『サイドエフェクト』はNY版半沢

October 10 [Thu], 2013, 11:17
して体を伸ばす。

「ふう、やっと終わった」
「ジェイク、今日の予定は?」

 ネリィがジェイクに聞いてくる。ブランド 財布

「今日の夕方は騎士団の合同練習らしくて、俺は外されたんだ。さすがに子どもを他国からの使者がいる中で整列させるのは、色々問題があるだろうってさ」
「なるほど、それもそうね。ということは」
「ああ、夜までは暇だ。アルベルトとラファティも今日は忙しいし、ロクサーヌが暇なら剣の練習は頼むつもりだけど、特に予定はないかな」
「課題も今日は無いものね。それなら、ブルンズの家にお呼ばれしない?」
「ブルンズの?」

 ジェイクがブルンズの方をちらりと見る。ブルンズは既に懲罰房から出てきており、普通どおりの学校生活を送っている。その彼が正式にジェイクに謝罪したのは7日程前の事。懲罰房から戻ってすぐだった。どうやら彼なりに思うところがあったらしい。今ではジェイクもその謝罪を素直に受け入れ、普通に話すことが多い。
 ブルンズも話してみればそれなりにいい奴で、悪く言えばずぼらだが、良く言えば細かいことにこだわらない男だった。彼の父親が一つの騎士団を任される立場というのも良くわかる。きちんとブルンズが騎士のなんたるかを学べば、剛毅な男という評価を受けるだろう。
 時に無神経な発言もあるものの、それはきっと自分も同じだろうとジェイクは思うので、お互いさまだった。そして今ではそれなりに仲良くなり、ブルンズの申し出で剣技の稽古もちょくちょくするのだ。ブルンズは必ずジェイクから一本取ると息巻いているのだが、中々そうはジェイクがさせない。
 まあそんな毎日であるのだが、果たして招待とは?

「なんで?」
「今は彼の教育係である執事さんがこちらに来ているんですって。それで彼の家で晩餐をしましょうって。この前のお詫びを、どうも言葉だけではブルンズが納得できないんですって」
「へえ。変な所で律儀だな」

 ジェイクは感心したように頷く。そしてせっかくなのでお呼ばれすることにした。他にもいつもの仲良しメンバーはその場に加わる。リンダ、ディートヒルデ、ロッテ、ラスカル、ルース、その他数名と言ったところか。だが、ジェイクは何か心に引っかかる物を感じるのだった。
 そうこうするうち、ブルンズの執事が教室にまで姿を現した。感じの良く、穏やかな老執事といった雰囲気だ。彼が育てて、どうやったらこんな猪武者みたいな性格の少年が育つのかとジェイクは訝しむ。
 そしてジェイクはなぜかその執事を見て落ち着かないのだった。プラダ 財布

「?」

 その執事を見ていると胸のあたりがむかむかする。ジェイクが一見で人間を嫌うなど、今まで彼は一度も経験していない。

「(おかしいななんでだろう? 気のせいかな)」

 そうしてジェイクはもやもやした気分のまま、ブルンズの招待を受けるのだった。

***

 晩餐会は何事も無く終了した。とりあえずブルンズがあれほど太る理由は良く分かった。あんなに食べれば当然だろう。しかし晩餐会が無事終わったことに、当然のことにもかかわらず、ジェイクはなぜかほっとしていた。夕食も文句なく美味しかったのだが、ジェイクはあまり手を付けなかった。なぜかそんな気分にならなかったのだった。ジェイクは気がつくと執事の一挙一動を追っている自分がいることに気がついた。

「うーん」
「どうした、ジェイク?」
「ラスカルか」

 余程ジェイクは浮かない顔をしていたのか、ラスカルが心配して話しかけてきたのだった。

「顔色が悪いぞジェイク。慣れない豪華な食事に腹でも壊したか?」
「お前と一緒にするなよ、ラス

http://www.chengxin517.com/
  • URL:https://yaplog.jp/aini2211/archive/36
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aini2211/index1_0.rdf