どこへ行っても目立つもので。

October 30 [Fri], 2015, 11:46
イスラエル人は人種はいろいろだが、概して日本人より背が低いと考えて差し支えない。
特に女性はミニサイズである。フィリピーナほどじゃないけれど。

だからね、長身でアジア人となるととにかく目を引くの!
イスラエルに来るたびに書いている気がするけれど、何度も言わせてね!!

先日エルサレムのメインストリートでホコ天の、ベン・イェフーダー通りと、大通りのひとつキング・ジョージ通りの角で、仕事終わりのスナフキンを待ってたのね。ちょっとした待ち合わせスポットなの。すると、道を渡ってくる人の視線がふわんふわんと飛んで来る。男の人5人に1人くらいは、老いも若きも、どこかにうまく立ち止まって、見ているような見ていないような素振りでぐるりと私を見て、立ち去る。決して誰も話しかけてこない。あの人が遅れるので、そんな辱めに15分くらい晒されたか。そのあと待ち合わせ変更され、トラムの走るヤッフォ通りに出て、再度つっ立って待つ。世俗派、宗教派、超正統派、隔てなく私を見ていく。ちなみに男ほどじゃないが女の目にも掛かる。

ようやく現れたスナフキンに半分八つ当たりして訳を聞いていると、いつもより一層視線が多かったのは、きっとこっちの人好む、いわゆるカジュアル・シックな装いだったからなのかしらー?と思い当る。
それもね、革ジャンにボーダーのニットロンT、デニム、ショートブーツ、という、日本でいうカッコイイ系カジュアル?みたいなかんじよ。言われてみたら、スーパーモデルの私服って、こんなかんじよね!

日本ファッションってどうして外国でこれほどきまらない?大まかに日中韓の外に出ると、ファッションの趣向が全然違う〜。とりあえず、イスラエル人は冬になると革ジャンを着るイメージがあったので、日本で購入していったの。日本じゃなかなか着ないのですが。景色とか色合いが違うから日本の服が着られない。清潔さも気になるから、繊細な素材のスカートとかはけないし。。。

やはり現地に入らないと欲しい服ってわからないもので。最近ハイテク系で就職決まって人生上向きの別の友人に連れてってもらって、Nike storeでデイリーユースの運動靴を選んでいたのだけれど、なんだか隣のブロンドのイスラエル人女性の視線が気になる。
「それ私の、取ったでしょ!」と試していた靴にいちゃもんをつけられたので、「違うし、棚から取ったし!」と負けずにガミガミ返答した。そして違うものを試してトコトコ歩いていたら、また彼女からの視線が。
「あなたが履いていて良く見えたから、それを買ったの!あなたは私のシュー・モデルよ!」明るく言うけれど、このてきとーさイスラエリ。こんな風に、とにかくアジア人な不思議な私が気になるらしい。

嫌味な視線じゃないだけマシなのだけど、どこへ行っても一度で顔や名前覚えられえるし、店の前通ったら見られるし、エルサレムといっても小さな街だから、3か月で街の有名人になっちゃいそうだ・・・。


もう。ただただ、スナフキンさまと、ゆったりしてたいの。。。ノーモア、ロマンス。(本日の切実な感想。)

セカンド・パートナーとは♪

October 26 [Mon], 2015, 8:43
私、こんなトピック知らなかったんだけど・・・

友達以上不倫未満? “セカンド・パートナー”という不思議な男女関係とは!?
(読んでみてくださいね♪)

ざっくりいうと、既婚者が家庭の外に持つプラトニックな恋愛関係のことです。
現在のパートナーと万が一のことがあった場合には、一緒になろうと約束している場合もあるとか。

今の職場のお姉さん(案外リベラル)が、「最近はセカンド・パートナーというのがあるらしいですからね」と、私とスナフキンの関係を描写なさって、初めて知ったのー!

正直、私たち20代30代には、わざわざ新しく定義して使う言葉ではないね。
男女の友達関係はアリかナシか、の既婚バージョンの議論で十分。

セカンド・パートナーの新しさは、もっと大人の世代で今まで安定して築いてきた家庭があっての、”社会的な主婦”のための気楽な関係を周知させたことにある、かな。

と、端的に結論だけまとめちゃったー。
つまり、正直取るに足りないコンセプトだと思う。

北欧などがリードする、過激なほどリベラルな男女関係観からすれば、「なにそんな、ちまいこと今さら言ってんのw」だろうし、どこの社会の一部でも必ず、名付けなくともそういう関係持っている人は、歴史上今までも結構な数で存在してきたはずだからね。



さて、ここからは私の個人的な経験から、もうちょっとセカンド・パートナーを検証してみたいと思う。(とかいって先は見えないんだけど^^)

先日書いた”誠実な色男”に学ぶ、浮気欲処理法♪で、セカンド・パートナーのエッセンスは、計らずとも結構出てたね?例えば、

>>こうして私とデキる君は、お互い浮気解消の盟友となる契りを交わしたのでした。

>>若い恋愛期はもちろん、結婚しても、異性の友人の存在が、パートナーとの関係を一層ピースフルにするなんて、思ってもみなかった。人生いろいろ、人間って面白いですね。


この素敵なデキる君は未婚だけど、なにかセカンド・パートナーに通じるものがある!
というわけで本人に「こんなのあるみたい!」と報告したら、デキる君、「あいさんのセカンド・パートナーになりたい!」だと。あれー??
しかも「けど、身体への発展、あるでしょ!あいさんは〜・・だし、男が生理的に問題がなかったら、してしまう可能性大!」ってさぁ、間接的とはいえ、無邪気にしたいと言われれば、きゃあとしか言いようがない。(それでもラブリーなのがデキる君クオリティー。)

でも、あんな清潔な顔して、あの人も男なんだな、と確認。ネット上のセカンド・パートナー議論の中で、セカンド・パートナーには男性の方が難色を示すということが何度も出てきたの。「相手が男である以上スルに決まっている」ってわかるから。

デキる君が本物のセカンド・パートナー(将来を約束している関係)になるかはおいといて、素敵男子が周りにいるといいよねー王子様系のデキる君に対して、現実今隣にいるのは、もはやママ系?スナフキンさまですがね。

スナフキンとの関係を振り返れば、もう3年半。カシューとアーモンドのミラクルから始まり、ほんの数時間でソウルメイト的な親近感をお互い確信した関係。ちょうど1年前訪ねた時には、私は彼のことを想ってマルくんとの婚約破棄をしかけ、大変な目に遭いました(マルくんが。)

それでも懲りずにスナフキン、アゲン。

なんでこんなに好きなんだと言っても、わからないの。たぶん、一生攻略できないから?人としてかしこすぎるから?強くてタフだから?限りなく優しいから?色気がムンムンだから?男っぽすぎる声?彼の全てが好き。ヒューマニストだし、決して型にはまらない、自由と誇りを持った人。生きるにあたって、何が大切なのか知っていて、ふざけているようにみえて、本当はど正直なんだよね。

しかも、絹のように目が細かい・・・繊細。

私が波乱を乗り越えて、思い切って「このまま結婚します」と決断して、彼に伝えた時、泣いたんだって。信じられないけれど。でも冗談じゃなかった。私、いつも彼から大いなる愛を受け取っておいて、仇で返している
この3年間、いくらかの時間を一緒に過ごしてきて、いつも満足してるの。それなのに今回はさらに尽くしてくれているのを感じていて、大満足。

日々の送り迎えに、携帯の手配、街で一番美味しく素敵な場所へ連れて行ってくれ、豪華な知人勢や、心の良い友人、家族にまで会わせてくれる。

「この3か月でうまくいけば、そのまま結婚の支度できたんだけどね」

スナフキンさまって、寝た数は軽くン桁いってるはずだけど(笑)、ご両親に会ったことがあるのは、4人だけなんだって!わお・・・。入れてくれてるの、ワンオブゼム。
先日実家へ連れて行ってもらって、後にご両親がスナフキンにこう言ったそう。
「もしかして本気で付き合ってるの?好きなのがにじみ出てるけど。」

私もご両親のこと大好きで尊敬しているので、なんだか少し切ないな。
スナフキンてば、遂には私の洗濯までしてくれて(しかも完璧パリっと!)、もうママなのかパパなのかセカンド・ハズバンドなのか、実はすっかり手懐けてしまったペットなのか、わからない・・・。偉人。

「さすがに、今まで”レディー”の分の洗濯はしたことなかったなぁ笑」

「よかったね!まだ大人になっても初めてのことがあるもんだよ!おめでとう!」

ちゃっかり励ましとこ。

・・・・・・だから”セカンド・パートナー”なんてイラナイ♪

30時間の誕生日

October 18 [Sun], 2015, 14:54
ご無沙汰しておりました。こちらは元気にやっております。

急な好機が舞い降りまして、昨日からイスラエルにいまーすヽ(^。^)ノ

なんやねーん!聞いてへんわー!という方は、うちの妹も同じ筋書きで、ここで知ることになるので(笑)許してね。出発前の事務処理に追われて、ほとんどご報告できずに出発しちゃったのでした。

滞在先はスナフキンのお宅です。マルくんの許可を取ったの!まさか許してくれると思わなかったけれど、まぁ、NOも言えないよね。私にとっては、無料で伝統的な”いいとこ”に住まわせていただけるし、車も出してくれるし、食費も出してくれるし、何よりスナフキンといると研究の面でも学ぶことが多いから、もはやスナフキンなしのイスラエル滞在って考えられないの。

普通の研究者は、ホステルや観光地で他の研究者に遭遇するそうなのですが、私の出没先はあまりにローカルしかいない場所ばかりなので、アジア人どころか、ヨーロッパ系の旅行客らしい人すら見ないよ・・・。
エルサレムの一番美しくてお洒落な場所は、ホステルのあるトラム沿いの繁華街一帯じゃなくて、もっと南側なんだよねぇ。

そんな感謝の気持ちも込めつつ、相変わらずのスナフキンを満喫中。
いつもの素敵な行きつけカフェで日本じゃお目にかかれないクオリティのカプチーノを堪能したり、日常のお付き合いに同伴して、お誕生日のお祝いもあらゆるところでしてもらい、本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。久しぶりにガリラヤ湖の近くの赤ワインもご馳走になった。お昼に到着して、カフェ3件、バー1軒、それにご実家でディナーまで頂いて、1日目おしまい。盛りだくさんでした〜。



ご実家ごはん。美味しいのー!
前回のことがあったので、ご両親、とくのママにどう思われるかな〜と不安だったのだけれど、「親は君のこと好きだよ」とのことで。そうなの?実際、息子の大切な人だと察していらっしゃるらしく、突然来たお客なのに、スナフキンのご両親とお姉さん夫婦と犬は、とても温かく迎えてくださったの。グッドルッキング犬は、めちゃくちゃ可愛いのに、相変わらずライオンみたいに獰猛だった

そういえば、旅路では、11時間のフライトをスペイン人のエンジニアさんが隣で楽しむことができました。
ニュアンスや全てがリアル旅人で、実際80か国以上回ったとのこと。機内の朝起きた時、一番にハッピーバースデイを言ってくれたのでした気楽で気の合う人で、なにより空港を知り尽くしていて(笑)いつも迷子一歩手前なので、助かりました〜。

スナフキンを牽制しながらの3か月が始まります。
以前より甘えてくるのは気のせい?
私も解放を求めていた以前とは違って、マルくんの愛に満たされて幸せな主婦の気持ちだから、流されることはないのだけれどもね〜!ではまた、生存情報がてら、ご報告します
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf