Twitterに広告主向け予約投稿機能

October 16 [Wed], 2013, 12:58
た。

「お悩みのようですねぇ、妖精さん?」samantha thavasa マテラッセ 財布

 ユーティに声をかけてきたのは黒い髪の青年であった。ユーティは今は誰とも話したくないから、認識阻害の魔術をかけていたのだが、青年には全く通じていなった。
 その理由はユーティが青年を見るや否や、すぐにわかったのだ。

「なんだ、同業者か」
「同業者って精霊は職業ですか?」
「何の用? アタシは忙しいんだけど」
「寝転がって背中を掻きながら言う台詞ではないですね」

 青年は苦笑すると、ユーティの隣に座り込んだ。その青年をちらりとユーティは見やる。

「相当強い力を持っているんだね、あなた。上位精霊、いや、もっと上なの?」
「上位精霊より上となると、それはもはや自然そのものに近い領域の話ですね。あるいは神と言ってもいいかもしれません」
「あるいは魔王とかね」
「中々鋭い発言です」

 青年ことピートフロートはにっこりと微笑んだ。ユーティは彼の事を知っているわけではない。だが彼らには互いの事など言葉にしなくても周囲の元素が囁くし、自己紹介などなくても最低限の事は顔を合わせればすぐにわかってしまう。ゆえに彼らには本来交わす言葉は多くは必要ないのだが、ユーティは生まれつき多くを言葉にして表現したい性格だから、彼らの間には会話という物が成立するのだ。
 ただこの場合、会話を望んだのはピートフロートの方だったのかもしれない。

「こんなところで妖精に会うとはね、しかも自我をはっきり持った。将来の上位精霊候補かな」
「そりゃどうも。だけどそこまでの道筋がとんとわからなくてね。今からグレてやろうかと思ってたところよ」
「もう十分やさぐれているように見えますが」
「うっさい!」ブランド 財布

 番犬さながらにユーティが吠えながら威嚇したので、ピートフロートは一歩飛びずさって彼女を刺激しないようにした。
 ユーティにとってさして機嫌も良くない時にこういった輩が隣にいるのは非常に不快だったが、それでも聞いてみたいことがあった。

「ねぇ、あんた上位精霊なんでしょ? どうやって上位精霊になったのさ?」
「聞きたいですか? ちょっとえげつないですが」
「いちおう、ね。今はなんでも参考にしたいのよ」
「いいでしょう」

 ピートフロートは多少困ったような顔を見せながらも、ユーティに向き直った。そして彼は100年来、記憶の彼方にやっていた古い思い出を呼び起こす。

「私の司る属性は『闇』です」
「それはみればわかる」
「闇を司る者達の性格をご存じで?」
「一般的には邪悪だとかなんだとか言われるけど、実際は貪欲さや不変、などを支配することが多いはず。それらは間違えれば強欲や停滞と意味するけど、ともすれば真理の探究や寛容にもつながるわ。誤解されやすいけど、決して悪い意味ばかりじゃあないはず」
「ご名答」

 ピートフロートがユーティを指さし、彼女の言が的を射ていることを示した。ユーティにしてみれば当然のことだったので、彼女はなんの反応も示さない。
 ピートフロートは続けて語る。

「私の場合、『知識の探究』といった方向に性格が出ました。この世に生まれてすぐ、私はあらゆる者達に質問を始めました。なぜこの世は存在するのか。なぜこの世に自分は生まれたのか。なぜ私はピートフロートであるのか」
「うわ〜うざっ」

 ユーティの情け容赦ない一言が投げられるが、既にピートフロートは聞いていなかった。

「そういった哲学的、抽象的なな質問から始まり、やがてもっと明確な答えが出るような質問を私は求めました。どうして花は咲いて枯れるのか。どうして木は生えてくるのか。どhttp://www.230bc.com
  • URL:https://yaplog.jp/aini2211/archive/40
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aini2211/index1_0.rdf