ソウルメイト・ツインソウルなど♪

February 29 [Mon], 2016, 14:31
たくさんスピ情報が溢れるネット上。
しばらく興味あって、ソウルメイトではなく、ツインソウルのことを読んでました

"obstinate"なので、かなりの量を読み漁りましたが、大半は元ネタがあっての、複写版でした。
さまざまなレベルの、自称スピ系の方がなさってるサイトも、玉石混交。
個人の学びのプロセスにおいて重要な役割を果たす人という意味でソウルメイトやツインソウルを語るので、一部のスピの人は個人的な課題をソウルメイト・ツインソウルの特徴と語っていたりして(出会うとこんな辛いことを体験する!など)、気付き具合ってほんとひとそれぞれね〜なんてね。

ソウルメイトとツインソウルの違いを一生懸命説明してくれる人も多いのだけど、う〜ん。なんだかしっくり来なくてね。
ツインソウルはひとつのスピリットがこの世での学びを増やすためにふたつに分かれて別々の身体に入っていて、ソウルメイトは前世近しく関係してきたスピリットがまた学びの助けとなるよう配役されてきた人だから、ツインソウルのほうが出会いにくい、ということみたい。

検索すると沢山情報はあるので、書いてないことだけ言っちゃうと・・・

どっちでもよくない?ヽ(^。^)ノ

はは。なぜなら、この前も言ったように、「選ぶのは、神さまじゃなくて、私だよ」だから。
気持ちを動かされて、限られた人生の時間の一定時間を一緒に過ごす人って、それなりのご縁があってのこと。
それは、身の回りの人みんなだし、一回きり出会ったひとでも、なんとなく顔だけ知ってるあの人も、ご縁なんよね〜きっと。

だから、どんどん気付きが拡がり続けていると、付き合う人もおのずと変わっていくはずなの。
いつも、ひとりひとりに成長になるような適度で良い刺激(楽しい&辛い)を与えられるように、神さまの采配がある気がしてる。だからね、どれだけパートナーがいても、そこでどう成長するか、怠けていくかは、人次第ですからね〜。

以下は私の個人的なメモ代わりにツインソウル・ソウルメイトの特徴と重なる体験を書いておきます(*^-^*)

〜私からマルくんの場合〜
・ 出会ったときに光が見えた
・ 出会った時に私の心が『あ、また〜私の息子・・・』と言った
・ 出会ったとき、瞳が透明なブルーだったのが印象的だった。翌日確認するとブラウンだったので、あれ?と思った。瞳はスピリットの窓ともいうしね〜
・ この先どうやって生きていこうか、というゼロのスタート地点に人生で初めて立った時期だった
・ 全然ドキドキしない(自分にドキドキしないのと一緒)
・ 出会ったころは、吸い込まれるようにしっくり来る幸せに満たされていた
・ 自分の男バージョン?という感覚が何度も過る
・ 占いや数秘術をすると、重要な数字がほぼ同じ
・ マルくんに出会って2か月で、ほぼ10年同じだった身長が2センチ伸び’(24歳)、マルくんと同じになった
・ 今まで人生で出会った中で誰よりも私にそっくりな手を持っていて、ぎょっとした。
・ 付き合うことを決めたとき、二人で成し遂げることへの責務を強烈に感じた(内容は不明・・・?)
・ 付き合った最初から、なぜかお互い子どもを作るよね、という確信がある(これが内容・・・?)
・ 出会ってからのキャリアの飛躍(ing)

〜マルくんから私の場合〜
・ 出会った瞬間、懐かしいかんじがした
・ 出会ってから、今まで体感したことのない、おなかの温かさと胸の動機を感じて、動揺した
・ マルくんから、アプローチ(男→女)
・ 私の考えていることをテレパシーでキャッチできる

さらには、
〜私からスナフキンの場合〜
・ 出会って間もないのに、別れでわけもなく号泣
・ なかなか進展しない。タイミングが合わないのに、ずっと一緒にいられる感覚がある
・ 絶対的な安心感
・ 最初からどれだけ近づかれてもヒヤっとする瞬間がない、そういえば(パーソナルスペースがない)
・ 抑えているものが溢れ出る

〜スナフキンから私の場合〜
・ 出会って間もないのに、運命を感じる
・ スピリットが好き、と確信がある
・ 異性への放浪癖がピタッとなくなった
・ 一緒に居て全然疲れない(他人じゃない感覚)

ちなみに、私もマルくんもスナフキンも誕生日の数秘術が7だよ〜。
いつも思うんだけど、私にとって大切な人同士が出会ったら、どんな反応を示すんだろう・・・ということ。
きっと、私とマルくんとスナフキン、中世のポルトガルで出会ってる気がするんだよね〜
なんて、メルヘンな想像を漏らしながら、今日はおしまい☆

コミュニケーションが辛くて。

February 28 [Sun], 2016, 15:53
スナフキンさまがコミュニケーションの天才かつ、私とのハーモニーも絶妙なので、毎回イスラエルから帰ると、マルくんにイライラして爆発しそうな心境に耐えるので精一杯になる。(今日はぐちです〜!)

しかも今回は、もうマルくんとの関係が終わるなら終わってしまえという諦めもあり、「はあ?」とそのまま出てしまう。というか、わざと出してる。私の身体が帰国してから、またストレスで蝕まれ、毎日肌が悲鳴を上げて散ってゆくので、これ以上溜めて病状が悪化したら嫌だと思って。自己保身のため。

私が興味あって調べ物をするとき、例えばあるトピックや、旅行の手配や、レストランの手配など。。。調べ方が尋常じゃないらしく、マルくんに「obstinate」だと言われる。英語では主にマイナスイメージで使って、爺さん石頭やな〜みたいに使うハズなんだけど、スペイン語系の語源じゃ、「persistence」に近く使われるの・・・かな?

こんなかんじで、マルくんの英語にゃ、謎がいっぱい。TOEIC私より150も低いので仕方ない(と、イライラするので暴露する。)マルくんとの意思疎通のできなさは、もう呆れるレベルで、こりゃ私がスペイン語をマスターするほうが早いか、とさえ思う。

でも本当のところは、言語じゃない。マルくんは人の話を聞かないのが問題。
それは私にだけじゃなくて、誰に対してもそうだから、会話ができないの。ひとりでスピーチを打って、聞いてる人は「へぇ。」しか言えない。そもそも、聞いてる人が興味を持っているかすら気に留めない。質問する隙を与えない。だからいくらでも興味のない話を聞かされる。
女性はそれでも聞いてあげる人が多いけれど、男性はそんな優しさ持ってないから、仲間はいても友達は少ないんだと思う。ま、仲間は多すぎるんだけど〜〜。

そんな気持ちを露骨に出して、この苦しみをわかってもらいたくて、率直に話した。
マルくんは私がめんどくさそうな態度を取るので、もう研究のことは私に話さないでおこうとしているらしい。
確かに、マルくんの分野にはほぼ興味がないし、ふぅん、でいい。
でも、どんな研究でも面白く話せるはずなんだよね。なんで聞くのがそんなに苦痛かっていわれれば、ひとこと。

「途中でひとこと質問できたと思っても、またその答えになっていないぐたぐたを10分聞かされるだけだから」

質問しても、答えが返ってこない。
WHYで聞けばBecauseで返せばいいし、Whatで聞けば、それは○○ってだけで満足するのに、ひたすらだらだら話すんだもん。正直、うちのカップルは男女逆転してると思うんだ。私がロジカルで、マルくんはエモーショナル。「今日、こんなことがあってね」っていう女性的なエモーショナルならいいんだけど、ロジカルなふりをした、的を射ないスピーチは頭ン中シャットダウンしちゃう。本当に、眠くなる・・・。

しかも、年中テンション高いのも、そろそろ疲れてきてね。
年中ごきげんすぎる子ども(でも見かけは大人)が気を引こうとしてくると、つーかーれーるー。。。そのガマンも限界なので、そろそろ自分に正直にいようと決めたんだよね。だから最近無視することも多いし。無言でただ愛を感じられる人と一緒にいた後だと、余計に。

マルくんは離れていると、私の気持ちをテレパシーで読み取れるのに、
隣にいると、まるで私の神経を逆なでするようなことばかりする。
放っておいてほしいときにはハグハグちゅっちゅしに来るし、
慰めるときにも、全く別の理屈をつけて、ああ、わかるよ、可哀想にって態度だし、
わけのわからないタイミングで真剣な話を振ってくるし。

スナフキンさまはぜーーーったい、そんなことをしない。したことがないし、これからもしない。
私の言葉が真逆でも、真意はすべて伝わる。お互い、そっとしておいても、めちゃくちゃ言っても、離れない絶対的な安心感。愛は絶対なくならないよね、という了承のもとでの関係と、「これこれ言っちゃったらもう後戻りできないかも」という繊細な取扱いが求められる関係なら、もちろん・・・絶対的な愛があるほうが楽に天然に幸せだろうな。

最近マルくんとお出かけしても、楽しくない。
昨日もいただいたチケットでお能鑑賞行ってきたんだけど、体調も優れなくて、エコノミー症候群みたいになって(って全席、席は同じなんだよ)早退。
横に並んで歩いても、マルくんて横に揺れるから、歩きにくいんだよね。
スナフキンさまとなら、もう近すぎるくらい近づいても、まだ近づきたくなるくらい、しっくりくるんだけどね〜。
今さらなんだけど、人に合わせようとして生きていくって、しんどいよねぇ。。。

あと数日で一人暮らしができる!と思うと、素晴らしい気休めになるな〜♪
旦那元気で留守がいい、とはまさに至言。
でもすっかり一人で寝られなくなってしまった私は、どうしようかな。

私のココロに欠けているもの。

February 17 [Wed], 2016, 18:53
スナフキンさまお誕生日で、しばらく心が取られてた。
ほんの小さな贈り物だけど、彼がヨーロッパのバケーションに入る前に、手元に届いたようでよかった

スナフキンさまに対する私の行動は、まさに恋する狂った乙女。
いかなるそれらしき女の書き込みにも動揺する。この人がこういう関係なのね、と隅から隅までチェックしている自分が怖い。こんなにも自制が効かなくなるほど男の人にのめり込むなんて・・・初めての彼、以来かな。でも当時と違うのは、これって楽しいねって笑顔で言えること。

もう全て、話し終えてる。

プラハブロンド、今まで寝た女たち。年齢、家具のテイスト、身体的なこと、年収、政治的意見。
たまに取り上げては、「だからNO」って言ってみるけれど、それはただの繕いで。

無駄口を叩く私のメッセージばかり長くなり、ただ真実の言葉のみ語るスナフキンのメッセージは短くなる。
「おいで」
肉体や精神、全てを差し出して頭を下げてくれる人から出る言葉は・・・短い。
頭でっかちな私は、逃げ出してしまった。

翌朝、起きると、胃の底に大きな穴が開いたみたいに、おなかがすーすーする。
息も苦しい。
楽しい焼肉パーティの夢だったんだけど、後片付けで、みんなが沢山持ち寄ってくれて食べきれなかった綺麗なお肉たちを片づけていた。あまりにも綺麗な生肉たち。最後、おばあちゃん(存命)がうつろな顔で席に最後まで残っていた。

スナフキンのいない生活なんて、想像できる?
スナフキンに一生会えなくても、平気なの?

私に欠けているのは、スナフキン。

スナフキンも私もお互いもう沢山だ!って投げ出しそう。
でも投げ出さないのが、この懐深ーいタフなふたりの性で、別々のところで一緒に血みどろでのたうちまわっている。

「ブロンドの絶滅を待ってから、あなたのところへ行くね!」

とか明るく大虐殺の希望を唱えてみたりするんだけど、もう血みどろだから全然面白くないの。
「運命が」とスナフキンがいうたび、うんそうだね、運命だね、とコタツにみかんでテレビを見つづける私。
だって、間違いないもん。スナフキンと出会って2日で別れ際に号泣。今だになんであの夜アーモンドとカシュ―が食べたいなんて言ったのか、さっぱりわからない。スナフキンさまの親友は皆知ってるこの話、やっぱり聖なるエルサレムだとしか思えない。それでもテレビを見続ける。その続きに期待してしまうから。選ぶのは、神さまじゃなくて私だよ。

こうして、先にある楽しみなことを思い浮かべては、また次の楽しみを思い浮かべて、点、点、にすがって生きていくのは虚しい。そのまんまの意味で「今を生きる」姿勢じゃないから。今、もはや生活に気持ちを入れられなくなったことに気が付いた。

恵まれすぎてるから、喜んでくれても、沢山キスをくれても、もう心が動かないの。
でももしスナフキンさまが喜んでくれたら、恥ずかしくも嬉しい気持ちでココロがあったかくなる。

アーモンドの花の季節になった
血みどろを隠して、いつまでポーカーフェイスでいられるかな。
それか、しらんふりしてるうちに、出血が止まってくれるかな。

そろそろ、作り込むのをやめようのススメ☆

February 15 [Mon], 2016, 21:12
しばらく前のことだけど、本屋の虫活動で、いくつになっても、結婚できる女結婚できない女(Amazon)をざく読みした。

私のように、引っかかったのを取捨選択する釣り系じゃなく、自ら掴みに行く肉食系コミュニケーションで面白かった。30代40代のキャリアのみ成功した女性たちを(先日の本命から外れる典型パターン1を参照)結婚に導いている実績をお持ちだから、現実的で役立つ本だよ。

服装は、彼女のいうように、思いっきりフェミニンにするのに賛成
(正直、たまに、女の身体自体が、コスプレみたいに思えたりするしさ服装ならいっそう・・・)
けれども、なかなかのキャラの作り込みっぷり、テンションの高さに、びっくりもした。そりゃ、これだけホスピタリティがあれば、次回も〜になるわな、と。ただ、男性が仕切りたいタイプとか、モテるタイプだったら尻尾巻いて逃げてくね婚活にお世話になりますの、まじめ誠実だけど女性の前では石になるタイプならぴったり!

ま、これはこれなんだけど・・・

そろそろ、作り込むのを、やめてみませんか

ふつーにいるのが、天然の女性らしさや、色気?が出る一番の方法じゃないかと(笑)
これだけ沢山モテ女子像を語っている、私が言う。。。はは〜ごめんね。

これをこの前、爽やか好青年イケメン年下のあの男子が、ぽろっと漏らした言葉で確信した。
「女の子って、めんどくさい!」
ま、なんだかヤサグレ真っ最中だった彼の発言なので、さらっと流してもいいんだけど。
「あ、あいさんは別ね!」
と付け加えて紳士スマイル。ま、そうだわなぁと思いながら。だって、彼のこと意識してないし。

女性が意識する男性の前で取る行動って、男性にしたら相当面倒だろうなぁと一人称で感じる今日この頃。
空気読み読み、可愛くぷりぷり、(想像)、どれだけ手厚く扱ってくれるのかしら!と品定め。
さらに時間やお金のコストもかかるし、ああ、めんどくさ・・・。

こんなかんじで恋愛したくない男性を生んでるのだろう。

そんな、どこでも年上年下様々な女性から目を掛けられ、めんどくさい気分のイケメン年下クンですが、30分しか会えないってわかってるのに、あいさんにはわざわざ会いに来る。あいさんの返信は遅いとぶつぶつ言ってるなぁと思えば、会うたび、笑ってる時間が増える。こちらが「なぁに?」と聞きたくなるくらいに笑顔で、少々狂い気味。

さすがのモテ男くん、これほど相手にされないことってないんだろうね。
私にとっては全くの友達だから、今の状況全て話してるの。そこにちょこちょこと、「僕は?!」というコメントを挟んでくることに、ようやく気が付いたのだけど、後の祭。見事にスルーしまくった私。

好きになるも、なられるも、そんなにコントロールできない。
結局は似たもの同士、そして、凸凹フィットする人間同士でないと、一緒にいられないもの。性格と生活の両面において。
目的の人の好きなタイプを探って、それっぽくしようとしてもムダ。
モテ男くんはスナフキンさまに一生なれない。
歩き方から息遣い、背景や思想まで、人間って調和のとれた総合芸術だから・・・。

「あいさんがいいだなんて、○○くんも、趣味がちょっとね〜コマッタコマッタ。」

正直感心すらするし、

「何がこまるの?あいさんは、何ならいいの!何なら一緒に来てくれるの!」

ネジ吹っ飛び気味の発言に、あら?とすら。もう完全ひれ伏し一分前か。

私もそんな悪くないので、優秀な学生さんをスポイルするつもりはないの。
ただ、この私の天然マイペースっぷりで、全く意識せず(って最初から書いてるの)、こんなボンボンイケメンが釣れるなんて新境地釣り上げる気もないし、

マルくんもマルくんと私の関係が十分狂い気味だとわかってるみたい。
「きっと○○さんのところでは、奥さんにこんなことしないだろうなぁ」と言いながら、ふざけて思う存分甘えている。
あいちゃんはクレイジーでビューティフルでインテリジェントでアトラクティブでインタレスティングでセクシーだと(長)言ってくれたけれど、いちばん大切なのはクレイジーに違いない。

クレイジーさって「これはこう」方式で振る舞っていると出ない。意識にすら上らないその人のエッセンスで、誰もが持っているもの。出し方は自然に任せるしかない。自分の中では普通なのに相手にとっちゃ普通じゃない、その掻き乱し方がエキサイティングで、「この人じゃなきゃ」の決め手になる〜かも?☆ていうか、なる。

だから、今日のトピックはあと一押しに効くはず、のリーサルウエポンね!
ただし、このご時世、バブル的でもないし、ナチュ志向は一層加速してるよね。オーガニック。。。ぷぷ。)
傍にいて一番らくな人ってのが、本命像になってきてる、気がする〜。るるる〜。書き散らし、おしまい。

エネルギーの話。

February 11 [Thu], 2016, 18:30
この数日、9時には出勤。5時まで働き、それから夕食の買い物、料理、至福のシャワー、それから翌日のお弁当を作って、読書、ストレッチ、睡眠、といういいかんじライフ。ふふ。しばらくストレスで朝起きなかったんだけど、いったん起きたら翌朝も起きられるようになった
幹事をしている大きな学会の事務作業もコマコマとあって、毎日フル回転。研究室でずっと座りっぱなしでいられる幸せよ。読み物も事務作業もよく進むし、家では最近は薄味料理にハマってるの。まだまだいけるー!

私が調子よく活動しているのをマルくんは喜んでくれる。
「あいちゃんにインスパイアされてるよ!仕事も捗るし、ポジティブでいられる」
とのことで、よかった〜

知ってるの。マルくんは私と同じくらい、スナフキンの気配を感じている。
先日までは、このさきどっちにも、転びうるこの状況、先が見えないって言ってた。それは私の心のまんま。
いつまでマルくんと一緒にいるという意志を貫けるだろう。
マルくんには、私の心がそのまま伝わる。ああコワイ。

そんなわけで、調子のよいマルくんは久しぶりにインディゴチルドレンの話をしていた。
「だから、あいちゃんと一緒にいたいんだ」という意味を込めて。
恋愛関係に限らなくても波長って大切だし、人間関係を決定づけているなぁって。

新しく学んだことは、インディゴって、魂の色と言われるけれど、つまり周波数だということ。
ちょっと頭を使えば、色は波のパターンに換言できるから、インディゴという波を持ったひとたちって言って差し支えないことはすぐわかる。そして、この世では別々の周波数の人々が混在して地球に暮らしているけれど、別次元に行くと、もっと厳格で、同じか似たような周波数の人じゃないと一緒に居られないんだよね。この世でも、深い関係になれる人は似たような周波数の人だけだし、似たような周波数の人じゃないと、話が通じなかったりするし。

皆さんのまわりで、エネルギーの話ってするかな。エネルギーと、今言った色や周波数って同じこと。
元気なエネルギーを吸い取っていくヴァンパイアのような人や、逆に辛いエネルギーを吸い取って昇華してくれるブラックホールみたいなありがたい人がいる。日本流に言えば”気”。

スナフキンさまは”気”にものすごーく敏感で、店を選ぶ時も、猫みたいに神経をピンピンにして、ざーっと雰囲気を感じたあと、Yes/Noを下す。心地よいと感じなかったら、「もうここにしようよー」と言っても妥協しない(笑)。そんなお猫サマに「いいエネルギーを持ってるから、もっともっと一緒にいたくなる」と言ってもらえると、人として嬉しい。



エネルギーについて興味がわいたので調べてみると、ネット上でこんな表を拾った。かの有名なホーキンス博士が提唱している意識レベルの発展マップ。上昇順だけじゃなく、人生の視点、感情、プロセスの横の結びつきも、よく構成されてるなぁと思う。
1から1000のスケールで、200が境目となってプラス・マイナス分かれてるんだけど、さて、どれくらいかな♪

エネルギーについて再考するのは、私を離婚へ走らせないひとつの理性的な要因になっているから。
マルくんのエンジェルっぷりには、何度でも感動できる。。。
あまりの素晴らしさに、劣等感を感じるので、一緒にいられないかも、とさえ結婚前に話していた。
マルくんのエネルギーレベルのほうが、私より高い。
人と比べるなとか言うまでもなく、事実としてはっきり感じるの。
それで、どことなく萎縮してしまっているのも事実で、だからスナフキンに走りたくもなる。

スナフキンさまと一緒にいると至極快適なんだけど、彼の暮らしっぷりなど全てを見ていてぎょっとする点もあり(主に掃除)、エネルギーの面では?。ただ、強運な天才で別格感があるのと、不思議な”育むエネルギー”を持っている人で、どんどん伸びていける気がするの。カリフォルニアのママもそうなんだけど、まっすぐ伸びていくエネルギーをくれる人ってとっても貴重だよね。今でも彼女を思い出すだけで、励まされるの。

ドイツ人紳士ゲルハルト(仮名)を置いているのは、エネルギーがいいから。彼はちょっと宗教チックなニュアンスも含め、いいひと感満載なの!心臓まで微笑んでそうな繊細な温かさ。人柄の良さってこういうことをいうのねってくらい。無邪気なんだよね。彼には、たっぷり幸せになってもらいたいな〜。

さらに話を進めると、結婚はエネルギーの発展のプロセスのためにあると思う。
子どもを作るだけなら、社会的要因を除くと、特に一生一緒にいる意味ってみつからないわけです。
それでも一組のカップルが添い遂げようとするのは、上記表にあるように、”全ては一つ”の意識に至る前段階として、”二つが一つになる”というプロセスを体感する必要があるからではないかと。二つが一つにならなければ、万物が一つだとは感じられないだろうから。

こうした理解に立っているから、離婚する意味がよくわかんないんだよね。
二つが一つになるって難しいよ、正直。時に感じられたり、感じられなかったり。
それはどんなパートナーでも、別々の人間である以上同じかなぁと。
自らの成長のために、そうした領域に挑みたい。
だから、パートナーどうこうじゃなく、自分の精神性とか、諸々の問題と考える。
特に、相手の方が優れたエネルギーの段階にいる場合、なぜ私の方から離れる必要がある?

こうして、一部自覚しながら、一部無自覚で、ガマンを重ねて、表面上平穏な暮らしを送っている。
やっぱり何か間違ってるのかな?認めたくない気持ちや、現状に大きな変化をもたらすことにエネルギーを使うことへのためらい、つまり”事なかれ主義”が私を支配している。今のところ。

やめるなら、早く!ともわかってる。でもさ、わかんないもん。確信がないよ。感情に、確信を置ける?それってsounds破滅への道・・・。クレイジー奔放に見えて案外、理性的に生きてるんだよね。幸い忘れっぽいから、スナフキンさまの存在を上手に忘れて日本で生活できてる。現状を固めて(子どもとか)自分を縛り付けてチョイスをなくしたら、楽になれるかもとさえ思う。けれども彼と会うたび、感情への確信が深まるばかり。辛いな。でも、いちばん辛いのは、マルくん。それに、こんな戯言いってられるのも、若いうちだな〜という視点すらある。はっは。なにやってんだか。

緊急で紹介!シャワーヘッドの威力・・・!!

February 07 [Sun], 2016, 15:51
なんてすばらしいのー!!!ヽ(^。^)ノ

まだ一晩使っただけなんだけど(笑)、絶叫したいくらい感動しています。。。


三菱レイヨン クリンスイ浄水シャワー
(Amazon)



私、オルターナティブな保険外診療にまで手を出すくらい、アレルギーに悩んできた。
ぐつぐつ鍋で怪しい薬を煎じて飲んでたのよー。それでも治癒までのハードな道のりを越えられる気はしなかった。
特に実家を出てマンション暮らしをし始めたこの3年間、さらにひどくて、顔面動かないくらいに皮膚が硬直したことも。

でも、もうこの1年、ステロイド剤はつかってません!
ついでに、クレンジングもこの1年つかってません!(つっぱるから!)

負荷の少ない能天気な生活を送っているので、お肌をほめていただいたり、だいたい20代後半の実年齢に見られることはないのだけど、それとアレルギーは別。
顔に触れるだけで肌が散ってゆく。この辛さ、ああ、の状態で飛び立って、エルサレムで3か月過ごしたら、まぁ!別人のような全身ちゅるちゅるで関空に降り立つ〜

マルくんもびっくりだし、きっと悲しがってた。それは私も同じ気持ち。
帰国後、日に日にアレルギーを再発して、痒がっている様子を見て、
「あいちゃんの身体は、イスラエルが好き」「日本に住めない」「脱出計画考えなくては」
とふたりでなんだか辛い気持ちに。

何がちがう?イスラエルではスナフキンさまに甘やかされ、毎日チョコ食べてたし。やっぱり、水・・・?

「そうなの。シャワーするの、痛い。デコルテ赤くなるし!」

でも、浄水器やシャワーヘッドってすっごく高額だと思ってた。10万台からだと(笑)。
それでも、出そうよ、身体が大切だよと言ってくれるマルくん。いやだいやだ、の私。

でも、調べてみたら、実は激安だった。2000円くらいから。なんやったんや、今までの苦悩!
で、即日注文して使ってみたら、ああ、全然違う。
いつもピリピリしてたのに、水がサラサラで、歯向かってこない(笑)。
お肌は無敵のちゅるちゅるベイビー、だけどシャワーを食べる(?)マルくんのコメントでは、
「肌にはなんとなく違うかな?程度。でも、なにより、美味しい、味が違う!」だって。

お肌だけじゃない。髪もサラサラになる!
髪を乾かすときの絡まりがほとんどなくなった。これで堀北真希ちゃんのツヤ髪も夢じゃない。
翌朝、起きてマルくん「あいちゃん、顔違うね。」って。それくらい、違う。
日本に帰ってきて以来、目が腫れて痒くて大変だったんだけど、それもない。朝の洗顔も、さら〜とシャワーの浄水で流すだけでアレルギーっぽい目ヤニの目元から解放され、きゅるると引き締まった目元に。

ああ、感動。

一説によると、日本の水道の塩素濃度は世界一ともいわれ、アメリカの10倍なんだって。そこまで言うと8割がたデマっぽいけれど。でもね、こうして塩素やその他不純物を取り除いた水だけでここまで心地よく暮らせるなんて・・・!夢みたい。

選ぶさいにネットをざっと見たところ、浄水器には2種類ある。
ひとつはフィルターで塩素その他取り除く方法。もう一つはビタミンCパウダーを混ぜることで、塩素を中和する方法。
ランニングコストはビタミンCパウダーのほうが安いのだけど、ごまかしている感と(効果はきちんとあるんですよ!でも、なんとなくね)、塩素以外も全て取り除きたかったから、フィルター式に。

あと、浄水と原水の切り替えスイッチはあったほうがいいですよ。フィルターが長持ちする以外に、浄水だとカビが発生しやすくなるので、最後流したりお掃除するには、原水でね。

ランニングコストは、1人使用で1か月あたり500円以下。これで、肌の保湿、髪の保湿が叶うのだから、本当に夢のよう。毎月トリートメントにサロンへ行って支出したり、肌に付けるもので悩んだりする前に、是非この簡単な投資をオススメさせて

いろいろレビューを読んでみて、試しにクリンスイにしてみたけれど、もし他に良いものがあれば教えてね。ビジュアルがもひとつなのは、ご愛嬌♪

じぃやをオファーされても。

February 04 [Thu], 2016, 19:39
すっごく今さらなんだけど、じぃやができた。じぃじぃ。インジャパン。

ふらふらと、たまにお手伝いしている活動のいちばん偉い人で、そのまま食事に誘われた。「さて、おなか空いたな〜」の絶好のタイミングだったので、じぃもラッキーなもの。私からすれば、良いもの食べて良い栄養摂りましょーだけの同伴。黒塗りの新車でぶぃーん。実は寝坊ですっぴん。

その後も食事、送迎の世話をひっきりなしにオファーしてくださり、ちょっとしたお土産などいろいろ持たせてくれたりして、すっかり愛玩動物として扱われている。でも実際、ほとんどのオファーは流してる世代もあって、打たれ強いし、感心しちゃうほど。

「別に、アイちゃんからしたら、ご馳走様でした、だけでいいんや!」

「ただ、この時間だけは、僕のものだというだけで、嬉しい!」

「アイちゃんのためなら、なんでもしてあげたい!!なんてかわいいんや!!」

「わかるか!アイちゃんは、マドンナなんや!!」

おお、マドンナ、しっぶ。じぃさん、ワタクシ、何かしたのでしょうか?正直、引っかける気など毛頭ない。
じぃさんいわく、最初にお会いしたときに、さらっと私が会釈したそうで(自覚ナシ)、それから1日中目で追っていたそうな。そりゃ、皆さまにご挨拶くらいするわい。だから、全然納得いかない。

でも、ひとつだけわかるとすれば、それは、じぃさん元々の職業からもわかるように、好奇心旺盛な御方なので、ある程度知的じゃないとこんなバカな女役すら務まらないんだよね。そこは有難く受け取る。

じぃさんはさすがにじぃさんだけあって、全ての魂胆を開けっぴろげに話すので、ある意味感心しちゃう。こんな話を、男女の機微にピンと来てない女性が聞いたらいい勉強だろうなと思う。でも、そんなウブな女性の前ではじぃさんだってこんな話しないんだろうな。

どこどこへ連れていきたいとか何を食べさせたいとか、それで何を想像するとか、手の内を明かすようなことは、30代の男性とかなら絶対しないの。でも、考えることは一緒。それで、ああ、こんなじぃさんでもマインドは変わらないんだなーと、新たな境地を発見した。でも、そこでピリオド。男性の金太郎飴っぷりにそろそろ辟易してきた。

あんまり書いてなかったけれど、イスラエル中にも、ユダヤ人じぃさんにすっかりマークされていた。
そのじぃさんはすんごいポエマーで、私にロマンティックな写真いっぱいの長文メールを送ってきては、勝手に愛憎うんむんさせ始めた。さすがに危険と察知して、時間を取ってお会いしたことはない。私的にはポエマーとしかいえないんだけど、何かというと、私流和製英語で、クレイジーな詩人的言動を繰り返す揶揄を込めて、ポエットじゃなく”ポエマー”なの。OK?

いちど現地旦那さま、スナフキンさまに見せたら、そのぶっ飛び具合にドン引きしていた(笑)。
なぜか初めから私のことを姫呼ばわりで、ロイヤルハイネスなど様々な称号がついてたり、いちお本職ラビ(ユダヤ教の宗教的指導者の地位)なので、宗教的歓喜に溢れている用語や、様々な宗教の祈りの隠語が散りばめられていて、文化的素養がないと理解できない暗号のよう。色々ググったよ。厄介にもポリグロット(多言語話者)だから、一層解読が困難なんだよね。あと、このロマンティシズムはイタリア人というのもあるのかな。お金がありすぎてクレイジーなの。おおお。

ともかく、最近じぃさんという分野を開拓したという話。最近30代グラドルも定番トレンドだし。胸ないし関係ないか。なんか、もう無敵だ。

でも、さっぱり興味わかないの。じぃさんにフグ食べさせてもらってる時間があれば、文献読みたいのが博士課程の学生の本音。ごはんは面倒だから、研究室まで宅配してくれないかな。サルートの下着や、ルブタンのベージュパンプス、マックスマーラのキャメルのコート、ハリーウィンストンの時計、宜しくね。うん、それで十分〜。

こう思えるのは、有難くも、満ち足りた生活を送ってるから。
普通の人からするといくぶん距離はあるけれど、歩くのは趣味だし、勉強も趣味、好きな食材買って家で料理するのもそこそこ好きだし、飛行機代はうまく経費から出してるし。好きな人に囲まれて、好きな時間を過ごしているし。

既に高級ヘルシー食材関連の宅配は確保しているので(分野拡大中♪)あと必要なもの・・・なんだろう。
もう少し自分のための時間と、あらゆる美しいもの。それに、安寧かな。ふふ。
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2016年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf