山田あかねの一喜一憂日記

2004年10月10日
(記事数:1)

片思い、始まる

2004年10月10日(日) 01:12
まずい、とてもまずいことになっている。

常夏のハワイから戻ってみると、東京は雨ばかりだし、知人は亡くなるし、低気圧に押しつぶされて、さえない気分ですごしていたのである。このまま朽ち果てていくのかしら、それもいいか、と。

ところが。物事というのは突然、変容を遂げるものだ。
もともと、惚れっぽく、すぐ、ひとを好きになる。ちょっと優しくされると、ああこの人は私のことが好きなのね、と思い込む、まことにおめでたい性格ではあった。が、しかし、それも昔のこと。
ここ数年は、(いえ、ここ1年はでした)、文学に操をたてることにして、節制していたのである。

 80年代、かの浅田彰先生は、「逃走論」のなかで、以下のようなことをおっしゃっていた。
〜これからの時代は、マルチな人格が流行る。(スキゾって呼んでたかな)、一兎を追う者は二兎を得ず、というけれど、五兎でも六兎でも追って、みんなまとめてつかまえればいいのである〜と。
(註*記憶に従って書いたものであり、このような意図であったと思うけど原文ではない)
 いわく、それまでの日本人的思考では次の時代を生き残れない、みたいなことを提唱され、拍手をもって迎えられたのである。
 それから時は過ぎて、私は知るのである。
やはり二兎を追っていては一兎も獲れないことを。五兎も六兎もまとめて獲れるひとを、この世では天才と呼ぶのだ。

 それでなんの話かというと、私のような凡人は、残り少ない人生、やりたいことをひとつひとつ仕上げていくしかないと決意したのだった。だから、この1年はとにかく、本を出すことに集中し、他はもう、全部おあずけ状態にしていた。そして、本は出ました。
そのせいでしょうか、望んだものが手に入ると、入った途端に次のものが欲しくなるのですね。そんなわけで、最近は空虚な日々が続いていたのでした。ほしいものがほしいと。

そして、ある雨の日、それは私の前に差し出されたのでした?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山田 あかね
読者になる
作家・TVディレクター・映画監督
趣味・犬・海
2004年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31