故桜塚やっくん「死んじゃった」不謹慎見出しがスポーツ紙

October 11 [Fri], 2013, 17:54
アルドリュースの弟子が私だと一目でわかりましたね?」

 アルフィリースはハウゼンが仲間ではなく自分の元に一直線に歩いてきたことに驚き、素直に彼に問うた。その問いにハウゼンはやはり余裕のある態度で優雅に答える。

「アルドリュースとは時に便りが着ていてね。彼の住処に関してはさっぱりだったが、一方的に連絡をよこすところは実に彼らしい。その中の便りの一つに、『黒髪の少女を引き取って、これから育てる』とあったんだよ。実に意外なことだった、私にすればね」nixon ブランド

 ハウゼンは差し出された果物の実を一粒取ると、口に運んだ。その言葉を聞いて、アルフィリースはさらに彼女の中にある疑問をハウゼンに投げかける。

「失礼ですが、我が師アルドリュースとはどういったご関係で?」
「軍の同期であり、親友だ。もっとも親友だと思っているのは私だけかもしれないがね」

 その言葉と共に自嘲気味に笑うハウゼンを、アルフィリースは不思議な目で見る。ハウゼンは言葉を続ける。

「私はそこまで身分の高い貴族の出自ではないのだが、士官として入ったしばらく後、軍にとんでもない新人が入って来たという噂がたった。その若者は軍に設けられた文官の採用試験を首席で突破しながらも、武官として軍に入隊したというのだ。そして一兵卒から始めて、わずか一月で三階級も昇進したと。一兵卒の噂がここまで出回ることなど、普通はないのだがね。興味を引かれた私は、彼と同じ任務につくようはからったんだ。階級は当時私の方がはるかに上だったからね。
 そしてその時はたまたま、さる貴族が近くの町を視察の日だった。その折、魔獣がその貴族の一団を襲ったのさ。そしてその魔獣の群れのボスを倒し、貴族の危機を救ったのはアルドリュースだった。その時の彼の活躍は目覚ましく、貴族の覚えも良かったが、私が彼を気に入ってね。ぜひとも部下に欲しいと言ったんだ。ところが彼はその申し出を断った。『もっといい案があるんだ』と言ってね」

 ハウゼンが楽しそうに話す。彼は懐かしい青春時代思い出したのか、少し遠い目をしていた。ニクソン ローダウン

「アルドリュースの考えはいたってシンプルだった。彼は私が貴族であることを利用して、社交場への出入りを申請してきた。名目上は私の従者だったが、常に主導は彼だった。アルドリュースはどこで学んだのか、女性のエスコートも完璧だった。作法、話題、流行り、言葉遣いに至るまでね。上流の貴族よりもより完璧。そして造形も悪くない。瞬く間に下級貴族の社交場では彼は有名になっていった。そして彼の素晴らしい所は、男の貴族にも嫌われなかった所だ。貴族達の悩みを聞きだし、上手く助言を与えていった。ほどなくして興味を持ったさらに上の貴族から我々はお呼びがかかるようになったよ。そして上流階級の社交場で、彼はついに目当ての人間と出くわすことに成功したんだ」
「それ、聞いたことあるかも」

 話しの途中で、突然ターシャが口を挟んだ。突然の発言に全員がターシャを見たが、その事も彼女は気にしていないようだった。それよりも、彼女には気にかかることがあったのだろう。

「伝説だと思っていたけど、イーディオドには一兵士と王女がその昔恋をしたと先輩から聞いたことがあるわ。私はそんな上手い話しがあるわけないと思っていたけど、まさか」
「ああ、全ては真実だ。我が国の王女は、昔アルドリュースと恋仲だった。いや、そうなるようにアルドリュースが仕向けたと言うべきか」

 ハウゼンが少し悪戯っぽくおどけてみせた。だがその顔に決して楽しさだけが浮かんだわけではないのを、アルフィリースは見逃していなか

http://www.tkn8.com
  • URL:https://yaplog.jp/aini2211/archive/37
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aini2211/index1_0.rdf