青木琴美「カノ嘘」映画化、リコ役オーディション開催
2012.02.24 [Fri] 00:14


YAHOOニュースあなどれません!


青木琴美「カノ嘘」映画化、リコ役オーディション開催
ニュースでやってましたよね?


このあとのニュースに注目しましょう!




青木琴美「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の映画化が、本日2月24日発売のCheese!4月号(小学館)にて発表された。「カノジョは嘘を愛しすぎてる」はサウンドクリエイター小笠原秋と、ロックが好きな少女・小枝理子の出会いから始まる音楽マンガ。原作単行本は8巻まで発売されている。

【大きな画像をもっと見る】

ヒロインの小枝理子を演じる役者はオーディションで決定される。オーディションの申込み方法や、映画の監督、音楽プロデューサーは、3月24日に発売されるCheese!5月号にて発表予定。

またコンピCD「カノジョは嘘を愛しすぎてるMIX TAPE VOL.1」の発売を記念して、タワーレコード渋谷店では2月27日まで「カノ嘘×MUSICA」展を開催中。青木の創作ノートなど「カノ嘘」ファン必見のレアアイテムが展示されている。

2月26日には青木と音楽誌MUSICA編集長の有泉智子が、タワーレコード渋谷店にてトークショーとサイン会を開催。整理券は、コンピと「カノ嘘」8巻をタワレコ渋谷店で同時購入した先着150名に配布される。詳細は店頭にて確認してほしい。



(この記事はコミックナタリーから引用させて頂きました)



教師の不祥事
 

美女4 人の“春の笑顔”満開! 『TSUBAKI』CM最新作が登場
2012.02.23 [Thu] 05:35


ちょっと聞いてください


美女4 人の“春の笑顔”満開! 『TSUBAKI』CM最新作が登場
テレビでも話題です



この後が気になります



 モデルの蛯原友里、女優の杏、水原希子、AKB48の小嶋陽菜が、資生堂『TSUBAKI』の「You’re Beautiful!」CMシリーズ第2弾に登場する。彼女たちの幸せいっぱいの笑顔と髪の艶やかさが躍動感たっぷりに映し出されており、春らしさが伝わってくる作品に仕上がっている。

【フォトギャラリー】蛯原ら4人のキービジュアルとメイキングカットを全30枚

 リラックスして楽しみながら撮影に臨んだ4人の、春の到来を思わせる白い衣装が印象的な新CMは「春・HAPPY GRAMOURAS!」をテーマに展開。ひとりひとりの個性が光る内容となっており、それぞれが爽やかな風を感じながら見せる、自然な“ハッピーフェイス”が見どころだ。

 ヘアケアブランド『TSUBAKI』の新CM「ハッピーグラマラス」篇は、蛯原、杏、水原、小嶋がそれぞれソロで登場する全4篇(各15秒)と、蛯原&杏、水原&小嶋の組み合わせによる全2篇(各30秒)。24日より放送開始。



(この記事はオリコンから引用させて頂きました)



調べてみぃ
 

<しばいぬ子さん>テレビアニメ化決定 放送時間2分の超短編
2012.02.22 [Wed] 12:10


みなさんご存知ですか?


<しばいぬ子さん>テレビアニメ化決定 放送時間2分の超短編
googleでもすごい話題でしたよね?



興味深いですね?



 見た目は柴犬だが中身は普通の中学2年生・しばいぬ子の日常を描いた4コママンガ「しばいぬ子さん」がテレビアニメ化され、4月1日からTOKYO MXで放送されることが19日発売の「まんがくらぶオリジナル」4月号(竹書房)で発表された。アニメは毎週日曜午後10時27分〜同29分に2分枠で放送される。

【写真特集】「まんがくらぶオリジナル」連載中の「リコーダーとランドセル」もアニメ化

 原作は「炊飯器少女コメコ」などのうずさんが手がける4コママンガで、10年10月に「まんがくらぶオリジナル」で連載がスタート。しばいぬ子と同級生の茶子らの何気ない日常を描く。

 テレビアニメの詳細は、3月19日発売の「まんがくらぶオリジナル」5月号で発表される。(毎日新聞デジタル)



(この記事はまんたんウェブから引用させて頂きました)



真辺の日記
 

AIR JAMの熱狂を再び。ハイスタ、ライブDVDをリリース
2012.02.21 [Tue] 17:25


知りませんでした!

AIR JAMの熱狂を再び。ハイスタ、ライブDVDをリリース
について今調べてるんですが



口コミ情報はこちら↓




昨年11年ぶりに活動再開したHi-STANDARDのライブDVD『Hi-STANDARD LIVE at AIR JAM 2011』が2月22日(水)にリリースされる。同じく11年ぶりの復活開催となったHi-STANDARDが主催する伝説的パンク・ロックフェス「AIR JAM 2011」でのHi-STANDARDのライブをDVD化したもので、『STAY GOLD』をはじめ全11曲を完全収録する。

【画像】Hi-STANDARD

AIR JAM 2011は9月18日横浜スタジアムで開催。東日本大震災直後、日本を元気づけたいという、Hi-STANDARDの難波章浩、横山健、恒岡章の3人の思いがひとつとなって実現したもの。その熱狂的なステージは昨年大きな反響を呼んだ。今年はバンド再始動当時からの念願だった東北で秋の開催が決定しており、近く詳細が発表される予定だ。

■DVD『Hi-STANDARD LIVE at AIR JAM 2011』
1 STAY GOLD
2 MY HEART FEELS SO FREE
3 SUMMER OF LOVE
4 CLOSE TO ME
5 DEAR MY FRIEND
6 WAIT FOR THE SUN
7 TEENAGERS ARE ALL ASSHOLES
8 FIGHTING FISTS,ANGRY SOUL
9 CAN'T HELP FALLING IN LOVE
10 STARRY NIGHT
11 BRAND NEW SUNSET



(この記事は@ぴあから引用させて頂きました)



ウコンの力
 

ねごと、学生限定対バンツアー出演者発表 期待を裏切らないラインアップ
2012.02.20 [Mon] 23:17


ライブドアニュースで知りました


ねごと、学生限定対バンツアー出演者発表 期待を裏切らないラインアップ
ネットでも話題ですよね?



興味深いですね?



 4ピースガールズバンド「ねごと」が、セカンドシングル「sharp ♯」の4月4日発売に合わせて開催が決定している学生限定対バンツアー「お口ポカーン?!学生限定ツアー 〜end of studenTOUR〜」の出演者がこのほど、発表された。


 今回、アナウンスされたのは活動休止中のELLEGARDENのベーシスト高田雄一が所属するMEANINGをはじめ、FOR GET ME A NOTS(八王子)、N’夙川BOYS(神戸)、HOT SQUALL(札幌)の4アーティスト。

 これまでも自主公演の対バンにはメンバー自らが気になるバンドを招いてきただけあり、一癖も二癖もある対バンになることが多かったが、今回も期待を裏切らないラインアップとなりそうだ。

 さらにこのツアーをマキシマムザホルモンを筆頭に数々のバンドTシャツなども手掛けている国内ブランドROLLING CRADLEがサポート。ねごと×ロリクレのGOODSにも注目があつまりそうだ。なお、この学生限定ツアーは2月18日からチケット一般発売されている。(編集担当:武田雄樹)


(この記事はサーチナから引用させて頂きました)



お口のお悩みスッキリ解決
 

里見浩太朗、斎藤道三役に「黄門さまのイメージ払拭できる」
2012.02.20 [Mon] 05:59


見てビックリ!


里見浩太朗、斎藤道三役に「黄門さまのイメージ払拭できる」
googleでもすごい話題でしたよね?



このあとのニュースに注目しましょう!




 俳優の里見浩太朗が、観月ありさ主演のドラマスペシャル『濃姫』(3月17日放送 後9:00〜11:21 テレビ朝日系)で、濃姫の父・斎藤道三役を演じることが19日、明らかになった。里見といえば、昨年末、42年の歴史に幕を下ろした『水戸黄門』(TBS系)で、2002年から10年にわたり5代目・水戸光圀役を務めていた。今回はそれ以来の時代劇ということで「これで黄門様のイメージが払拭できる」と気合い十分。「役者として、まったく正反対な役柄を演じさせていただくのは、この上なく嬉しく、楽しいことです」と話している。

観月ありさの“濃姫”姿

 道三は、一介の油売りから一国一城の主へと立身出世を果たし、“美濃のマムシ”の異名を持つ戦国武将であり、道三の存在自体が下克上の代名詞とまでいわれている。いずれ信長を討って尾張を手に入れるつもりで、娘の濃姫を政略結婚させた張本人だ。

 同ドラマは、厳しい戦国時代の中、濃姫を中心に、信長、道三という3人の普遍的ともいえる関係を描いた人間ドラマ。そんな濃姫の人物像、信長との夫婦像を新たな視点から描きだすと共に、戦国という明日の我が身の運命すらわからぬ乱世をたくましく駆け抜けた男女の生き様を綴っていく。

 里見は、約1週間の撮影を振り返り、「道三は年齢的にも黄門様より30歳ほど若返りますし、荒々しい時代劇は最近なかったので、すごく魅力を感じました」。急流の中、馬に乗って槍を振り回す闘いのシーンにも挑み、「55年間の芸能生活で、その80%が時代劇」というキャリアを持つ里見だからこそ、こなすことができた、大きな見せ場もある。「久しぶりに違う時代劇をやった!」という達成感と、温厚な黄門様とはまったく正反対の、豪傑“マムシの道三”に自信をのぞかせている。



(この記事はオリコンから引用させて頂きました)



スポーツブランド
 

ナカコー「自分にとっては刺激的な制作」エウレカセブン劇伴手掛ける
2012.02.19 [Sun] 11:55


上司から聞いたんですが


ナカコー「自分にとっては刺激的な制作」エウレカセブン劇伴手掛ける
ネットでも話題ですよね?



興味深いですね?


 2005年に放送されたアニメ「交響詩篇エウレカセブン」(MBS・TBS系)の続編となる「エウレカセブンAO」(4月スタート)の製作発表会が16日に行われ、劇伴をナカコーこと、Nakamura Koji(ex.スーパーカー、現iLL、LAMA)が担当することが発表された。

 「エウレカセブンAO」は2005年より放送された「交響詩篇エウレカセブン」の続編。2025年の沖縄に暮らす新主人公、少年アオの新たな物語が始まる。前作では、魅力的な世界観と斬新なロボット・アクション、そしてストレートなボーイ・ミーツ・ガールを描き、多くのファンを魅了して、ヒット作となった。そのムーブメントはアニメーションだけに留まらず、さまざまなメディアへと越境。2009年には劇場版「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」が公開されヒットを記録していた。

 前作までの注目すべき点は劇中に使用されていた楽曲のラインアップ。電気グルーヴ、石野卓球、RYUKYUDISKO、田中フミヤと言う、音楽ユーザーを唸らせるミュージシャンの楽曲が使用され、こちらもオンエアを重ねる度に大きな盛り上がりを見せていた。

 ナカコー自身としては、「交響詩篇エウレカセブン」にスーパーカー「STORYWRITER」を挿入歌として、劇場版「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」にiLL「Space Rock」を主題歌として提供していた。

 ナカコーが劇伴に着手したのは、昨年の12月中旬。半月で70曲以上のDEMOトラックを制作。前作から引き続き担当する京田知己監督から「今回はロックな感じ」とテーマを伝えられ、幾度となくコミュニケーションを重ね、現在も強力なサポートミュージシャンやエンジニアを迎え絶賛レコーディングを続けている。

 今回の件についてナカコーは「今回のエウレカセブンAOで劇伴を担当しました。劇伴はほぼ初挑戦です。学ぶことも多く、自分にとっては刺激的な制作でした。京田監督からは『今回はロックな感じ』というお話でした。そのイメージをふくらませつつ、幅の広いものが出来ていると感じます。とても楽しみです」とコメント。

 京田知己監督は「リアリティのある音が欲しかった。結果的にアクチュアルにならざるをえない状況の中で何かを物語るには、それを支えてくれるだけのリアリティが必要で、そう思っていた中でナカコーさんに音楽を頼めることになったのは非常にラッキーだったし嬉しかった。実際に仕上がりつつある楽曲はどれも非常に興味深くて、特にナカコーさんの音楽のキャパシティーの広さに関しては特筆すべきことだと思う。サウンドトラックでありながら、しかし確実に他にはない音がここにはある。ホント、面白いし、凄い。この音楽がつく映像は、たぶん確実に幸せだ」と話している。(編集担当:武田雄樹)


(この記事はサーチナから引用させて頂きました)



天空の神「ゼウス」
 

<注目映画紹介>「TIME/タイム」 金と時間どちらが大事か SFで人道的モラルを探求
2012.02.18 [Sat] 17:49


テレビでやってましたが


<注目映画紹介>「TIME/タイム」 金と時間どちらが大事か SFで人道的モラルを探求
大変なことになってます



超気になります



 デビュー作「ガタカ」(97年)で“遺伝子操作による命の選別”に問題提起を図ったアンドリュー・ニコル監督が、人間の成長が25年でストップするという近未来を舞台に、命の価値について問う問題作「TIME/タイム」が17日、公開された。主演は「ソーシャル・ネットワーク」(10年)や「ステイ・フレンズ」(11年)の好演が記憶に新しいジャスティン・ティンバーレイクさんだ。

【写真特集】「TIME/タイム」のその他の場面カット

 科学技術の進歩により老化を克服した近未来。人間は25歳になった瞬間に成長が止まり、それ以上生きるためには、労働によって時間を稼ぐしかなかった。ティンバーレイクさん演じる主人公ウィルは、自分たち貧しい者が暮らす「スラムゾーン」の人間と、永遠の命を与えられた「富裕ゾーン」の住人たちの間にある不公平なシステムに疑問を抱く。彼はその謎を解くために、富裕ゾーンに入り込むのだが…。

 ウィルと行動を共にすることになる大富豪の娘を演じるのは「マンマ・ミーア!」(08年)や「赤ずきん」(11年)のアマンダ・セイフライドさん。その父親役にテレビシリーズ「MAD MENマッドメン」のビンセント・カーシーザーさん。何かとウィルの邪魔をするギャングのボスに、「アイ・アム・ナンバー4」(11年)のアレックス・ペティファーさん。さらに、ウィルに行動を起こすきっかけを与える富裕ゾーンの男に、テレビシリーズ「ホワイトカラー“知的”犯罪ファイル」のマット・ボマーさんがふんするなど、いま話題の俳優たちが顔をそろえる。

 25歳で成長が止まるという設定にはいささか無理がある。「トロン:レガシー」(10年)などのオリビア・ワイルドさんがウィルの母親というのにも最初は戸惑った。それは映画の外見上のこと。内面的には金と時間、どちらが大事か、若さにしがみつくことにどれほどの価値があるかといった、誰もがハッとさせられる問題に触れている。SFで人道的モラルを探求させるところが、ニコル監督らしい。ただ、ハリウッド的アクション映画の色が濃く、「ガタカ」のときのような“無機質な静けさ”が感じられなかったのは残念。17日からTOHOシネマズ日劇(東京都千代田区)ほか全国で公開。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)



(この記事はまんたんウェブから引用させて頂きました)



小学校入学
 

<マーティン・スコセッシ監督>学生たちに“特別授業” 「情熱を持ち続けて」と熱いメッセージ
2012.02.17 [Fri] 23:26


まじかよ!?


<マーティン・スコセッシ監督>学生たちに“特別授業” 「情熱を持ち続けて」と熱いメッセージ
テレビでも話題です



気になったんで調べて見ました↓



 来日中のマーティン・スコセッシ監督が17日、自身初の3D映画となる最新作「ヒューゴの不思議な発明」の公開を記念し、映像業界を目指す大学生や専門学校生ら150人を前に特別講座「スコセッシ監督の一夜限りの白熱教室」を東京都内の劇場で行った。スコセッシ監督は、「みなさんには何か新しいことができる機会が与えられています。私たちは何か新しいことをしました。今度はみなさんで映画を再発明してほしい」と呼びかけ、「私に言えるのは、自己表現の方法を見つけるのがどんなに困難であっても、映画への情熱と決意を持ち続けること。『それしかない』というくらい、クレイジーなまでにやらなければならい。それくらいの決意が必要だ」と学生たちへ熱いメッセージを送った。

 「ヒューゴの不思議な発明」は、ブライアン・セルズニックさんのベストセラー小説が原作。1930年代のパリを舞台に、駅の時計台に隠れ住む独りぼっちの少年・ヒューゴの冒険を“映画の父”として知られるジョルジュ・メリエスの半生を軸に3Dで描くスコセッシ監督のあふれるほどの“映画愛”と“映画へのオマージュ”が詰め込まれたファンタジー作品。エイサ・バターフィールドさん、クロエ・グレース・モレッツさん、ジュード・ロウさんらが出演する。製作はジョニー・デップさんが担当。第84回アカデミー賞では作品賞、監督賞など11部門にノミネートされている。

 会場には、あこがれの巨匠と対面できるとあって、手作りの横断幕を掲げる学生らの姿も。盛大な拍手で迎えられたスコセッシ監督は、「サンキュー、サンキュー、ありがとう」と何度も礼を述べ、今作の感想を述べた学生から、「(劇中に登場する)人形がオスカー像に見えたので、(アカデミー賞受賞は)いけると思います」と太鼓判を押されると、「ハッハッ八ッ」と笑うなど終始にこやかで、映画を撮った経験があるかどうか、学生らに問いかける場面もあった。

 作品のテーマ選びについての質問には、「数年で理解されなくなるようなものには興味がない。振り返ってみると、物語に関しては人間として基本的な要素、信頼と裏切り、罪と責任といったことを考えてきたように思う。(自身の作品が)今でも将来でも普遍的であってほしいと思っているよ」と回答。「想像力の源は?」との質問には、「想像力は自分の中にあるもの。映画を作るときには、子供のころのイマジネーションに戻るんだ。そういった意味でも、今回の作品は特別になったね」と話し、「必ずまるで子供が遊んでいるように、子供のころに自分が頭の中でどういったことを考えていたかというところに戻って、興奮して、また、文句を言いながら映画を作っているんだ」とユーモアを交えながら丁寧に答えていた。

 「ヒューゴの不思議な発明」は、3月1日から公開。(毎日新聞デジタル)


(この記事はまんたんウェブから引用させて頂きました)



⇒ お悩み解決ネット
 

<前田敦子>日本アカデミー賞話題賞受賞「感謝の気持ちでいっぱい」  作品部門は「モテキ」
2012.02.17 [Fri] 05:39


これ知ってます?


<前田敦子>日本アカデミー賞話題賞受賞「感謝の気持ちでいっぱい」  作品部門は「モテキ」
大変なことになってます



関連するサイトです↓



 アイドルグループ「AKB48」の前田敦子さんが、第35回日本アカデミー賞の話題賞(俳優部門)を受賞したことが16日深夜1時放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」で発表された。映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で初主演を務めた前田さんは、一般投票で決まる同賞の受賞に「とても驚きました。投票してくださった多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます」と喜んでいる。

【写真特集】話題賞の作品部門に選ばれたのは森山未來さん主演の映画「モテキ」

 日本アカデミー賞の第3回から設けられている話題賞は、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」を通して一般リスナーの投票で選ばれる。昨年は俳優部門で「てぃだかんかん」の主演を務めたお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん、作品部門は「SP 野望篇」が受賞した。授賞式でプレゼンターを務める岡村さんは、前田さんに「センターですよね、あの神7の! ちょうど『もしドラ』のプロモーションでお会いしたんですが、授賞式でお会いできるのを楽しみにしています」と祝福のコメントを寄せている。

 話題賞の作品部門は、森山未來さん主演の映画「モテキ」が選ばれた。大根仁監督は「日本アカデミー賞で唯一お客さんが選出するこの賞をいただけて本当に光栄です。僕にとって、いや『モテキ』にとって最優秀作品以上の栄誉です。ピース!!」と大喜び、ヒロイン役の長澤まさみさんも「ただただ、本当にうれしいです!!ありがとうございました」とコメントしている。第35回日本アカデミー賞は日本テレビ系で3月2日午後9時に放送。ニッポン放送では、話題賞受賞者のスペシャルインタビューも交え、同日午後10時から「オールナイトニッポンGOLD 第35回日本アカデミー賞スペシャル」として放送する。(毎日新聞デジタル)



(この記事はまんたんウェブから引用させて頂きました)



スマイルプリキュア!スタート