華麗な見かけ、絶望の内実

December 20 [Sat], 2014, 9:48
1か月ぶりです。おひさしぶりです。ああ、このページを開いて、やっぱり何か書きたかったんだ!!と再確認。
最近のストレスがひどい。期限の迫る修論もしかり。だけどそれより、自己嫌悪が激しい。
とゆわけで今回は私の解放を手伝ってね。

私、何も気にしない、マイペースでのん気なお姉さんに周囲から思われているのよね。
たぶん昔から。「ぜんぜんやってない〜」と言いながら、フタを開ければ断トツできてる優等生というふうに野次られる。

しかし、本当にそうではない。私はとんでもなく率直で、素直で、すとんとしている。できてることには「うん、できたよ。」まだまだ手のついてないことには「ぜんぜんっ。」けれど、あまりに涼しい顔で言うので、信じてもらえないみたい!本当はラストミニットなタイプだし、基本レイジー設定だから、平均よりちょっと仕事が速いため間に合うだけ。

周囲に与える良い印象と、自分自身について納得して生きていくことのギャップに苦しむのは、私だけじゃないはず。

最近、つーかこの秋特に、引き寄せる人のキャラが濃い。どっかん!
先日校内のカフェに立ち寄ったら、キャンパス見学に来ているという外部のおねーさんsにナンパされた。彼女は京都の駅前の大手企業で働いている方で、とにかくマシンガントーク。しかもあいぼんさまがどこぞの王族か?というまで特別な歓待で褒めまくる。モデルの勧誘っぽかったんだけど、そうでもないのか、軽く女子トークをしてさよならしたのだけど、強烈なひとときだった。

そう、今週、お誘い下さったので先輩の某会社の会長令嬢とランチしているときにも、あいぼんさん本当にモデルみたいですね!とお褒めを頂いた。近頃のストレスによる皮下脂肪の蓄え具合を話しておいたが、髪も一層伸びたこともあって、ビジュアルに貫録が出てきたのかも。

年下のずば抜けて知性のある男子ともお友達になることが多い。
この方は入学当初から授業のクラスメイトなのだけど、先日授業終わりに、雑談でクリスマス計画の相談をふられた。数か月前に彼女ができたらしい。授業をいつも一番前で受けるタイプの青年なので、浮かれた話を聞いてとても嬉しかった。彼がもう少し年上だったら、私も好きになってただろうな〜というデキる男前。彼女は○○家系で日本文化も嗜む・・・というお嬢様(クラスメイト)なのだそう。お似合い!!こんな付き合い方がいいよね〜と話しながら、マル並みの安定感をこの年齢で発揮する超人っぷりにびっくり!(けれど同時に常識人)。長期スパンで見た大人恋愛を愉しむ男女として、距離を感じずお話しできたのでした。

さらに、私の研究発表に興味を持って声を掛けてくれた男子。2時間ほど話し込んでしまった。
彼の読書量には驚きつつ、謙虚に聞いていたのだけれど、まだ若さも感じさせる視野の具合で可愛らしく、これからが楽しみ。

10月のイスラエル人とパレスチナ人もしかし、会う面々、強烈なのよ・・・。
単調な日々を望めども、そんなものは手に入らない。それでオッケー!



あ、会った人シリーズを話し始めたのは、最初のおねーさんたちが、
「忙しさを見せないその落ち着きエレガンス・・・!」
などというから、思い出したの。
いや、ほんとは毎日寝起きみたいにワサオで校内歩いてる気分なんすけどね。
今週、ブーツのチャックがぶっ壊れた。もう警報鳴ってた履き込み度だったけど、今その代わりに履けるものは黒いパンプス。リボンが壊れてる。うう・・・貧しい。

日々自己嫌悪だよ。

最近判明したのが、もしかすると私の身体はグルテンを受け付けない・・・?ということ。
先日夜にね、ふと食べたくなって、胡麻スティックをポリポリ食べてたの。そしたら、ぶわーって湿疹出ちゃって、夜眠れない。グルテンアレルギーの人は生死にかかわる事態になるんだけど、そこまでじゃなくてグルテン過敏症かな、と。私のこの2年間の肌の症状とも合致するんだよねー。

ヒスタミン剤で抑えられるけれど、ちょっと締切前でストレスかかったりすると、ぶわっと再発する。
原因不明なまま、どんどん症状は悪化しています。
どうにもならくて、ヒスタミン剤で抑えても根本的に治らないことを思うと薬塗り続けるのも億劫になって、なすがなままにされてる私。対照的にマルは私が肌を触ってると、「あーあいちゃん!」と肌を見せるように言ったり、「ひどいね」「何食べた?」と迫ってくる。

こうしてマルに禁止されているものが、チョコレート、パン、グルテン系食べ物全般。
つまり、パン一切だめ、クッキーだめ、麺類だめ、etc.
最近マルってば、遺伝子組み換え食品や添加物、加工品にもうるさいの。
前の二つは良くても、加工品って難しいよね。豆乳さえ、ぎりぎりセーフの状態。お気に入りのカスピ海ヨーグルトとか小岩井ヨーグルトはセーフ。豆腐やお揚げもセーフ。元々肉(牛・豚・鶏など)は家に持ち込まない。

書いてて辛くなってきた。私、追い込まれてる。

将来のお話も、そうだ、先日もはや旧友で、私のことを今でも想ってくださってたのね・・・と伝わってきた(笑)某氏にも色々アドバイスを受け、将来多様な可能性を残しておくために、在学中にやっておきたいことを練っていた。

もう、言い訳にしたくないの。前は、マルが私と一緒と1年も離れて住めないというから、留学もおじゃん、将来したい契約のお仕事の夢もサヨナラ、と思っていたけれど、これ以上マルくんのこと言い訳にして、何かを諦めたり、ストレス溜めたりしたくない!

けれど今も横で、「あいちゃん、明日は病院行ってください」と指令が来た。

ちがうの、わかるの、マルは私のことを心配して言ってくれているだけ。肌を見て溜息をつかれたり、「(身体に悪いとわかっているものでも食べちゃうあいちゃんを)それでも愛さなきゃいけない。人を変えることは不可能だと思って、絶望している。」と涙ぐまれたりしても、マルは悪くない。私に並な大人、並な社会人が持っている自制心があれば、マルにこんな心配かけなくて済む。それを養えていない私が悪いの。

先日も、どうにもならなくてココアをがぶがぶ食べていたら(ホラーだね)マルが血相変えて取り上げた。
私もう限界かも。

正しく生きることは、そんなに簡単じゃない。どれだけ身体がそれを求めていようと、それに素直に従うことって簡単じゃないの。少なくとも私には。

辛い書き物になってしまった。ごめんなさい。この身で修論抱えてる私、生きて年を越せるのか。
・・・とまで、深刻には思っちゃいないが、マルみたいな超人じゃなく、もっと普通のジャンクな素敵男子と1日でも一緒に過ごせたら、どれだけ心が晴れるだろう。
スナフキンのところへ行きたい。見ているだけで愛と自由を感じるあの御方。もしくはきゃっきゃ遊んでくれそうなMのところへ。美しい場所で、バカで派手なことしたい。

そうなの。私はしおらしく、真面目に生きるのが一番。
朝きちんと起きて(寒くて起きないこの頃)、朝から温かいお味噌汁を用意して(起きないから作らないこの頃)、お弁当も作れたら素晴らしくて(お弁当箱は棚の奥〜なこの頃)、お掃除して洗濯して、研究室行って、一日お仕事して、帰宅して栄養あるごはんを用意して、マルくんを迎えてごはん食べて、お風呂入って、いい匂いで隣に座って勉強して、おふとん用意して、甘えてくるマルちゃんよしよししながら、抱き枕になって寝てれば、問題ない。

ややこしい自我はさっさと捨ててしまえばいい。私は何のために生きてるのか。何のために毎日送っているのか。マルのために生きたらいい。それは私のために生きることと矛盾しない。そう言い聞かせてきたのに、この辛さは何?
自分の意志の弱さと自己管理能力のなさに泣きたくなる。泣いたのはマルだが。

外と内のギャップにさらに苦しむ。
そんなに華麗な人間じゃないのよ・・・。本能と戦う未熟で泥臭い人間です。
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf