salon_concert-20181116.html


同じプログラムで、関西では10月13日の土曜日の2時より、神戸の兵庫県立美術館で演奏させて頂きます

前回の続きで、夏のヨーロッパ滞在、プラハ2を書きたいと思います

1968年に起こった民主化運動の「プラハの春」、その舞台となった
ヴァーツラフ広場です。


ここで「プラハの春」や「ビロード革命」が起こったことは、今は平和なこの場所で、
想像できません。今年は「プラハの春」が起こってから、ちょうど50年経ち、
チェコにとっては記念の年です

聖キリルと聖メトディウス教会、ここは、ナチス・ドイツに対するチェコのレジスタンス活動家
たちの最後の隠れ家です。壁には銃弾の後が残っています。
人間が人間として普通に生きていくために、戦わなくてはならなかったこと、そして
亡くなったことを思うと、やはり涙が止まりません。こういう所を訪れる度に、
今生きていることは決して当たり前のことではなく、今ある命を精一杯生きたいと、
改めて思います


作家のカフカが住んでいた元ユダヤ人ゲットー、
ユダヤ人地区にも行きました。カフカが「変身」を書いた気持ちを少し
理解できたような気がしました。「変身」久しぶりに読みたくなりました
写真は旧新シナゴーグ。


プラハ編3へ続く。。。

1日1回クリックしてね〜

人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪
http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/

ヨーロッパ滞在記2018夏(プラハ編1) The Memory of Europe!(in Praque) 

August 25 [Sat], 2018, 21:34
プラハへは、ザルツブルグから電車で移動しました
ザルツブルグからまずウィ―ンへ行き、そこからチェコとオーストリアの国境の街へ行き、
乗り換えてプラハへ6時間の旅でした変わりゆく車窓の風景を見ながら、
国境超えるの好きですチェコの国境の駅では、プラハ行きの電車が遅れており、
どこのプラットホームに到着するかの表示も出ないまま、直前にアナウンスのみのプラットホームの告知、
その直後に電車が来て、すぐ出発という、いかにも外国らしいシチエ―ションで間一髪でした

プラハに着いたら、まずはご飯を食べないと、とホテルの近所のレストランへ
ローストダック、とても美味しいです


お店の人が、これが良いんじゃないかと持ってきてくれたチェコの黒ビール、
今までの自分のビールの常識を覆すような美味しさでした
日本に帰ってからも、少しでもこれに近い黒ビールを探し中です


プラハに来てまず思うのは、建築物の素晴らしさです。
ほとんどの建物は、神聖ローマ帝国の首都として栄華を極めた時期に
造られたものだそうで、まずはプラハ城の壮大さに、感動
プラハ城の中庭にある、聖ヴィート大聖堂もすごい迫力です。


聖ヴィート大聖堂の中のステンドグラスも素敵


同じく、14世紀ごろに造られたカレル橋。
スメタナの交響詩「わが祖国」モルダウの元になったヴェルダ川。
毎日たくさんの観光客で賑わっています


プラハ編2へ続く。。。

1日1回クリックしてね〜

人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪
http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/

ヨーロッパ滞在記2018夏(ザルツブルグ編) The Memory of Europe!(in Salzburg) 

August 22 [Wed], 2018, 22:30
2つ目の滞在地、ザルツブルグでは
ロバート・レヴィン先生のマスタークラスを毎日聴き,
自分の次のコンサートの練習をして
ザルツブルグ音楽祭に毎日行き、音楽三昧でした

ザルツブルグ音楽祭では特にClemens Hagen&Daniil Trifonov&Renaud Capuconの
TschaikowskiのKlavier Trioが圧巻でした


それからソプラノのChristine Kargも素晴らしく,
それから幸運にもフェストシュピーレでリッカルド・ムーティ&ウィーンフィルの
シューマンの交響曲第2番とSchubert Messe Es-Dur の
ゲネプロを聴くことができました演奏は言葉に出来ないほどの感動
でした
(中央は、指揮者のリッカルド・ムーティ)


シフのバッハ・平均律1巻全曲のコンサートにも行きました。
その4日後には、平均律2巻全曲のコンサートが控えているというシフ。
人間技ではないですが、その演奏は、どんな舞曲の中にも、
神の世界が感じられ、音楽の喜びと神の世界の融合が素晴らしかったです

ホテル・ザッハーでお茶


Mozartという名前のアイスを発見


台湾の高雄市のピアノマスタークラスで教えた、台湾人のSeanが、
ザルツブルグの青少年のマスタークラスに参加していたので、
会えました


今回のザルツブルグもたくさんのことを吸収出来て、たくさんの方のお世話になり、
お陰様で楽しい思い出たくさん出来て、やはり去る時には寂しくなってしまいましたが、
最後の滞在地のプラハへ

1日1回クリックしてね〜

人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪
http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/



ヨーロッパ滞在記2018夏(エディンバラ編) The Memory of Europe!(in Edinburgh)  

August 20 [Mon], 2018, 22:41
2週間のヨーロッパの滞在から、お蔭様で無事帰ってきました

今回の最初の滞在場所は、スコットランドのエディンバラです。
演奏会の前日に到着、会場に直行、2時間みっちりリハーサルという
ハードスケジュールでしたが、曲はモーツァルトのピアノ協奏曲K.414と、
ショパンのピアノ協奏曲第1番という素晴らしい曲で、
楽しいリハーサルになりました
協演したのは、スコットランドの弦楽四重奏の方々でした

8月6日、演奏会1日目、モーツァルトのピアノ協奏曲K.414全楽章を演奏後


ピアノソロでショパンの練習曲・作品10より1番、3番、4番、5番、6番、11番、12番も演奏


8月7日は、ショパンの練習曲から7曲と、ショパンのピアノ協奏曲第1番全楽章を演奏
ショパンのピアノ協奏曲演奏後


今回は、何と日本から小4の生徒Eちゃんが、お母様と日本から聴きに来てくれました
演奏会後に会場隣のレストランで一緒にお食事。とにかく楽しい時間でした
お母様は英語が堪能な素敵な方です


エディンバラ、お陰様で今回もたくさんの楽しい思い出が出来て、いざ去る時には、
やはり寂しくなり、胸がきゅんとしますが、次の滞在地のザルツブルグへ

1日1回クリックしてね〜


人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪

http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/


PTNAステップ・宝塚審査&エディンバラコンサート 

July 23 [Mon], 2018, 23:04
PTNAのステップ・宝塚7月地区の審査に行って来ました

最近、毎秋にコンサートで神戸に来ているので、兵庫はとても身近に感じている県です
でも、宝塚に行ったのは、子供の頃に祖母と宝塚歌劇団・星組公演「戦争と平和」を観に
行って以来、懐かしく思いながら宝塚に向かいました

ステップの会場は、宝塚音楽学校旧校舎の宝塚文化創造館で、宝塚歌劇団の
入学式や卒業式が行われていた講堂(文化交流ホール)で行われました。
中央にミラーボールのついたホールは初めてでした

ステップは81人の方が参加し、熱演を繰り広げました
ピアノを始めて間もないお子さんから、PTNAピアノコンペティション本選を控えた
小中学生、音楽大学で試験を控えた学生さんや、ピアノ指導をしながら研鑽を
積まれているピアノの先生、法律を勉強しながら学業と音楽を両立している学生さん、
ピアノを生涯の友としている方など、様々な方がいらっしゃり、とても楽しく聴かせて
頂きました。私が口頭の講評を担当させて頂いたのは、3部と4部でしたが、
3部は全員PTNA本選直前ということもあり、
本番前に自分がいつも行っていて、効果を実感しているストレッチ方法を、実演しながら紹介させて頂きました何かの参考になれば、とても嬉しいです

審査をご一緒させて頂いたのは、黒木和子先生と、木住野睦子先生で、
お二人ともと〜っても良い方で、すっかり仲良くなり、お陰様でとても楽しい宝塚滞在になりました
PTNA宝塚西ステーション代表の原西様、素晴らしい運営で、大変お世話になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました!!

原西様のご厚意で、お昼の休憩時間に2階の「すみれミュージアム」の見学に行ってきました
折角の宝塚なので、何かポーズを、とみんなで頑張ってみた1枚



階段には、歴代の宝塚のポスターが張ってありました



すみれミュージアムのポスター



ステップ終了後は、テンションもマックス。会場でタカラジェンヌ風頑張ってみました



3階のタカラジェンヌのバレエのレッスンが行われていた部屋にも特別に入れて頂けました




お陰様で、とても楽しく、とても充実した、宝塚でした

次のコンサートは、クローズドで7月28日です♪
その後、8月6日、7日、エディンバラで、ショパンのピアノ協奏曲1番、モーツァルトのピアノ協奏曲
KV.414、ショパンエチュード等を演奏予定です
エディバラの後、4日間ですが、ザルツブルグでザルツブルグ音楽祭を見に行く予定で、
その後3日間ですが、プラハに寄ってくる予定です。

ショパンとモーツァルトの世界に没頭し、またヨーロッパでたくさんのことを吸収し、
日本に帰ってきたいと思います

1日1回クリックしてね〜


人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪

http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/


慶友コンサート出演&レッスン&今日この頃 

June 23 [Sat], 2018, 22:04
書くのが遅くなってしまいましたが、6月17日の日曜日に、青梅慶友病院の慶友コンサートに出演
してきました

ヴァイオリンとのデュオとピアノソロのプログラムで、2部制だったので、
同じプログラムを1時間ずつ、計2時間演奏してきました
ヴァイオリンは、素晴らしいヴァイオリニストの礒絵里子さんです



演奏会後、絵里子ちゃんと。6月だったので、ドレスは(緑+青)で揃えてみました
絵里子ちゃんのドレス素敵〜青梅慶友病院内のコンサートホールからは、美しい緑の木々が見えて、
とても雰囲気の良い会場でした

演奏した曲目は、
ヴァイオリンとピアノで、

ベートーヴェン:ヴァイオリンとピアノの為のソナタ第5番ヘ長調作品24《春》より第1楽章
リムスキー=コルサコフ(ハルトマン&ハイフェッツ編):熊蜂の飛行
ディニク:ひばり
モンティ:チャールダーシュ
エルガー:愛の挨拶
マスネ:タイスの瞑想曲
グラナドス(クライスラー編):スペイン舞曲
ファリャ(クライスラー編):スペイン舞曲

ピアノソロは、ショパンのノクターン 変ホ長調 作品9−2 
ショパンの練習曲 作品10−1、10−4、10−5「黒鍵の
エチュード」、10−6、10−11、10−12「革命のエチュード」
バッハの平均律クラヴィーア曲集2巻より、23番「プレリュードとフーガ」
でした


当日、行ってみたら、素敵なチラシが病院内に貼ってありました

今回のコンサートは、青梅慶友病院にご入院の方と、ご家族様対象のコンサートでした。
車椅子の方や、移動式ベッドの方もいらっしゃいました。
1部、2部共に、演奏後に、前列の患者様から、お花を頂きました。
車椅子で、ご高齢でいらっしゃいましたが、
何度も「素晴らしかった。素晴らしかった」と言いながら、
手をぎゅっといつまでも握りしめてくださり、涙が出そうになりました。
これからもずっとずっとお元気でいて欲しい、と思いました。
こういう病院でのコンサート、今後もやっていきたいです

最近、ピアノソロとアンサンブルを組み合わせたコンサートが続いており、
とっても孤独なピアノソロリサイタルと違って、リハーサルも本番も、
とても楽しいです(もちろん、ピアノソロリサイタルは、ソロリサイタルならではの醍醐味が
ありますが)アンサンブルももっとやっていきたいな〜と思いました

次回のコンサートは、8月6日と8月7日に、スコットランドのエディンバラです
2回とも違う、プログラムで、両方とも、スコットランドの弦楽四重奏の方々と、
モーツァルトとショパンのピアノ協奏曲も演奏します。(他にピアノソロでバッハの平均律や、
ヒナステラの小品3曲、ショパンの練習曲7曲を演奏予定です)
なかなかハードですが、今回のエディンバラのコンサートには、なんと小4のピアノの生徒の
Eちゃんが、お母様と日本から聴きに来てくださることになっています
今からとても楽しみです
https://edinburghfestival.list.co.uk/event/980986-akiko-okamoto-plays-mozart-and-chopin-piano-concertos/

7月28日には、エディンバラで演奏予定の曲目でのクローズドでのコンサートがあり、
7月22日には兵庫・宝塚にPTNAのステップ審査に行ったり、
生徒のコンクールや、発表の場があったり、7月も盛りだくさんですが、
楽しみながら頑張りたいと思います

私が教えている生徒さんは、様々な方がいらっしゃいます。
その中の最年少で、昨年からピアノレッスンに通ってきている幼稚園のMちゃん。
Mちゃんのレッスンの後、お母様もピアノレッスンを受けているのですが、
その最中、ずっと熱心に何か書いていたMちゃん。
帰りに、「今日は先生にお手紙があるの」と渡してくれた、絵とメッセージに
感激(泣)



Mちゃんは、レッスンが終わると、2回ハグしてくれて、
帰りは玄関でハイタッチ
たくさん愛情を注いで、大切に育てたいです

ピアノを教えるということは、教えている1人1人の生徒さんや(お母様や、ご家族の方)
の人生と向き合っていくことでもある、と考えています。
ピアノにかけられる時間やエネルギーは人ぞれぞれですが、どんなレベルであっても、
ピアノのレッスンを行うことで、それぞれの生き方がいつもより良い方向に向かっていく、そんな
レッスンが自分の理想で、そのために、自分自身がいつも自分の人生に真剣で
ありたいな、と思っています

最近の息抜き、梅干し作り。
梅のヘタをとったり、シソの茎をとったり、無心になれるので、
好きですあとは、土用の日を待つのみ。



1日1回クリックしてね〜


人気ブログランキング

岡本暁子ホームページはこちらからご覧ください♪

http://okamoto-akiko.music.coocan.jp/









プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akko
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2月1日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
プロフィール〜プライベート編〜 趣味:国内外を問わず、知らない土地に、1人でふらっと旅をすること。その土地ならではの風景、空気、人々、言葉、料理に出会うこと 好きなこと:専門を問わず、何かについて人と、深く語り合うこと。心に響く本や、映画、文章を見つけること。スポーツをすること。小さな子どもと遊ぶこと 好きなもの:動物、美味しいご飯 人気ブログランキングに参加しています♪ 一日一回、下のクマをクリックしてね! 人気ブログランキングへ
2018年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像akko
» 先週末の演奏会 (2018年10月16日)
アイコン画像MPターシャ
» 先週末の演奏会 (2018年10月16日)
アイコン画像akko
» 後期スタート&プラハ編(最終回) (2018年09月13日)
アイコン画像MPターシャ
» 後期スタート&プラハ編(最終回) (2018年09月13日)
アイコン画像MPターシャ
» PTNAステップ・宝塚審査&エディンバラコンサート (2018年07月24日)
アイコン画像MPターシャ
» 慶友コンサート出演&レッスン&今日この頃 (2018年06月24日)
Yapme!一覧
読者になる
人気ブログランキングに参加しています♪ 一日一回クリックしてね! 人気ブログランキングへ