手に取って眺めても巨石?に見える?

January 23 [Wed], 2013, 16:58
一週間前に友達よりクロネコさんで兵庫名産の山の芋が着きました。
友達は数年前に大切にしていた犬を病気で亡くしたので、その子の命日にと白いバラの花をお慰めに送りました。
幼馴染の友達は愛おしかったワンちゃんの命日を覚えていた事にとても感激してくれ故郷名産の山の芋を感謝の気持ちにと届けてくれました。
箱を開けると「これは何?」山の芋が行方知れずです!BOXいっぱいにオガクズが詰まっていて其れを掘ると中からやっこさん?が現れました。
「本当に食べ物?」って思えるほど土まみれの山の芋。


おろす事しか思い浮かばない私(涙)思い巡らしていると芋を取り出したオガクズの奥にOPP封筒を見っけ!!それをピックアップすると中に山の芋の小冊子が入っていて調理例がいく通りも書いてありニマニマしながら開封しました。
山の芋は、揚げても煮ても焼いても旨し!どの写真を見てもウマそうなんです♪それが私の戦意?に火をつけ山の芋料理に惚れた発端となりました。
ネットで調べたり料理好きの友人にたずねたり山の芋料理の品目の多さに改めてタマゲました!今のシーズンは自家製ホワイトソースに摩り下ろした山の芋をタップリとのせて蒸し焼きにするとマイルドで激ウマです!他には珍しく無いですが、海苔に付けて揚げてもイケますよ。
たくさんのレパートリーが増え、其れを友達に自慢する楽しさを知りました。
行き着く所はシンプルな材料ほどいっぱいアレンジ出来てオリジナリティーが出せやり甲斐がありますね!で、トドノツマリ分かった事は一番お願いされるメニューは素朴な揚げ物とか。


ガッカリ(涙)でもこの山の芋のお蔭で私の暇つぶしが一つ増え感謝の限りです。
まだ3個残っているので、今日の夕飯の献立はやっぱり天ぷらかな?
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/akebinomomoe/index1_0.rdf