1月31日(水)釣果

2018年01月31日(水) 21時15分
※今日はマダイ・マトウダイ等が上がりました。

[アンカー打ち]
〈写真1〜5〉
池田市・平井氏

マダイ30〜42cm6枚マトウダイ46cm

[イケス周り]
〈写真6〜8〉
神戸市・亀山氏

マトウダイ2枚
アオリイカ胴長30cm
イサギ27〜35cm4尾

湾内のカセ 強風後凪
水温 15,1℃

出船時間:6時20分頃

※平井さん、今日は少し遅い新年会(大学の仲間)。

名誉な事に(笑)お魚さんの仕入れ担当に任命され……(笑)

若干のプレッシャーの中、アンカー打ちでのマダイ狙い。

釣り始めは…北風が強く、潮も動いていなかったが、1投目から塩焼きサイズのマダイが連発。

小さいのは総てリリースして良型狙い……午前中に、キープサイズのマダイを4枚と40cm1枚・マトウダイを上げてノルマ達成。

宴会に間に合うように、「PM2時半で上がります」のメールの後、更に本日の最長寸を上げ、余裕の早上がりでした。

「大変良く出来ました〜」マル◎。(笑)

※亀山さん、前回はアンカー打ちで、撒き餌担当の某氏(笑)のお陰で良型マダイを上げたので、「今日はイケスに行きま〜す」。

前半はウリ坊(小型のイサギ)の餌とりに悩まされて総てリリースしていましたが、途中からはキープサイズも混じり出して、何とか土産は……(苦笑)。

午後……ノマセ仕掛けにマトウダイがヒット……「でも、アオリイカの方が良いのに……」と、亀山さん。

「マトウダイを釣りたいと云うお客様が多いのに…贅沢な」と、口の悪い船頭の突っ込みが……(笑)

更に、2枚目のマトウダイを釣った亀山さん……「やっぱりアオリイカの方が………」「どんだけ〜」(笑)

そんな声が聞こえたのか…(笑)、ついに念願のキロアップのアオリイカの姿が浮上。
『やったぜ〜』
慎重に掬(すく)って、Vサイン(笑)

「やっぱり、どんだけ〜」(爆)

※尚、明日はご予約が入っていないので、ブログは有りません。













1月30日(火)

2018年01月30日(火) 20時59分
※本日、久し振りの完敗です。

野球で例えるなら……ノーヒットノーラン…いや、完全試合……を「された方」(笑)

写真は、昨日掲載しなかった釣果分です。

今日はヒラメのアタリは1回のみ、ノマセ仕掛けの竿先が「ぐぃぐぃぐぃ〜〜」
・・『当たってますヨ〜』。
慌てて合わせを入れたものの…「すぽっ」、ヒラメの歯形だけを残して餌の小アジご帰還。(苦笑)


最終釣果は、30cm級のマダイ2枚、イサギは小型が多く塩焼きサイズのキープ分は5尾………以上、オワリ。(苦笑)

昨日、某ご夫妻が(笑)全部釣ってしまったのか…(笑)潮の動き始めるのを祈るのみ……

「神頼みぃ〜〜」(笑)

1月29日(月)釣果

2018年01月29日(月) 20時58分
※今日もネタ提供……期待を裏切りません。

[イケス周り]
〈写真1〜3〉
橿原市・下山夫妻

ヒラメ50cmと62cmイサギ36cmと37cm

[アンカー打ち]
〈写真4・5〉
岸和田市・石丸氏

マダイ30〜45cm4枚

湾内のカセ 北寄り強風水温 15,2℃

※いつもネタには事欠かない下山夫妻(笑)、今日もシッカリと……(笑)

早朝に旦那さんが連続でイサギを上げて……『今日は楽勝や〜〜』が、そうそう上手い話しは続かず…(笑)

潮が動かない事も有り、後は、午前中にヒラメのアタリが1度有ったきり。

昼過ぎ、完全フカセをしていた旦那さんに、小アジがヒット。

相変わらずフカセ釣りを続ける旦那さんを尻目に……

餌の小アジを確保する為に、献身的な奥様は(笑)「自分の釣りを犠牲にして」、小アジ釣りに専念。
(よっ・これぞ内助の功・女房の鏡)(笑)

すると……、奥さんのノマセ仕掛けの竿先が「ぐぃ〜」。
シッカリと合わせを入れた後、慎重に浮かせたのは見るからに肉厚の寒ビラメ。

「自己犠牲の奥様への海の神様からのプレゼントか」(笑)

勿論、掬(すく)ったのは旦那さん。
『掬うの「だけは」任せなさ〜〜い』(笑)

続いて今度は、旦那さんのノマセ仕掛けにアタリ。

重量感たっぷりの引きに、慎重に慎重にリールを巻く旦那さんに奥様から一言、
『合わせが弱いんと違う〜〜』
その言葉通り、もう少しで水面に……と云う処でヒラメが反転した途端に針外れ。
ショック満開の旦那さんでしたが……納竿前にヒラメを上げて…ホッ(笑)。

『奥さんの後ろで玉網だけを持って……、写真撮影の構図迄考えてたワ〜』(笑)と、ニッコリ。

撮影時、『俺の方が前に行くワ〜』……勿論、奥さんのヒラメの方が大きいので、遠近法(笑)

奥さんへの……負けず嫌い…(笑)「どんだけ〜」(笑)
下山さんだけで長文になったので、今日はこれで……オシマイ『ふぅ〜〜』(笑)







1月28日(日)釣果

2018年01月28日(日) 21時20分
※今日は午後から雨の予報だったので、納竿時間を早目させて頂きました。

[アンカー打ち]14時迄〈写真1・2〉
池田市・平井氏

マダイ30〜45cm3枚

〈写真3〉他、マトウダイやカワハギも……

[イケス周り]15時迄
〈写真4・5〉
大阪市・吉川氏

ヒラメ58cm
マトウダイ1枚

〈写真6〉他イサギや小ダイも…

湾内のカセ 凪
水温 15,1℃

※出船時間:6時20分頃

※平井さん、早朝に完全フカセで本命の天然マダイを仕止めました。

逆潮で、しかも2枚潮と云う悪条件の中では、まずまず及第点でしょう。(笑)

アタリ所か、餌さえ取られ無かったお客様(え〜〜誰ぇ〜〜)(笑)も、おられるんですから……(笑)。

次回頑張りましょう………〈棟梁〉(笑)、完全フカセで潮上は辛いナ〜〜(笑)

※吉川さん、釣り開始早々完全フカセで青物にハリスをとばされガックシ(笑)。

5号ハリスなので、少々の魚は捕れると思うのですが……、
「教訓:釣りを始める前には、必ずリールのドラッグ調整を…」

その後はノマセ釣りで良型のヒラメとマトウダイを仕止めて…「ニッコリ」(笑)

悔しがったり・喜んだり…(笑)、これも釣りの醍醐味の1つ…か…ナ(笑)

※皆さんでヒラメのアタリは2桁。

途中(水面近く)迄は穂先を押さえ込むのだが、それ以上は喰いこまず。

餌のアジにヒラメの歯形だけを残して離される………
勿論、合わせが遅すぎて切られたのも有りますが、殆(ほと)んどがこのパターンだったようです。

潮さえ動けば…、もう少し喰い込みも良い筈(はず)なのですが……。(苦笑)

※今日は予報が悪かったので、早々に釣りを切り上げさせて頂きましたが、完全フカセとノマセ釣りは面白く成って来ています。









1月27日(土)釣果

2018年01月27日(土) 20時06分
※今日はヒラメとシマアジ等が上がりました。

大阪市・赤城氏

ヒラメ46cmと52cmシマアジ45cm
イサギ等(30cm前後はリリース)

湾内のカセ 凪
水温 15,0℃

出船時間:6時20分頃

※今日のお客様は、赤城さんお1人でした。

ここの所の猛烈な寒波と強風で、釣りに来られても気の毒な環境でしたので、無理も無いかも……(苦笑)。

漸(ようや)く寒波も峠を越えて…「ひと休み・ひと休み」〈一休さんかっ〉(笑)

今日は早朝こそ寒かったものの……昼間は赤城さんも完全防寒していたのだが、インナーを1枚脱ぎ…2枚脱ぎ……(笑)

お魚さんの活性の上がり出したのも、午後から。

撒き餌が効き出したのか、イサギが連発で上がり、サンノジ迄も……そして嬉しい魚シマアジは胴付き仕掛けにヒット。

ノマセに反応が出始めたのは、潮が動き出してから……
イカのアタリが続いた後、入れ替わりで今度は………「ヒラメ・たぁ〜いむ」

結局、納竿の15時迄にヒラメのアタリは計7回。

肉厚のヒラメを2枚上げたものの……重量感たっぷりの大型に切られたり、歯形だけを残して逃げられたり……と、ノマセ釣りを「すっかりご堪能された……」(笑)ここの処、ヒラメ絶好調の赤城さんでした。

帰りの船中…『まさか今日(土曜日)1人とは、迷ったけど……暖かかったし、来て良かったぁ〜〜〜』と、しみじみご感想(笑)。



1月26日(金)釣果

2018年01月26日(金) 20時56分
※雪のチラつく中、今週初の出船でした。

交野市・杉本氏

ヒラメ65cm
メジロ70cm2本
イサギ30〜36cm4尾

湾内のカセ 北西の強風
水温 15,3℃

出船時間:6時20分頃

※杉本さん、年に1度のヒラメ狙い釣行です(笑)

朝から雪がチラつき強風の中(但し北西の予防なので串本では問題無し)、少し東の空が白んで来たので出船。

日曜日以来の出船なので、少し心配していたのですが船頭の心配は杞憂に…(笑)

釣り開始早々に、メジロが2本の竿に同時ヒット。
どちらも余裕の取り込みで玉網入れ完了。(笑)

「青物は要りません、ヒラメとマダイとイサギが釣りたい」と、ご予約時に言っていた杉本さん。

船頭の勧めも有り、渋々メジロを1本だけキープして、後1本は即リリースしました。

そして10時過ぎ、見廻りにカセに行くと、杉本さん何やらやり取りの真っ最中。
慎重に浮かせたのは…本命の良型の肉厚寒ビラメ。
やはり喰いが渋いのか、口の皮1枚に掛かっていて…慎重に浮かせたのが「正解ぁ〜〜い」(笑)

ヒラメの前にマトウダイを掛けたのだが…玉網を離れた所に置いていたので、玉網を取る為に目を離した瞬間に針外れ。(苦笑)

が、何が幸いするか分からないもので……直ぐに仕掛けを下ろした途端にヒラメがヒット。

『マトウダイを上げて、モタモタしてたら…きっとヒラメを上げる事は無かったかも……』と、杉本さん。
ヒラメのアタリは、後1回有ったものの……こちらは歯形のみを残してフッキングせず。

潮が動き出した午後に、ご注文のイサギを上げて……

風の強くなって来た15時前、『まだ釣れるやろけど…もう十分なんで、帰りま〜〜す』と、余裕の早上がり。
「ごもっとも」(笑)





1月21日(日)釣果

2018年01月21日(日) 21時03分
※逆潮ながらも潮は動き、昨日よりは喰いは良かったようです。

[アンカー打ち]
〈写真1〜3〉
神戸市・亀山氏

マダイ42〜56cm3枚

〈写真4〉
橿原市・井上さん

マダイ30〜32cm4枚中アジ等

[イケス周り]
〈写真5〜7〉
和歌山市・森野氏

ヒラメ42cm
イサギ30〜36cm5尾(20cm台は全てリリース)
マトウダイ1枚

湾内のカセ 凪
水温 15,7℃

※亀山さん、『日曜日アンカーかせ・空き有るヨ〜』との、船頭の「悪魔」OR「天使」(笑)の囁(ささや)きに…… 今日も来てしまいました〜。(笑)

結果は…昨日の皆さんの不調を払拭(ふっしょく)する天然マダイが3枚。

どうやら、「天使」の囁きになったようで…笑顔満開(桜にはまだ早いけど……)(笑)
「誰ぇ〜〜ガラの悪い天使やナ〜〜」と言うのは(笑)

※井上さん、早朝から塩焼きサイズのマダイを連発。

同行の某Tさん(笑)、ノマセ仕掛けに次々とアタリが有り(どうやらアオリイカ)
『忙しい〜〜〜〜』と動き廻るものの……餌をかじられるだけで……結果が伴わず。(笑)

漸(ようや)くフカセ釣りを始めた頃には、朝の時合が……(笑)

結局、終わってみれば……フカセ釣りには釣果無し、の某Tさん(笑)。

『来週の日曜日、予約入れておいて下さい』と、悔し涙に暮れる(笑)某Tさん、「もとい棟梁でした」(笑)

「はぁ〜数日前に来てたやん」………それは言わ無いオ・ヤ・ク・ソ・ク(笑)

※森野さん、今日は朝から『カレイ釣りました〜〜』(笑)
あけみ丸の口の悪い某・船頭が、「串本では」小型・(40cm級)のヒラメを「カレイ」「カレイ」と言うもので………(笑)

更に、瓜坊(小型のイサギ)の猛攻の中からキープサイズも上げて…余裕の釣り。

納竿間際に大判ヒラメを浮かせたものの……今回も、掬(すく)う寸前に針外れ。

森野さん、大型をバラすのは、どうやら針のサイズが小さ過ぎるのが要因かと……(苦笑)要変更ですネ(笑)

※明日は予報が悪い為、休業です。











1月20日(土)釣果

2018年01月20日(土) 21時03分
※毎日変わる潮の動きに翻弄されています(今日は早朝のみ逆潮の2枚潮、後は全く動かず)

[イケス周り]
〈写真1〜4〉
尼崎市・渡辺氏

ヒラメ 69cm
イサギ31〜35cm4尾カワハギ2尾

〈写真5〉
住之江区・道井氏

アオリイカ胴長32cm
マダイ35cm

湾内のカセ 凪
水温 15,7℃

※大型ヒラメとアオリイカ、久し振りに上がりました。

※渡辺さん、早朝の潮の動いている間に、大型のヒラメを仕止めました。

アタリは糸の角度の変化、真下に入れた筈の仕掛けが徐々に移動……(笑)。

「んん〜ん、何かおかしいぞ〜〜」

竿を持って効き合わせを入れると……どっしりとした重量感。

慎重に浮かせると…、「でっかい」ヒラメ、玉網入れも慎重に慎重に…無事玉網入れも完了〜『やった〜』とVサイン。(笑)

オマケのイサギは午後、ホンの一瞬、潮が動いた時に連発しました。

※道井さん、前回はイサギ1尾のみで…

『美味しいお魚が食べたかったのにぃ〜〜』

と、可愛いJr(お魚大好き息子さん)にひんしゅくを買って……(笑)

今回こそ……早朝の潮の動いている間はイカのアタリが多く…、5度目の正直で(笑)良型のアオリイカを漸(ようや)く上げました。

取り敢えず、これでJrに泣かれる事も無いワ(笑)。「ホッ」と、心の声(笑)

続いて、塩焼きサイズのマダイを上げた処(ところ)でピタッと潮が止まり、結局納竿迄潮は動かず、お魚さんは「全く口を使わず………」終了〜〜〜。









1月19日(金)釣果

2018年01月19日(金) 21時05分
※今日は潮がイイ感じで流れていましたが……

[アンカー打ち]
大阪市・永見氏

ヒラメ44cm
マトウダイ1枚
マダイ1枚

湾内のカセ 凪
水温 16,1℃

※永見さん、2年振りのあけみ丸でした。

ご予約時、船酔いし易いとの事でしたが、船頭の勧めも有り初のアンカー打ち挑戦です。

本命はカワハギ……との事でしたが、「まぁ〜喰いの渋い事渋い事」(苦笑)アタリもまばら…。

そんな中…午前中、ノマセ釣りで小さいながらもヒラメを上げて…「ニッコリ」。(笑)

流れは良いのだが……でも…流石(さすが)に喰いの渋いカワハギ狙いは諦めて、フカセ釣りに「でも」挑戦してみっか(笑)

とは言って見たものの……「どうやって餌を流したらエエのかな……」(笑)

昼の見廻り時……『流し方はどうやったらエエんかな〜リールのクラッチは〜』と、永見さん。

カセの両舷に竿を出していたので、じっくりレクチャーする事も出来ず……、簡単に基本だけを伝えて……後は「お任せ〜〜」(笑)

でも…塩焼きサイズのマダイは上げていたので、良しとしましょう。

納竿間際にマトウダイが掛かって…『迎えに来てるのに焦ったぁ〜』と永見さん(笑)

※もう1人のアンカー打ち…神戸市のKさん、棟梁からの伝言『お魚はいますヨ〜〜』に、プレッシャー全開で……撃沈ぃ〜ん(爆)

1月18日(木)釣果

2018年01月18日(木) 20時39分
※今日のお客様は棟梁お1人。(マダイ狙い)

[アンカー打ち]
橿原市・大工氏

マダイ31〜60cm8枚(小さなマダイは全てリリースしました)

湾内のカセ ベタ凪
水温 15,7℃

集合時間:6時頃〜
出船時間:6時15分頃〜

※棟梁、前回ヒラメに振られたリベンジ釣行です(笑)。
今回は、アンカー打ちでのマダイ狙い。

風も弱くベタ凪でしたが…、潮も動かず。
少しだけ動いても逆潮と云う悪条件の中、良型天然マダイを上げています。

久し振りに高級な竿の実力発揮(笑)……(腕を発揮と違うんかぃ)(笑)

棟梁、完全フカセはすっかり迷路に入っていたので、撒き餌ワークだけを少しだけレクチャーさせて頂いたのですが………、

流石(さすが)に、他はすっかりマスターしているので、この条件下でも見事な釣果でした。
「やったネ」(笑)

※ここの所、アンカー打ちでは中々マダイの好釣果が出ませんでしたが………
「お魚さんはいますヨ(笑)」と、棟梁からもお墨付き(笑)











P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:笠原船頭
読者になる
2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる