エナジー奪い系

July 25 [Wed], 2012, 11:55
5月頃から、黙々と勉強している裏で、再度本腰入れて、スピもしてます


蝶々本「ひかりかた」ようやく手に入りました

TVなどでも紹介されたり、とにかく注目を集めたらしいこの御本。
発売1週間以内に探し始めたはずなんだけど、大垣書店3つ行って在庫切れだったの〜(;;)

というわけで、梅田の丸善ジュンクで購入
うしし♪梅田で、唯一?だーーーいすきな、スポットです
東京は、丸善ジュンクやおっきな三省堂とか、あっていいよね〜〜〜!!!

で。その中身で、“おばけさん”という言葉を使って、あるタイプの人間が表されてるのです。
ちょうど最近考えてて、そろそろ記事にしようかな〜て思ってたことがより深く理解できたし、タイミングよすぎ◎

おばけさんとは〜負のエナジーにみっちり取り憑かれた人で、
会っている間、助けてあげたいような恐ろしいような気持ちになって、
さらに現実に、一緒に過ごしてぐったり疲れたり、エナジー奪っていく方。

程度にもよりますが、
「奪われる!」って感じる人って、いるよね?
え?みんな寄ってこないくらいケラッとしてるって?
そういう、健全・体なら、よろしいご縁がないことも、そういう世の周り方。

しかーし。私みたいな、名前はアイ、趣味はアイです、みたいな
緻密な感情組織で優しくふにゃんといるタイプって、やっぱ、自然とそっち系とご縁があるのよねぇ。
そういう、負のエナジーを引き取って、昇華できるから。いわゆる、癒し系の根本原因だろうね。

大きく言っちゃえば、今までお付き合いした御3方は、みんなそうだ。
ティムたぬは、奪われる!より、どっかーんてエナジー放出系で、そこそこ釣り合って、ふたりで循環できてたんだろうな〜て感触があるけれど(だって、したあとお互いむっちゃ元気になるもん・笑)、身体的に激しく奪われてたし(!)、根っこの孤独とか暗ーいものを見ては、助けてあげたいっていつも思ってた。

たっちゃんは、完全に奪い系。瞬時に、むっちゃ吸っていくかんじする。
会った後、吸われたあとのペットボトルみたいに、きゅうって身体が締まる感じがするもん。
で、本人ゴキゲンで、私に大いに癒されとるし(笑)。
ただ、彼が吸っていく量は、私の3割くらい?必要量が少ないので、でっかい器の私からは、ヨユー。
ボランティアしたろか、って親切心も出るくらいです。

ハム・・・ハムは、ほんと、吸い取る。
深い関係になればなるほど、吸い取る量も「もっともっと!」まさにママのミルクを貪り飲むように、もっと出せもっと出せ!こっち、もう痛いよ出ないよ〜〜〜!!てくらい、吸う。会った後、ふわ〜て昇天しちゃいそうなくらい、吸う。
エナジー過多で、その多くがマイナス方向に色濃く塗られてるからでしょう。
私よりハムのほうがエナジー量のキャパ大きいので、ハムからすると、私から全部吸い取っても「ん?まだ足りない。」だから、私への感謝もないのでしょう〜。なるほど。良くも悪くも、やっぱ大物やと思う。

こうして、他の人の手助けをすることで、学び、自分なりに業を消化するプロセスを進めてたらしい。
だから次の人はきっと、今までとは違うタイプだろうな、とは長らく(1年くらい?)察してた。
手のかかる問題児じゃなくて、横に並んで、互いに支え合えるパートナーだろうな、てね。

そろそろ、パートナー面接に(笑)、東京にいかなくちゃ!☆
(今、東京で会いたい人、5組〜10組くらい?組ってつまり、会合の回数!)

そして、吸い取るのは元彼さんたちだけじゃない。
周りのオタクも、吸っていく!

ようやくオタクの定義を見つけたの!それは、
「卑怯」ということ。

卑怯って、藤木?てくらい、日常語から外れちゃってますが、
自分がのし上がるために人を裏切る、貶める、といった積極的な卑怯でなくて、
窮地に追い込まれたとき、逃げる。責任を放棄するという意味の、卑怯。

しごとっぷりから、オタクおねーさんやスピ子は「オタク」だし、
やっぱ「オタク」はプラスの意味で使える言葉じゃないな〜と確認。

オタクおねーさんは、一日一緒にいると、ぐったり・・・(笑)。
普段、こうして解放できないんだろうな。ってね、可哀そうだし、興味深いし、好きなんだけどね。
オタクの自覚があって、世間と距離を取ることが普通なスタンスなので、
あんまり引き込まれると、重い!いい気はしない。

スピ子は、うわーって、ほこりくずみたいなことを話して、満足して帰ってく(笑)。
「あいぼんさん聞いて!」シリーズね。
ほこりくずってひどいけど、ちんまりした、しょうもなくて、掻き集めたところで何も生み出せないようなことを、もやもやもや〜〜〜ってまき散らしてくるのです(笑)。使い古したモップを、もそもそ振るうみたいに。だから、この表現がぴったりすぎて、他に浮かばない。
聞いてて疲れるけど、ふん!て鼻息一発で払えるくらいのへなちょこやけど、ほこりはいやん(-"-)


でも、自然と最近おばけさんたちと疎遠になってきてて。

たっちゃんは、いまだに、ほんといまだに!生き長らえてて(笑)、モテるとかの次元じゃなくなってきたのですが、
私が機嫌よく、会う日を提案しても、必ず都合が合わない。すごいよ、合わなさ過ぎて。私守られてる?☆

それに、オタクおねーさんもなんだけど、オタク活動のお手伝いに1日付き合う予定で、私も楽しみにしてたのに、その日譲れないシゴトが重なってしまい・・・行けるか大いに不明。
で、それを申し訳なく伝えて、誰かほかにいますか?て聞いてたら
「じゃぁ姉かな〜。でも、姉こそ、タダでは動かんからな。」
て。あ、じゃあ私はタダで動く人っていう解釈やったんや?
私の親切心&好奇心を踏みにじられた気がして、腹が立ったので、行けなくてもヨシってかんじ。

オタク(というかオタクおねーさんとスピ子)の口癖は
「〜〜してくれへん」「〜〜してくれる」
て、まさにエナジー奪い系なんだもの。

私ももっと加速します。ぶいぶい。
そろそろほんとに、おばけ系とは関わってる場合じゃないみたいね。
好きな人と、素敵な時間を、確保していくことに、もっと真剣に取り組んでいきます

お茶&ご飯の場で、スマートな振る舞い

July 15 [Sun], 2012, 10:36

あは。

不機嫌のち、記事を書いてる流れがばれちゃうタイトルですね(笑)

すみません〜〜〜。
でも、結構ためになると思うんです☆

私。気付けば接客累計5年目だし、今のお店4年目に差し掛かろうとしてる。
接客側を経験するからこそ気付くことって、大きいなぁって実感するので、少しシェアを。


昨日、今年に入って一番えげつないお客さんに捕まりました。

というか、ものすごい怒りを包み隠さずそのまんまぶつけられて、最初何言われてるのかわからないくらいでした。リアルに、聞こえない!的外れで自己中すぎて、ぽかーんとしちゃった

本物のお金持ちで心にも余裕があるお客さんだけでなく、こーんなお客さんもいらっしゃるのですよん♪カオスでしょ?楽あれば苦あり。
人のふり見て我がふり直せということで、学びの事例として解放してみます。


その1.混雑のイライラを店員にぶつけないこと

まず、うちみたいな混雑上等、お陰さまでの人気店にて、週末なら1時間待ってでもカフェに席を取りたいお客様が多い中で、2時間待ってるねん!くらいの勢いで文句言う人は、必ず10分以内に言い始めます(笑)。そして、あはん、いつものパターンだ、と。慣れたもんです。
イライラは波及しやすいし、文句を聞く間、その店員を拘束し、進捗に遅れが出る。他にお待ちのお客さまも、わかるひとにはそれがわかるし、迷惑になる。
カフェってゆっくりするために来てるはずのにせっかちだなんて格好悪いし、そのような方はうちの店のコンセプトに合わないし、さっさとオイトマ願いますってかんじ。
待つ時間も楽しみに変えられるのが魅力的です。待たされても、お友達やご家族とにこにこして入っていらっしゃる方は、日々の充実が滲み出てます。


その2.自分勝手な無理強いはしない。人格を疑われる。

「急いでるので」といって順番抜かし自分だけ優遇させようと忙しい店員を掴まえてはぐちぐち言うお客さんも、やんわりとなだめつつ、完全無視です。
そういう人に限って、席が長い(笑)。ほんとだよ、100%。
ちょっとしたマダム風の40代以上のオバサンに多いけど、あなたの中のずるさまで店員は見抜きます。
急かされども、こちらからできることは、冷やかな目線を差し上げることくらいです。
急いでるのに、お茶しないで?


その3.統制員は店員。案内を素直に聞くこと。

席の割り当ても、皆さまが心地良く使えるように、最適の割り振りをしています。
赤ちゃんや子ども連れであれば、尚更。
混雑時に効率よく割り振るのも、次に席を立たれそうなお客様の様子も、全て把握した上での判断です。
事情を何もしらず、他のお客さんの迷惑も考えず、
席の割り振りについて、お客さんという部外者(はっきり言って、そうでしょう?)は口を挟まないでほしい。
業務に支障をきたし、あなたの席の用意も遅れます。

昨日がこのケースで、待ち時間20分ほどの間、店内の桶の水で子どもが遊んで周りが水浸しになってしまいました。そんな調子の親なので、店員に直接&聞こえるように両親ともキレていても、あ、そうですか〜としか思えませんでした。あは。


その4.人の家におじゃましている感覚と、サービスを受けている立場であることを忘れない。

人さまのお宅で勝手にブラインドを上げ下げしたり、ソファを動かしたりしますか?
お客さんなのですから、店員にひと声掛けてくだされば結構です。
店員は日差しや温度、席の配置など、最適の環境を提供できるように神経を張り巡らせています。
勝手にいじらないで!
ブラインドを使いこなせず、勝手に触って壊すお客様がいらっしゃり、困っています。
店員とお客さんという関係性を理解してほしいものです。


その5.公共の場です!

低めのソファのお席なのに脚を組む。
片足を反対側の膝に載せるような組み方で、ひっくり返ったような座り方をする人がいます。
若い男の人に多いです。
あなたの靴が、肘掛に当たり、不潔です。
食べ物よりあなたの足が上とは、由々しき事態です。
しかも、ひっくり返って、モノを食べないでください・・・。
見苦しいし、他のお客様の目に入ると不快感を与えます。
食べた後の状態は店員くらいしか見ないのでまだしも、最低限のマナーには気を使ってください。


その6.「どれがおいしいですか?」は、最も失礼な言葉。

これは祇園の某お寿司屋さんの店主も同様のことをおっしゃっている。
――――「今日のおすすめは?」は禁句。なぜなら、おすすめできないものは置いていないから。

うちのお菓子も、朝から工房の方々が店内でせっせと作ってくれているのを知っています。会社全体として、他社よりも新鮮さを重視している。材料も、ものによれば価格に見合わないくらい質の良いものを使っているし、十分に吟味して選んでくださったもの。お菓子をじっくり点検できるサーブする側としては、味や見た目の日々の些細なぶれにさえ注意を払い、満足のいかないものは、申し訳ないけれど厳しく付き返している。

それを、店員を呼び付け、「どれがおいしいの?」

と、お菓子の説明も聞かず、唐突に聞かれ、ぽかーんとしてしまうと、

「え?もしかして・・・食べたことない?きゃはは!」

だってさ。店員さん、殺意覚えていいよね?☆(でも、これは今日の人よりマシ〜♪)

しかも、みんなびっくりすると思うのが、この発言をしたのは、見た目からふてぶてしいオバサンや若くてモノ知らずな若い子じゃないの。
お偉そうな、中小企業の社長っぽいおじいを連れた、秘書なの!!!推定30代。

それでおいて

「今日の会合は、5時半からですね。ぴったりに行くのも、先方に失礼ですし〜〜」

え?シツレイ?シツレイって言った?
もう暗号としか解せない言語を気取った口調で云々しており<THE!開いた口が塞がらない>シチュエーションだったよ(笑)
もはや笑えるけど。
こうして、いろんなところで恨み妬みを買ってらっしゃるでしょうし、収支は折り合いついてると思いますけどねん。

店員が、提供するものの優劣を自ら付けられると思いますか?
障りなくお答えできるなら、それは提供するものへの愛や誇りが足りない人だと思う。

その程度の店ということです。

新規考案段階から、日々の製造に至るまで、がんばって“美味しいものを”“良いものを”“喜んでもらえるものを”という気持ちで作られたお菓子なのに、なんでそんな失礼なことが言えるの?っということ。そんな方に、食べてもらいたくないよ。
この質問は、お菓子があなたの手元に届くまでに関わる全ての人への、侮辱になります。禁句。
どこのお店でも言えること。
さらっと言っちゃいがちなことなので、気をつけよう。

オーダーのアドバイスを店員さんにもらいたいときは、
「甘さが控えめなもの」
「軽いもの」
など、具体的かつ自分の求める趣向を伝えること。
これは、私が店員として心中穏やかならない経験より、自分がサービスを受ける側のときに実践していることです。
例えば、サラダなら
「葉物でボリューム感のあるもの」
「野菜の種類の多いもの」
というふうに、聞いてみます。
カジュアル〜な居酒屋さんでは、「個人の意見でいいので」と断ってオススメを聞くこともたまにあるかな。
また、ふたつほどにしぼり、「どっちがいいかな?」と聞いてみて、店員さん自身がこっち!と選んでくれなくとも、教えてくださる比較軸を頼りに、自分の好みで選ぶことも、たまーにあります。

皆さんの実践でいい方法があれば教えてね。


その7.オーダーに、あまりに時間がかかる

オーダーを決めるまでの時間、店員がオーダーを伺う間、どちらもだらだらと店員を拘束するのはよろしくない。
オーダーを決めるまでの時間も、店員を拘束しているのです。
なぜなら、店員はなるべく素早く駆け付けられるように、お客さんの様子に注意を向けているし、お客さんを視界に入れておける範囲に行動が縛られ、ぱっと手の離せない仕事には手をつけられない〜などなど。
店員がオーダーを聞きとる間も、質問があれば聞き、そのうえでさっと決めてほしい。
なんのためのお菓子解説だったのか、わからないような受け答えをされ、伝えた意味なかった?と残念に思うことがあります。
「うーん」
とグループ内での長ーい沈黙に付き合わされたり、
「やっぱりこっち〜」
などとたくさんやられると、オーダーミスするしさぁ(笑)私が!

何食べたって、しにゃーせん(死にはしない)のだから、さっさと決めい。
執着みたいなものを垣間見る気がして、なんかしんどいんだよね。
現にさらっとお菓子とホットコーヒーを注文されるお客様は、かっこいいなぁと思う。
アイスコーヒーだと、なんかまた違うの!(共感求む!これ確か、「お金持ちの行動」の類の本にも書いてあったよ。)


その8.郷に入らば郷に従え。スタンダードな注文の仕方をする。

あと、店によって、注文のスタンダードというものがある。
うちのお店では、大方「飲み物とお菓子」がスタンダード。
そこを、くちゃくちゃと「お菓子だけ」など言われると、面倒。ほんと、面倒。
うちのお店が最も提供したい形=最も満足して頂けるような形で提供させてほしいですし。
例外的な注文をなさると、こういう場&サービスを受けることに不慣れなんやなぁと思います。

この前M嬢と一緒にお邪魔した釜めし屋さんは、
「追加の注文は受けない」
「釜めしはひとりひとつ頼むのが普通」
とのことで、はーいと素直に注文しました。
家族経営らしく、60を過ぎた着物の女将さんのべっぴんさんっぷりに見惚れながら、芸子さん上がりかもしれへんなぁといいながら、まさに「うちの店ではこうします」とぴしゃりとされてて、京都っぽいなぁと思いました。
小さなお店やし、これくらいして普通やと思う。


その9.気付いたことや、してほしいことをほいほいと言いつけることは控える

店員を、思いやってください・・・少しでいいので!
「水欲しい」「お茶欲しい」「まだ?」は居酒屋とかでみんなほいほい言っちゃいがちだよね?
あなたに水を注ぎに来る間に、店員は他のお客様のお菓子のサーブを後回しにしているかもしれないのです。
自分の席のためにしてほしいことは一度にまとめて言わないと、店員さんは効率的に動けず、仕事が回りません。
タイミングを見計らってぱぱっと言わないと、ほとんどクレーマーに近い印象を与えます。
うちのお店ではあまりありませんが、この前他店でお客として、少し恥ずかしい思いをしたので・・・。
これができる人は仕事ができ、いい上司になれる人でもあると思いますよ。



その10.以降は、読者のみなさまの、日々の心掛けを教えてね
BLANKにしときまーす

たくさん箇条にしたけれど、要は想像力のこと☆
お茶やご飯のシーンで、どれだけ人間性が現れるか、(そして、嫌なことであれ、ネタとして嬉々と観察している私の様子♪)がよくわかるでしょー?!
私もまだまだ、祇園の寿司屋に行く勇気はありませんが(だって、今挙げた最低限レベルくらい、パーフェクトにできなきゃ、恥ずかしいだけ!さらに上を求められるよね)、素敵な時間と学びは常に並行で、大人になっていきたいなぁと思います。

MUCOTAのshampoo♪と、ナチュっこ思考☆

July 11 [Wed], 2012, 23:17


久しぶりに、物欲系(?)いっときましょう

ここ数年、すんごい欲しいもの、というのがどんどん消え失せまして、すっかり脱・マテリアルガールな私
昔はヴァンクリ欲しいだとか、カルティエの時計買えだとか(笑)形にこだわった時期もあったのに。
今やすっかり落ち着きました〜。それはやっぱ、ちょっとでも経験してその欲が抜けていく穴を作れたからだろうね。たぬサマに感謝です

といいつつ、夏のバーゲンでは久々に大量入荷したんだけどね♪
えーって言われるけど、だってこの2年、ほとんど服買わなかったし。

愛用してる、日常使いのインポート物のお店で、ワンピ2着購入。
自分がキレイに見えさえすりゃ、なんだってオッケー。そうなると、ひとつ買えばだいたい着こなしや、何系のファッションになるか決まっていく日本の流行モノからはどんどん遠ざかって、カッティングやラインやシルエットといった印象の美しい、小ざっぱりしたものばかり好むようになり、インポートのお店へ吸い込まれていくことに・・・。

そんなごちゃごちゃせんでよいよい、これ、ついてなかったらいいのにー!
と思うものが多い(特に靴売り場)のは、私だけじゃないはず

なんでもさらっと着るのが好きなので、生息地が京都でよかったなぁと思うよ〜!
大阪だと、?な格好をしてると思います(笑)。
大阪に出ると、いつもなんとなく肩身が狭いので、今だに全力で回避したいのが本音です。
どれだけ好きな友達が誘ってくれようと、んん・・・・!!!と、踏ん張って、「いいよ!」なの〜(笑)オオサカ。

こんなこと言うのは、ある日、淡ーいモスグリーンのワンピ一枚(4000円・笑)さらりと着たバイト帰り、「京都の格好やね〜」と、道端のカップルに噂されました(聞こえてます♪)。そういうこと。お褒めなのでよかったけども。



そんなナチュラルっ子。全般的には、脱マテリアルガールな私。

考えてみれば、もしかしたら、今の勤務先のせいかもしれないね〜?

京都にあれども、東京や地方の御令嬢やら、いろんなシャチョーやら、主婦の皆さまやご近所さん、
はたまたギャル男みたいなピープルとか、カオスな毎日を通して、「モノが勝つ格好は、恥ずかしいな」って感じちゃって。

だって、人に違和感を与える
お肌やバッグのお手入れが行き届いていない、乾いた印象のご婦人がヴァンクリのオニキス(100万円)ぶら下げてたり、喫茶室でスタッフの意向を汲まず、勝手に振舞う若い女の子の腕にエルメスの時計(よくOLさんが持ってる、30万〜のコンビのじゃないよ、もっと上のん。)が付いてたり。チグハグ。

そういうパターンを、日々まざまざと見せつけられると、<モノと人物像の明らかな分断>を感じてしまって(笑)。
当然なんだけど、実感として湧くのはまた別次元。

だって、ヴァンクリのアルハンブラっていうのは、白蝶貝やオニキスの表面のようにぷるりと潤った、もしくは年齢を重ねてもお手入れの行き届いた肌をお持ちで、日々を大切にし、お花や蝶のモチーフから、自然を大切にする心優しい方が身に付けているイメージがあったからこそ素敵だな〜と思うわけで
雑誌などに入る、ヴァンクリのヴィジュアルもその通りでしょう?人物像に惚れるから、欲しくなる。

そういうイメージを、時限爆弾のように不意に破壊されることを何度も繰り返すと、夢もなくなってゆくというものです


逆に、素敵な例もひとつ。
喫茶室の窓からは、通りを行く人々の下半身しか見えないんだけど、ちょうど目に入ったカップル。
お金持ち男性と美女の図だろうけど、その美女のひざ丈スカートからのぞく脚は、ほんとーにキレイだった
その女性はカルティエの大きめの袋(バッグかな?)を提げてらして、揺れる紙袋と脚のコンビネーションに思わず、「ああ、この美脚=カルティエの価値!」と衝撃が走りました(笑)。
まさに、ブランド物の価値が引き出されたな〜という瞬間でした

さらに、よくお越しくださる、うちの会長のお友達で、ホテルGの名前も表に出ないほどの上なお客様。(相談役?)
今まで5回はお話したことがあると思うんだけど、先日は初めてのカジュアルファッション。汚れなく眩しい真っ白なスニーカーでさすがだなぁと思い、さらにマジックテープ(!)で、なんかきゅんとしてしまいました

大切に使っているもの、そして適度に新しく生命力のある素材という点さえ守れば、相当冒険しない限り素敵に見えるものですねん♪





ああ、前振りのまんま、長々と書いてしまった〜。

MUCOTAのshampoo!!!!!!!

い、いきなり。これ、去年初めて美容院で買ったんだけど、いいよ!
しっとりうるうる感持続。なんとも言い表しにくい香りだけど、いうなれば“イイ女の天然の香り”で、控えめだけど、くんくんされたらイチコロ☆です。フェロモンっぽい香りがする。



250ミリ2940円、メイビー。

泡立ちもいいし、とにかくしっとりが売りで、普通髪くらいの子ならトリートメント不要かも。
ヌ―ディーオーラしか満足がいかず、けっこうしっとりと言われるプレイバックじゃ物足りない!というほどしっとり派の私でも、満足なしっとり感です。でも重くならないよ〜まとまる!扱いやすい髪になります。

化粧品やボディケアは、<時間を掛ける、継続する、丁寧にする>ことがなにより効果的だなぁと経験から実感するし、ほんとお手頃なものしか使わなくなったけれど。
シャンプーは、それなりにきちんとしたものを。シャンプーだけは、値段と効果が確実に比例します。
(でも、1万?2万?する舞妓はんのシャンプーは使ったことない・・・!誰か使ったらレポートしてね。)

しかも、費用対効果がとてもよい。
200ミリ5000円の化粧水と、250ミリ3000円のシャンプーはどちらも1ヶ月半くらい持つとすれば、
化粧水の効果って目に見えることってほとんどないじゃない?
この化粧水使い始めてから肌を褒められるようになった、なんてエピソード、聞いたことないもん。
肌キレイー!と聞いてみたら、びっくりするくらいお手頃ケアだった・・・なんてことのほうが多いくらい。

でもシャンプーなら確実に、バドミントンしてても、ふわふわするんとまとまる髪になれますよ
この前してたの〜(笑)。大親友に褒めてもらいました。
羽を拾っても拾っても、ちゅるりとまとまる☆


なんでしょう?まとめれば〜〜、
““ナチュラルに、うるりんと””ですかね?
女の子でいるって楽しいよね、ふふ
女の子度、どんどん上げてかないとね〜〜夏ですし

匿名の親切

July 04 [Wed], 2012, 19:26

この前の出勤は、ちょっと変わったメンバーでお店を閉めることとなった。


店長と、おたくおねーさんと、私。

ちょっぴり嫌な予感はしていたけれど、やっぱりしんどかったー!\(◎o◎)/



そう。私に仕事がガンガン回ってくる、組み合わせ。


店長は、それほどカラダを張った部分の仕事をする人でないし、ちょっと天然入ってるタイプ(笑)。
最近は社員さんしかしないと決められた仕事が多いので、(昔はバイトもみんな、95%同じ仕事をしてたの!)そのコアな分をして頂くでしょー。

で、残りの仕事を分担するのは、私とおたくおねーさんになります。
しかし彼女、自分の必要最低限の仕事しかしないタイプなんですね〜これが。ま、前から知ってるけどさぁ。




ここで、ある偉人(?)のお話をしよう。

その偉人、ざっきーは、今は会社を辞めてしまった年下の女の子。
うちの店ができた時、1年目の社員さんだったんだけど、すんごく明るくて「大将!」って呼びたくなるようなリーダー格のキャラだった。みんなざっきーに自然と付き従い、The体育会なノリでものすごい速さと正確さでバリバリ仕事をこなしていた。(京都のお菓子屋で、内実は体育会・・・笑♪)

B型だけど、仕事は抜かりなくこなし、独自の清潔感を持っていたので、掃除も厳しかった。
みんな言うけど、ざっきーに褒められる、認められる、「ありがとう!」って言われるのが、なによりの報酬♪ってくらい、オヤブン肌だった

その、ざっきーが他店に転勤になり、ざっきーのいない喫茶室のキッチンは、なんだか汚く雑多になった。
それは、一瞬だった。元々使わないけれど、丁寧に磨いていた小さなシンクは洗わなくなり、冷蔵庫や製氷機のフィルターはホコリがもこもこ。要らないものを出したままにし、あの小奇麗な空間はどこへやら。。。

・・・と、久しぶりに(試験勉強のため)出勤した私は、なんやこりゃー!と怒る(笑)掃除に励む♪ことが続いた(笑)。

いなくなってようやく気付く。
ざっきーのほんの小さな気遣いの積み重ねが、その空間を清潔に保っていたんだって。
みんな、ざっきーがしてくれてるって気付かないくらいの、細やかな配慮によって、他の人がどれくらい快適に、楽に仕事をさせてもらったのか、実感した。

私はざっきーが転勤するまで、最後にゴミ袋を取り替えるとき、開店から1年もの間、一度もゴミ袋を事務所に取りに行ったことがなかった。ゴム手袋をして必死でシンク等洗った後なので、事務所までゴミ袋を取りに行くのって、結構な面倒なのだけど、少なくなると、絶妙のタイミングで新しいゴミ袋の束ををゴミ箱の底に入れておいてくれる。自分がその日取り付ける分はあっても、翌日の人の分がなければ、新しいものを入れておいてくれる。
それも、恥ずかしながら、「あ、ない!めんどくさ!」と感じて、初めてざっきーのおかげだったんだと気付いた。

仕事はきっとなんでも、“少しの親切”や“思いやり”によって回っている。
自分が、求められる分より少しだけはみ出してしておいたことが、いずれ誰かを助けて、心地良く仕事ができる環境を創る。

けれども、おたくおねーさんは、やはりおたくだけあり♪“自分の仕事”“他人の仕事”と完全に分離してるのだろう。
全体の中で自分の仕事の位置づけをイマイチ理解していないみたい。
どの仕事であれ、協調性とか補助するとかいう発想はほとんど皆無な方なので(笑。それを分かって許すみんなはとても優しい)、仕方ないけれどね。結局、困るor損するのは自分なんだけどな〜?いずれ気付きますように。

しんどいのは分かるけど、喫茶室閉め終わって、私が在庫計算終わりかけのところに、

「・・・もしかして。トイレ掃除、まだですか?」

って、もんのすごい負のオーラで現れて、ゴミ収集のために手袋はめ出した私に、

「え。もしかしてトイレ掃除行ってくれる?」

と言って

「あ、はぁ。。。でも、先に、ゴミとかさせてください。(ゴミ収集がもう来る時間だから!)」

と言えば、10分で終わるギャラリー閉めだけやって、私がゴミ出し(20分)終わった頃には大きな仕事もう残ってないのに、トイレ掃除(20分)、全く手伝いに来なかったからね。何してたん?てかんじ。いやいや、仕事しようよ?お金もらってるんやし。

ただし彼女、たぶんトイレ掃除したことない。つまり、できない。
元々トイレ掃除は、社員の仕事って区分けされてたけど、手が回らないときにできるよう、私とかなったんは「させてください」って教えてもらってできるようになったけど、おたくおねーさんは、しないもんね、そんなこと。

そして帰りには、みんなの休憩所のゴミ袋を、出して〜と気付くようにメッセージとしてゴミ箱から誰かが出しておいてくれたのに、素通りで帰ろうとする。そのまま残して、店長にさせようとでも?

「あ、それ、しなくちゃ“いけない”んですかね・・・」

て。義務シカシマセン、ってあからさまな発言。

それにいつも、帰りには誰かがみんなの靴を玄関に往復して運んでくれるんだけど、私とふたり(つまり両手にひとつずつで往復する必要なし)だというのに、自分の分しか運ばないし。いつものことやけど。
横並びの、おたくおねーさんと私の乾いた傘をついでに取ってきてもらい、渡してくれるまでに十分に時間があったというのに・・・開いたまんまで渡され(というか置いてあった)。「どうぞ」もなく。あ、だんだん細かくなってきたね(笑)。でも、私なら閉じて「はい〜」て渡すけどな?

しまいにゃ、帰りに

「今日喫茶の閉めでね・・・」

と、どんくさく不運な話をし始めて、「私、疲れたの、かわいそうなの、もう十分やりきったし、『もっと他の人頑張って』」とでも言いたげで、ほんと、ぽかーんとしちゃった。

「普段と少し違う仕事をすると、他の人がどれだけ頑張ってくれてるのかよくわかりますね♪みんなありがとー:)」

と軽ーく言って、若干の啓発を試みたけれど。。。

以前言っていたように
「私ね、自分が不利になりたくないっていう意識が、すごい強いんですよ。」
という信念は、なかなか変わらないだろうね。
その不利はその場的なものにすぎないのですが。

自らがしんどい部分を引き受けないと、どれだけ人に見えない親切をされてるのか、気付くことも感謝することもできない。もちろん自分で精一杯仕事をすることは最低限として、それが全体の中で閉める割合の僅少さを知り、他の分担をしてくれた人のありがたさを知ること。そんな気付きと感謝を持つことを、謙虚というのだと思う。

それに、すこしのはみ出し活動がないと、現状維持すら難しいかんじがする。
改善はlet alone。根拠はないけど。

ま、そんなおたくおねーさんみたいな方もいる職場ですから(笑)
ざっきーのゴミ袋に気付いて以来、今度は私はゴミ袋係をすることに決めてるの。もう、2年経つ。

お仕事はもちろん、家庭でも社会生活でも、匿名の親切を置いていくこと・・・
見える形では報われないかもしれないけれど、見えなくても、誰かが喜んでくれたら嬉しい。
それは結局、見えないかたちであれ自分に返ってくるもの。
この法則に、漠然とした信頼を寄せています。

そんなことも隅っこに留めつつ。
no strings attached(好きな言葉☆≒unconditional?)で、親切を小まめに置いていきたいな〜と思います。
まだまだ未熟者ですが。ぽふぽふ

乱発、「恋愛と自己実現」「男の理論」「特殊な期待」

July 02 [Mon], 2012, 18:20
月曜は、一日遅れの休暇なり。


最近各所で話す限り、異性である男の人への“特殊な期待”が、結果的に健康的で継続的なパートナーシップを育むことを阻害している?と、いう結論に辿りつきました。

“特殊な期待”の塩梅が心地良い程度が一致するパートナーを選ぶこと、それを上手に操ること
“特殊な期待”は、異性だから期待すること。

恋の始まりとして、好きーという気持ちは大切だけど、その人を単体で好きなのか、私とのパートナーシップを想像した中で好きなのかは、大違い。
単体で好きとは、こんなお仕事しててかっこいいとか、礼儀正しくて好感が持てるとか、ビジュアルがいいとか、その人自身が持つ長所、その完結性にきゅんとすることです。
でも、それってモノ扱いしてるみたい?人は人と関わらなきゃ、人にならない。
私とあなたのパートナーシップが健康的でスウィートだわ〜♪と想像がつくから、好きになること。
私はこういうお仕事してて、価値観が合いそうだからこういうお仕事してる方がいい〜とか、こういうお席にいくことが多いし、私はきちんとできてる自信ないから礼儀正しい人が補完的でいいな、身長は170あるから相手は180くらいあると、ちょうどいい感じのペアになる♪とか、ふたりでひとつとして考えること。

単体で好きになると、根っからのお姫様体質でお世話が必要なのに、やんちゃ坊主のやりたい放題のことを好きになったりする。生粋のわがまま男(末っ子or一人っ子)が、これまたお姫様を好きになる。私の高校生までの好きな人♪はまさにこれだった。だからお付き合いしたことないよ。だから、これを「高校生レベルの恋愛」と呼んでいる。逆に、お世話の過剰供給のペアの事例は思い当たらないので敢えて書きません。

こんなんじゃ、現実に結ばれないのも当然でしょう?みんな分かる。外からはね。でも、恋は盲目で、相手のことはクリアに見えても、自分のことはどんどん見えなくなる。見えなくなって、視界の中で、好きな人の隣にいる素敵なパートナーを自然と想像する。それが、なりたい自分なのか本当の自分なのか区別がつかなくなり、仕舞には「僕もあの子みたいにモテるから、共感できる」とか、顔面蒼白エブリワンな言葉が口を衝いて出るようになる。これ、オタクのハムの言葉だけどね(笑)。いつもオチになってくれてありがとう。

こういうわけで、なりたい自分になることと、パートナーシップの構築を同時進行するのは不可能に近い。
なりたい自分になることは、縦向きの動き(本人の中ではね)だけど、パートナーシップの構築は、主権平等、常に横並びの対等な拡大だからです。今好きな人のことを、なりたい自分になったときに好きかどうかは分からない。なりたい自分になった(つもり)で、それでも好きという場合は・・・

・・・というお話は、あまり意味を成さない。
なぜかって、「なりたい自分」そのものが幻想である可能性があることを考慮しないと☆

「なりたい自分」は二種類に分類できる。
茶道したいヘブライ語したい乗馬したいといった拡大方向へ進む“見に付け系”と、
優しく気丈にタフに、女っぽく、美脚になりたいといった内側方向へ進む“掘り起こし系”。
見に付け系は、ゼロからイチにして恋愛フィールドを広くする、出会いのチャンスを増やす効果があるし、
掘り起こし系は、イチからジュウにして、こんな素敵な商品、販売中!って宣伝する効果があります
両方、大切ですね☆

掘り起こし系、というように、どんな性質であれ、種は自分の中にあるものです。
そして、性質は先天的〜?んや、必ず後天的には、比率の既定値を、みんなが持ってる。
優しさ:わがまま:女:男=3:2:2:1という比率の既定値を持った女の子がいたとして(って、私を想定してみたんだけど、どう?!)、商品価値を上げるには、そのまんまの比率で、より優しく・よりわがままに・より女っぽく・より男前に=6:4:4:2と強化するのが賢く自分に素直な女の子
優しさが3のとき、一日3つの優しさを与えることができたなら、優しさが6になると、6つの優しさを与えることができる。より多くの優しさを振りまくことができれば、「優しい」という看板が大きくなって、集客効率が上がります。より多くの人に優しさを体験してもらえれば、「優しい」の口コミ効果は拡大します。

質と量がごたまぜでわかりにくいですね〜、知性とフィーリングでうまく読み分けてね。

こうして商品価値が上がると「あの子は優しくて面倒見がいいから、今彼女募集中のかわいくてやんちゃな男の子、紹介しよ〜」といった例が、そんな単純でなくとも、見えないところで増えていく。誰かいい人いないかなって、レーダーに掛かりやすくなる。

じゃあなんで、<比率そのまま>なのか、気になりますよねん。
素直と書きましたが、比率ってその人のあり方だから。
そのまんまの私が、きゅーんとできるのが、健康的な恋愛。
そこに至るまでの、比率の自覚と社会的調整のための恋愛も必要な時期はあることは認めます。
他者交流で研磨され人格的自律を図ることは、今目指す恋愛の前段階として必要なこと。
私のティムたぬ〜ハムは、まさにその過程だったし。
でも、理想とする要素は、あなたの思う配分で、あなたの幸せに必要?
上記の過程のうちに精査して、常に自分を削ぎ落し純度を高めていく作業は怠らないように。
脚があるからこそ、削ぎ落して美脚を目指せるというもの。
結局は基本の既存の持ち物の点検と伸長に収束し、偏ったこだわりはなくなってくもんだと思う。

今、さらっと既定値を書いてみたけど、経験から判断して相当の確信を持って「私の既定値はこれ」って決定するのは、本気でやればやるほど難しい〜。希望的観測とはオサラバしよう。きゃん、キビシイ。地に足踏みつけ系発言でした。

長く恋愛と自己実現の関係を書いてしまった。
こうして自身とぴったりくる方に惹かれる、適切な恋愛感情を抱いたとする。

次にふたりの中で一致しておいてほしいポイントは、“特殊な期待”の程度です
恋愛関係にある方のみに期待すること・・・。つまり友達以上に期待すること。
これ、人によってピンキリなんだなぁとしみじみ感じます。

私が以前、上下関係と並列関係の好みとして書いたことの再録になりますが、並列関係という同い年で男女友達グループの中から派生的にお付き合いするようなパターンは、特殊な期待薄いです。逆に、上下関係という年齢差を越えて男女の別が明確な場合、特殊な期待が濃いといえます。

私はね、並列関係で恋愛しにくいタイプ。
中身も自分で言うがだーいぶ女の子だし、「男の理論」が苦手だし。

ある日、鴨川で終電までやいやい騒いでたとき(最近・笑)。
男の子5・6人の中に女ひとり混じって話してたらね。
23のリーダー格で勢力的な男の子のことを、22の美男君が「一日歯何回磨きますか!」「中学生と付き合えますか!」とか、むっちゃしょうもないことでいじってたんね。で、隣にいたその彼は、マジメに?答えてて、私はいつもいじられるシーンをみないから、新鮮に楽しんでたら。

翌日そのいじられた彼と、仲良しの22のかわいー男の子と3人でゴハンしてると、
「昨日さー、あいつ(この男の子も知ってる)こんなこと言ってきてさぁ、ほんましょうもないから、しょうもなく返したろうと思って〜ほんまうっとしかった!」
「あーほんま、しょうもないっすねー!!あいつ、子どもですからね〜」

・・・内心、爆笑!

まさか、その彼がここまで本気で怒ってると思わなかったし、怒るってことは対等まで自分を引き下げてるってことわかんないのかな〜?ラブリー!女の子からしたら、男の子はみーんな、子どもなのにね

へへ。

男社会のヒエラルキーに違反することをすると、些細なことでもすんごく怒る。
その彼は、待ち合わせの時
「あいさん、昨日、〇〇と帰ってどうでしたか?」
予想通り、聞いてきたもんね。(笑)ご心配ありがとう〜、とっても優しく、頑張ってくれましたよ。
あいさん推しでいてくれてる彼は、美男君が私に露骨にアピールしてたのを見て、気に食わなかったのでしょう。

しかし、こんなかわいー男の子たちには、きちんと同年代のかわい子ちゃん彼女がおります♪
私がこの手の男の子と恋愛関係にならないのは、もしかして、男の理論がひとつの理由かな?とも思うけど〜。大きくは特殊な期待が比較的大きいタイプだからでしょう。

彼には少しでも多く払ってもらう。重い荷物は持ってもらう。ややこしい判断はしてもらう。
並べに並べて、果てにはわがまま言いまくってもつぶれない弾力性、お姫様抱っこ(笑)とかね。
「そこは男の子にして頂きたい」ポイント。そうじゃなきゃ、男として見られない。
ドキドキとかカラダとかギブ&テイクという単語が出てくるのはこっち。

でも、特殊な期待が8割越えると、まさに劇薬。
どっかんばったん!アップダウンの激しい関係になるか(タヌさま)、もしくは不倫かセカンド女しかない。
不倫やセカンド女をしている間は、彼の人間くさい生活面は見なくて済むので、奥さん&正式彼女より男女間濃厚に付き合えて当然だもの〜。と、周りの複数の不倫状況&履歴&未遂を踏まえて。(ほんと多いよ☆)
セカンド女では、知らされているなら自分がセカンドという身分を負うことで彼がそういう女を作る男だという事実も嫌でも認識せざるをえないけれど、不倫の場合は奥さんの気配が見えない。だから、相手が不倫をする男だというメタ認識が、セカンド女よりもぐいーんと下がるのが不思議なところ。これぞ大人の余裕?だからこそ、多いんだろうね〜。

は!また横道迂回した。
上記の女比率と関連して、どれくらい女を発揮している状態が快適か見つめてみる。
不思議と、女っぽい女ほど、男っぽい男と合うのではなくて、男の理論から離れた男としっくりくる。
初彼タヌさまなんて典型例で、男友達いないし(笑)、今気になる方も妹4人いるし(笑)。
そして帰国子女も、男の理論離脱者率高し。たぶん、男の理論ってドメスティックな男限定(どこの国でも)なんじゃないかしら?このへん、まだ研究中。

安定して付き合ってる組み合わせを見ると、お互いに“特殊な期待”レベルが合致してるなぁと思うもん。
特殊な期待は、せっかく男女だし、そこそこ保っとくのが楽しいよ?と提案するけど(完全好みだけどさ)、大きくなればなるほど、同時に尊敬も得ないと成立しないなーと思う。これは、手のひらコロコロ美女を見てて思う。


ああ。起承転結まるでナシなパナシ文書になってしまった。
チップは散りばめた。あとは拾ってください!だって。
本日はお許しを、だって、PC向かうの暑いんだもーん。。。July 2nd.
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf