黒木ってどんな奴

August 19 [Mon], 2013, 12:51
啢蚝悉铯护郡坤堡恰|\木君とは、書道部でちょっとだけ喋ったけど……」

「黒木ってどんな奴?」

「ど、どんなって……真面目な人だよ? ちょっと、挙動不審なところがあるけど」

「挙動不審?」

「う、うん。取り調べの人にも話したけど、書道って気を静めてからやるものなのに、時々、すごい急いで書いたり、きょろきょろ見回したり。普段はすごい落ち着いた人だから、妙に気になって」

 それは確かに挙動不審だな、と夏彦は思い、

「どう思います、律子さん」

「えっ、う、おおう、……ううっ」prada ブランド

「やっぱりいいです」

「こら。あまり律子さんをいじめないでよ」

 そう言ってつぐみが苦笑するのを見て、夏彦はふと思う。

 今更だが、こいつが悪事をするなんて信じられないな。

 係員に「時間だ」と言われて夏彦と律子は部屋を出た。出る直前、涙ぐんだ律子が何度もつぐみに手を振っていた。つぐみは笑いながら手を振り替えしていた。
 その様子を見て、夏彦はまるで仲良し姉妹のようで微笑ましいな、と思い。prada ショルダー

 さっさとこの件を解決しないとな、と改めて決心した。事件現場での推理、及び勘

 ネズミとかいう風紀会人事官は、秋山?虎ペアがやるらしいから、自分たちは普通に現場検証から行おう、ということになった。
 夏彦と律子は、まずはライドウが法廷にしたあの教室に向かう。
 律子曰く、まだあの教室は事件現場として封鎖されているとのことで、他の生徒はいないから調査はすぐにできるらしい。

 取調室のあった建物から出ると、車に乗せられた。何と運転は律子だ。

「ちょ、ちょっと、いいんですか、こんな、運転免許持ってるんですか?」

 持ってるわけがない。そもそも年齢的に無理だろう。prada バッグ 新作

「ここはノブリス学園の敷地内。ここで運転をする分には問題ありません」

 すらすらとマニュアルを読むように流暢に律子は答える。事実、読んでいるのだろう。

 フェンスで封鎖された区画を出て、二人は事件のあった教室に向かった。
 あの時は、夏彦はライドウを必死で追っていたためよく覚えていなかったが、どうやら現場の教室は第六校舎の三階らしい。
 校舎のすぐ横にある職員用の駐車場に車を停めて、二人は現場に行く。
 授業時間らしく、校庭や廊下を歩いている生徒は少ない。

「そうだ」

 ふと夏彦は思いつく。

「ライドウ先生に電話してみようかな」

 もう携帯電話が使えるわけだ。情報http://www.shpmeet.com/ 財布 ブランド 一覧
  • URL:https://yaplog.jp/aini2211/archive/7
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aini2211/index1_0.rdf