☆あの日から18年☆

December 03 [Mon], 2018, 0:32







皆様、こんばんは




の経つのは本当に早いもので、も終わり、いよいよ一昨日からはに入り、今年も残すところ後となりましたね




は、本当にあっという間に過ぎてしまったように思いますが、といえば、私にとっては、悲しみであり、また喜びでもあって




悲しみでいえば、私事ではありますが、は、命日であり、早いものでが亡くなってを迎えました




ひとえに長くもあり、またあっという間のだったような気がします




毎年こうして命日を迎える度に、がもうこの世には居ないという現実を感じると寂しくもありますが、と一緒に過ごした々のほとんどが、病院での闘病生活ではありましたが、懐かしい々を思いだしながら、の事を偲んでいます




今年は偶然にも、の事を凄く感じられる場所で、旦那様と過ごす事が出来ました










その場所に向かう車中の中から空を見上げると、このような不思議な雲をにする事が出来て、それがこちら









の羽のようにも見えますが、私には天使の羽のようにも見えたりで









の事を感じられる場所に向かって行く方向の空に現れ、まるで歓迎してくれているかのようにも思えて、この不思議な雲を見て、なんだかとても温かな気持ちになりました




実はこの旦那様の方から、紅葉の季節になってきたし天気がいいから、どこかに紅葉でも見に行こうかぁって言ってくれて




いつもならば、私の行きたい場所に連れて行ってくれるのですが、珍しく今回は、旦那様が行き先の方も決めてくれました




紅葉場所というと、大阪からの近場では、京都や奈良などにも、たくさんの紅葉場所がありますが、旦那様がこの選んでくれた紅葉場所というのが、こちらの









万博記念公園に行って来ました




こちらの公園内にある展望タワーに上ると、懐かしくに飛び込んでくる風景があり、それがこちら







画像の右端にある大きな建物が、が闘病生活を送り、人生の大半をここで過ごし、最期のを迎えた病院です




が亡くなってからは、やはり病院を見るのも辛く、あまりこちら方面には来る事も無く、むしろ避けていたかもしれませんが




タワーの上から、しばらく病院を眺めながら、旦那様の事を思いだしながら、しばらくの時間、病院で過ごしたの事など語り合いました









きっと私達が語り合っている間、側でニコニコしながら私達を見ていたかもしれませんね









の流れっていうのは、本当に不思議なもので、が亡くなってからが経ちましたが、やっと悲しく辛かった思い出しかなかった病院での事を、いろいろと思いだしながら語り合えるようになりました




辛かった思い出を、心の中に封印しておくのではなく、にはこうして懐かしく思いだしながらも語り合ってあげる事が、への供養にも繋がるかもしれませんね




短い生涯でも、が一生懸命に生きたという証しでもあるので、これからも命日を迎える度に、いろいろとと過ごしたでの事を思いだす事でしょう




病院を眺めながらの事を語り合った後には、こちらの公園内を散策しました


































もみじが色付いて、紅葉が凄く美しく綺麗でした















公園内のもみじで、滝のせせらぎを聴きながら、作って持って行ったおにぎりを食べ、紅葉を楽しみました




おにぎりをお弁当箱では無く、このもみじ狩りという事で、竹皮に包んでみました




美しい紅葉を見ながら食べるおにぎりは、格別に美味しかったです




そしてもみじ狩りを楽しんだ後には、旦那様が事前に調べておいてくれた、同じ公園内にある森の足湯の方で、暫しの時間、足湯を楽しみました














歩き疲れたには、本当に足湯最高ですね








とてもリラックス出来て、疲れが吹き飛んじゃいました









足湯のお庭には、こんな可愛いらしい木彫り人形

















公園内にはもみじの他に、カエデイチョウなども黄色く色付いており、凄く綺麗でした




そして何を思ったか旦那様が急に、ボートに乗ろうって言い出し、公園内にある池ででボートに乗りました









ちなみに私達が乗ったボートは、こちら









クジラ型スワン型ジェット型テント型カップ型とある中で、旦那様がボートを選び、カップ型に乗る事になりました




旦那様ピンク色カップ型のボートを選ぶとは思っていなかっただけに、びっくりしてしまいましたが









ボートに乗る事も、事前に旦那様が考えてくれていた私へのサプライズだったみたいで、とても嬉かったです


















公園内には、もみじカエデなどの他にも、綺麗で可愛らしいお花もたくさん咲いていて、紅葉同様にお花にも凄く癒されました











万博記念公園の帰りには、の入院していた病院の前を通り、車の中からが闘病生活を送っていた病室を見たりしながら、家路につきました






愛おしい




、天国からいつも見守ってくれて、ありがとう




が天国に旅立ってから、早いものでが経ちました




私達家族にとって、かけがえのない家族であるを喪った大きさは、言葉では言えないほどに大きく、計り知れないものがありますが




の居ない悲しみや寂しさを乗り越え、の分も頑張って生きていこうと心に決めて、家族皆で支え合いながら、仲良く過ごしているので安心して下さい




、短い生涯ではあったけれど、産まれてきてくれてありがとう




私達家族を、の家族にしてくれてありがとう









の大好きなお姉ちゃん子供であり、にとっては甥っ子君でもあるも、こんなにも大きくなりましたよ









天国から、の成長や幸せを見守ってあげてね




には、孫ちゃんの名前が入ります











この頃、孫ちゃんが実家に来ると、真っ先にに会いに、お仏壇のある部屋に行き




お仏壇の鐘を鳴らしては、の遺影に向かって、もみじのような小さな手を合わせて頭を下げたりするようにもなり、その可愛らしい仕草をにすると、なんだかとても微笑ましくも思えて




また帰る際にもの遺影に向かって、ばいばいする仕草は本当に可愛いもので、もきっと天国から、笑顔孫ちゃんを見つめている事でしょう




最後までお読み下さり、ありがとうございました




茜ちゃんラブリーより
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:茜ちゃんラブリー
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:6月16日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
2018年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像茜ちゃんラブリー
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月11日)
アイコン画像茜ちゃんラブリー
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月11日)
アイコン画像non-no
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月10日)
アイコン画像茜ちゃんラブリー
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月09日)
アイコン画像茜ちゃんラブリー
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月08日)
アイコン画像めいみ
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月08日)
アイコン画像茜ちゃんラブリー
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月07日)
アイコン画像ゆっこ&ゆっこママ
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月06日)
アイコン画像うーちゃん
» ☆あの日から18年☆ (2018年12月04日)
アイコン画像茜ちゃんラブリー
» ☆アンパンマンづくし☆ (2018年12月04日)
ヤプミー!一覧
読者になる