幼なじみ 

2006年07月27日(木) 0時31分
仁   「大きくなったら、お嫁さんにしてあげるね。」                           あやか「うんッ!」                                                    仁   「じゃあ、このぬいぐるみあげるっ。」                                                                                       
                                                                                                                                

これが仁と交わした約束。仁とは家が隣の幼なじみ。                                                                                                                             
     
「いってきまーすっっ;」                                               いつものように家を出る。今日はちょっと遅刻ぎみでパンをかじる。                     


ダッ・・・ダッ・・・・・ダッ・・・・・・・・・・・・・。                                                                                                               ドンッ!!                                                  

あやか「わっ!ビックリしたぁ〜;;なんだぁまた、仁かぁ。」                            仁   「そうだよ。また俺だよ!しょうがねェーだろ?家が隣なんだから」

幼なじみA 

2006年07月27日(木) 8時45分
みき「ねェねェ、あやかっ。仁君に告った?」                             あやか「ムリだよ〜。ところで、みきは安田君とうまくいってんの?」                     みき 「うん、まぁね///」                                           あやか「もしかして、今日デート?」                                       

みきは顔を真っ赤にさせる。 

みき 「うんww」                                                  あやか「だから、みき・・・・そんなにご機嫌なんだぁ?♪」                            みき 「あっ!見てみて、あやかっ!仁君だよっ!」                                                                                          

みきが言ったと同時に仁が来た。

                                         
仁「なぁ、あやか今日飲みに行かないか?話しがあるんだ。」                                                                                       

ぇ・・・・。もしかして・・・・・告白される!?・・・・・・なわけないか・・・・・。                    
「うん、いいよw」                                                              


放課後・・・・・・。



仁   「おっ!!あやかが時間守るの珍しいなぁ。」
あやか「うるさいなーーー!仁だっていっつも遅れてくるじゃんかぁ〜。」
仁   「俺は、いーの。」
あやか「はっっ・・・・!?何それーーー?」


って話てるうちに、どんどん無言になっていった。


     幼なじみB 

2006年07月28日(金) 12時24分
どうしよう・・・・・・。告白・・・・・・しちゃおっかな・・・。                                                           

「あのさっっ!!!」

あやか「・・・・・。仁から先に言っていいよ。」
   仁「実はさ・・・・4年にさとみさんっているだろ?俺、その人のことが好きなんだ。」

そっか・・・・。仁にも好きな人ぐらい、いるよね・・・。幼なじみの立場じゃ無理か・・・。

私は必死に涙をこらえた。

「っ・・・・・・。アハハっ・・・・。そっかーーー!がんばれー。仁ならきっとうまくいくよー!」
「おうっ!」


私・・・なんでこんなこと言っちゃってんの・・・。バカだな・・・私・・・・。




   仁「うーん・・・・・。」
あやか「まったくもー。仁ったら酔いつぶれちゃって。」

そして、私は仁の肩を持って、ベットに寝かせた。
「よっこらしょっと。」
「うーーーん・・・・。ごめん〜。あやか〜。飲みすぎた〜・・・・zzz。」
「まったくもー。運ぶの大変だったんだからね〜・・・。」

まださっきから、胸がズキズキしてる・・・。なんで、私、告白しなかったんだろ・・。

すっごい重かっ・・・・。」

仁は私の顔へ近づいて来る。まさかっ!?キス!!!???
                つづく

    幼なじみC 

2006年08月17日(木) 14時31分
  仁「あっ・・・・ゴミが付いてる・・・・。


なんだ・・・・・ゴミか・・・・;;;

あやか「・・・・・・・。ラジオ聞いていい?」
  仁「ああ、いーよ・・・・・」

仁はもう酔いが覚めたようだった。私は、ラジオを付けた。


『夜のGood night song♪!!
リクエストは、○○さんの「ムラサキ」です。

あやか「わぁ!これ私の好きな曲だーーーー!」




どうしよう・・・・。仁に告白・・・しちゃおうかな・・・・。
言っちゃェェェ・・・!


「ぁ・・・あのさっ!仁!!さっきの続きなんだけどっ!私ね、仁のコトが好きなんだ!」

キャーーーー(((( *≧∇)ノノ言っちゃった////言った!言ったぞぉ!!!!!

って・・・・・アレ・・・・?




グゥ・・・・・ZZZZZZZZZ


仁はすごい、いびきをかいて寝てた;;

                  つづく







2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akanishi-0704
読者になる
Yapme!一覧
読者になる