Royal Wedding♪

April 30 [Sat], 2011, 22:03

はぁ現代のプリンセスの誕生をこの目でしかと見届けたわ・・・!

Congrats on the happy royal wedding!!!
Willian Arthur Filip Louis × Catherine Kate Middleton

あはー!
なんて〜なんて〜かわいくまとめときたいが☆

今日1日中マクロ経済学と戦っているうちも、コブダグラス型生産関数ううう・・・ケイト・ミドルトン!
と、もー徐々にnewカップルのことが気になってきてね♪
(もちろん、ほかにもういくつも気になることはあるのだけど・・・)

やっぱり気になるよね、ケイトがいかにしてウィリアムをゲットしたのか!
私のオタクではないので新聞の知識しかないけど、それでも
「ほら〜♪やっぱり最後に選ばれるのは尽くし女
と、タイミングよすぎる展開に心が躍りましたわん。
(⇒最後に選ばれるのは尽くし女?

ケイトはウィリアムが大学になじめず、辞めようとしてたときに
声をかけてくれて、引き留めてくれて
仲間に呼び掛けてウィリアムとルームシェアを始めて
居場所を作ってあげたんだよね。

で、別れたりなんやり、10年の期間を経ての結婚

ケイトのやり手感ぷんぷんですっ

ウィリアムって、15の時にママ・ダイアナを喪って、パパはカミラ夫人にとられて
寂しい思いしてたんだろうなって思う。
一般的な社会で育てられたとはいえ、王子という身分ゆえに人との距離のつかみ方も難しかっただろうし、すんごい優しくて繊細そうだし、辛かったんだろうなって。
そこへ、王子だってなんだって気にしない、誰とでも仲良くするケイトと出会って(このへんはだいぶ前のドキュメンタリー情報)、ケイトを通して学ぶこと、多かったんだと思う。きっと、ケイトが僕の世界を切り開いてくれた、居場所を創ってくれた、恩人だってくらいに。

結婚まで長い時を経たのは、思うに、ケイトがお仕事したかったからじゃないかなー?
新聞には、王室に入るまでの心の準備をしてほしかったから、って書いてあったけど。
明るくって快活で、バリキャリなかんじやん♪
ウィリアム、絶対尻にひかれてるでしょ!
もしもうまくいかなかったら・・・なんて考えて、タイミング見計らいすぎたのかもね?
うふふ。ケイトすばらし☆

さらにM嬢の提唱する理論(☆)も当てはめるなら、
尽くしてくれた女に感謝の気持ちを持って一緒にいる選択をして、
わーい成長した!もうわかるし♪さいならーびゅーんって飛んでいかないのは、
小さい頃からお礼をするということを社会勉強の中で躾けられる、育ちの良い人ゆえ、だそう♪
猛烈に納得!

と、実際どうかなんてふたりのことだしわかんないけど
あいぼん氏の解釈では素敵な憧れのカップルです〜
ケイト、尽くし女のお手本

やっぱし、心優しいbut色々モンダイ有!だけど素材のいいちゅるんとした男に
けろっとしてチャーミングでタフな女が付いて、男をアゲつつお互いアガってく
そういう関係、理想的ですね♪

ちなみに・・・今ウィキ様情報によると、ケイト、弟2人妹1人の、長女でした!
もー笑っちゃうくらい。。。やっぱりね

価値のあるもの

April 29 [Fri], 2011, 20:27
私が大切にしたいことは、

お金やブランドを介在させない大切なものをいくつ持てるか

お金やブランドは手を伸ばすものじゃなくて後ろから付いてくるもの



・・・って、言葉にすることを迫られるくらいに、
たまーに普段の一歩外に足を踏み入れそうになると、
ギラギラとブラックホールみたいに貪欲に吸いつけてるひとがいるものですね

こわーい!!!(@_@)

私には、どろどろのへどにまみれて身動き取りづらそうな重ーい動物に見えます。

自分に足りないものを他人やモノのブランド力で埋めようとする、
つまり、足りてないところが不安でそんなふうになるんやんなー、はぁしんど!

そんなモンスターにならずに、
ふんわりと天使のように満ち足りて暮らすには、
知性と、それを反映したビジュアルが必要。


もちろんどんなに粗末な暮らしでも精神的に足りさえすればOKだけど
そんなに人里離れた高尚な観念持ち合わせてないし、ぷりぷりと可愛くいたいし
その折り合いをつける意味でね。

知的に深ければ他と競争する必要性を感じなくなるし、
実際的にも自分で適度に稼げる。
人に魅力的に映るビジュアルなら、それを魅力的と思う人=似たもの吸着率も上がる☆
ただ、“永続性”や、“みえないもの”ゆえの価値を考慮して、やはり知性は筆頭事項。

他の人の友人関係の作り方にとやかく言わなくってもいいんやけど、
私は全力で関わりたくないから、
将来、ママ友の会や奥様の会で、ギラギラしてるひとにはなるべく近づかないように気をつけよう。
涼しい顔して流すように心掛けよう。
そこには媚びと蹴落としと・・・不毛な階級社会がある。

あたりさわりなく〜は最低限必要だとしても、きちんとお話できない関係なんて持っても仕方ないもん。
けっこうひとりでも平気な分(笑)、
あと、ぽやんと距離を取ってても結局適度に集団に絡めとられてきた経験もあって、
ひとより「しょうもない」と思う度合いが強いのかもしれない。

ただ幸運にも、
今のところうまいこと切り抜けてきたようで
プロフィールを聞けばぎょっとするような大金持ちだったり威厳があるのかもしれないけど
そういうのは出さないことを美徳とする、さらっとした知的人や、
中身で付き合えるお友達には恵まれていて
ホントよかったな、さらに磨きをかけて仲間を増やしていきたいな、と思います

知性に特化した人のビジュアル。

April 26 [Tue], 2011, 22:03
この前模試終わりに男女5人、COCONのおっきな吹き抜けのカフェでお茶してた時、
向かい合って座っていた最年少きゃぴガール♪がこんなことを言った。

「スポーツできる人ってすごいーって思いません?!高校球児とか、もう今は自分より年下やしびっくりしますけど、カッコイイって思ってましたぁ!」

と、私の目をみて嬉々として主張してくる。
だけど、あいぼんさん、

「・・・???!(ぽかーん・・・)」

上の空でふいと顔を横向けてしまった。(☆)

いつもは人に理解されない微妙なニュアンスも通じる、受験メンバーの中でも貴重な存在なその子なんだけど、その点に関しては全く共感できず!あまりに分かりやすい私の反応に、

「あ、まったく共感ナシやで・・・わかりやすすぎ!(笑)」

と、みんなも笑い・・・

今は23だからまだしも、現役高校生のときでさえ、高校球児にときめくor熱烈に応援する女子のきもちはさっぱりわからず。
当時は

「え?みんな案外スポーツとか好きなのね?私全く興味なーい」

と、それだけの理由だと思い、

「普通の野球は興味ないけど、甲子園は違うねん!めっちゃ感動する〜!」

という声が頭蓋骨に侵入するのを「ん?」のひとことボケでぴんと跳ね返し、きちんと理解できていなかったけど。

つまるところその原因は、私はスポーツ男子にまーーーったく興味がない!ところに求めるべきだったらしい。
頑張ってる姿って素敵〜というきもちはわからなくもないが、それが汗として結実して物理的に見えるところに趣を感じないいみたい?

なにより、スポーツマンって、ビジュアル的にも真っ黒に焼けたり成長期早くから筋肉ついてて身長伸び悩んでたり、スポーツによって偏った筋肉ついてたり、リアル坊主(≠オシャレ坊主)だったり、あんまりそそられんと思うのだが・・・

と、なんの敵意もないのに(ないよ、なんもない!)スポーツマンを酷評してしまったぞ、あいぼん!

まあまあ♪人の好みは蓼食う虫だから許してね
私はもやしでもリアルメガネ(≠オシャレメガネ)でもオタクでもパンツにシャツINでも(?!)、ざっくりした神経butシャイで女の子の扱い分かってないのに不用意に近寄ってくるような体育会系より、頭使いすぎて幽体離脱しそうなくらい神経を研ぎ澄ますことのできる、知的で繊細な知的男子が好き

ポイントは閃光のような思考回路☆知的な行動力!などなどありますが、
例えば身近なインテリ軍団K大生、私の知るK大生って限られてるけれど、大学入ってだらーと怠けてるタイプでないなら、顔を見ただけでK大生って識別できる

目が違う。眼光が鋭い?というとコワそうだけど、目の奥まで澄んでいて、目の淵がはっきりしている。目から外部の情報を取り入れて、脳に直結させているかんじ。自分自身は、体内にすとんと腰を据えていて、動かず、外に出てこないかんじ。あの特有の安定感、落ち着き感、奥のほうから出てるなーと感じさせる発声方法、わかりやすいくらい、K大生♪

で、塾で教えてる、(何気ーに、継続中〜かな?)高1にして塾で1番英語のできる男の子。
中2のときからみてるねんけど、最初のころはまだ「英語は苦手かも」と、(ある程度はできるねんけど)なんだか不安も残るなぁ、一流になれるかはちょっとなぁ、という具合やってんけど、愚直にがんばる性格でメキメキと実力をつけ、毎年40人K大合格者を輩出する公立高校(私学でぶーちゃら言われるけど、実質京都の1番カシコイ高校は、このH高でしょ!)に入学。
高校生活も1カ月を迎えようとする今、明らかに変化が

問題解くスピードもさらに速くなってるのに加え、眼光鋭くなってる!
もともと、もやしbut美少年なタイプで、可愛い目をしてるんだけど、
採点中や解説中、ふと伏した目を挙げた瞬間、びくっとするくらい深い目になっていた。
ついつい、本人にも言っちゃったんやけど、知的なビジュアルへの変貌がすごいの
お〜順調に仕上がっとるなー!と、あいぼんさんも、御満悦(笑)

眼光の鋭さは、あのお医者さんと結婚したT子もだし、はなちゃんもだし、お茶仲間にいた院生もだし、今年2年目の入省者のおねーさん、もちろんとっとこも。鋭い派ともう一派(笑)のうるうる派には、M化学にお勤めの高校の塾関連のおにーさん(さわやかさん)や、フレンチの会のAちゃんなど♪目が印象的な人が多い

知性はビジュアルに現れるのです、どうしても
とっとこは、お店に入って向かい合って座った時、まずメガネを取って目頭を押さえるのだが(謎)、ぱちぱちしてる目、いつもコワイもん!あまりに鋭くって深くって、突き刺さる・・・

たぶん、まともな知的人のビジュアルが好きなんだな、私、とも思う。
茂木さんへの愛を語った時も(笑)目が少年みたい!って大はしゃぎしてた気がするし♪
決して体育会系と知性が両立しないなんて言わないけど(実際いるし)、
知性に特化したひとのビジュアルが好きーというのが本音・・・かも!

最後に選ばれるのは尽くし女?

April 24 [Sun], 2011, 21:10
ふぅー!2日間の模試、終わった!いえい。

自己採点できるのが教養だけで、それが最もオソロシイ点数な予感があり・・・
見事、的中。「最も」かは別にして、もう少し取りたかったあー!うおー!

とゆわけで本日は久々PCを開いて。書きましょう



不覚にも、「うれしい」と思う私がいた。
とっとこが、ちょっとひさしぶりなメールをくれたとき!

いつもは自分の話しかしないのに(笑)、どういうわけか
「あいぼんさんは勉強どう?」とかって、私のことを気にしてくれたり
なんとなく会話ちっくなやりとりがあったり

え?普段はね、とっとこがひとりごちて、
あいぼんさんが、わーわー!とはしゃいだり励ましたり、
あんまり会話じゃないかも?(笑)

喜びの沸点低いかしら〜うふふ。
でも、いつも一方的に励ますばかりの相手の人に、
明日もがんばってねって言ってもらえたり
がんばるあいぼんさんを見てたら愚痴ってても仕方ないねって
なんとなくいい影響与えることができて
とっとこが成長してる・・・成長してるぅぅぅ!
と思うと、無性に、身体の芯から、きゃぴー!と喜びが湧きあがってくるのー

それであっても、
「うーんっ悔しい!」
ってついつい(笑)
・・・これってひねくれてるのかもね?

そろそろ、公に言葉にして認めてしまっちゃおうか。
私はやっぱり受け止める側やし、それが嬉しいし
とっとこのこと、ラブという意味合いでは疑問符だけど、やっぱり好きだよ。



てなかんじで今日お勉強仲間3人娘を結成している、ダブルNちゃんのひとり、Nちゃん(もうひとりのNちゃんはnow in Tokyoで既に勤務中ー♪)とコンビニで勉強グッズを猛烈にコピーしながら話してたんだけど、Nちゃん、ひとつ年下ながら、気が付いたらちゃっちゃと私のために、もうわけがわからない多様な機能を駆使して大量に私のためのプリントを刷ってくれている。ありがとう〜と、しみじみ・・・(自分でやれよ?)

でもNちゃん、いつも常にお世話してくれる。隙あらば甘えようとする私(♪?)なんかより、ずっとお世話キャパシティー広くて、いつもみんなのお世話をしている。自分の仕事ができるのはもちろん、それが普通〜といわんばかりのさらっとした顔で気が付けば動いていて、男女問わず作為なく尽くし支える姿は、まるで老舗旅館の女将のようですいえ、本当は色白で華奢で天使のような髪のかわいいサバサバガールなんだけどね

というキャラゆえに、きっとNちゃんも“こっち側”に違いにゃい。。。むっふっふ!
と、怪盗系美女E姉との最近の会話をふってみた。

男の人って、自分は勝手なことしててもやっぱり最後に選ぶのは、
自分に尽くしてけなげな子やって、思う。
よく(リッチなおじさまやメンズが)言うもん。


ということで、わーい!それってあたし〜?♪というのはさておき☆
Nちゃんもそうでしょ〜?きゃいきゃいと話してると

「ひとりっこって〜・・・!」

そうやん!私の今まで付き合った人が事実上ひとりっこみたいなのばっかりなように
Nちゃんの今彼も、そういえば、ひとりっこ(笑)

ついついお世話しちゃう女×やんちゃなひとりっこ男
はテッパンな組み合わせなのかもしれませぬ・・・

「それで、ありがたみがわかって一緒にいてくれたらいいけど、するっと逃げてったらほんま怒るやんな!」
ってうんうん!と力強く共感したポイントだったけど、
E姉のいうように、最期に選ぶのは尽くし女だったらいいな

連休は岩手。

April 17 [Sun], 2011, 11:54
とっとこからのお知らせで、ぎょ。


外務省は15日の政務三役会議で、今春入省した新入職員を今月下旬から順次、東日本大震災の被災地に派遣し、物資運搬などのボランティア活動を手伝わせる方向で検討に入った。同省担当者によると、被災地の人手不足を解消し、被災現場の活動を経験させる狙いがある。
 国家公務員I種と専門職の新入職員56人を3グループに分け、それぞれ4月27日、同30日、5月3日に岩手県入りさせる方向。II種、III種の職員の派遣も検討し、がれき撤去など幅広い活動に当たらせる方針だ。【時事通信社】


みんな、気をつけて、いってらっしゃいです

4月の華道

April 16 [Sat], 2011, 21:17


うっかり予定を入れちゃい、4月は1回だけになってしもたっ!
butやっぱり春のおはな、かわいいね

ピンク:アルストロメリア
イエロー:ガーベラ
グリーン:玉しだ

生け方は、初めての盛り花、直立型です
小原流が始めた盛り花♪なので、流派なりに気合いが入ってるそうで。
今のカリキュラムでは、師範科に編入されている型なので
私はまだ到達してない課題なんだけど、
昔は私のころにしていたそうです

(いつものように、後ろの襖絵、かなり気になりますね・・・笑)
普段より、もったりしたボリューミィな印象。
かなり制約の多い生け方ですが、生け方や寸法、手順まで詳細に決まっている分、こんなもんでいいのかな?という気分に☆
1番難しかったのは、、意外にも客枝の玉しだを筒状に生けるところでしたふー
初めてなので、目安の生け方のイメージがあまりついていません

今、本科ですが、日本にいる間に(予定では、あと2年!)師範科二期までは終えたいな。
東京に行って先生が変わるのはできるだけ避けたいので(&お仕事忙しくってお稽古に通うのも大変そうだし)、先生のお宅のお稽古にもちらちら行って、回数増やしていきます♪
おっきな水盤もついに買うし、どんどん楽しみになってくわ〜

大作を生ける器量を身につけて、将来大使館や領事館のエントランスに生けられたらいいなーというひそかな野望を胸に、こつこつ学びます

ひきこもりの弊害。

April 15 [Fri], 2011, 10:44
きゃー!!!ふ・・・・・・と、乙女に倒れてしまいそうなくらい・・・桜って、綺麗ですね

と、もう葉桜やん!ってつっこまれる時期に言ってしまいました。
だって、Facebookでみんなキレイな桜、満喫してるんやもんっ☆
おすそ分け、堪能いたしました


さてさて、経済学はぼちぼち進めているものの、やってもやっても果てしない試験勉強は、微妙に空回りしている気がする分、身体のお肉となっている気がして、はと気が付けば、ほっぺはぱんぱん。来週末の模試で人に会うのがかなーり億劫!そりゃ1日500歩歩くかどうかの生活で3食(控えめとはいえ)食べてたらそうなるわー!!!食べる量、調整するのってなかなか難しい。

普段、ふにゃーとしてる私だって、溜まるもんは溜まる。
1週間に1回くらい、ストレスが顕在化しそうになるので、「やば」と思えばどかんと抜く。
しかし、春になって去年の春のパンツは到底入らないくらいのこのもちもち具合を俯瞰してみると、
「やば」が1週間に1回から3日に1回、どんどん縮まってきて、すんごい危機感!

うおーーーーーーーーーー!!!!!!勉強のストレスより、目をそむけたくなるビジュアルからのストレスのほうが5倍くらいおっきいい!!!!!

これで勉強に差し支えては元も子もないよ。
さすがの私も弱ってしまう。

もちろん、春になるとヤツがくる?予感はあって、まだコート必須な時期から、着々といろんなことを試していた。
エリカ・アンギャルをだーっと読み返して栄養価の高い食べ物や痩せる食べ方をおさらいした。
ヒマワリの種を食べたり、白イチヂクをおやつにしたり・・・
あれ?摂取しときたいものをパクパク食べてたら、量がかさんで余計太ったような!
さらに1日腹筋100回毎日すれば、とりあえず美しいクビレをゲットできてお慰みになるだろう、
で、夜中にせっせとしたものの・・・激しい筋肉痛に見舞われ、あえなく敗退。
あ、お肉は固いと落ちないからまずはふわふわにしよう、
え?ふわふわもちもちでもう、飛べそうなんだけど・・・???一向に、落ちる気配、なし。

と、全て効果なし。
肌の調子も優れない。(というわけでさっき、完売から復活した蝶々コスメを割安のショップチャンネルで大量買い!)
自分のほっぺを見るたびにストレスを感じ、むちむちして短く見える脚で、ずっしり重くては春物パンプスも軽快にはきこなすことができないっ!

「やだ!ほんとうにやだ!**キロ着るまで、新しいお洋服買わない!!!!!」

決めました。

だって、今年の春服、私の好みどストライク!
たくさん欲しいのに、ラインふんわりなブラウスが多いから、「きゃーかわいい〜」と手に取ったはいいものの、試着もできない。
パンツだって、怖くてはけない。
鎖骨が埋没しているゆえ、ざっくりデコルテの開いたトップスも、着る気が起きない。。。

去年は、家から学校の往復だけで、そのほかずーと座って勉強だけ、3食定食のようにきちんと食べていたのに、なぜか2ヶ月で2キロちかく、勝手に痩せた。
今年は家から出ずに勉強しているからだめなのか?かといって、大学までまた通おうだなんて思えないし。

どうすればいいのか、本当は見えてる。ただ、甘えてぶーぶー言いたいだけやの。

うー、どうにか、この悪循環から抜け出さねば。
お肉にまつわる様々な過去の鬱屈が、芋づる式に想起される・・・!
ストレスが溜まる=勉強の効率が落ちる。

やせスイッチ、一旦はいっちゃえば、お肌もちゅるりとするんだけどね?

なかなか、にっちもさっちもいきませぬ・・・

もたもた実況中継、聞いてくださってありがとうでした

エッセイストになりたい。

April 11 [Mon], 2011, 8:22
<1回うっかりアップしました!(手袋しながら書いてるからや!笑)まだ加筆訂正入ってるので、よかったら読んでね〜>

以前からちらほら言葉にしてきたけれど。
ずっと越えた先には(何をって?まぁ・・・☆)、エッセイストになりたい。

気付けば、茂木さんにはまりまくった時期もあり、蝶々さんも相変わらず好きだし、最近は、内田樹氏にハマりそうな兆候が。

内田樹さんは、神戸女学院の教授だそうです。
昨日、読む気になれず、1年以上やね、ずぅーーーっと放置してた、村上春樹の“卵と壁”のイスラエル演説(ふたつリンク)についてとその論評を読みたくなってページを開けるとね、開けてびっくり!内田樹さんのだったのだ。

内田樹さんの名を初めて意識したのは、自粛モードについておたくおねーさん(意外にも何度も登場するなぁー笑)が話をふってきゃはったとき、ここでの経緯を話して(笑)私が興味を持っているとアピールすると、「じゃぁあとでURL送りますね!」と、丁寧に送ってくださった中のひとつだったから。

もともとブログから始まり、出版され、名の馳せた方が、3月13日という震災直後に「安全なところにいるものの振舞い方」を3点挙げ、簡潔にまとめたその記事は、私の心を鷲掴みにする“知的な行動力”を感じさせた(きゅん)。

“知的な行動力”・・・(ってまた脱線の予感が!STOP)反芻してみてね

卵と壁の真意を探ったその文章も、wow、ワタシ、久しぶりにすっきり落としこめない難解な文章に出会ったわ?っていう衝撃と共に(普段どんだけユルイのばっかり読んでんねんっ)、彼の考察力と教養の広さに度肝を抜かれたのだ。
他の人のはどうなんだろう〜?と興味を持って読んでみたのだけど、
「ん?ツマンナイ。全部知ってる。ていうか、ひらがなおおいにゃ?しかも“父のエピソード”の引用部分、削除してるか解説できなくて流してるかばっかりやん。」
って、無味なものばかりで、もちろん内田樹さんの解釈はひとつの説であると思うけれど
きちんと村上さんと対話出来ているのを見ていると、

「ああ、やっぱり頭のいいひとじゃないと見えへん世界ってあるやんな、もちろんお金に関して頂点でも最下層でも言えるけど、教養のほうが(資産家の家に生まれるか、事業で大成功しなきゃ大金持ちになれないとすると、)運が少なくても個人で身につけられる分、身につけておかないと仲間はずれになるんだろうな〜。マナーとか目に見えるわかりやすいとこより、ずっと深刻な意味で。教養に、本から得るもの+経験も含めると、だからこそ、頭のいい男は頭のいい女を選ぶ♪し、バサっとやっちゃうと、友達同士でもそう。だって、お話できないじゃない?真剣に、そう思う・・・的外れだったり、レスポンスが頭にまっすぐ戻ってくるものじゃないと、“ツマンナイ”になるもん〜むにゃむにゃ。」

だから、自分の専門以外も広く、大学や大学院で学ぶレベルの知識を身につけておくことは、素敵な大人ソサエティに入る関門♪かな。私の場合、“素敵”とは、洞察力が深くて、虹色メガネなこと。ひらがなにすると(なんやそれ)、“わかってる”ということ。

あ、閑話休題。
それで最近、エッセイストのプロフィールをそれとなく見てしまうの。
内田樹さんを含め、私が最近素敵ぃっ!と思う方は、みなさん東大法学部卒です。きゃー。
茂木さん&養老さんは東大理系院卒だしね♪

もちろん、私はもっとラブリーにいきたいし(笑)いいの!
けれど、足りない分は経験で補わないと、世間の目にさらすことはできないのでしょう。

まだまだ若いし、単純にケースを積んでなさ過ぎるな。
事態に対して全て自分の立場で意見を持つとは大変なことだ。
今は自分の発言の一貫性も確かでなく、思考回路や観点も客観的なものではない。
(客観的なもの=例えば文学、歴史、経済学、なんでも極めると社会を見るメガネになる、準拠法のようなもの♪)
どれだけ私が真剣かは別として、いい職業だよね
小説家はさきほどの“わかってる”に加えてセンスがいるけれど、
エッセイストは社会のためになって、消費者の一部が気に入ってくだされば、どんな文体であれどんな内容であれ、なんでもいいもの。

ま、将来、何かの糧になると思って(現実、6月18日には役に立つし・笑)、今日もAD/ASモデルをがちゃがちゃやりまーす

とっとこ育成ゲーム〜序章〜

April 10 [Sun], 2011, 10:27
消えてしまったと叫びまくってた噂の記事を、簡潔に再現


この前の“与える受け止める”で、もう分かってくれたかなー?いやいやっ!念には念を入れて・・・☆
以前、相手に何をされてもそこで評価しない、といった点、相当数の人が、
「あいぼんって、これだけ色々記事書いてるのに・・・え、れっきとしただめんず?しかも気付いてない?まぁ、なんてこと!
なんて、“あいぼん=だめんず”という恒等式を、脳内に刻み込んでもらっては困る

私は、だめんずじゃないもんーーーー!!!!!!

と、みんなにダブルチェックトリプルチェックして頂くため、=自己弁護のため♪書いておこう。

たしかに、ふたりでいるとこ、傍から見たら、穏やかで無邪気なハッピー・カップルかもしれない。
とっとこは会話やデートのコースで何気なくリードする彼氏、私ははしゃぎつつ、時に彼を気遣って支えてる彼女、といった理想的な関係。
とっとこは基本のレディファーストは心得ているので、ドアを開けたり、前見て歩かない私が人とかモノにぶつかりそうになってたら、そっと肩を寄せてくれたり、くらいはしてくれるよ♪
私はよしよし&なでなでしたり、襟をぐるり一周回って直してあげたり、
ふたりで横並びに座るときなんかは、あらま?てくらいくっついてるし、顔面距離も、近い近い☆
それでも内実、お友達ーなのです

でも、私ととっとこは恋愛関係になりえない
実際、試してみたし、それが無理だったし、そこを抗おうとか今更・・・ねぇ(笑)
けれど、その凸凹具合とか、微妙な歪み具合のマッチングが絶妙なので、
一緒にいて楽しいことは間違いない♪

・・・って、きゃっきゃ!ってあほなふりして付き合ってると見せかけておいて。
秘密裏に、実は、着々と“育成ゲーム”を進行中なのだふっふ!

とっとこに天賦の才能があることは間違いない
ただ、経験がひよこレベルで、まだまだ知るべきこと、発達途中の未熟な私が見ても思うところがたくさんある。まだ若いし、社会に揉まれて守りに入って、ひねくれたまま固定されてしまって才能が頭打ちになってしまったらもったいない!(元彼たちのように・・・)なにより、人となりが国益にダイレクトに反映するような*交官という職業だからこそ、そこ、ちゃんとしとかないと〜!

というわけで
いつからか、私は近所のおねーさんポジションで、応援することにした
あちらが丸裸でつっこんでくるので(笑)、私も全力で、大丈夫!がんばれ♪あなたって、スバラシイ!
って、たくさん励ましをして、大丈夫ー!♪って、面倒見てる。おねーさんといいつつも、内実はママかもしれない?!

そんなとっとこは上京して、私は京都に残った。

・・・寂しい?
いいえ、むしろ、
はぁすっきりー!手のかかる子が、巣立ってくれたわん・・・!
あちらには他の保護者さまもいらっしゃることやし、もう大丈夫ね?
と、内心ほっとしていた♪
・・・のも束の間。

お仕事開始直後の週末、朝からメールが入り、ぎょ!
今週は平日ながら毎日メールが入り、ぎょぎょぎょ!

逐一、研修の課が決まったとか、*務省の内部情報やら、かと思えばすんごいシモい内容だったり!
どんだけ甘えたやねん!\(◎o◎)/!こらーーー!

でも、さすがとっとこ。私に甘えてるってこと、絶対気付いてないね(笑)。
そろそろ一人暮らし病も始まったらしく、秘密裏の作戦に則って(☆)
「お母さんのありがたみが分かるよね♪」
などと、
「いいかげん、周囲のひとのありがたみ、わ・か・れ・よ!」
っていう骨子を、まるごと投げつけてこっぴどく脅したいところ(なんちゃって☆)
主語を隠してにこっと:)さらっと☆サーモンピンク色に仕上げて同意を求めてみるんだけど
「いや、家には帰りたくないんだけどね」
などと、
「効果はあまりないようだ・・・
が頭にテロップで流れるくらい、つまらん、ひねくれ返信をしてくる。くっそー!

とっとこはまだ高校生みたい
恋愛に関してもそう。
いいな〜素敵だな〜って、憧れから入って、実際の相性まで踏み込めてない。
自分の弱点や本当に必要なものが見えたら、自然とフィットする人に引き寄せられるものだと思うんだけどな♪

いつになったら気付くかな?
私がしている、受け止めて受け止めて受け止めて、という態度は、とっとこへのgivegivegiveになってること、
(え、私も、これだけネタをもらってたら、こんなこと言えない・・・?笑)
それをするorできる人って、実はあんまりいないこと
そうして受け止めてもらえる人とじゃなきゃ、しんどくなって、付き合うことすらできそうもないこと。

そんなとんちんかんなところも、はいはいと、温かく見守りながら
お気に入りのとっとこに対しては、どうぞご自由に〜って、
あげられるものがあるならあげたい。
育成ゲーム!とかって偉そうだけど(笑)、私も面白いからやってるねんで、ゲーム☆
でも、人と人と末永く温かい関係を築くには、やっぱり思いやりとか感謝って不可欠だし
せっかく今は、おねーさんが教えてあげる♪な気分でいられてるんだから、
その間にできるだけ、人との関わり方の基礎を教えてあげたい。
これからもずっと私ばっかりお世話するわけにもいかないからね(笑)

私の今年の目標はエネループ(give n take)のきもちよくできるパートナーとお付き合いすること!
私だってまだまだ学びたいところはあるもんね♪
自立した知的な大人とスムーズな関係を築きたい

だから、そんなお方の胸の中ですっぽりと抱かれて、
右手でぎゅっとhug backしつつ、
左手でとっとこの頭をなでなでしてる、
そんなのが理想です

与える・受け止めるの関係

April 08 [Fri], 2011, 18:02
マクロの箸休めに・・・書いてもいいよね、書かしてください!

いやいや、私マクロかミクロか(経済学の話)ならマクロのほうが好きなんだけど(8割がたみんなそう?)
なによりも、根本にある三面等価の原則とISバランスがめっちゃ好き。
C+S+T=C+I+G+X−M(Cを取り去ってないところがmyツボ。)
なんて美しいんだろう!そして、やり方さえ覚えれば、高校の3次方程式解くより簡単だ!
その割には数学っぽいことした気持ちに浸れて、頑張った感のある、にゃんともおいしい教科です
数学食わず嫌い者にとっては・・・☆

と、前置きはいいとして、こうもコモリンゴで着々と勉強が進むと、
お堅くて無機質なはずの専門科目氏たちが、合間にちょろりと語りかけてきて
人の儚さとか性向とか、例えば消費性向スモールシー(c)を見るだけで、500字のぷちレポートが書けそうなほど思考が進んでしまうのだ。

ま、それもどうでもよくて。
今もね、私の隣には耐熱ポットと急須と湯のみがセットされている。
ぼーっとしそうになったら、玉露を入れて喝入れながら手を動かしてんの♪

そうしていると、いつも
「結婚したら毎朝旦那さまにこうしてお茶入れてあげるの〜♪1杯目をあげるのん☆」
とかって妄想が始まって、さらに、ああ、なんて主婦に向いているんだろう・・・
旦那さま、ひとりだけじゃあ、もったいない!
5人くらいまとめて面倒見られるな
一夫多妻ならず多夫一妻制があればいいのに。
そして全ての旦那に養ってもらったら、単純に収入5倍になるのにな。ふっふ!
あれ?でもそれって寮のおばちゃんみたい?
あっ!イケナイ。最近自分のこと、オバって言ってしまう。
こんなこと言ってたら、本当にオバになってしまう。
私は永遠におねーさんでいるはずなのにー!だめだめ!

・・・というくらいに、私はたぶん、“受け止める側”なんだなって、しみじみと分かった。
去年の11月、12月くらいには、まだ自分の中でも整理しきれていないけれど
どうも思うところがあってSM考や受け身の罪悪を書いてみて
受け身であってはいけない!怠け者!と言ってみた。
けれど本当のところはもっと複雑なんだ。

村上春樹のパシヴァとレシヴァじゃないけれど(1Q84より、あれ、これ最初perceiver/receiverだと思ってたけど、今passiver/receiverっていう造語?とも思ったり。…いや、覚えてる趣旨では前者やね、たしか。)、与える側と受け止める側の力関係というのは、与える側が上で受け止める側が下という単純さはなくて、本当のところ、与える側が受け止めてもらって得るものと、受け止める側が与える側を受け止めることで得るものの比重で、決まっている。

人は、その両方から喜びを得ることができる。けれど、人によってどちらのほうが喜びを得やすいかは違うので、2個人間ののケミストリーでは、その比重を掛け合わせて、分かりやすいところでいえば、話す・聞くの配分が決まる。
例えばAさんは与える50受け止める50の割合の人間で、Bさんは与える20受け止める80の割合の人間、Cさんは与える80受け止める20の人間であれば、AさんはBさんとの会話では話し手の役回りが多くなるし、Cさんとの会話では聞き手として立ち回る。

さらに、その配分は年齢とともに変化する。受け止められた経験が重なると、受け止める力になる。これこそ、包容力♪大人力だなー、と思う。

いつからか、ある程度知っている人なら気遣いや優しさ、行動力などの項目を合せてすべて6角形のパワーバランスとして“この人の成り立ち”みたいなのが見えるようになってしまい…(日々、ポケモン)。すごく、立ち回りやすいけど。こんなふうだから、与える・受け止めるの関係だけでなく、どの項目でも多く持っているほうから少ないほうへ流れていく(与える)のが常なんだろう。(いつかの、うまく書けなかった浸透圧の話。)

つまり、突き詰めていくと、与える・受け止めるという言葉すら怪しくなる。受け止めてもらって(話すことで)与えてもらっている、受け止めることで(聞くことで)与えてもらっている、というのが実際のところだから。

いつかには分かっていたような、けれど今、強くそれを意識するのは、とっとこと全てを諦めて(?)ニュートラルな気持ちで関わり合っているから、つまり“女の子”として受け止めてほしい気持ちゼロだからです。全ての企み♪や意向☆を取っ払ってあるがままのパワーバランスを見てみると、とっとこは与える100受け止める0、私が与える0受け止める100、と言って差し支えないくらいの特異な関係性に落ち着いてしまう。

さすがに、ゼロサムはびっくりでしょ!それが叶って、それなりにお互い不満なく(いや、私はぶーぶーのうち、ぶーくらい言ってるけど・笑)やっていけてるのは、やっぱりとっとこも私も、若干特殊なんだと思う。(笑)
現に、とっとこはずぅーーーっと話しっぱなしだし、私はきゃいきゃーいと、聞きっぱなし。だから、私はとっとこのことをよく知っているけれど、とっとこは私のことを全然理解してない(笑)。

そういえば振り返ってみても、小学生のときから私の親友にはいつも学年トップ3に入るようなモテ子ちゃん(つまり、男性には色々と世話させるタイプの小悪魔ちゃん系)がいて、話を聞いたり無茶しそうなのを危なくないようにサポートしたり、私は多くの場合受け止めるほうだった。(もちろん子供だから、慰めてもらったり、いろいろ助けてもらってたんだけど…あ、その役回りの子は常に別にいた!)だからかわい子ちゃんと自然と仲良くなってたんだと思う。私自身は、まーきゃいきゃいも言うけれど、基本静かなタイプなので、なんで周りはこんなに華やかなんだ?!と不思議だったんだけど。長女というのもかなーり影響している気はするし、ほとんど天性の性質なんでしょうね。

だから私がこうして文章を書けるのも、普段「聞く」に重点があるので、話す機会は少なくて(それはいやとかじゃあ、全然ないのやけど♪)、周りのみんながたくさん与えてくれているのに、せっかく受け取ったものを開放する場所が足りてないからかなーと、思います。どうもありがとう
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf