TONYMOLYピーリング使用感B

February 18 [Thu], 2010, 0:01
週に2〜3回を目安に、というメーカー様の指示がありましたのでそのとおりに使用中。効果を早く出したくても毎日、というのはやりすぎですものね。指示通りが一番効果あると信じて



色は真っ白
テクスチャーはやや固め
スパチュラに取ると滑らかだけど、ナチュラルヨーグルトのような、成分(粒っぽい)部分とクリーム質の部分が分かれているような状態もうっすら見受けられます。でも肌のアタリは粒々しません。
肌に馴染ませると透明に

手で試したときに厚塗りすると乾くまで時間がかかる、マッサージ(馴染ませる)にも時間がかかると言う事がわかったので、摩擦に弱いけど意識してたっぷりはつけず、パチンコの玉位(笑)を使用しました。

使用一回目
軽くマッサージしながら馴染ませますが、どんどん透明になっていくので解りやすく塗りムラができなくてうれしい。香りも全く気になりません。1〜2分マッサージと書いてありましたが、1分もマッサージしているともう馴染んでしまい、それ以上やるとすぐポロポロ状態になってしまうので馴染んだ段階で終了。やっぱり少ないのかな?多いと2分持つ?私の肌が枯れすぎ?(笑)。
30秒ほど放置して再び軽くマッサージ。するとポロポロと取れてきます!面白くて一生懸命やってしまうと良くないので少ないかな?と思うくらいでやめてぬるま湯で流して終了。すすぎはしっかりします。

すすいで最初に思ったのは“しっとり”感です。クスミ肌の改善を期待していましたが、思わぬ保湿力がうれしい。クレンジングをミルクに変えて、フランス風にふき取りした後の肌のようにしっとりもちもちです。肌が明るくなったかと言うと良くわかりません。この後のお手入れ(通常)の化粧水の浸透も目立った効果はありません。

使用2回目
要領は前回と同じく、使用量を少し増やしました。確かに多くするとなかなか馴染まず2〜3分はもちそうですが、透明になるまで時間がかかります。私の肌にはちょっと負担。思いっきりタップリ使用してマッサージ後少しふき取って再度馴染ませるというのは面倒だし、マッサージにはもっと油分多いクリームでやるほうがいいと思うので、次はまた量を戻すつもり。

前回より多く使用したのにポロポロが少なかったのは、角質?が減ったのかしら?ポロポロは塗ったクリームが空気?と反応して擦るとカス状態になると思っていたのでちょっとビックリ。

使用後の肌の感じは前回と変わらず、大きな変化はありませんでした。

使用3回目
使用量を初回程度に戻してTRY。流す前のマッサージで出るポロポロ、やっぱり減ってる!使用して最初の数回は指示通り週に3回を目処に試すのがいいかもしれませんが、このポロポロが減ってきたら回数減らしても良いかもしれませんね。

3回使用したあとには、顔が明るくなってるかも、と実感しつつあります。そして化粧水の浸透が早いとかいう実感はないものの肌の状態が良いほうに変化しています。お手入れで指先で肌を触っているとしっとりしています。私は毛穴詰まりで悩んだ経験がないのですが、乾燥と加齢のタルミ毛穴では悪戦苦闘してまして、鼻の頭がカサついていたのが今では毛穴もふさがりツルンといていますさすがに頑固な頬の毛穴がピンと張るまではまだ至っていませんが期待が高まります。。。

ピーリングなのに保湿、、、不思議な感じですが楽しみながら続けていますが、あと数回使用したらまたレポあげます〜。



  • URL:https://yaplog.jp/aki-hime/archive/1016
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:秋
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
■好き■雪遊び・バイクツーリング・折り畳み自転車・焚き火のあるキャンプ・いい香りがするもの・パン作り・キッチン雑貨屋さんめぐり・読書・タオル生地
■嫌い■虫・高温多湿・長電話
■夫と猫と全国転勤暮らし■
■トラックバックについて■知人友人以外のトラックバックでは、コメント欄にトラックバックの報告がある・関連記事に必ずここの紹介がある 以外は削除します
ランコム ローズ マガジン
https://yaplog.jp/aki-hime/index1_0.rdf