究極の演技、それが個性。

April 30 [Wed], 2008, 20:57
地元の友達フェアウェルパーティの参加者は以下6人
みんな中学のときのクラスを越えた仲良し組だよー!

★中学からの友達。
 某CanCam系ブランドショップ店員。下地おっさん&男前。
 やから可愛いもの好きで雰囲気ブリッ子なのが許されちゃう子!

★小学校の時のパートナー♪
 究極にお姉様&お色気ぷんぷんッで、落ち着いて話す。
 会話の切り返し方や気配りがパーフェクトすぎて、夜の世界入ったら売れそう。笑

★中学からの友達。高校でも塾が一緒。
 きゃぴきゃぴ、若干浮世離れ。媚びることに関しては天下一品!
 今も外国語大に行ってて、あたしと興味の範囲が似てるの♪
 今回はこの子のパーティ!

★小学校からの友達。
 昔から性格がさっぱりしすぎで元気ハツラツ!
 オバチャンみたいなノリで笑いに走ってるけど、繊細なハートを裏にもつ子☆

★小学校から、でも中学で大親友。
 ギャル。笑
 ・・・なんか。近すぎてどう描写したらいいのかわかりません。笑

★あいぼん
 なんか浮いてる存在。この中では唯一高校から地元を離れていたため、文化圏が違う。

――――――――――――――――――――

こんだけ人物紹介しておきながら、実際話すテーマは
「思ってることが表面に現れる=現実になる」ってことを実感したのー!って話。

だって、女6人居酒屋⇒カラオケオール、の様子を語るなんてナンセンス。しかも、一般公開しちゃいけませんわよー!な内容がずらり。。。撮った写真はさっさと封印鉄則!

今回ピックアップしたいのは、その【お姉様】の話です。

その子はね、実は中学時代、陰ながら「え・・・?!」って男女共からゆわれることがある子やったんね。あんましみんなしらないけど。その子は一見普通やねんけれど、たまに独特の感性をしているというか、ファッションや行動に、?って瞬間がある子やったん。まぁあたしは好きやったし仲よくしてたけどねー♪

それで本人も悩んでたし、華やかな見た目の裏で実は鬱々、もじもじした部分があったの。


それが、高校のうちに開花してしまったらしい

マジメ校でふつーのお勉強高校生をしているあいぼんにとっては衝撃だった。人間ってこんなに変われるの?高2の冬に地元の神社に初詣をしに行ったときに、ぎゅぃんぎゅぃんギャル男(失礼ッ☆)の彼氏と一緒に鳥居前で新年を待ってたのが、その子やったの。

久しぶりに会ったから話してたんだけど、話し方とか身のこなしから恐ろしいくらいにフェロモンがむーんとしてて、ファッションも、カッコよく、顔の筋肉の動かし方や声の出し方まで、全部意識して統制してるんじゃなぃかなってくらい、“ある型の女”としてパーフェクトに機能してた。
こんな彼女を、素敵だと思ったし、一本筋入っててカッコイイって思った。

でも今思っても、彼女のファッションやキャラは、それを受け入れられる人の中でないと全然映えない。彼女のファッションは、あたしが知る限り、ファッション誌でカテゴライズできるものではないし、実際驚いて終わり、という受け止め方をする人もいると思うから。

本人はそこまで考えてないかもだけど、彼女は人目という殻を破って、脳内にあった自分の理想の女性像を素直に追い求めたから、しっかりキャラ立ちして自信に満ちたイイ女に仕上がったんだと思う。もちろん彼氏のおかげもあってね♪それにくわえ、自分が将来属する世界ももぅ決めてるも同然やんね。その世界で評価されるように作り上げたから。

1つ極まったものは、誰からも、取るに足る批判は受けない。

中学時代、迷いを持ちながらこま出しにしていたのと違って、全面的に出してる今は、カッコイイっていう印象しかない!!彼女のキャラだからこそ、キマるセリフがあり、ポーズがあり・・・☆こういうの憧れ

――――――――――――――――――――

同じ内容のトピック。
最近、「あの子ブリッ子」っていうの、聞かなくない?

小中学生の時は、ブリッ子って同性からのみでなく、異性にも叩かれたブリッ子。年を追うにつれ消滅していったような・・・???

でも実際のところ、それも「板に付いた」ってことなんだろうね。

あいぼんも、側近の友達や、男からゆわれることはなくても、レベルの低い女から妬みとして言われることはあったけど。今でも語尾をへんてこにしてみたりー♪にゃんにゃんにゃん!

アイボウのお嬢様もゆってたんだよね。昔はブリッ子ってゆわれてたーって。でも、ブリッ子って、ひどいものではない場合、可愛いもの好きなの〜って気持ちがちょこっと露出しちゃっただけなんよね。あたしの場合、正当すぎるのもへの反感もあって、どこか崩す意味でも使ってた気がする♪

ある時、突然二重になってモテ始めた子がいて、その子それまできゃっきゃ話してても、男が来たら急に静かになってずっとジマンの目を見開いてるらしいの。笑 それがあまりにも露骨で、学年中の噂になって、女の子はみんな、その子の1番仲いい子たちも含め(←これ、オワリだよね)どん引きしてたけど☆こういう男受け狙い100%のギラギラしたのと混同してもらっちゃぁ困ります!

可愛いもの好きマインドがかわいいものを引き寄せ、今かわいいお嬢様になってるんじゃなぃかな?
クールなもの好きマインドがクールなものを引き寄せ、今かっこいいお姉様になってるんじゃなぃかな?

じゃぁ結局のところ、全部最初はわざとらしく演技みたいで違和感のあったものが、年を重ねるにつれ演技ではなくなって、すっかりそのヒト自身になってしまった、ってことやんね?

じゃぁ日々徹底して自分のなりたいキャラを演じきらないとッ!!!!!


すっごく表面的な言い方になるけど、毎日マリリンモンロー気分であらゆる部位をゆさゆさしながら歩いてたら。「シャネルの5番を付けて寝るの。」って唱えてれば。それが、一週間、一か月、一年と続けば。それがその人のキャラになるよね。だって、みえてる部分がその人が与える印象のすべてなんだもん。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

て、今日もまた、結論は巷で何度もささやかれ続けてるような内容ばっかりなんだけど。
それをライブで体感しちゃったからー!この興奮を、あなたにも 

下鴨お散歩♪

April 30 [Wed], 2008, 15:04
最近毎日同じ夢を見てる
めちゃくちゃ具体的で、覚えやすいんやけど、やっぱしピピっと起きた瞬間に忘れちゃう。
ロールプレイングのゲームみたぃなので、また海に伸びる桟橋が出てきたのは覚えてるんだけど。。。
で、カリフォルニアにいるんだよね。
夢の中で「あれ?あたしまだカリフォルニアやっけ?ん?日本戻ってきたような?あ、じゃぁ、これ夢なんや…」
と思って、もう一回寝ました♪笑

色気・色気・なりきり色気!!

April 29 [Tue], 2008, 19:28
きちんとマメに更新しなきゃ、あいぼんライフしんじゃぅ〜〜〜!!!!!
って思い立って、無駄に更新したいんだけど、pc開けてblog書くのって意外と時間食うよね。
かといって携帯から長文打つなんてこと、pcに慣れきったあいぼんにはもぉでになぃにゃー

そんなわけで、ニック、no、日記代わりにがんばって書こうと思ってるよ!
ニック、ニック、Nick。(←もちろん伏線♪)
今でもカリフォルニアと繋がってられてるのね、あたし。。。!!!ってほろり。

――――――――――――――――――――
さてさてー、現在、今年はあたしの場合、8連休!のGWの初日、夕方なのですが、なんと。なんと。4時まで寝てたよ。きゃー!時間の無駄遣いやんね。はい、わかってる。。。。ちなみに就寝は6時am。ひさしぶりにオールとかしてた。昨日の夜から地元のお友達のフェアウェルパーティやったの♪

ほんとに、はたから見たらナゾすぎるんやけど、あたしの女友達って。。。

大学では、勉強とか留学とか、将来のこととかめちゃマジメに考えてて、ものすごぃ特技を持ってたり、しかも、そもそもうちの大学ではなく、はるか上の大学を目指して落ちてきたよぅなバックグラウンドを持つ子ばっかし!

高校では、基本的にみんなまじめな学科やったけど、その中で、なぜか“表だって”きゃぃきゃぃゆって遊ぶand声がでかい!(笑)子orなんだかはみ出た変わった子()ばっかしやったし。

そしてそして〜、中学校の時の友達は、当時はそうでもなかったけれど、今となっては、自分のキャラ確立しすぎでこわいわ〜!+色気!+言葉遊びが得意♪+甘え上手♪=絶対モテ子!そして、ちょっと〜世界狭い?!って子ばっかしやわ。

こんなかんじで異次元な3つの世界を優雅に泳ぎまわって遊ぶのって、ホントに楽しくって、いつも発見でいっぱいやの★ほかのグループを客観的に見ることにもつながるし、あいぼん哲学では、いろいろな遊び方を知っとかないとつまんない人間になっちゃぅからねー!

日本帰って来てからは、「あいぼんお帰りなさい&**くん行ってらっしゃい会」が地元メンで開かれたこともあって、中学の時の友達と密に交流深め中特に大親友とは、今は車もあることも手伝って(あぁ、あたしたちってすっかり大人になっちゃったのね・・・)、無駄に一緒にいる時間が増えたよ。こういうのって、ココロ開ききった女の子同士&完全友達な男友達とは、めっちゃ心地いいし大切な時間やんね♪

とゆわけで、明日また、フェアウェルパーティの模様を予約投稿しときまぁす☆

――――――――――――――――――――
にしても。
あいぼんの最近の服装はひどすぎる。

この日の服装なんて、expressのデニム×A/Xの赤い薄ニット×ninewestのキラキラペタンコサンダル×KateSpadeのかごバッグ、だよ。・・・日本じゃ考えられない!!!!!!これはCal仕様。でも、まだバイトきまってないしお金ないし、仕方ないっちゃあ仕方ないんだけど。しかも今髪が、限りなく黒に近いしね。見た目気にしなさすぎで怖い

ほかの友達は、この日はショーパン率が高くて、多くが濃くてクロスしてるつけましてて、ウィッグしてる子とか、レースのタイツはいてる子とかまでいて。。。この子らとあたしのコントラストったら恐ろしいわ。これが冒頭でゆってた、「はたから見たらナゾすぎるんやけど」のワケ。こんなんやのにいまだに仲よくしてくれてるし、結婚式もお互い呼び合うやろうし、古くからの友達って本当にありがたいものね


お話しましょう♪

April 24 [Thu], 2008, 22:20
一週間のうちで1番好きな曜日は水曜日!

3時から3つの授業があるんだけど、なぜか先生が全部ネイティブで、しかもそのうち2つはディスカッションやの



で。

あたしが特に好きなのが最初の授業やねん

その授業は、英文学科のひとばっかしやねんけれど、なぜかみんなフレンドリーグループでかたまってます!みたぃなとこが全然なくって、どこすわっても近くの人が声かけてくれそうなムード。しかもなぜかTOEFL上位者がいっぱい(誰でも取れるのに…なんでやろ)実際友達は一人しかいいひんかってんけど、ディスカッションっていうのも手伝って、みんなきゃぃきゃぃ毎回いろんなひととおしゃべりできて、とっても楽しい時間です

この授業最初の日、先生がコースのイントロを終えて、「なにしますー?自己紹介?そうか御所に桜みにいきます?枝垂れ桜きれいやったわよ〜☆」で、みんなで授業中に御所でお花見〜♪文字通りお花見てただけ。笑



満・開

ここで初めて話したのが、その人。
クラスで最初見た時から、絶対カリフォルニア関係者!(笑)って思ってんけど、やっぱりそうで、話し始めたとたん、しばらく封印してた蓋がパカって開いちゃって、久しぶりにすがすがしい思いになったなんでカリフォルニア経験したことがある人って、みんな・・・ああなん?笑 それだけじゃなぃけど。。。最初に目があった瞬間から、「あ・・・同類!」ってわかったもん。

あたしって、名前おそろしいくらいに覚えへんねんけど、そのひとは一発で覚えた
とてもしっくりきた。前から知ってる感じがした
次から授業で会う時も、目があったらなんか通じ合ってる感じがしてた
でも、どう対処していいかわかんなくって。。。
この前の授業では目も会わないように気をつけてた。

だって、きっと一緒にいたらきもちよくいられるやろうけどせっかくうまいこときゅきゅきゅ!と日本モードに調節完了しつつあるのに、またカリフォルニアのこと思い出して開いてしまったら、収拾つかなくなるもん日本的に困る!

しかもいまだに年齢不詳!あたしはほんまに年齢とか気にしいひんから、大したことちゃうんやけど、わざわざ隠してて、「ジェネレーションギャップを感じる。。。」とかゆってるからwhat?!!!ってなる。


とりあえず、お話しましょう。話はそれから



・・・て、誰にもリアルには話してないネタ、書いちゃった♪



沖縄料理×2

April 19 [Sat], 2008, 21:08
今週2回目の沖縄料理だよ-!!

って写真がね。イマイチってゅ。
まだまだケータィのカメラってあかんなぁ(>_<)ソーリー

お金はおそろしくナィぃのにゴハン!カフェ!ランチ!スタバ!
そろそろありあわせの服で繕うのは悲しくなってきた!お金-ッ!

日本帰ってからは日本のいいとこ探し♪食べたことなぃもんにチャレンジして新しい刺激を!☆


で。

今週京都市内の2つ違う沖縄料理チャレンジしたけど。

やっぱしゴーヤは苦かったらダメ!笑
ぶたは今まで食べたことのあるしっぽ、足、耳の中でしっぽの串だけがアクセプトライン!

ということがわかりました☆★

次はきりたんぽフロム秋田が食べたい。……そんなお店京都にあるんかな?(^^)

お部屋模様替え

April 19 [Sat], 2008, 0:20
日本に帰って、1週間以上の間、お部屋の片づけをしてました

片づけと言っても単に ”put in order” ではなく、アメリカの荷物をどうやっていかにして自分の部屋になじませるか、いかにして今の自分のフィーリングに会った部屋に作り替えるか、といった大工事。体調悪かったし、喘息でるのは目に見えてるから、マスクをしながら徹底的にお掃除&ポイポイポイ!!!以前徹底大掃除をした、大学1回生の終わりごろには、まだ情が残って捨てられなかった(しかも、しまう場所十分にあるし♪)高校生の時の汗と・・・汗(☆)の結晶である参考書やきちんと整理すればお宝になるプリント類もポイポイした。小さい頃から置いてたなんとなく捨てられないグッズもポイポイ

アメリカに、段ボールひとつも送ることなく、本当にスーツケースひとつで飛行機から降り立ったので、お部屋に帰ったら、不必要なものだらけに思えたのかも。

そんな風にして大改造。アメリカ行く前まで2・3か月に1回はなんだか気に入らなくて&気分転換に模様替えしてたのに、それまで1度もしてみなかった家具の配置パターンをアメリカ中に思いついて、それにしてみました。そしたらめっちゃ落ち着く

今までクローゼットの中にしまいこんでいた本棚。。。という名のカラーボックスを外に出して、服はたくさん増えたからそれをクローゼットにしまって、3階から引っ張り出してきた棚に化粧品類を詰めて。もともとあたしの部屋はシンプルイズベストを体現したような部屋だったので、ちょっとは普通っぽい部屋になったと思う。うん

キラキラするもの、見てきゅんとするものは見せた方が心のうるおいにいいなと思って、本棚の上2つにはピアスとか香水とか、キャンドルとかをびっちり詰めてみた。ディズニーシ―のミッキー&ミニーのぬいぐるみも☆(こやって大改造してて思ってんけど、あたしって持ち物めっちゃキャラもの多いかも…!!笑)あ、本棚はね、いつかなにかで読んだんやけど、その人を表す!とかゆわれてるみたいで、自分本棚を持ってることが“ステキな大人”業界ではステイタスらしい???って信じて、めっちゃあたし仕様にしてみた!

1番下にCanCamとELLEとちょっぴし美人百花でしょー、2段目はフレンチと英語の参考書と・・・隅っこに漱石。(お勉強シリーズ!)3段目は愛しのCHOCHOさんとか、美香さん十和子さんとかのかわゆい本と、星の王子様とかの絵本系、村上春樹の病み小説(笑)ノルウェイの森上下と、ペーパーバッグ。あとかわゆいDVD. これらの裏側に実はCDが隠れてるねん。訳あってあたしの高機能コンポ(しかもマイ・フェイバリットカラー、パールホワイトやのに!)弟に取られたからCD使わへんのー。(てかiTunesでしか音楽聞かないしね。)

さらにアメリカで大活用してたBath and Body WorksのWall Flower(コンセントに挿しとくといい香りがするやつ)で、初めて買ってみたJapanese cherry blossomっていう香りがめちゃくちゃよくって、お部屋に入った瞬間からもぉ幸せイッパイ&リラックス〜♪やの。外でどんなに嫌なことがあっても、いったんお部屋に帰ると、顔がほころんで、すぐ自分モードに入れる、自分史上最高のマイ・ルームを作り上げることができました。

ちゃんちゃん

20歳の女の子が見る格差社会 in お金・教養・品!!

April 17 [Thu], 2008, 22:47
「北欧の人と結婚したい」ってヤフーでググったら
唯一の検索結果として出てくるあいぼんライフです
誰やそんなんでヤフー検索使ってる人は―!!!!笑


日本に帰って来てから、恐ろしく格差社会を感じます。
本屋さんにいくと、自分がいかに無知で知識が偏った人間であるのか、だからみんなで協力&分担していかないといけないのね、ってひしひしと思います。でも同時に、みんながある分野でプロフェッショナルになる必要がある。あ、これちょっと違う話。


公共機関を使っている時によく思う。格差社会やなぁって。品とか礼儀とかマナーとか。自分のことしか考えてない人なんて、年齢問わずにたくさんいる。20歳超えたら、あとはどんな経験積んでるかの違いで、しっかりした余裕のある大人になる人もいれば、永遠に子供のままの人もいる。20歳を越えたら、突然年代が違う異性も許容範囲になる子がどっと増える。(自分自身とあいぼんの身の回り広く見たところによる。) それもみんな20歳超えたらあとは同じ土俵になるからやんね、きっと。

格差はいろんな方面に広がってる。お金も、教養も、品も。

年収が億単位で自宅にはプールとかイギリスみたいなお庭があったり、地上ではフェラーリとかジャガーを乗り回して、地上を離れても自家用ジェットやクルーザーでふらふら。有名メゾンのVIP待遇を受けたり、このレベルのお金持ちだけが入れる会員制のバーとかいろんな施設を利用したりする。


教養=就職可能な仕事の選択肢の幅。(あいぼん今3回生だしねー!脳内こんなかんじ♪)あたしがもうすこしインテリジェントであれば・・・!!!もしもうちょっと違う方面に関心が向いていれば・・・!!!なれる可能性のある職業はぐんと広がったかも。や、今からその知識入れちゃう?―――こんなふうに「もっと!もっと!とゆえるあたしなんかはいい方らしい。「就職先なんて工場しかない」「もう、ふつーのOLになりたい」って、あたしと同い年の子が、あたしがキラキラと(あほみたいに?笑)「これも気になるし…☆あ、こんな職業もいいな!」ってタワゴトゆってる傍で、ハタチらしからぬ哀愁を漂わせてつぶやいている現実は、なかなか悲しいものである。こやって比較するのはあかんことやけれど、未だに夢のようなことをきゃっきゃと語っていられるのって、幸せなことなのね?

でも、全くもって中途半端なレベルにある大学に通っている当の本人あいぼんにとっては、「あとすこし!」の一歩が、あまりにも大股な一歩のように感じられてしまう。上の限りなんて永遠に見えない。それはすでに大学受験のときに感じている。「東大京大のひとは違う。」自分はUpper classに行くにはちょっぴり能力が足りないみたい?という思いが、この就職を考えだした際に、また湧きあがってきた。

今週あるクラスで世界の格差社会の記事についてディスカッションをしてたんやけど、そのクラスの担当で、京大でも教えてはる先生が、「京大生の親の半数以上がUpper middle classの人」ってゆってはった。Upper middle classとは、親が何かプロフェッショナルな仕事をしている人。医者とか大学教授とか。国立やのにー?衝撃。あ!その学校の人らには怒られること100%やけど、私立トップ大学のKとWって学力に不相応なイイトコに就職率よさすぎやと思う!しかもトップやからしょうがなぃけど、入学の際に確実にお金に縛りがあるから余計に不平等に感じる!←って一般人からの叫び。笑


品はそのひとの身の回りに現れる。お部屋は自分の鏡っていうように、その人の部屋に行ったら、その空気の感じがそのままその人の人間レベルを表してる。ものがやたら多かったり、散らかっていたり、古すぎてちょっと…というものがあったり、空気がこもっていたりするのはだめ。(最近ものすごく“気”に敏感やの!)
電車の中って恐ろしいくらいにその人の品のレベルが見えてしまう。まだ降りる人がいるのに乗り込もうとする人。我先にと横入りしようとする人。席を取るのに必死の形相の人。降りる人に道を開けない人。奥の方の席から周りの人にどかどかあたって出てくる人・・・。話を聞いていても、「なんてガサツな話し方!」って違和感を覚える人もいる。息継ぎなしにひたすら男とかそれに絡むにっくき女のことを語る女もおぞましい。笑 いろんなレベルのひとが混在して1つの方向に向かう電車って、まさに異文化交流するにもってこい。


高校・大学ってだいたい同じレベルの人が集まるから(私立の幼稚園から〜なんていう特異なUpper classの場合は除く!)、何の気なしにだいたいみんなと同じ、“平均的な”人生を歩んできたものやと勘違いしてしまうけれど、本当のところ、お金や教養の日本人全体分布図を見てみると、意外な位置に自分がいたりする。一歩ずつしか進まへんけれど、生まれてから、横向きに伸びた樹形図を上や下に辿って辿って、今に行き着いたんやなっていつかは一緒の枝にいたはずなのに、今ははるか遠い位置にいる人を見ると、急に思い知らされる。


なんであたしが今日こんなことを書き始めたかというと、最近の経験から、今まで思っていた以上にたくさんの人生の選択肢があるんやなぁってわかって、
HOW AFFLUENT I WANNA BE?
って、数字を伴って、1か月前以上に現実的に考えられるようになってきたから。(howかhow muchか迷ったけど〜結論を見てもらうとhowだけにした理由がわかるよー!)だって、ビリオネアにならなきゃ満足できないひともいるやろうし、年収1000万あれば満足ってひとも、500万なら満足ってひとも、いるに決まってるから。

★NYC 5th Ave.のTiffany show window★

例えば、あたし。ブランドものって好きだけど、クレイジーなほどじゃなぃ。ちっちゃぃものも含めたら、月に1つ手に入ったら。。。や?そんなにいらんなでも、服もたまには欲しい派。あと、レジャーは絶対!海外旅行!

結婚式はみんなを呼ぶバージョンを日本と旦那様の国(もし希望があれば)で披露宴して、式自体はふたりだけ(or めちゃ仲イイ友達数人)で白い砂浜のビーチに神父さん呼んで、ミニの白いウエディングドレスにふわっふわのベールかぶって、ナチュラルなお花を散らして、ふたりとも裸足で誓いをするのー!!!!!(詳しく書き過ぎた。笑)あ、ちなみにハネムーンはモルディブね、モルディブ!←ここ決定事項☆

・・・話を戻して、あたし自分自身の車とかあんまし興味ないし、運転キライやし(普通免許が原付免許化してる)自家用ジェットもいいけど、あたしのイメージでは普通に航空会社の飛行機のファーストとかビジネス乗った方が乗り心地よさそう&経済的やし、そんなお金あるなら自家用タクシー=リモ。にした方が絶対快適&便利やわ!それもあんましいらん!

あと生活面ではできるならお掃除も洗濯もお料理もしてくれる家政婦さんを雇いたいし、あたしが仕事続けたいからベビーシッターも絶対必要になってくるし、犬も飼いたいから犬の世話してくれる人も必要やし、・・・って。あーーーーーー!!!!!!さっきから脳内100% in アメリカやった。だから、日本の家庭で考えるほど、extremely richな家庭っていうわけではないです。外国では結構一般的だよー!

あたしは英国式ガーデンとかプールとかテニスコートとか、桁違いな時計とかジュエリーとか、アンティークやから価値があるとか、そんなもんは興味ない。庶民でもたまに手が届くもの・・・たぶん、雑誌に載っているレベルの贅沢品、に手が届いたらそれでいい。でもいいレストランで食事をしたり、エステに行ったり、海外旅行したり気分上がること人付き合いには贅沢にお金を使いたいなぁ。それに永遠に男女でいられる、SWEETなhusbandがいて、かわゆぃ子供がいて、自分の仕事が楽しく忙しく&自由時間もきちんとある!ならばあいぼんライフ、パーフェクト☆☆

アメリカ vs. 日本 in my mind

April 12 [Sat], 2008, 22:35
実は前の記事、upしないでおこうかなって思ってた。
今の私を表しすぎてるから。

ほんとはね、声を大にして叫びたい。「早くアメリカ行きたい!!日本にいるの辛い!!」って。でも、同時に、ゆったらあかんなぁって心のどこかで思ってる。友達は本当にあたしが日本に帰ってくるのを心待ちにしてくれていたし、その子たちに面と向かって「日本やだ!」っていうのは、やっぱしいけないと思ってたから。しかも、ただの外国かぶれで、留学してたことを鼻にかけてるからゆってるんやって思う人も絶対いるはずやから。でも、ここはあいぼんライフ。あたしの本音しか書かないし、でも、これってゆっちゃいけないよね。。。ってまだ引っかかってる部分が必死に、辛辣な“超・本音部分”をフォローする形になってる、今の自分そのままの記事を作ってしまった。

帰国してから半月経った。最初は普通に道を歩いていて、ひとがぶつかってきたら、きゃー!きもちわるい!&ものすごく腹がたったけれど、それもなくなってきた。左側通行にも慣れた。静かに話さないといけないことにも慣れてきた。けれど、どうしても直らない部分も多々ある。例えばネイティブの先生に話しかけられたらためらわずに英語を話したり、大好きな友達と会ったらHugしそうになったりする。私はこれはアメリカで得たいい癖だと思っているけれど、傍から見たら、ちょっと留学行ってたことを鼻にかけてアメリカン“ぶってる”頭かるいヤツ、ってうつることもあると思う。

でも、あたしはそれを素でやってる。アメリカにいたときから、それに日本に帰ってきてからも、私は日本人だという意識は常にあるし、これからも一生、グリーンカードを取ってアメリカで生涯を終えようとも、血は日本人やもん。でも日本語で話しかけられたら答えるように、私は外国人の先生であろうと普通に答えるし、すこしはがんばっておしゃべりする。なぜかというと、日本人よりアメリカ人の方が会話を楽しくしようとする意識が強いし、それに合わせることが私はマナーだと思っているから。でも、こういうことをしてると、マイナスに見られるかもしれない。アメリカかぶれ。しったかぶり。話せるのがみせつけたいんやろ。

さらに、いくら生活習慣や感覚が日本で生活するモードに戻ってきても、いまだに脳内in アメリカ。だから、何か普通の話題のときに、アメリカでのことを引用してきてしまいそうになるのを、全力で抑えてる。(ある程度漏れてるやろうけど!)だって、アメリカのこと話したら、絶対に共感が薄くなってしまうし、あたしがただアメリカであったことを話したいだけみたいに思われてしまっても仕方ないから。私の中でのアメリカは、日本と同様過去の1プロセスやし、それがたまたま外国で起こったっていう話なんやから、こんなふうに気がまえずに話したらいいのかもしれないけれど、聞き手にしたら「アメリカアメリカってうるさいわ!」ってなるかもしれんやん。

たくさん書いたけれど、結局のところ私はもとからあんまし人目を気にしないので、こんなに書いた風に真剣にこのことを考えることもなく、ほんまに能天気に笑、自分が正しいと思うことを貫いているし、実際だれにもこんなふうに直接は(笑)批判されていないけれど、ちょっと曲ったいじわるな私からのぞいた私自身にいろいろとツッコミ入れておきました☆ すべて結局1番の原因は、あたしがアメリカの空気に合いすぎたからなんやろぉな。(ってこんなん書いてたらまた調子乗ってるとかゆわれる!笑)

アメリカでは、不自然に感じることがぐんと少ない。これはアメリカにもう長年住んでいる日本の人たちもゆってた。ある日本にお住まいのお世話になった方に、「アメリカをひとことで表すなら、何ですか?」と留学中に尋ねられていて、その答えを探しながら生活していたんだけれど、やっぱりそれは、“本能に素直な国”だというふうに私の中で結論付いた。

なんで初対面の人みんなに挨拶するの?−だってその方が居心地いいから。
なんで全く知らない人に話しかけるの?−だってその時の気持ち誰かに聞いてほしいから。
なんで食べ物が全部おっきいの?―だってたくさん食べたいから。
なんで身体関係のこと堂々と話すの?−だって気になるから。
なんでクラブがそんなに一般的なの?−だって楽しいから。
なんでそんなにパーティばっかりしてるの?−だって仲間といたいから。

こんなふうに、言い出したらきりがない。

なんでヒールはかないの?−だって足いたくなるし歩きにくいから。
なんで普段はそんなに気合入ってない服ばかり着てるの?−だって特別な日以外着る必要がないから。
なんでみんなリュックなの?−だって楽だしいっぱい入るから。
なんでそんなに簡単に返品できるの?−だってお客様が満足しなきゃ意味ないから。
なんでiPod聞きながらお仕事してていいの?−だってその方が気分いいから。
なんで授業登録が全部インターネットでできるの?−だってそれだけのために教室にくるなんて面倒だから。
なんでカードでばかり買い物するの?−だって現金を毎日お財布に入れるのが面倒だから。

いくらでもゆえそう。笑
いつもアメリカ人って、BE HAPPYが頭にあって、いや、もはや意識していないだろうけれど、いつもまっすぐでいられるように気を遣ってきた結果の社会だと思う。いわゆる“事務的手続き”みたいな、これ、形式的で意味ないしただ面倒なだけなんじゃない?ってことは本当に少ない。勉強のシステムも、きちんと身に付くカリキュラム。授業中はすごく真剣だけど、遊ぶときはめちゃ遊ぶ。勉強の仕方も、遊び方も、その度合いが日本とは比べ物にならない。人生に集中してると思う。
具体的に言うと。。。
テスト前になるとキャンパス内にあるスタバが24時間営業になる。すべての先生がオフィスアワーを設けて、それをみんなが実際に利用している。教科書は授業が終わったら売れるし、売られたの教科書が定価より安く学校の本屋さんで買える。授業内容をウェブにアップしてくれる先生がいる。週末に軽いノリでベガス遊びに行ったりする(車で4時間!)etc!!!
あくまでこれは全部国民性であって、みんなにあてはまることではないけどね。

なんでも便利なように、不自由ないように、楽しくなるように作られてる。そうでなかったら、抗議し、改善する。私はそれが素敵なことだと思う。政治に関してもそうだし、アメリカ脳から日本の体質を見ると、ほんとうにドロドロしていて、でもそれは日本人だから仕方ないことでやるせなかったし、アメリカにいる時も「私の本来の場所が日本にあること」に対して複雑な気持ちを抱えていた。アメリカ人は、シンプルで逆に言うと、バカだ。もうちょっと考えたらいいのに!と思うこともしばしばだったけれど、それもかわいいもので、どうにでもなるさ〜って結局ぜんぶ解決するものだ。

私は日本帰って来てから余計に思うんだけど、外国人旅行者(大人)を見ていると、身体だけ大きくなった子供のように感じる。ピュアでまっすぐでハッピーな雰囲気。それが私にはいとおしく感じられる。それに、そうやって育ってきた環境をうらやましく思う。

めっちゃシンプルにゆったら、日本はきゅ!でアメリカはどん!やと思う。きゅ!やから、せかせかしている。そのぶん全部が繊細。細やかで細部にこだわる。アメリカはおおらか。いい加減。開放的。
あたしは本質的に「ま、いーやん♪」で済ましがちなタイプやので、日本の繊細さももちろんきゅんとくるけれど、普段のことを考えたらアメリカのフィーリングが最高に肌に合うし、アメリカの建国時からの根底にある方向性、努力と運で誰でも成り上がりが可能♪な雰囲気が好き。特にNYにいたときは、ふと疲れて気が抜けている時ならやられてしまいそうな人の上昇気流?!を感じたし、ここで・・・サバイバルにあたしも巻き込まれてみたい!って思った。

だから、私はアメリカが好き。私のアメリカ留学は、本当に初めての海外だったし、いきなりそれで8か月も暮らしたもんやから、影響が強過ぎたのかもしれない。けれど、留学するまでは日本に合っているかどうかさえ考えたことがなかったけれど、日本人だからって、日本の空気に合うとは限らない。今私は日本<アメリカ、だけれど、もしフランスに行ったらアメリカ<フランス、になるかもしれない。世界には無数に“型”が落ちてる。きっと運命的にフィットできるものが人それぞれにあるんだと思う。私はおおきく2つの型を知ってるけれど、しっくりくる方が偶然日本じゃなかっただけ。私はアメリカで出会った留学生で、母国が恋しくって泣いたりしょっちゅう帰ったりしている子も数人知っている。逆に、もうアメリカに長年住んでいて、こんな人絶対日本ではいないわ〜なんて人にも出会ってきた。
もし「アメリカならこうなのに!!!」ってただ日本で長い間ぼやいている人がいたら、それは正真正銘の外国かぶれ。それならアメリカいけばいいのに、それを実行に移さない、Lazyで勇気がない人。あたしもうっとうしいくらいに内心ぼやいてるのは認めるけれど、大学3回生のあたしは“アメリカに住む”ことを中心に将来設計をしているし、それが実現するように努力もしているつもりだ。

でもーーー、あたしの日本批評はもぅしばらく続く。。。かもね♪アメリカだけじゃなくって本当にいろんな国の人の視点を知ったし、でもそれはまだまだ表面的なものだし、かといって日本のことは普通の外国人観光客よりは知っているから余計、いやな所ばかり見える。日本にやってくる外国人の目的って日本の美にふれたいから。ヨーロッパを旅していて人と関わりあえて楽しかった、といったコミュニケーションを通しての喜びは、日本では期待できるものじゃない。日本が誇れるものはサービスのよさと、ごはんがおいしいことくらいだよ。ヒトごみごみしてるし酸素薄いし、ヒトのことに無関心だし!←この3つは永遠に言い続けそう。笑

ぴゅあッぴゅあなforeignerたち

April 09 [Wed], 2008, 2:00
ニューヨークのとけない魔法
岡田光代 文春文庫


前の記事でゆっていた文庫本、早速読み終わりました♪


あたしが行ったときは改装中!
NYの市立図書館だよー


感想は
To Be Honest.

“アメリカのことやNYのことを知らないひとには面白くないんじゃないの?”
“本当の意味で理解できるひとって数限られてない?”


あたしがアメリカも、NYもマンハッタンも経験しているからそんな風な観点でしか読めないのかもしれないけれど、ただ「そうそうそう!って自分の思い出が呼び起こされるから面白かっただけであって、これが日本人の心に響くかといわれればI doubt. 「だって外国で起こってる外国人のことやし!で済まされてしまいそう。そうじゃないのに。こんな生き方の選択肢もあるよってゆってるのに。まず、ここに気づけたとしても、実行に移すのは至難の業。それに、この本を手に取るようなヒトは、外国に興味があるやろうし、100%かちかちの日本人のはずないと思う。ほんとうに狙った読者層には読まれる機会が少なそう。

この本のコンセプト“日ごろ渇き気味の日本人にぜひ読んでもらいたい”
【無邪気さは消え〜・・・体裁を整えることばかりに気を取られて〜・・・
 純粋さやひたむきさや素朴さをすっかり忘れてしまった日本人】

ニューヨーカーは、おせっかいなくらいのヒトとの関わり合い・どんな境遇にいるヒトでもヒトのことを思いやる心を忘れないこと。ヒトと関わっていくことで人生を味わい深いものにできるんだってことをよく知っている

でも日本では絶対普及しない!あいぼんさんは断言します。
まず気候が違うし(例えばCAは毎日キラキラsunny daysやからヒトもゆるーい♪)、人口密度が違うし(高いほど仲間意識&友達意識って下がると思う)、あたりさわりのなさが最優先の社会だし(かといって物理的にはどかどかとあたっていくけど!)、分単位社会でせかせかしないといけないし(電車がメイン輸送機関であるかぎり免れられない)、閉鎖的だし!(島国根性!)

関係ないけど、日本人の目ってアメリカ人のよりも多くの人が死んでるもん!!(アメリカでなぜか人の顔をめっちゃ見る癖がついて笑、めちゃくちゃそこらへんのひとを観察してしまう・・・)目はファービーでもユズヒコでも(☆)、いつも瞳はキラキラしていなければなりません☆

アメリカ人はpureだと思う。それに、年齢にとらわれない。子供でも1人の社会構成員として認められ、意見する。友達の弁護士のおうちに遊びに行った時、新しい家具を買ってきたばかりでソファを食事ができるまでみんなで作ってたんだけど、きちんと彼の姪っ子の幼稚園くらいの子たちも参加していた。日本やったら、下がっときなさい、とむしろ怒られそうなシーンだと思う。アイスクリームを買いに行ったら、親に連れられて来た小さい子でも、自分でオーダーする。欲しいのは自分だもん。

なんかあっちいってこっちいって全くまとまりがない文章で、主旨を失ってます。

以前は愛着を持っていた、日本の慎ましげで笑ってだめなことをごまかすような文化に全く魅力を感じなくなりました。日本人のノリって、かなり内輪で排他的やんね。帰って来てから、なぜかまっすぐじゃないことに異様に反応してしまう。意外とがんこちゃんみたいもとからか、むこうで変わったのか、わかんない。

日本では、ピュアで無邪気で沸々とわくパワーがある人ほど、ばかな目を見るような気がする。すれてて、すこし斜にかまえている人の方がうまくやって行けるような気がする。こんなの書いてる自分が悲しい。

あ、なんかあたしが現状に不満だらけみたいに見えるけれど、全くないです!!!むしろキラキラ!!
だってあたしは自分にしっくりくる型をみつけてきたし、それは自信になってるし、新しく出会う人でも、これについてこられるひとしか深くならない帰ってからこのcultural differenceを自分の中にうまく組み込むことに奮闘して、実家に戻って気づくことや大きな発見も多々で、いろんなところで体温こもりすぎ!な人間臭い話を聞かせてもらって、関空に降り立った時よりもさらにどろどろ自分煮詰めてきてるなぁーってゆのが実感♪あたしはあたしの人生に!というか今しておくべきこととか夢中になれることに没頭しているし、勉強の集中力あがったなぁって実感するし、ただ楽しいの♪

あと、本のこと、酷評?したけれど、それはエッセイのようなものなのに、新聞のような口調で書かれていたから、なんとなくなじみにくく、読んでてしんどく感じたのと、内容をすでに体感していたから、確認だけで終わったところがあるからだと思う。だから、内容自体はけっこうおもしろいと思う。マルチカルチャル世界(私の留学行ってたOCも世界的に見てかなりハイレベルなマルチカルチャル具合だと思うけど、NYは人種のタイプが多。ヨーロッパ方面多)にどっぷり浸る疑似体験ができるし、アメリカの行事や宗教事情に詳しくなれるし、やっぱりなぜNew Yorkerが(あたし的)世界最強・都市民でありうるか、の理由書のような側面もあって興味深い。やっぱしNYは住んでみなきゃ味わえない魅力がたくさんある。


図書館の裏側の広場から★
新旧融合の美し街


こんなん書いていたら、どんどんNYCに、Manhattanに、Upper Eastに住みたくなる!
それにまた“P.S. I LOVE YOU”(お話の中心がマンハッタン!)が見たくなってきた!

ただいまfrom CA!!

April 07 [Mon], 2008, 1:57
こんばんは★おひさしぶり♪あいぼんです
ほったらかしやのに、ちまちま見に来てくれてて本当にありがとう
Californiaから日本に帰国しましたー!!

で、今日でちょうど2週間。
早い。寒い。カリフォルニアの冬服でも間に合わない!!
もぉかなり日本モードなせわしない生活にどっぷりです。
最初は分単位生活に慣れるのに大変やった。
狙った電車乗り遅れる確率90%!!><


こんなに長い間なんて、数年来ないんじゃないの?!ってくらい
体調が延々と悪いです…あいぼんに今会ったら風邪ひくよ!
帰ってきた瞬間から2週間、ずっと頭ぽやぽや〜です。
現に最近ほとんど毎日会ってるアイボウには移ったかも疑惑が浮上しました。笑(ごめん)
(あ、なんかほんまにアイボウにばっかりあいすぎて、アイボウ以外友達がいません。笑)
毎日寝る前は「死ぬんじゃないの?」ってくらい怖ろしく咳込んでいます。
しかもおなかの底から。「うーーうぇほ、うぇほ、うぇほ!ゴリラ」みたいに、かわいげのかけらもありません。
隣の部屋の妹が深夜にびっくりしてます。
みぞおちが痛みます。笑
ほんまに体力がないと何しててもおもいっきり楽しめへんからやぁやわぁ。
でも今はほとんど治りかけやので大丈夫!


大きな声ではゆえないけれど、ほんまは日本帰って来て辛かったです。
まず100%開ききった心身をぺったり閉じて。
息は小さく!オーラはきゅきゅっと身体に吸い付ける!
骨盤きゅきゅきゅ!しめて!(←笑。でもほんとそんなかんじ!)
きりりと顔も日本人らしく無表情にして
コツコツとヒールで歩いてみて
こういうふうにしてるのが、あたしにはお芝居をしているように感じられる
以前はスカート一辺倒だったけど、どうも履く気にならず日々デニム。
これでぎりぎりバランス取ってる



今日伊勢丹の都路里で春のパフェを食べてきて花まつり?とかいうセットで、これにわらびもちがついてたよー、毎日会ってるアイボウとどっぷり昼間っから京都タワーを目の前におしゃべりして、その帰りあたしのお気に入りのキューブ内にある三省堂に寄ってぷらぷらしてたら、ひとつ目にとまった本があった。

“ニューヨークのとけない魔法”

日本帰ってから、新しいものとか情報に餓えてて、特に最初の3日間くらい、今まで1面下のコラムしか読まなかったあたしが(テレビ見ないからテレビ欄も見ない笑)スポーツとか誰かが死んだとかいうの以外狂ったように読み漁ってて(日本の新聞って1面絶対誰が狂った人が殺人した!じゃない?そういうちまちましたネタって、読む気にもならへん。それから現代社会の心の病を憂うなんて、もっと意味わからん。アメリカも大概で、飽き飽きするくらいに中東関連やけどな。笑)本ももとから好きなのが余計好きになって、コラム欄で知った、今のチベットvs中国の暴動の話の新書を買いかけたり、(2分くらい手にとってじぃぃぃっくり考えて、うん、いつか図書館とかで借りよう、とおもってがんばって手放した。新書とか買い出したらきりないもん。)なんかむずむず外への関心がおさまらへんかって、今回ピピッと来たのがこれやってん。

新書サイズの本って、あたしの場合、目に入ってもなかなか手に取るまで至らないけど、この本だけは、なんか見てみないとだめな気がして、ゆっくり手に取って裏表紙を読んで、帯を読んで、強く「そうそうそう!!!!ってうなずいてしまったから、どんな人が書いてるんやろうって、著者紹介読んだら・・・・・・!!!!日本帰って来てからしばらくの間の考え事、スッキリしたかも:)yay♪

で。帰りの電車早速読み始めてんけど、ニューヨークのあの解放感と、サバイバル感と、人との触れ合いを思い出して、気づいたら一駅もしないうちに泣いていた(絶対泣く本じゃない。笑)
日本ってほんとにいろんな面でコミュニケーション不足してるし、思いやりないし、せっかちで平気でルール破る人がたくさんいるし、それを帰ってからの毎日でひしひしと感じてて、ニューヨークみたいに、街で人と人の人生が交わる瞬間って100%くらいありえへんから、あたしみたいな知らん人に話しかけたくなるような人種には寂しかった。一旦魅力的なものを知ってしまうと、それ以外のものを異常に突き放してしまう。今カリフォルニア、アメリカが好き過ぎて、日本を突き放してる感覚がある。

でも、大学を卒業するまで、あと2年間は確実にこの地で生活していくわけやし、あたしには京都の案内人になる義務があるし(♪)外国人視点も加わったあいぼん’s eyesで、素敵な京都を見つけていきたい。きらり
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2008年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf