偉大なる経済人 藤田晋

2004年12月31日(金) 11時53分
「お金」の教科書 Money school hours

現在の日本は、資本主義であり経済社会であります。誰もが使用する「お金」は、教育の現場で最大限に正しく教えるべき教科であります。「お金」の教科書は、「お金」の授業の時間であります。Money school hours


はじめに
 「お金」の勉強を購読頂き、真に有難うございます。来年度より一ヶ月単位のテーマで、「お金」の本質を細分化して、意味を奥深く掘り下げて、分かり易く解説させて頂きます。
 平成16年度は、展開の途中からご覧になられた購読者の為に、「お金」の勉強を、「お金」の教科書と題名して、再編集し濃縮還元にてご提供させて頂きます。


プロローグ
 お金と歴史
 
 「お金」」は、歴史的に、過去に前向きに思考されずに現在に至ります。特に「お金」の最大の特徴である金利は否定されてきました。「お金」と金利の秘密を解き明かし、「お金」の是非の歴史的な解明が、「お金」の勉強であり、「お金」の教科書であります。








偉大なる経済人 藤田晋 続

2004年12月31日(金) 11時53分
お金と幸福 
 偉大なる経済人 藤田晋


 サイバーエージェントのアメーバブログで、日々沢山のブログを拝見させて頂いております。傾向として、ダイエットブログ、株式投資情報など、自身の目標達成記録が目に留まります。

 日々の積み重ねで、自身を形成する為に、努力を重ねている事でありましょう。

 成功は、目標の達成であります。方程式として、目標に対しての「逆算」の計画を日々確認して、目標に向かう事であります。

 成功への目標の達成は、「忍耐」が機能します。「忍耐」により計画を実行して、変換する事であります。

 人は、「忍耐」で決定されます。人格は「忍耐」で形成されます。

 現在以上に「幸福」に成りたいのなら、睡眠時間を削ってでも、時間を生み出して、「勉強」と「労働」で、「知識」と「技術」を自身に齎す事であります。

 サイバーエージェント、アメーバブログの藤田晋社長は、創業期に「週110時間労働」の目標を計画し、平日18時間労働、土日12時間労働を実行して、仕事に集中しました。

 民のそれぞれに、希望や目標が存在する事でありましょう。自身で自由に目標を選択して、「忍耐」で変換して「幸福」に成る事が可能であります。

 経済社会では、民を「幸福」にする事で、自身が「幸福」に成りえます。民の為に成る「商材」は、民に購買して頂ける事でありましょう。

 「大富豪の方程式」は、自身の「幸福」は、民を「幸福」にして達成される事であります。

 
あとがき
 お金と未来 


 「お金」は「道具」であります。インターネットの登場で、「道具」としての「お金」の成長は加速されます。

 「お金」の未来は、民の為に進化します。

 経済を進化させて、民の為の経済に進化させる事であります。


「お金」の教科書 Money school hours

目次

プロローグ
 お金と歴史


お金の解明
 お金と疑問

お金の定義
 お金の是非
 お金は道具
 お金は鏡
 
お金の特徴 
 お金と金利
 お金の発生原理
 お金は知識と技術
 
お金と民
 お金と経済体制
 お金は人類幸福への道具
 お金の価値と自身の価値
 
お金と幸福 
 お金とインターネット
 成長が生存を可能にする
 偉大なる経済人 藤田晋

あとがき
 お金と未来 

成長が生存を可能にする

2004年12月30日(木) 23時45分
「お金」の教科書 Money school hours

現在の日本は、資本主義であり経済社会であります。誰もが使用する「お金」は、教育の現場で最大限に正しく教えるべき教科であります。「お金」の教科書は、「お金」の授業の時間であります。Money school hours


お金と幸福 
 成長が生存を可能にする


 日本経済発展の要因は、「改善」であります。「カイゼン」は現在、世界各国で、「カイゼン」として、諸外国において、そのまま通じます。

 「改善」とは、結論として、製品の進化であります。日本経済は、成長を継続ししている事でありましょう。

 日本経済発展の理由は、日本の民が、前向きな「精神」だからであります。

 日本の民は、「繊細」であり、現在の経済の源であるである、工業製品を中心とした資本主義以前から、製品製作に優れておりました。

 本来の、「繊細」な製品を生み出す民が、工業製品が中心の、資本主義経済の一員に成る事で、日本国の経済は発展した事であります。

 現在の、日本国の製品は、世界最高の品質クオリティーでありましょう。

 日本の民の繊細さは、日本国の、民の精神から生み出されることであります。

 すべての、物事や事柄は、人の心から生み出される事であります。雑念に捕らわれる事無なく、前進する事であります。

 経済的安定とは、成長の継続であります。民の為に日々進化する、経済社会に対応する事で、安定的成長を可能にする事であります。

 民の為に「製品」を進化させて提供し、民を「幸福」にして、自身も「幸福」に成れる事でありましょう。


 「お金」の教科書 Money school hours

目次

プロローグ
 お金と歴史


お金の解明
 お金と疑問

お金の定義
 お金の是非
 お金は道具
 お金は鏡
 
お金の特徴 
 お金と金利
 お金の発生原理
 お金は知識と技術
 
お金と民
 お金と経済体制
 お金は人類幸福への道具
 お金の価値と自身の価値
 
お金と幸福 
 お金とインターネット
 成長が生存を可能にする
 偉大なる経済人 藤田晋

あとがき
 お金と未来 


お金とインターネット

2004年12月29日(水) 23時52分
「お金」の教科書 Money school hours

現在の日本は、資本主義であり経済社会であります。誰もが使用する「お金」は、教育の現場で最大限に正しく教えるべき教科であります。「お金」の教科書は、「お金」の授業の時間であります。Money school hours


プロローグ
 お金と歴史
 
 「お金」」は、歴史的に、過去に前向きに思考されずに現在に至ります。特に「お金」の最大の特徴である金利は否定されてきました。「お金」と金利の秘密を解き明かし、「お金」の是非の歴史的な解明が、「お金」の勉強であり、「お金」の教科書であります。


お金と幸福 
 お金とインターネット

 
 インターネットの登場により、「お金」を基盤にした経済の速度が加速しております。

 インターネットは、既存の産業と人を接続可能にした事により、効率が良くなり、コスト削減が可能と成り得たからであります。

 最大の効果は、人類最高の「道具」である「お金」を進化させる事であります。

 インターネットは、確実に民の営みに貢献しております。効率化やコスト削減と、更に最大の特徴は、個人での発信が可能に成った事であります。

 既存のメディアである、テレビやラジオや新聞には、この機能はありません。個人の発信こそが、民の「幸福」に貢献する事でありましょう。

 民を「幸福」にする事で、自身が「幸福」に成り得ます。

 前向きな思考で、生産的結果が発生する事であります。

 自身を「幸福」する事が可能なのは、自身だけであります。

 インターネットと「お金」は、自身を「幸福」にする事が可能な「道具」であります。更に、自身の前向きな思考が加われば、生産的な結果が得られる事でありましょう。

 
「お金」の教科書 Money school hours

目次

プロローグ
 お金と歴史


お金の解明
 お金と疑問

お金の定義
 お金の是非
 お金は道具
 お金は鏡
 
お金の特徴 
 お金と金利
 お金の発生原理
 お金は知識と技術
 
お金と民
 お金と経済体制
 お金は人類幸福への道具
 お金の価値と自身の価値
 
お金と幸福 
 お金とインターネット
 成長が生存を可能にする
 偉大なる経済人 藤田晋

あとがき
 お金と未来 

お金の価値と自身の価値

2004年12月28日(火) 23時40分
「お金」の教科書 Money school hours

現在の日本は、資本主義であり経済社会であります。誰もが使用する「お金」は、教育の現場で最大限に正しく教えるべき教科であります。「お金」の教科書は、「お金」の授業の時間であります。Money school hours


プロローグ
 お金と歴史
 
 「お金」」は、歴史的に、過去に前向きに思考されずに現在に至ります。特に「お金」の最大の特徴である金利は否定されてきました。「お金」と金利の秘密を解き明かし、「お金」の是非の歴史的な解明が、「お金」の勉強であり、「お金」の教科書であります。


お金と民
 お金の価値と自身の価値

 自身の「お金」収入と、自身の「価値」である「知識」と「技術」は、比例する事であります。

 自身の「お金」収入とは、民を「幸福」にして、貢献した証であります。

 「お金」収入は、自身を鏡の様に映し出します。鮮明に映し出します。磨かれていなくても映し出します。

 現在の、「お金」収入を増加させたいのであれば、自身の「知識」と「技術」を「忍耐」により向上させて、自身の「価値」を確立する事であります。

 自身の、得意な項目や、好きなジャンルの選択で、「知識」と「技術」の修得の時短が可能であります。

 学生ならば勉強で、社会人なら仕事で、その場に見出せないのなら、書店で発見しましょう。

 資本主義は、基本的に自由であります。基本的に、自身で何事も選択可能でありましょう。

 自身の「価値」を向上させて、自身を「幸福」にする事は、自身で選択可能なのであります。

 
「お金」の教科書 Money school hours

目次

プロローグ
 お金と歴史


お金の解明
 お金と疑問

お金の定義
 お金の是非
 お金は道具
 お金は鏡
 
お金の特徴 
 お金と金利
 お金の発生原理
 お金は知識と技術
 
お金と民
 お金と経済体制
 お金は人類幸福への道具
 お金の価値と自身の価値
 
お金と幸福 
 お金とインターネット
 成長が生存を可能にする
 偉大なる経済人 藤田晋

あとがき
 お金と未来 


お金は人類幸福への道具

2004年12月27日(月) 21時32分
「お金」の教科書 Money school hours

現在の日本は、資本主義であり経済社会であります。誰もが使用する「お金」は、教育の現場で最大限に正しく教えるべき教科であります。「お金」の教科書は、「お金」の授業の時間であります。Money school hours


プロローグ
 お金と歴史
 
 「お金」」は、歴史的に、過去に前向きに思考されずに現在に至ります。特に「お金」の最大の特徴である金利は否定されてきました。「お金」と金利の秘密を解き明かし、「お金」の是非の歴史的な解明が、「お金」の勉強であり、「お金」の教科書であります。


お金と民
 お金は人類幸福への道具


 「お金」は、純粋に「道具」であります。人類が発明した、最高の「道具」であります。

 自身が「幸福」に成る方程式は、自身の「知識」と「技術」で民に貢献して、自身が「幸福」に成り得て、更に「幸福」が継続可能である事であります。

 民の為の「商品」や「サービス」は進化して、「お金」自体の機能も進化して、自身も民も「幸福」に成り得ます。

 自身を「幸福」にして、民を「幸福」にして、親愛なる者を「幸福」にする事が可能な「道具」が「お金」であります。

 「お金」で、すべては買えませんが、親愛なる者にクリスマスプレゼントが購入可能であります。

 「お金」で、すべては買えませんが、親愛なる者にお年玉をあげる事が可能であります。

 「お金」で、すべては買えませんが、親愛なる者と共に、素敵な時間が流れる事でありましょう。


「お金」の教科書 Money school hours

目次

プロローグ
 お金と歴史


お金の解明
 お金と疑問

お金の定義
 お金の是非
 お金は道具
 お金は鏡
 
お金の特徴 
 お金と金利
 お金の発生原理
 お金は知識と技術
 
お金と民
 お金と経済体制
 お金は人類幸福への道具
 お金の価値と自身の価値
 
お金と幸福 
 お金とインターネット
 成長が生存を可能にする
 偉大なる経済人 藤田晋

あとがき
 お金と未来 

お金と経済体制 続

2004年12月26日(日) 8時47分
お金と民
 お金と経済体制


 現在の日本国は資本主義社会であります。資本主義は、民の為に経済を発展させる事であります。

 経済社会では、企業は、日々民の為に「商材」を進化させて、民の営みを豊かにします。民を「幸福」にする事で、企業は成立する事であります。

 資本主義は、民の為に「商材」である「道具」を進化させて、人類の発明した最高の道具である「お金」をも、進化させる事であります。

 経済は、過去においても、「お金」を「道具」として進化させてきました。金券、商品券、プリペイドカード、トラベラーズチェック、電子マネー、携帯財布、株式などであります。

 更に、インターネットとコンピューターで、進化は加速される事であります。最高の「道具」である「お金」と、民の為の「商品」と「サービス」の進化は加速します。

 ウェブログに代表されるコンテンツにより、個人が容易に発信可能に成り、経済社会で機能して、前向きな思考が展開される事でありましょう。民を「幸福」にする事で、自身が「幸福」に成る事が可能であります。

 前向きな思考だけが、民に有意義な「商品」と「サービス」を生み出す事が可能であります。

 前向きな思考だけが、民を「幸福」にする事が可能であります。

 前向きな思考だけが、自身を「幸福」にする事が可能であります。

 
「お金」の教科書 Money school hours

目次

プロローグ
 お金と歴史


お金の解明
 お金と疑問

お金の定義
 お金の是非
 お金は道具
 お金は鏡
 
お金の特徴 
 お金と金利
 お金の発生原理
 お金は知識と技術
 
お金と民
 お金と経済体制
 お金は人類幸福への道具
 お金の価値と自身の価値
 
お金と幸福 
 お金とインターネット
 成長が生存を可能にする
 偉大なる経済人 藤田晋

あとがき
 お金と未来 

お金と経済体制

2004年12月26日(日) 8時46分
「お金」の教科書 Money school hours

現在の日本は、資本主義であり経済社会であります。誰もが使用する「お金」は、教育の現場で最大限に正しく教えるべき教科であります。「お金」の教科書は、「お金」の授業の時間であります。Money school hours


はじめに
 「お金」の勉強を購読頂き、真に有難うございます。来年度より一ヶ月単位のテーマで、「お金」の本質を細分化して、意味を奥深く掘り下げて、分かり易く解説させて頂きます。
 平成16年度は、展開の途中からご覧になられた購読者の為に、「お金」の勉強を、「お金」の教科書と題名して、再編集し濃縮還元にてご提供させて頂きます。


プロローグ
 お金と歴史
 
 「お金」」は、歴史的に、過去に前向きに思考されずに現在に至ります。特に「お金」の最大の特徴である金利は否定されてきました。「お金」と金利の秘密を解き明かし、「お金」の是非の歴史的な解明が、「お金」の勉強であり、「お金」の教科書であります。




お金は知識と技術 続

2004年12月25日(土) 22時46分
 高度な「知識」と「技術」は、高額な「お金」と変換可能であります。より多くの民を「幸福」にすることが可能な「知識」と「技術」は、比例して、より多くの「お金」が発生する事であります。

 学校でも、社会に出てからも、「知識」と「技術」を自分自身に修得して、民に対しての貢献度で、「お金」収入が、決定される事であります。

 概念として、「知識」と「技術」は、順位や競争ではなく、どれだけ多くの民を「幸福」可能かを思考して、評価される事であります。

 過去の商材、現在の商材、未来の商材も、民への貢献度で「お金」収入が決定される事でありますし、継続は貢献だけが可能にします。

 「知識」と「技術」で、民に貢献して「幸福」にする事が、「お金」収入の継続を可能にする事であります。

 
「お金」の教科書 Money school hours

目次

プロローグ
 お金と歴史


お金の解明
 お金と疑問

お金の定義
 お金の是非
 お金は道具
 お金は鏡
 
お金の特徴 
 お金と金利
 お金の発生原理
 お金は知識と技術
 
お金と民
 お金と経済体制
 お金は人類幸福への道具
 お金の価値と自身の価値
 
お金と幸福 
 お金とインターネット
 成長が生存を可能にする
 偉大なる経済人 藤田晋

あとがき
 お金と未来 

お金は知識と技術

2004年12月25日(土) 22時45分
「お金」の教科書 Money school hours

現在の日本は、資本主義であり経済社会であります。誰もが使用する「お金」は、教育の現場で最大限に正しく教えるべき教科であります。「お金」の教科書は、「お金」の授業の時間であります。Money school hours


はじめに
 「お金」の勉強を購読頂き、真に有難うございます。来年度より一ヶ月単位のテーマで、「お金」の本質を細分化して、意味を奥深く掘り下げて、分かり易く解説させて頂きます。
 平成16年度は、展開の途中からご覧になられた購読者の為に、「お金」の勉強を、「お金」の教科書と題名して、再編集し濃縮還元にてご提供させて頂きます。


プロローグ
 お金と歴史
 
 「お金」」は、歴史的に、過去に前向きに思考されずに現在に至ります。特に「お金」の最大の特徴である金利は否定されてきました。「お金」と金利の秘密を解き明かし、「お金」の是非の歴史的な解明が、「お金」の勉強であり、「お金」の教科書であります。


お金の特徴 
 お金は知識と技術


 自身の収入「お金」は、「知識」と「技術」で決定します。「知識」と「技術」を、商材として民に提供して、民に受け入れられて、「お金」収入が発生する事であります。