膀胱炎の市販薬ってありますか

September 24 [Tue], 2013, 10:27
ていた。
 丁度、深夜の掃除に出くわしたらしい。
 司祭達は向かってくるソラ達を見て、眉を顰めた。
 ソラ達はフードやマフラーで顔を隠しているため、正体が分からないのだ。

「シャリナはいるか?」鞄 メンズ 人気

 ソラの目配せを受けたフェリクスが、かすかにため息を吐いた後、司祭に問いかける。

「シャリナ嬢さんに用事か。何者だ?」
「おそらく“村”と言えばわかる」
「……ちょっと待っていろ」

 ソラから事前に聞いていた言葉を出すと、司祭は釈然としないと言いたげな顔をしつつも、教会に入っていった。
 しばらくすると、血相を変えたシャリナとガイストが出てきた。
 ソラ達の顔も確認せず、教会の一室に通す。

「……予想以上の効果だったな」

 部屋に入ったソラは呟きながら、フードとマフラーを脱いだ。
 シャリナとガイストが目を丸くする。

「ソラ様……?」

 かつての村の者達が訪ねて来た、と思っていたのだろう。
 正体に気付くや否や、ガイストはすぐさま立ち上がり、折り目正しく礼をした。

「申し訳ありません。まさか、ソラ様だとは思いもよらず」
「気にするな。事前に連絡を入れたわけではないからな。こちらこそ、騙すような真似をして済まなかった」

 言葉だけで謝罪して、ソラは足を組む。
 双方の態度を見れば、上下関係がはっきりしていた。

「緊急の用事でな。明日、子爵領内の町官吏数人に、ここを訪問させたい」
「当教会に、ですか?」

 官吏達の評判はすこぶる悪い。
 しかも、今や官吏を束ねるソラに至っては、教会に敵視されている始末だ。
 わざわざ、敵地に乗り込んでくるのだから、企みがないとは思えない。

「そうだ。俺とガイストの繋がりを匂わせたくてな。それと、この教会の影響力も見せておきたい。不自然にならない程度に信者を集めておいてくれ」

 さらりと嘘を交えつつ、ソラは命令する。
 弱り顔のガイストに、ソラは笑っていない笑顔を向けて、問いかける。

「文句はないだろ?」
「……ありません」メンズ バッグ カジュアル

 あると言ったところで、ソラは平気で計画を実行に移す。
 その上、信者の前でガイストを罠に掛けるだろう。
 三歳のソラにすら、してやられたのだ。今となっては、逆らうだけ無駄だと悟っている。
 ガイストは諦めたようにため息を吐いた。

「しかし、我々教会の不利益になるような事は、謹んで頂きたく思います」
「安心しろ。教会信者も大事な領民だからな」

 ソラは平然と言葉を換える。
 以前よりも狡猾さが増している気がして、ガイストは胃を捻り上げられるような錯覚を覚えた。

「まぁ、本当に安心していい。教会の理念はともかく、互助組織としての機能は評価しているんだ。無闇に潰すことはしない」

 目に見えて具合が悪そうなガイストを見かねて、ソラは心労を軽減してやった。

************************************************
5/19修正第十二話 早朝の呼び出し

 クロスポートを覆う群青の空に、朝日が昇る。
 満ちる光を受け、鮮やかに浮かび上がる町並みと、それを讃え唄う鳥達の鳴き声。

「──ちっ、やかましい朝だ」

 寝不足を訴える眼を擦りながら、男はベッドから体を起こして、悪態を吐いた。
 男は同僚から、女衒と呼ばれている。
 特に能力があるわけでもない彼が、町官吏にまでのし上がった理由からきたあだ名だ。
 整えられた髭がワイルドな印象を与えるその顔で、引っ掛けた素人女を何人も伯爵に抱かせた。
 女衒自身、禄でもない手口だと分かっているため、甚だ不満なあだ名だ。
 女衒は部屋の窓から外に目

http://www.sf6xg.com
  • URL:https://yaplog.jp/aini2211/archive/28
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aini2211/index1_0.rdf