したい女、は本命と別物。

September 28 [Mon], 2015, 11:33
最近また、叶姉妹ブログをチェックしている。
おふたりの人間を超越したあり方が素敵だと思うし、美味しいものを見られて幸せな気分になるし、なにより常にポジティブな言葉しか残さない方々なので好き
マルくんはある日、テレビで恭子さまを見て、「この人、男?!」って驚いていたのだけれど・・・(笑)

最近の記事で、恭子さまが米会社が世界で初めて開発したセッ○ス・ドールRoxxxyに似ていると話題になっている、という趣旨のものがありました。確かに、似ている〜。それに、某外国人映画監督の「あなたの顔は世界中のすべての男性の理想の顔そのものだ!」というコメントも載せていらっしゃいました。

これが、とても不思議でね?

恭子さんが人形に似ていらっしゃるのは、ま、皆さん暗黙の了解でご存知かと思います。恭子さんの本職ですものね。ライフスタイルや興味など様々勘案して、デヴィ夫人の発言からも明らかなように、国賓レベルを相手にする高級娼婦なので当たり前すぎるくらいに納得。けれど、「理想の顔」ってよくわからないヽ(^。^)ノ??

私をワイフにするくらい、可愛らしい系の顔が好きなマルくんが「男?」といってもどうぞご勝手に、なのですが、
世界でそんなにウケる顔なのかな・・・?というか、万国共通でウケる顔など、ない気がするのです!

だからその監督さんの発言のワケがわからなくて、マルくんに聞いたら、新しい発見になりました。

娼婦に相応しい顔っていうことじゃない?いつも娼婦をあてがってもらって慣れている人たちは、どんどん”普通じゃない”のとしたくなるんだよ。日本のアダルト・レンタルのセクションに行けば、半分が幼児モノだよ。今娼婦といえばトランス・ジェンダーとムスリム女性が大流行りみたい。」

なーるーほーどー!!!

男って本当に子どもなんだよね。
自尊心が満たされるまでは、女なら誰でもいい、そこから、可愛い子としたい、
自尊心が満足してきたら、手を出してはいけないものに手を出したい(幼児、人妻など)、そこから、モンスター系を征服したい、と、ポケモン感覚になって、
年を取ると弱気になるのか、また戻って、お金にモノを言わせて若くて素敵な女の子のエッセンスを吸い取りにいったり・・・(笑)
この変遷はめっちゃ適当ですが、本命とスル女は別!ということだけは一貫している。

毎日の生活ではスルことが全てじゃないですからね。ロマンチックな時間も同様。
規則正しく健康的に食べて、お風呂入って、睡眠取って、清潔な環境で暮らすことが幸せだって、案外男の人の方がわかっているのかも。だから、女が男を寝取ることは考えにくい・・・。寝るだけの女が、本命に格上げされることは、稀。そうなることがあるとすれば、たぶんその男、イケてない(笑)。

昨夜、ご縁あって、さら〜と祇園のピアノバーに私たち夫妻をエスコートしてくださった有力者のおじさまも、いかにもだった。何人女の子いるんだろう?それになぜいつも、”いかにもおじさん”って、顔が岩みたいで黒いんだろう?(笑)この手のおじさんはどう頑張っても寝られないし、寝たことない・・・。

いいえ、こんな悪口?言っててはいけませんね。
美味しいスコッチ飲みながら、素晴らしい生ライブを聞かせてもらって、可愛い舞子ちゃんまで同席して。スマートにブラックカードでdone。タク・チケットまで頂いた。礼を尽くす、肩書に対して全然威張らない、いい人だった。

娼婦のビジュアルは本命と違うところから始まって、一般の女の子でも、スル用と本命は違う、のが男の人の感性なのだな、ということで、ゆるくまとめ。
ちなみにお店のママたちは、たっぷりの母性を基礎に女の子っぽいからこそ、いつでも男が駆け込みたくなる場を作れるのだな〜とも思いました。きっと女性が思うよりも、”女”より”ママ”っぽいのですよ。

「憐れみ」慎重論と「開発」について

September 27 [Sun], 2015, 23:28
皆さま、何かに対して憐れむこととはありますか?哀れむ、でもどちらでもいいです。大きく捉えてね。

何かをかわいそうだと思う気持ち。
その気持ちに動かされて、助ける、守る、といった行動に出ること。

今なら、欧州に殺到する移民、”フクシマ”や鬼怒川の氾濫に見舞われた方々、殺処分される動物たち、アフリカの子どもたち、末期ガン患者・・・キリスト教精神を思い浮かべる方もあるでしょう。

彼らは家族、地域、社会、国際的な場において最大限で気に掛けられるべき対象であるし、確かに、かわいそうなのかもしれません。人や動物が、苦しい状況や不正義の犠牲になっている状況に、同情を寄せるのは必要なことだし、人間らしいですよね。人の境遇を自分のことのように感じて追体験するのは、人としての成長にとても役立ちます。辛いことを疑似的に経験することで、実際に経験せずに済むこともある気がします。

けれども、もう一歩上がるには、悲惨な状況と、それを経験している人とを分けて捉える視点が不可欠です。
私なら、それを経験している人に対して「まぁかわいそうに・・・」という態度で接することはありません。
だって、その人たちが本当に自らがかわいそうな気持ちでいるかは、わからないでしょう?

厳しい状況、命に迫る状況に対して、どういう気持ちで挑むかは、その個人次第なの。
それは、真夏の太陽を見て、「わぁ絶好の海日和!」と思うか、「ああ今日も日焼けする、お願い曇って」と思うかと同じこと。よく経営の啓発本で、危機こそチャンス!とか言うじゃない。それほど強気なポジティブにならなくとも、ほんと、物事は見方次第です。

だから、”かわいそう”な人が、本当にかわいそうなのかはわからない。
憐れんで接するのは、その人がかわいそうと決めてかかることなので、私は失礼だと思ってしまうの。

「アフリカの子供たちのまぶしい笑顔」とか、よく言うでしょう。どんな境遇で生きる人にも生(ライフ)があります。常に進行形。その中にアップダウンがあって、悲しみに浸っているだけでは生きていけないよね。だから、暗闇の中の一筋の光を見つめて、気丈に振る舞う力を掻き消すような、上からの”かわいそう”精神が大嫌いです。皆を標準化して、無力な人々に手を差し伸べよう、と勧誘する宗教がかったプロパガンダ、いりません!

実はあるNGOがまるっきりそれなんです〜(まぁ、多いでしょうね〜)。
英語で”かわいそうな”現地の”かわいそうな”方がエピソードを話してくださっているのを、そのNGOの代表の女性で翻訳者が、ハッピーエンディングから”かわいそう”エンディングに正反対に誤訳?!して、最後に一人涙・・・乙。

私も今さっき、アレルギー性皮膚炎で”かわいそう”なことになっている私に対して旦那が向ける視線に対して、
「お願いだからやめて。自分が人間でない気がしてくるから。」と釘を刺したところです。
入院中の人に、かわいそうにね〜ってお見舞いに行くのも良くないと思うよ。あれほど退屈で、皆がかいがいしくしてくれる場所もないので、見舞客に求められる態度は明るい活気だと思うわ。大丈夫〜?なんて最初と最後だけで十分。

こういうことを言うのは私に限ったことではなく、過激な人なら「長期にわたる人道的援助は彼らの自立を妨げている」とさえ言うよ。これはもう少し話を続けないといけません。

憐れみが西欧中心主義、現代化(modernization)、資本主義のオブラートとして使われてきたのがこの200年の歴史じゃないかしら(ざっくりと!)。”文明化の使命”という名目で、産業化の走りとなった国々が一斉に海外へ出て、産業のサの字も知らない国々を領有し、人々を売りつけたい物の消費者に仕立て、商品価値の付くものは現地の労働力を使って効率的に巻き上げながら、自国に都合の良い教育を受けさせた。これが植民地化です。

このレトリックが終焉を迎えたのが、戦後世界で帝国主義や植民地にNOが突きつけられて以降。
では、現代”文明化の使命”の代わりに使われているのは何か?私は(そしてある派の学者たちは)”開発”だと思います。(ようやく、私の長年の”開発”嫌いがまともに説明できるようになりました〜)
もちろん、”文明化の使命”よりずっと慈善活動に近いですよ。

私は全く開発の専門じゃないのですが、憐れみという観点から素直に見るならば、国家主導で行われてきた”文明化の使命”は戦後、自然に3つの主体へと変化していきました。
1.政府による”開発”
2.NGOや国際機関による”人道的援助”
3.多国籍企業をはじめとする世界的大企業による”ビジネス”

この3つは互いに関係しあっていて、明確な区切りがあるわけではありません。開発の中身は企業が担うことが多いし、企業のCSR活動はどこへ入れるのかという議論も考えられます。

そういう前提をもって、なぜ3つの主体がそれぞれの活動を主導するのかと考えると、

1.開発は人間の生活水準を上げるための取り組みだとすれば、政府は国家の名で建設、教育、医療などの施設を作るための技術供与や金融を行うことで、名前を売り込む=プレゼンスを上げることができる。

2.人道的援助を、衣食住など普通の暮らしを実現するための最小限度を保証する取り組みだとすれば、基本的にあげっぱなしで、バックがない。お金が集まりにくいが、要望する人数は多いので、国家単位、企業単位でやるよりも、効率性を考えて国際的か非政府活動のほうが効率的。

3.ビジネスは、規制があるとはいえ、お金が全てモノを言う世界なので、お金で換算するのが難しいことは無視することができる。環境への影響や倫理性は、規制の範囲内で許される。規制というのは自由な国策の産物なので、環境を二の次にして経済誘致を進めたり、整備基準の緩くて維持コストの低いパナマ船籍が沢山うまれたり、タックス・ヘイブンの島や行政区の存在や、食の安全基準など、全て自由裁量です。経済界からの圧力を受けた国家の規制なので、あってないようなもので。。。国も稼がないといけませんしね。
国家の名ですると国際社会で法的、政治的に咎められる可能性があることでも、多国籍企業の場合、自分に都合のよい法律を持つ国を選んで活動できるので、最低賃金の低い国の労働力を、安全性ギリギリの環境で酷使して、税金は無税の国で払いました、ということができるのがこの世の仕組みです。企業など私人の活動を直接的に規制する国際法はないはずなので、領域国家の管理責任という間接規制を受けるのみです。つまり、これも個別国家にお任せね。

もちろんのこと多国籍企業は国連機関に支出金を負いません。
しかし、世の中のお金は、国庫よりも私企業にあることは、一時期流行ったおもしろ地図で明らかでした。
(探すのだけれど、どうしても見つかりません!GDPと多国籍企業の年間利益を合わせた地図だった気が。例えば、パイロット(ペン)が南アと同じだったのは覚えてる。ロシアはネスレだったかな?)
植民地時代の搾取機能は、奴隷の認められない現代でも、私企業という非国家主体が負っている側面があるのは、否定できないと思います。

こんなことを言うと、「なにをー!貧しい人々に栄養を効率的に与えているんじゃないか」とか、「経済を活性化しているんだ」と真っ向から否定されるでしょうが、こう反論する姿勢こそ、「文明化の使命のために!」と言っていた時代と大して変わっていないのではないかと思います。植民地が必要になったのは、新規市場開拓のためですからね。

ここで戦後3主体の取り組みに立ち返って、人道的援助は何かを考えると、一番脆弱な人々を対象とする見返りのないものなので、一番邪のない「憐れみ」かな、と思います。
かといって、前半にお話したように、”上からの決めつけかわいそう”にはしたくないですね。

ですから、悲惨な状況に多くの人、モノが巻き込まれている事態に対して必要なのは、
憐れみという感情を拡散することよりも、状況を早期終結させる効果的な活動を実施できる知性だと思います。
・・・冷たい?(笑)

アンチ壁ドン!”橋ドン”注意。

September 22 [Tue], 2015, 15:05
やれやれ。ここまで長続きして流行るなんて思ってもみなかったよ。壁ドン。
映画「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰くんに端を発し、2014年大流行したけれど、
今や三条大橋でチャラい外人が通りすがりの女性にいきなり”橋ドン”しているらしいですからね!
プンプン、犯罪の香り!!
(私なら秒殺、肘フックくらわせて、引っくり返してやるわ!!)
皆さん夜の一人歩きはお気を付けて。
マルくんいわく、「(外人が)デブでもなんでもやってる」とのことなので・・・(そこ問題ちゃうねんけどー笑)。


壁ドンできるほど高さあったっけ?と驚きましたが、案外あります。
木屋町帰りの酔っ払いがするそうです。全力で拒否しましょう!


先日そんなカン違いな話を聞いて以来、あら、外人だからやはり流行が遅いのね・・・今頃かいな、なんて思っていたのに、案外しぶとく栄えているそうね?!壁ドン。
最近テレビっ子な私は(笑)、磁石男2015で向井理さんの不器用な壁ドン狙い⇒まさかの牛ドンを見、
昨夜のバラエティーで、韓国×オーストラリアの美少年ケイン・デニスくんの片言の幼い壁ドンを見、
世間の壁ドン欲求に、オロオロ、戸惑いを隠せないヽ(^。^)ノ

女の子(マインド≠年齢)って、強引な男性に”奪われる”ことに、ロマンティシズムを感じるものなのね。
そういう漫画的な”もってかれ女子”の感性では、永遠に振り回され続けて虐げられて終わるんだけどねぇ。
参照:SM考〜受け身の罪悪〜(23歳、5年前にこんなものを書いてたみたい)
”橋ドン”をする外人も、なぜするかといえば「日本人の女性はこれが好きなんだろう?」と無邪気なもので。こんなことが好きと思われていることに、屈辱感すら感じています。

アンチ壁ドンは今まで何度か記事にもしています。オタ論(同じ年の有名な?記事)壁ドン前史時代(笑)の出来事です。
本当に壁ドンされたら憤死しそうになりますよ♪
当時もう終わりにしたかった元彼だったので、嫌すぎてしゃがんだり(抜け穴だよ!)、身体も押さえられてからは必死に横向いたり、「大キライ!触れんといて!」と叫びまくり、睨みまくった末に、顎ガチ(グイではない)でちゅーされましたからね!腹が立つ!それで結局泣いた(笑)。

これがリアル壁ドンだと思うよ。
「好きな人に」「イケメンに」「不意に」「強引に」って、よく単語の並びを見たら、非現実的なことに気付くはず。
こんな高圧的な態度は、大切で貴重品のような女性には取れないはず。無縁で涼しい顔で暮らすのが一番です。
本当に愛に溢れている人はむしろ足元にすがり寄るので、上から壁ドンなんてありえないの〜。
この粘着質な人はこの後も会ってないのに連絡が来る人でした。3年間くらい?今思えば、甘えられると思われたんでしょうね。片親でひねくれた人だったので。そろそろご結婚なさってますように。がっちり稼いで都会暮らしなさっているはず。

夢想は自由だけれど、極上の満足を体感すると、壁ドンは必要なくなるだろうな。
本当の愛されている実感に満たされている人が少ないことの裏返し、と思うと切ない。なんとかしたい。

今回はなにより三条の橋ドンへの警戒を伝えたかったので(笑)、ここまで。
きちんとNOを言える女性も少ないそうで。こんなのダメ、絶対!

みんなちがってみんなおなじ

September 20 [Sun], 2015, 14:44
もうひと息で、一皮剥けそう!

最近、意識の変容が加速していて自分と人がまるで別物なのだという感覚と、同時にみんな同じ人間なんだという感覚が同時に強まっている。不思議〜。

ちょうどこの連休中に結婚6か月を迎えます。6か月とは、名字変更可能な期限なのですね。そこでラストミニットあいぼんさん、旦那様に切り出しました。「私、あなたの名字になりたい」と。実は、うちは夫婦別姓なのです。(外国人ならできるのですよ。)区役所に行って、ある厄介なことが判明したので名前変更はしなかったのですが、なぜそもそも変えたいと思ったのか。それは、私が普通の日本人枠で生きていないことを、あからさまに認められるようになったからだと思う。

どれだけ英語を話せども、日本が大好きだし、日本で暮らしたいし、日本のために働きたいとさえ願っているので、外国人性になるのは抵抗があったのね。子どもも日本の文化環境で育てたいと思っているし。それに、カタカナ名字の日本人女性って、外国かぶれで日本人を見下している気がして、そういう仲間になりたくなかった。大きな偏見だし、若い世代ほど何とも思わずそうしているんだけど、そう感じざるを得ない団体とか集会って、あるじゃない。きっとみんな思い当ると思う。

そんなアイデンティティの整理も平行して行っていて、周囲の方々が私に対するコメント(幸いほとんど褒め言葉ばかりなのだけれど)を日常的に受け取っていて、気付いたの。”ああ、私って本当に普通じゃないんだ”って。
確かに、自分のようなバランス感覚で人生を設計している(=欲しいものに手を伸ばしている)人って周りには見当たらない。こうしてああ、ものすごくひとりぼっちだなぁという感慨と同時に、深い意味では、この感覚は誰もが持っているんだろうな、とも感じられて。

みんな一生懸命で、みんな多かれ少なかれもやもやを抱えていて、安住の地を求めている。
それぞれのステップで改善に邁進している。皆、地球というステージで日々舞台を演じる、可愛らしい御子だな・・・。とね、、、きちゃってる系ですが、かなりメタな認識が日常化しているの。

これだけ自立心旺盛と言われる私だって、最後まで甘えたかったんだろうね。どこかにロールモデルがある。どこかに酷似して並走している人がいる。そう信じたかった。けれども、もう今の場所には、いない。自分ひとりで、自分を見つめて正しい欲に従って走って行かなきゃならないんだって、ようやく腹が括れそうなの。

さっき年配のカタカナ名字の人が苦手と言ったのは、彼女たちが外国との関係をほのめかすことでアドバンテージを取ろうとしている姿勢を感じるから。外国人積極差別反対という私の原則に反するでしょう(笑)。けれども同時に、彼女たちは私の拒んできたリスクを取って堂々と生きている人でもあるの。それは、「私はunusualだ」ということを前面に出した生き方だから。

それに社会に自分を売り出すときは、自分が人と同じところと、違うところがウリになるんだよね。
同じとは、(日本の)常識がある、協調性がある、組織の中で適応できる、など。
違うところなら、語学や専門知識や人脈やコミュニケーション能力など。

日本で生まれて、ガイジンと結婚するという可能性を経験するひとは、今だマジョリティにはなっていないだろうし、実際に結婚するひともそれほど多くない。日本の国際結婚no.1はアジア圏が占めて、次にアメリカ、イギリスなどメジャーな国なので、うちの旦那の国はまだ稀です。

そうね、カタカナ名字くらいわかりやすく「違うの」って主張するほうがいいのかもしれません。遅かれ早かれ改名プロセス始めます。
自他ともに「違う」と認識してようやく、甘えから脱するようになって、「みんなちがってみんないい」意識に自然と流れていくのかな・・・なんてね。ここから、「みんなおなじ」までさほど距離はありません。


考えすぎのあいぼんさんのアタマの中にお付き合いありがとうございました

欲しいものには手を伸ばす!

September 19 [Sat], 2015, 13:58
こんにちは。私のフリーダム夏休みも、もう終盤に差し掛かっております。どきどき。
毎日エネルギーだけは有り余ってるの。さてどうしよう、ブログを書こう!

妹はおねーさまのことを大変よく書いてくれているしコレ(妹ブログ)
「努力は運を運んでくる」んだって!そうなのか!知らなんだ!

というわけで、「努力」というか、「行動」について少し思うところをまとめておくね。

人生、なんでもアリなんです。
「子どもが2人ほしい!」
「コスメル(メキシコのリゾートアイランド)の5th Ave.に別荘がほしい!」
「毎年1回ずつは、国内旅行と海外旅行がしたい!」

なら、やっちゃえば?

クレイジーな生き方をしている人なんていくらでもいる。
自分が自覚する分では、「もうwantのままに行動しても、良心に反することはしない」もの。
だから誰かに迷惑をかける可能性は限りなくゼロ。

手につけやすいところから始めて、とにかくやったらいいの。
こんな簡単なこと、なんで今まで気が付かなかったんだろう!

何かを手に入れるのは難しいと感じているとすれば、それはただ、「何か」をはっきり知らないから。
「何か」を自覚して「手を伸ばせ」ば、たいていのものは手に入るようにできているの。

「何か」が漠然としてしばらくしても収まらないときは、方向性さえ分かれば、そっちへ向けて何発も撃ち込めばいいの。どれだけ撃ち込めるかはキャパ次第。どれが実現するかは、カミサマにお任せ。

「何か」がほしいと思うことに抵抗を感じるなら、それは過去に縛られているから。
過去は過去。人間は生もの。未来は白紙。どんどん変わっていくのだから、今の自分で何度でもトライすればいい。

「手を伸ば」さずに、欲しい欲しいと言う、思うだけではダメ。
どのように「手を伸ばせば」届くのか知る&考える&想像するのは社会的知性を要します。
わからなければ、人に聞く、調べる。それも、「手を伸ばす」ことになるの。

自分が気持ち良く生きるのがいちばん〜〜
昼下がりのテラスでカフェオレ飲んできて、気分一新、お昼からのオシゴトがんばります!
皆さま、シルバーウィークの心地よいお天気を存分に満喫してくださいね

男のロマン『キングスマン』

September 14 [Mon], 2015, 11:37
用事で旦那さまとお出かけサンデー。カフェで休憩中ふと・・・「映画みたいね?」「やっぱり?」
その場で調べてチケットを購入しに行きました!キングスマン。



おたく界の前評判は、マッドマックスに続き〜の、最高なことは聞いていたのですが、ああ、なるほど(笑)観た後、笑いしか込み上げてこない、いい映画でした。ウェブ上の感想も、「スカッとする!」とか、「美しい殺し合い」「華麗」という、シーンごとの完成度の高さを称賛するものが大半です。

≪内容がっちり書いちゃうので、観に行く人は読まないでくださいね!!!!≫


そこで、私の感想はね〜。劇場を足軽く後にした瞬間、ぽろり。

「これ、普通の男の子が好きな映画ね。男のロマンがそのまま。」

・普通の冴えないヤンキーが世界を救うヒーローになる、ヒーローストーリー。
・普通の男が普通じゃない起点の利かせ方を知って、クールに振る舞えるようになる。
・オシャレすぎる会話。顔色一つ変えずウイスキーを嗜む男たち。
・アーサー王の円卓の騎士団を模した秘密結社でコードネーム(ランスロット、パージヴァル、ガラハッドetc)
・騎士が王女を助ける、というそのままプロット。しかも解決後、即刻身体を頂ける。
・青白いオックスブリッジのボンボンはへたれで失格。
・傘、ライター、ペンなど紳士グッズが秘密の武器。

原作はマンガなのですって。やはり。ウィキを見る限り(The Secret Service)プロットはまた別なのだけれど。小説でないことはわかるね(笑)。

また観たいです(笑)。
誰とでも観に行けて楽しめる貴重な映画だと思います。

プロットや画面作りも、ごくわかりやすくて、映画を見慣れていない人でもOK。
全人類にチップを埋め込み衛星で管理するという話は、実際に近未来に起こるだろうと言われている。
エセ・ノアの箱舟も、天変地異など世紀末を感じるにしたがって、いくつも生まれるでしょう。
IT会社社長を黒人にしたのは、ノストラダムスのBlack Popeの予言がモチーフだろうし、
人口削減は・・・既に実行中、ですよね〜。(ダーイシュの陰は共和党。検索すれば写真も出るよ。)

そういうオカルト要素も含みつつ、決して深さはない(笑)男の子向け映画!
普段、小さな円を正確に刻んで生きている、去勢された男性たちの「男の子」な本質を刺激するのでしょう。
マチュアなマルくんは「ムダな殺し合い。キルビルの方がいい。」とのことでしたが。
今映画館で見るなら、良い映画を選べたと思いました。

ユキコ道本レビュー〜溺愛ワイフの日常〜

September 13 [Sun], 2015, 9:15
今、ユキコ道の本で、グーグルブックスに載っている分をざーっと読んでね・・・。
びっくりした。自分でいうのもなんだが、私、天然ユキコ道だね。以前そうコメントを頂いただけあるかも。

悦に入るわけではなく(結果求めてないですし)、あらまー?というかんじ。
ユキコさまは優しい御方。お姉さん友達になってほしい!
ユキコ道の実践って、毎日自分も彼もみんなもハッピーに暮らせる心遣いがあれば、普通にしてしまうことばかりじゃないですか?

例えばプレゼントの喜び方について。
”いただいたプレゼントで、プレゼントしてくれた相手を喜ばす(96)”

先日の出張お土産にびっくりしちゃった。何が欲しいと聞かれてお願いしたのはナチュラルハーブの歯磨き粉だけだったのだけれど、歯磨き粉なんてつまらないものをお願いしたのが恥ずかしくなっちゃうような量のお土産がドン!ダイニングテーブルに山ができました。私の両親にも用意してくれました。自分のためには特に何も買わないのに、私にはバッグを2つも買ってきてくれましたマルくんは学生です。
ファッションは大好きだし、自分の美学はあるけれど、拘り?我?はないみたい。まさかのお土産にびっくり嬉しくて、その場でファッションショーモデルばりに、バッグを見せつけ可愛いでしょー!とアピール(笑)。さっさとモノを詰め替えて、翌日から早速使います。うーん、素敵!とうっとりしながら。

先日の結婚指輪もそうでした。キラキラに相応しくネイルもキラキラにして、宝石の透明感に負けないように手のお手入れもせっせとして、翌日からお出かけにいつも一緒♪ふとした瞬間にキラキラにうっとりする時間を共有するの。ほらみて、綺麗ね・・・ってね。

食事もしかりですよ。一つ前の記事のアメリカパパにもよく言われてたわ〜。「あいちゃんは本当に嬉しそうに食べるから、美味しいものの教えがいがある」と、19歳の時から。”口福”の瞬間をアピールするのは、次の”口福”への伏線になりますからねアピールの仕方はキャラによって臨機応変でOKですよ。私は無邪気にすごーい!の延長で大げさに表現するけれど、ユキコさまのような大人知的エレガントなら、より美的な言葉で表現なさるのかもしれません。私にゃ出来ない♪

"『好き』『愛してる』『会いたい』『さみしい』使用禁止令(112)"

私とマルは結婚して半年を迎えようとしていますが、付き合っていた2年強も含め、私は今までI miss you(会いたい、寂しい)をほぼ言ったことがないと思います。そもそも、あんまりmissしません(笑)。悪い意味じゃなくてね!始終温かい気遣いを受け取りながら一緒にいると、たまの一人の時間が楽しいじゃないですか。好きとか愛してるも、彼の100分の1くらいしか言ってないなぁ・・・。言う暇がありません。ひたすら好きだと言われるので、あ、はいはい、うんうん、わかった、よしよし、という状態。大きな犬にワンワンと寄られる様子を想像してね

”とことん甘えさせる(122)”

これが”普通の可愛い女の子”ではできないことなのでしょうね。男性が甘えてこないということは、あなたには彼を受け入れる力量がないと思われているの。きっと、男性のことより自分が可愛いばっかりで、認めてほしくて、不安定で幼い女の子なんだよね。わかるよ〜初めて付き合った人のときはそうだったから。ふがいない気持ちでいっぱいだった。
単なる女の子じゃ家庭を任せられないよね?それと同じで、一人の男性にとって、恋人であり、同時に母、妹、先生、看護師、娼婦・・・全方位から包み込む女なら(斎藤薫さんを一部引用)、他の女に興味は湧きません。余裕があって遊べる男性でも、なかなか全てを満たす女性に巡り合えなくて、別々の女性に役割分担を求めたりもします。(いわゆるラブ分担作業。)最後に選ばれるのはカバー力の大きな女性です。

甘えさせるに話を戻すと、マルくんのように自分の会社のイベントで5000人を集めてステージの前で話せるような人物でも、というよりだからこそ、全てを開放できる天国が必要なんだよね。だから本当に甘えん坊だよー。大きな赤ちゃん。おさるちゃん。だから無邪気に遊んであげたり、バナナ食べ過ぎを叱ってあげたり、おふとんで丸くなって甘えてくるときは、よしよししてあげてるの。そうすれば元気いっぱいにお外でお仕事できるからね!

甘えさせてあげるのは、まるで母親だけれど、家事能力よりも断然大切な要素なの!朝起き(られ)ないあいぼんさんは、マルくんの行ってきますのちゅうで目を覚ましますからね・・・。(真似しないでください。)たまに焼き魚〜のパーフェクトな朝食を作ると感動されます。

ユキコ道本を覗いてみて、ユキコさまの理論のパーフェクトさに舌を巻くばかりです。
私、ユキコさまほどの精緻な計略を練ろうとしたことがありません・・・。そんなにパーフェクトでもない。
それにユキコ道ターゲットは1)東大卒、2)司法試験合格者、3)年収1億以上、だけれど、エリート男性をターゲットにしているというよりは、女が泣かない×男性が男性性を存分に発揮できる=両者の満足度の高い恋愛だなと思います。だから、ノン・エリートにも効果抜群。
素敵な生涯のパートナーを求める女性には、アタマよくエッセンスを汲み取って活用!がまちがいなし

久々の東京、感想メモ。

September 12 [Sat], 2015, 19:11
先日、久しぶりの東京、しかも8時間ほどだけ・・・一分たりとも逃さずに行動してきましたよ
急遽東京行きを決めたので、さて、どなたに声を掛けようかと迷ったものの。
アメリカのパパママ(日本人)とディナーしてきました

19歳で渡米して、彼らのコンドミニアムの、1部屋・1バスルームを借りてカリフォルニアで暮らしていた。
カリフォルニアの美味しいもの、というのか世界の美味しいものはおふたりに教えてもらった。
絶品インドカレーや、ニューポートビーチの江戸前寿司に通った。
初めてフォー(ベトナム)、パッタイ(タイ)、スンドゥブ(韓国)、シュラスコ(ブラジル)を食べたのもおふたりと一緒。
チャイナタウンの安さと美味しさを知ったのもおふたりのお蔭。

そして今回は彼らが最近お気に入りというホルモンやさんへ
浜松町にて、品川からの帰りの新幹線を射程に捕えながら、絶品で至れり尽くせりのコースを頂きました
やはり知ってる人は知ってるのね〜。東京の美味しいところ。店内は活気があって、予約なしではなかなか入れないみたい。本当に見目麗しいお肉たちを愉しめる場所で、焼肉弘が目じゃないわ、と田舎者はびっくりなのでした。(弘さんは、京都で有名なお肉屋さんのしている焼肉チェーン。美味しいよ。ホルモン比較ならアジェを出したらいいのだけれど、どこか臆するところがあって行ったことないの〜。)

あ、お肉レビューはまぁ、なんでもいいんです。
なんと3年ぶりに東京に行って感じたこと。

人が、愛おしい。
皆さん、ラブリー

東京にいる人々って、きっとどこの都道府県より、毎日決められた時間でガッチリ働きづめの方が集中しているでしょう?(意外にも専業主婦率は高いそうですが。)
それが、京都に住んで、社会不適合で、もはや日本人枠越えちゃったような変な人の感想として、変につっかかったりせず聞いてほしいのだけれど、
まぁ、なんて小さな輪の中で正確に、毎日必死に円を描きながら、一生懸命でいらっしゃるのかしら・・・。
そりゃ、地震も洪水もいかなる天災も怖いよね。ああ、守ってあげたい。
と、抑えきれない愛おしい感情が湧き出てきて、優しい気持ちになったのです。

京都に実家と大学院生活と日常生活の全てがあって、物理的な輪が小さいのは私の方なんですよ。
けれども、多様なオルターナティブの考え方を知っていて、気が向く時にほいほい長期で海外へ出られて、日常が英語と日本語の往復で、いつどこでも働けるノマドな生活を送っていると、その慌ただしく正確に日常を刻む様子が、時計の針がスピンするかのように、チカチカ映りそうです。

すごいもんだわ。

こうした繊細な1ピースごとの命が、歯車になってこのシステムを動かしているのね。
それを担おうとするだけで、強くて、しっかり者だよ。
私なんて日々エラーだらけなのに〜。はっは。

けれども大好き東京。意外?いいえ、行くたびに好きになるよ。どれほど住んでみたいと思ったか。
20代前半から後半になって、少し大人になったぶん、余計フィーリングが合うようになったのかもしれない。
気軽にステイできる場所のオファーも頂いたので、今後東京訪問を増やしていきたいです

真ごころ、を込めて。

September 11 [Fri], 2015, 8:40
なんて恵まれた暮らしをしているのだろう!
私とマルをいつも気にかけてくださる、素敵な大人たちには、いつも感謝しきれません。
そして、そういう素晴らしい大人たちの行動を、なんと表したらいいのだろう・・・どういう心掛けで、これほど、与えっぱなしの人格者になれるのだろう。

そんな気持ちで、受け取ったものを振り返ってみると・・・



将来のことも見据えて、ただいまシャビーなアパートに暮らすあいぼん&マルくん。
昨夜帰宅すると、郵便受けに1パック1000円の高級卵が40個も詰まっていた(笑)ちょっと、多いかな(笑)

学研都市の外れにある、数々の有名人クライアントの通う、ちょいワルおやじ系歯科(?)にも連れて行ってもらいました(送迎付き!)。歯形を取って、隅から隅まで検査。私もマルも「免疫力が高いから、歯が強い」とちょいワル先生から太鼓判。今後も定期的にチェックアップできるよう、お弟子さんの歯科をご紹介頂きました。
・・・・なんでちょいワルって、待合室の雑誌がLEON(40代〜)とMADURO(50代〜)だったから(笑)開業医の待合室の雑誌って、だいたい医院長が読んでるんだろうな〜ってものが置いてありません?お会いして納得の長身ビジュアルでした。

国連の人道支援の目的で生み出された奇跡のミネラル水も、数本頂いて、健康生活に役立てています。お肌にも、デトックスにもとってもいいかんじ◎

婚約指輪&結婚指輪を市場価格のン十万割引きで購入できたのは、ひとえにジュエリーデザイナーのお姉さまのお蔭。彼女自身、ン百万の予算で海外での石の仕入れから指輪のデザインまで一貫してなさる方で、米国鑑定士の資格も持っていらっしゃる。そんなプロに一緒に選んでもらうので、変なものを買う心配もないしね。
デザインはもちろん、資産価値や、実は色石のほうがダイアモンドより貴重で高価だとか、裏話まで。
(ダイヤモンドが貴重であるという観念は、ユダヤ人が作ったものなのですよ

数か月前、高いお席なら3万円もする特別なお能を、お手伝い〜という名目で無料で観させてもらいました♪
「あれ?もう、京都で興味のあるイベントって、誰かが必ずチケットや割引券くれるんだけど・・・」状態も続きました。

学校の活動では、私の指導教官は大変慈悲深い方で、私がお手当てを希望すればうまく付けてくださったし、やりたいことを応援してくださいます。大好きなあの先生のお蔭で、私の研究室のデスクは頂きものでハイテク化しています。気が付けば、ノートパソコン以外自分で買ってないぞ・・・?!



これら大きく腕を拡げても受け取り切れない恩恵に浴することができるのは、与えてくださる皆さまが、成熟した大人で、分け与える能力のある方々だからです。モノだけでなく、情報、機会、能力、、、。世にシェアすることで掛け算でプラスの効果が増えていくことを、きっとどこかでご存じなのね。だから皆さま、見返りなどという言葉とは無縁です。あえて期待されているとするならば、私たちの自分なりの方法で、次の世代などに、自分のできることを尽くすこと、かな。

説明してみたけれど、本当はこんな意識を微塵も感じさせない方々なのですよ。
ただ真ごころから出る行動。温かで、限りのない愛。
日々の全てを、真ごころを込めて生きていくと、不都合は何も生じない。
どこかコマッタところがあるのなら、それはそこに愛が足りないんだと思うわ。自らを振り返っても、そう。

素敵なロールモデルがたくさんいらっしゃって恵まれています
有難く、受け取った以上に愛の発信源になりたいあいぼん&マルくんなのでした

ユキコ道向け映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』

September 09 [Wed], 2015, 21:21
私はユキコ道実践者ではないし、知ったときには既にマルくんがいたのだけれど・・・。
ユキコさまの方針には、”女性が悲しまない恋愛・結婚関係”支持者として大賛成です!

今回は、ユキコ道の趣旨が映像で理解できる映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』を簡単にレビューします

といっても面倒くさがりなので、要旨はこちらからご覧ください。
映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』に学ぶ、女が知らない男の本音



2009年の映画なのでものすごく今さらだけど(笑)、ユキコ道的には意味があるのでご紹介。
この2〜3年、年間映画を50本近く観ていても、普段ラブコメは選ばないのですよ。
今回はマルくん出張を機に、二人では絶対観ない映画を選んでみました。

最初からwow、と思ったのは、英語版のタイトルが最高だから!
日本語タイトルの2倍のインパクト!!?
それは、He's Just Not That Into You.もう一生忘れませんね。
ただ彼はあなたのことがそんなに好きじゃないから。
セックス・アンド・ザ・シティの脚本家なだけあります

そんなに好きじゃないから,連絡をしてこない。
そんなに好きじゃないから,次回がない。

そんなに好きじゃないという事実を直視できず、悪いパターンから抜け出せない女性陣は、男性のふとした行動・選択に”サイン”を見出します。
デートの終盤でもう一杯アルコールを頼んだからといって、「もっと一緒に居たいのね?!」
名刺を出して、さっさとキリを付けたがっているのに気付かず、「あなたから連絡をくれるの?!」
彼の家のソファで、褒めまくられるからといって「そんなに好きなのね!」

いやいや、違うから。

アルコールを頼むのは、まぁ飲むか、でしかない。
名刺は、日本で、プライベートで、の場合、遊びたいのか本気なのか見極めなきゃいけないし、
彼の部屋でたっぷり褒められても、そりゃやるための最後のひと押しにすぎない。

映画はイライラするくらい、男性目線では積極的なめんどくさい女ばかりで笑えるの!
お願いだから、駒を進める役割は、全て男性に譲ってください・・・!!

あとエンディングの、遊び人男(アレックス)と勘違い女(ジジ)がくっつくなど、ありえないからー!
ザ・物語のためのオチ、でしたね。
現実に、遊び人は最もタイプな美女を華麗な手管で手中に収めるもの。そこだけ不満

まとめると、男女関係では
 連絡先をドキドキ聞く=負け
 連絡をソワソワ待つ=負け
 次回の話を出す=負け
なので、これらとは無縁のおすましガールでいてくださいね!

男の人って本当にシンプルだと思う狙った的が、あちらから近づいて来たら冷めるんです。
弓道なんかをイメージしてね
それよりも、「的」としての魅力をアップするほうが断然お得だよ。

本当にご縁がある人には、またどこかで何かのご縁があるから心配なくー!
なかったら、ない!(笑)
そこにあんまりエネルギーを注がないでくださいねヽ(^。^)ノ
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2015年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf