iPhone5s5cに機種変更して余ったスマホを超安価で再活用

October 17 [Thu], 2013, 14:20
し方のないことと目を瞑った時期もありました。ですが父上は最近では母上の墓にすら参らない。それは一体いかがなものか。母上ですらその扱いなら、我々は道具にしか見られていないのかと。
 そして、最後の理由は決定的――父上はオービタスすら欺いておられる」
財布 レディース 人気

 カラバルの言葉に、場の空気が張り詰めた。同時にヤーレンセンの表情も凍りつく。ヤーレンセンは、何を言われたのか反射的にわかったのだろう。その場を飛び出してカラバルに飛びかかろうとした。が、リシーが風のように回りこんで、ヤーレンセンを取り押さえた。
 リシーに取り押さえられてなおもがくヤーレンセンが叫ぶ。

「カラバル、よせ! そのことを伝えても、誰にも益をもたらさぬ!」
「そう――ですね。私でもまさかと思っていた事実なのですよ。ですが、父上の慌て様でこれが真実だと悟りました。
 父上、あまりにもむごいではありませんか。オービタスはわずか10歳。その幼子を欺いて、一体どうしようというのです。父上の目指しているものは何なのですか? これでは我々は――」

 カラバルが悲壮な顔でさらに何かを言いかけた時、そこにアララカルが登場した。会議場に招集されたその男はいやに青白い顔をしており、かつ無表情であった。テトラスティンは一目で見抜く。その男は間違いなく、オリュンパスの中枢である「彼岸の一族」に連なる者だと。彼らは色素の薄い一族であり、そして隠し様もないほどに強力な魔力を持っている。
 アララカルと言われた男も一見痩身の男だが、その内に秘めた魔力はこの場にいる派閥の長達とも遜色がない。先ほどまでとは別の緊張感が場に漂うのが感じられた。
 だが話を進めないわけにはいかない。テトラスティンはアララカルに問いかけた。

財布 ランキング


「突然呼びたててすまない、西からの客人よ」
「構いませぬ。どうやら抜き差しならない状況の様子。私に協力できることがあれば、なんなりと」

 アララカルは細い目を伏せたままで答えた。口調こそ丁寧だが、彼岸の一族の性質を考える限り、言葉通りでないことは明らかである。テトラスティンはじりじりと胸の内が焦げるような感じを覚えていた。下手なことを言えば、オリュンパスが今後どう出るかわからない。周囲が考える以上に、緊迫した場面であることを、テトラスティンだけが知っていた。

「ではお言葉に甘えさせていただこうと考えるが、その前に一つ。貴方はオリュンパス教会、ラミリシャーの一族と見受けるが、いかに」
「いかにも。私はラミリシャー所縁(ゆかり)の者です。血縁関係で言うとかなり遠くなりますが、一族としての扱いを受ける程度の縁です」

 ざわ、と空気が揺れる。ラミリシャーの名前を出して知らぬ者はこの場にいないだろう。テトラスティンは言葉を選びながら続けた。

「この教会に訪れた目的を聞こう」
「なるほど、私は警戒されているようですね。無理もない。ですが、遊学のために訪れたというのは本当です。私にはこの教会をどうこうしようという考えは全くない。『彼岸の一族』といえど、中は一枚岩ではないのです、会長殿。
 ですが私にこの教会に来るように勧めたのは確かに本家です。そして帰った暁には、私は学んだことの全てを本家に伝えなければいけないでしょう。もちろん起こったこともね。隠しても、彼女達には無駄ですから」
「なるほど。ではあまり醜態は見せられんな」

 テトラスティンはわざと多少おどけて見せたが、アララカル


http://www.dx398.com
  • URL:https://yaplog.jp/aini2211/archive/41
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aini2211/index1_0.rdf