どっちから見澄ましても茶色い岩石やね!

January 23 [Wed], 2013, 21:12
先週友達よりゆうパックで丹波名産の立派な山の芋が着きました。
友達はちょっと前に愛しんでいた犬を病気で亡くしたので、命日にと百合の花束を私の気持ちとして送りました。
学生時代からの友達は命日を覚えていた事に凄く感激してくれ地元名産の山の芋を感謝の気持ちを込めて配送してくれました。
届いた箱を開けると「何も無いよ?」山の芋が行方知れずです!箱キチキチにオガクズが入れてあり其れを掘ると奥から山の芋が現れました。
「エッ?これって岩?」って思えるほど硬い皮で覆われた山の芋。


おろす事しか考えられない私(汗)途方に暮れているとオガクズの下から何やら光るOPP封筒が!!それを引き出してみると中に山の芋の説明書が入っていて様々なジャンルのお料理が載っており速攻、開封しましたよ!山の芋は、どんな調理法でも全てウマし!どの写真を見てもウマそうなんです♪其れが私のヤル気に引火し山の芋料理にのめり込んだ引き金となりました。
ネットで調べたり料理好きの友人に聞いたり山の芋料理のジャンルの多さにびっくりでした!今の時期は自家製ホワイトソースにおろした山の芋をいっぱい混ぜて鉄板で焼くと優しいお味で滅茶苦茶美味です!後平凡ですが、蓮根を刻んで入れ天ぷらにしてもイケますよ。
20種以上のレパートリーが増え、其れを友達に自慢する満足感を得ました。
行き着く所はシンプルな材料ほどいっぱいアレンジ出来て個性が出せ刺激的ですね!で、挙句分かった事は一番求められるメニューは素朴な煮物料理とか。


カナシイ!でも友達からのお届け物のお蔭で私の道楽?が一つ増え有り難い気持ちでいっぱいです。
後少し残っているので、今日の夕飯の献立は一番人気の陶板焼きに決定!
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/akabanaruri/index1_0.rdf