落ちちゃう・・・(≧≦)??

November 29 [Thu], 2007, 18:23
なんだか頭の中がごちゃごちゃして(男のことで)勉強できないから吐き出してから勉強しよう。


んと、まず例の最近デートを重ねている彼について。ちょっとした大胆な頼みごとを、深く考えずさらっと送ってしまったあいぼん、メールが返ってこないこと早くも1週間。メールが返ってこないことで、年越しヒトリ疑惑&空港までの頼みやすい足がなくなる???という不安(笑)プ・ラ・ス(うん、こっちがおまけ笑)彼ともう会わないのかなーっていう、心もとない感情でもやもや…。あいが彼女にならへんのやったらもぅ会うのもやめるっていうのなら、それはそれでいい。でも、メールくらい返せコノヤロウ。なぁんて思わなくもない♪

確かに今まで親しくしてきた人とすっきり連絡断つのって、男女問わずさみしい。でも、それと同時に、その相手とどれだけ真剣に関わり合いたいと思ってたのかもはっきりしてくる。それで、私は、今まで揺れてたけど、彼とは本気で付き合うことはないだろうなって落ち着いたのも事実。別に、年末他に過ごしてくれるあてもなくはないし、空港まで送り迎えも頼める人いる。でも、1番に彼に頼んだところに、なにかかんじてほしかったなーなんて、自分勝手?相手そんなことしらんっちゅーに!笑


ほんで〜ここから本番。

久しぶりに胸がトキメイテル…???☆ 出会いはほんのちょっと前です。上記の彼は6個上だけど、このヒトは・・・えへ。内緒!ひとことでいうと、『人生謳歌してます』って感じの人。こういうひとにやられる>v< なんかね、最近もう、今までの“新しいことを吸収させてくれる人”のラインでは満足できなくなってて、それに“尊敬の念”が加わらないと、『ついていきます』っていう気分にならないのーん。贅沢あいぼん。ほんでね、このヒトのことを考えると、もぅなんか松浦あやバリにきゅるるんしちゃうねん!笑 きゃー乙女!(最近老けた記事ばっか書いてるから若さアピール笑)でも、全然会えないから…余計miss you badly……

でも、こんなふうに強く思ってたら、あたしのハートがいっぱいになって、彼からの気持ちを受け取れなくなるから、あんまし考えないようにする!女が先走る恋愛に明るい未来はないですからぁー!


あ、ほんでー、たぶん彼はあたしのことを好きだろう疑惑な男の人。彼もね、うん、けっこうなお歳ですけども。(ってゆったらおじいさんみたぃやな笑)ほんまあたしって、ことごとく“promising men”とご縁があるなぁって…。(いつかの記事参照♪)彼はうちの大学で、あたしが来る直前まで教授をしてた人で、その当時もしてたんだけど今は弁護士1本。はい。あいぼんは学歴バリバリのお金持ちになりそぅな男にばかりモテるのだ。きゃー!こんなん書いてたら同窓会とか出席しにくい!笑 でもれっきとした事実!えへん!きっと近々meet upやね。どうやって知り合ったって?えーまぁそのうちゆうんじゃなぃ?笑←ウザい。


ふー・・・すっきり
おやすみにゃー

脱・完璧主義

November 28 [Wed], 2007, 7:28
何回も書いてる気がする内容なんだけど、いつまでもあたしにlingering…..な、この問題。



私は高校生の時、大きな変化を迎えた。
それまでの私は、しなければいけないことが最優先で、そのあとに自分のしたいことをしていた。宿題をまず済ませて、本を読んでたり。特に受験のころなんかは、うまくいけば9時、遅くなれば12時とかから勉強を始めて、2時や3時に終わって、それから眠いくせに漱石の短編を毎晩ひとつずつ読んでから寝る、みたいな生活をしていた。初めてノルウェイの森を読んだのも、毎晩半分寝かけのベッドの中でだった。


いくら眠くても学校に行ってたし、(学校ではかなり寝てたけど♪)宿題を欠かすことは絶対になかったし、しなきゃいけないことをしない人は、なんて怠惰なんだろう。てか、学校お終わってから何してるの?なんでそうも簡単に約束(?)を破ることができるの?まったく理解できなかったし、反面、何にも縛られていないように見えてうらやましかった。挙句の果てには学年1バカで宿題なんて絶対しないようなヒトを好きになり…自分にないものを求めるとは、まさにこのこと。

そんなあたしが正反対になった。

たぶん、全てきちんとできる自分が好きだったんだと思う。すべてを完璧にこなすことで、満足を得ていたんだと思う。進学校だった私は、宿題の量にキャパ越え、いくらやっても終わらない。いつも後ろめたい、悲しいキモチ。自分ができないことを認めることの辛さ。好きなこと、全くできない。その精神的負荷に耐えられなくて、「もう、いい。」諦めた。できないことは目をつぶるようになったし、自分のしたいことを優先するようになった。だって、しなきゃいけないことしてたら、きりがないんだもん。完璧じゃなきゃ、意味がない。100じゃなかったら、80も0も一緒。そぅ、私は生粋の完璧主義者だったらしい。実はそれに気がついたのは、ごく最近。0より80の方がずっと100に近いことを、うまく咀嚼できてなくて、全ては一時的な自己満足のために、自分の理想とするところ(最大の自己満足)から、自ら遠のいていたんだって、気づいた。


0より1の方がいい。1より100の方がいい。だから私は、全然できてないけれど、半分くらいは点数もらえそうなBritish Literatureの持ち帰り試験も、泣く泣く提出したし、(これは友達のおかげもあるねんけど♪)単位落とすかもしれないフレンチの授業にも出たし、英語を外国語とする私がどれだけうまくやれるかわからないけどPolSciの要約ノート交換にも参加した。


完璧主義の私にとって、自分の生産した中途半端なものを人目にさらすことが一番辛い。けれど、そんなものであっても、0よりずっと100に近いことに気づけたのだから、この辛さも乗り越えてゆくべきものなんだと思う。

以上、あいさんの決意☆ ボン・リゾルシオン!

モノに依存するidentity

November 26 [Mon], 2007, 14:11
最近あいさんカタイ記事ばっかりー。
ブーイングなしでよろちく。

んと、San FranciscoThanksgiving holidayを満喫してきたわけで、また気分が乗ればそのことも書きたいんやけど、その旅行追記といわんばかりの旅行の感想から書いていきます。

旅行中も、旅行帰って来てからも、ずーーっと寝てばっかりだったあいぼん。おうちに帰って来て、あー、やっぱしおうちってうれしくなった。でも、やっぱし日本の自分の部屋よりはまだまだ落ち着かないのが本音。さすがに19年住み続けたんだってキロクはしっかり自分の根っこの部分に刻みつけられてて。

そこで思ったのが、あたしのidentityはモノに依存しすぎているのではないかと。例えば、あたしのバッグの中の有名人、キラキラハートミラー気づいたら一週間前に割れてて。わーい次のん買えるて嬉しくなる反面、“あたしアイテム”がひとつ減ってしまったなって、すこし不安になった。あたしの一部が欠ける感じ。

おうちに帰って嬉しくなる気持ちは、自分のモノに囲まれる安心感にある。そういうふうに、ものに囲まれないと安心できない自分に嫌気がさす。自己確立が固くできていれば、どこへ行ったってあたし。すべての自分に属するものから隔離された状態であっても自分なんだって思える。ハダカでも自分!って特定化される、identityというか、全てにおいての自分の方法を見出していきたい。

何事も目に見える形じゃなきゃ、満足できないタチだから、はるか遠い理想
非日常だから感じられた貴重な経験でした

Santa Barbara Trip

November 21 [Wed], 2007, 16:56
LAから海岸にそって2時間
やってきました、ちっちゃくて趣深い港町、サンタ・バーバラ
そこのピア(港)で、早速おひるごはんをいただきました




おひるごはんこのクラムチャウダー絶品
本店はクラムチャウダー発祥の地、Bostonにあります
シュリンプのサラダも、ワイルドでした〜〜


さらに1時間北上。ワインが有名なとこ(名前忘れた!)に行ってきた。
オランダをイメージして造られた街で、風車なんかがあった
ワイン・テイスティング初体験☆1本買って帰った〜!!
ちなみに、いちおーunder21なあいぼん。
IDチェックされへんくてよかった
ワインも念のため、“オトナ”に買ってもらったよ
それがコレ

あいぼんは辛くない、でもスッキリ白ワインが好き♪
でもシャンパンはもっと好き!!
ハウスメイトと飲む予定
ちなみにグラスももらっちゃったー!!マイグラス・・・オトナ♪笑

ついで?食べたアイス・ストロベリーチーズケーキ
コーンの上の方がチョコなんてにくいっ


次にSanta Monicaまでぐぐっと南下!!
例のお料理上手な方の元へ、ほんで夜ごはん☆
すごく幸せやんねーおうちに行くとごはん頂ける

それから、DVDたくさん見て(ものすごぃコレクションがあるん!!)
人まわり上の方×2のお話を聞いて〜♪
たのしかったー!! 
でも、移動中、80パーセント睡眠してたネムネムあいぼんでした

私がrich menとおじさんが好きな理由。

November 20 [Tue], 2007, 3:57
アイボウ姫に『“rich men”って、あいぼん語やんな』ってゆわれるくらい??笑 あいぼんはrich menが好き。あいぼんの好きなタイプでも、richという要素は常にbest3に入ってる…かも??


きっちり一回り上の“オジサン”×2(←ゴメンナタイ)のお話で再確認、clearになりました投資、資産運用、経営、税金、日本とアメリカの違い、恋愛、たくさんのことについて語っていただいて、どれも本当におもしろかったのですが、まだまだついて行ける程度で自分から意見言えるほどじゃなぃです…



なぜそんなにrichにこだわるかというと、あいの中ではrich=お金以上の意味合いを含むから。別にこの英単語の持つほかの意味に触れたいわけじゃなくって(豊かなetc)richな人になるには、努力が必要だから。rich menというのは、社会に貢献してる。そのおっきな器があるってこと。きちんと自分の進みたい道に着実に前進して、それがお金になる。richさは、人間的豊かさの表れ。深い人生、味のある人生送ってる人には絶対お金が集まってくる。それに、大きなお金を動かすには、人を集めなきゃいけない。人は人にしかついていかない。だから、人間を惹きつける魅力がないと、成功しない。こういうのを判断する際に、お金はなによりもシンプルでわかりやすい指標になる。お金が一番先に来るんじゃなくて、人柄のコンサクエンスとしてのお金にあいさんは興味があるのです。もちろんただのrich men、親の脛かじってる人も、大概の人が、一般の家庭出身のひとよりも、精神的にもケチじゃない。そこが好き。物質的にも精神的にも、ケチが一番キライ。お金が少ないっていう呪縛にやられて、心の中に自分のできることの制限を無意識に決めてしまってる部分がある人が多いと思うから。

ちなみにあいぼんは、『お金持ちの家の子ってよく聞かれる。でもお財布がヴィトンのラインすら超えてない、ふつー(以下?!)の女の子。お金遣いが豪快なせいもあるやろうけど、自分で何に関してもNOTケチケチ(≠節約)を心がけてるからもあると思う

まぁ結局のところ、あいぼん物欲のカタマリ&crazy about shoppingなので??お金、好きですッすきすき。笑


そんなわけで、企業家の方、MBA持ってて将来経営者になる方、おふたかたのお話は本当に興味深かったです 帰りがけ、『あいちゃん、大人の話ちゃんと聞いて偉いね。会社とか入ったらオジサマキラ―になるよ!』笑。あたしってお得な性格?? だって楽しいから聞いてるねんもんすべては知的好奇心から。こっちきてから専ら大人にばっかり相手してもらってます名刺ももらう機会ぐんと増えたしそれと同時にあたしがなんて子供なんだろぉって笑いたくなる。無知のbabyあいぼん。よろちく≧≦


あと、こっちで会う大人は、日本で今まであってきた大人よりも、大人っぽい。日本で会ってきた、『実は32、but心は中学生』みたいな大人は全然会わへん。誰でもきっと、そういう部分は持ち続けるものだとおもう。けど、きっとそれだけのひとは、できることの可能性を知らないし、大概自分自身の人生どこか、悔やんでる部分とか、全く届きそうもない夢想に浸ってて、実際その方向に進もうとしてない妥協を重ねた人生を送ってる人が多い。大人になるほど、それまでどんな人生送ってきたか、はっきり顔やお金やオーラにはっきり表れる。だって、積み重ねてるから。会った瞬間にその違いがわかる。だからあたしは、今から日々、1度でも自分の目指す方へ角度をつけていけたらと思う。それが重なって、数年後には今の人生を平行に伸ばしたところからは遥かかなたに届いているはずだから。


あと、今考えてること。『こっちにいる間に、漠然とした人生の方向性がみつかるといいね。』例えば、結婚であったり、どこに住みたいであったり、人のためになる仕事がしたい、なんでもいい。ただひとつ、一番のプライオリティーを置ける、大きな目標があれば、人生楽だよ、と教えてもらった。最終目標があれば、人生の途中“めんどくさい”と思うプロセスがなくなるやん。だからこれには、本当に納得です。それで、『なんかもう見つかった?』と質問され、あいぼんの中に浮かんだのは『世界の平和に貢献したい、国連で働く』…でも、まだ自信をもってゆえなかった。まだ、わからない。なんでこれが人生のプライオリティーなのかなんて、考えられない。だって、結婚だってしたいし、自分がどんなおばあさんになりたいか(もしくはおばあさんまで生きたいか)どうかさえわからない。でも、世界がテーマの仕事をしたい。これだけは確か。まずNYに行きたい。

というわけで!!あいぼんはオジサマが好き。だって、人間的に面白いんだもん。全く新しい世界が広がるし、ためになるし、かわいがってくれるし(笑)ゆうことない!!最近同い年くらいの男の子見ても、全然反応せんくなってきた。だって、コンテンツ 量が違いすぎる。すっかり目の肥えてしまったあいぼんは、落胆させられるのがやや。自分のことを棚に上げて、まったくけしからん女もちろん、きゃんきゃん遊ぶ分には一向に構わないのですがどっちを恋愛の目的にするか、やんな。

今日は濃厚あいぼん生しぼり(CHOCHOさん風に
20なんてまだまだ赤ちゃん!!

already...he is BF.

November 15 [Thu], 2007, 19:46
お誕生日以来、はじめてごはんしてきた
(あーまた写真忘れちゃった今度こそ撮ってくるね!!)
ちなみに今回はベトナムしゃぶしゃぶ生春巻きの具を自分でしゃぶしゃぶするんー

あ、しかも今日はあたし、結構英語喋ってたよ!!
ま、それはおいといて。

だって、この年で『ツキアッテクダサイ』みたいな、始まり方ないでしょ。もう、じゃぁ90%付き合ってるみたぃ。わぁ…そうやったのね。(今自分で書いて、確認☆笑)あたし、でも、でも・・・全然、そんな気なくって、今日なんて、・・・わぁぁぁぁ。なんだか今、泣きたい気分。ごめん!!あたし、今日、やっぱし彼は友達かもって感じてしまった。なんでって、なんで…??わかんないです。あたし、彼に対して感情的になれへん。こぅ、なにかもぅひとつこのひと!っていう、決定打がないの。彼は本当にあたしのこと丁重に扱ってくれるし、あたしの意に反することは絶対しない。さらっとリードしてくれるし、男らしい人。

今日はあたしが最近の勉強疲れで、ねむ〜ってしてて、全体的にあんまし喋ってなくて(露骨・笑)しっとりしてたから(半分狙い・yay♪)、いつもとはノリ違うお話しててん。突然彼が「あいはどんな男が好き?」って聞いてきたから、恋バナになって、あたしはその中でも、「だから、今は本気で好きになれる人がいない」って無駄にストレートにゆって(ゆわんでいいやん!!笑)あたしも彼が好きなタイプ聞いたら、前に「あいは〜だね」ってゆってたのとほとんど同じで、でもあたし「それじゃぁあたし正反対やわ」とか、無駄に反抗してみたり(しんでいいやん!!もぅ笑)ほんと、今日はかわいげ0。彼が近付いてきた分だけ逃げた。これからも、そんなことを続けていきそうでこわい。


彼はいつもあたしのこと思ってくれてる。
あたしはいつも彼の向こう側をみてる。


あたし、こんなことばっかりしてるから、まともな恋愛できないんだ。
“人は外側と内側を整合できた時、必要なものが必要なだけやってくる”
満足いく恋愛をするには、あたしの人間はまだ十分にできあがってない。

これすなわちあいぼん

November 11 [Sun], 2007, 14:16
ほんまにあたしってコワイ人間です

最近ずっと学校で、同じ大学の1つ上のオネーサン(毎日会うし、アメリカやし、もはや敬語0やけどっ)と一緒にいるねんけど、その子がもぉほんま、ぷんっぷんの小悪魔ちゃんなのだ。きゃぴ!と毒があるかんじね。(いえいえ!!ほんまにお世話になってる(お互い☆)気遣いができるかわゆぃ女の子ですよん!!)

別に、小悪魔ちゃんとリアリストが両立しないわけじゃないんやけど。(むしろ、小悪魔ちゃんにはリアリストが多い気がするけど)その子といると、ほんまにあたしってリアリストーーー冷めてる!!なんてかわいくないんだっ!!って、実感

あたしたち偶然同じクラスを取ってて、今midtermに奮闘中。むしろ、刃が立ってすらいないような悲惨な状況。授業が終わって、どうしよーとか嘆きながら歩いてると…

“Hi!!”

Eric!!!彼はうちの大学の院生やねんけど、8月の夏学校(ESL)中に授業習ってて、「なんか助けられることがあったらいつでもメールしてね!!」って授業の度にみんなにゆってた素敵なおにーさんちょっとへたれっぽぃとこも受けてみんなのアイドル的先生だったのだ。

“Now we attended British Literature!!”

実は彼のmajorはあたしたちと同じ、English。普通こっちの人にEnglish majorってゆぅと、「なんで?!」…怪訝そうな顔OR驚いた顔されるのが常。でも彼はあたしがESLで自己紹介した時、majorがEnglishってゆぅとexcited!!どんな作品してるんー?Shakeapeare好きなんや!!どの作品?!聞かせて!!っで、あたしだけ自己紹介長いねんけど…(笑)とにかく、midterm困ってるねん!!めっちゃ難しいー!!なんて話をして、byebye

そしたらあたしの隣にいたオネーサン。

『あたしやったら絶対即行midterm頼んでるわ!!!!』

なんでしーひんのといわんばかりに吠える。それに対しあいぼん

『うんーーーーー、reviseは頼もうかなと思ってー

さらっと流したのは、あいぼんさまの温厚なペルソナの現れです。中身のあいさんは「だって、頼んでもなんもならんやん。彼がessay書けるわけちゃうし。」つ、冷たい…。そう。あたしこーゆぅシーンによくぶち当たる。あいぼんサマを知ってるちょっと浮かれたとこがある人は、1度はぐさりとあいぼんが放つ氷の矢を受けていることでしょう。えへん。でも、このペルソナverの自分であっても、絶対うそはつかない。これすなわち、あいぼん




また別の日に。キャンパスでイベントしてた、アフリカのAIDSの子供の実体験ができるテントにその子と行った時のこと。帰り道に

「○○がこうでねーほんと、ひどいよねー」

現状についてすらすらと意見する彼女に対し、事実を知って衝撃confusedあいぼん、ただひたすら

『なんでこんなことおくってるの?どーやってお金遣ったらいいかな、どんな事業?誰が経営?あたしはどうしたらいい?』

・・・・・・頭フル回転。きもちわる!!




昨日アイボウ姫さま『あいぼんってふわふわしてるようで自分持ってるよね』とゆってもらいました。自分でゆぅのもなんやけど、ほんまに的確にあたしのこと表してるなーと関心&姫さまlove!!
だからあいぼんのことをいつもふわふわしてて人についてくのが常の腰の低い従順な女だと思ってる人は、あたしのもう一つの面を1度も見たことがないってこと。もちろんそれもあたしの一部だけど、それはこのあまりにリアリスティックで冷たいあたしが人を傷つけてしまうことを十分にわかってるから、わからないふりや、スマイルでごまかし笑 これすなわち、あいぼん

自分にとって大切に思えないこと&面倒な事には深く関わらないだけ。でも常にマイポリシーは失わないし、欲しいものには、物質的にも精神的にも貪欲だし、ある意味とても頑固だ。これすなわち、あいぼん

**"<(-ω-)>Contemplaton**

November 10 [Sat], 2007, 16:27
最近モノ思うことが多く。
やっぱり仲良すぎるよね、と思い。

今までほとんど思ったことなかったけど、今日初めて彼女さんに罪悪感を持った。バボーン

なんだか電話しないといけない気がして、電話かけてたら
『ザワザワ・・・ちょっと、出て(遠くから聞こえる感じ)』
『もしもしー?』
クリアではっきりした透明感のある声。彼女さんだ。いつもなら
『きゃーーーーーーー○○ちゃん!!!!』
てゆノリなんやけど(☆)今日はどきっとした
だって、わざわざ、国際電話

彼は免許取りたて1週間の運転中らしく、助手席の彼女さんと、きゃっきゃ喋って
『○○(彼氏)が“また電話かける”って』
そう聞いて、おしまいにした。




それが2週間くらい前かな?
電話かかってこぉへんなーまぁ大丈夫なんかな
なんて思ってたら、メールきた

ま。その内容が内容で、こんなふうに書いてるんやけど。

私たち、関係が濃すぎる。私の知らないところで、彼とその彼女はディープな関係を結んでいるんだろうけど、それを踏まえても、私と彼の精神的深さは、山よりも海よりも〜!!の世界。だれも立ち入れないし、それは彼女さんも例外じゃない。こんなんあたしにゆってんの彼女にばれたらどぉすんのーーーーー??????!!!!!!て。変な浮気とかよりも傷つくやろ。だって、どう考えても壊せへん関係というのは周知の事実。彼氏に、自分より、もっと心開いてる女がいるなんて。(わー大胆にも“より、もっと”とか使ってしまった、今まで比較級は避けてたのに。)

私の方は今、のうのうとカリフォーにゃんLIFEを満喫してますが、彼の方は日々日本の生活と格闘中なわけです。もちろん、彼女だからこそ言えないことってたくさんあるよね。でも、あたしじゃなきゃダメな理由はなに?それ、on general男友達に相談する〜よね??ん?

それで、今までなら、しょうがないなーってあいぼんさまお電話してあげたり、なんやかんやとお世話を焼いてあげてた(♪)んやけど、(あたしってなかなか懐広い女やろ)今回はなんだか考え込んでます。だってね、彼、本当にあたしなしじゃ生きられないんじゃないかって思い出したから。ま、お節介にもほどがあるってつっこまれそうだけど、ほんと、ばかじゃないのってくらい、あの人は……もぅ。

うまくゆえないんやけど…どんなふうに出会って、今よき友達で、今までこんなことを一緒にしてきて、それがどういう気持ちで。そういう現実世界の枠を超越して、無条件に、一緒にいるべきだって感じる人。スピ的にいうと、前世が兄弟とか、ソウルメイトとか、そういうにおいがするんですが。シランケドーーー

実は、こんな風に深い関係になるの、はじめからわかってたのかもしれないなぁ。私が用事?で、友達に彼のアドレス教えてーってゆったのが、たぶん始まりやねんけど、(起源をたどると小学校までさかのぼるけど、)そのとき『ついにきたか。』って気分だったの覚えてる。そんで、笑ってたの、覚えてる。『なんで笑うの?』ってその友達に不審がられたのも、覚えてる。自分でも何で笑ってたのかよくわかんない。でもすごくfunnyなかんじがしたねん。そのあと、それまでほとんど話したことなかったのに、メール突然送り付けることに何の違和感やドキドキもなかったし、あたかも当然のことごとく、するすると今の状態まで来てしまったのですねぇ。うぅ。

ちょっとほったらかしてみてもいいかな
今のままじゃ、日本帰ったとき、空港で泣きつかれそう。笑(そーゆぅキャラちゃうけど!てかそんな男やや!!笑)
それにしても・・・どんだけあたしがいるねん、ばか!!!

…なんてゆわずに、今までどぉり、『だって友達やし!女という以前に!ていう悲しい意味合い含☆笑)』で通していいんかな…???

しょぅもなぃのに信じてしまうこと。

November 03 [Sat], 2007, 5:25
2007年のわたしへ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは75歳で、つまり西暦2062年に、寿命を全うして生涯を終えます。振り返ってみると、良くも悪くも、自分らしい人生だったと満足しています。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは 2009年のある寒い日の出来事です、わたしはちょっとした偶然が重なって、アメリカのシカゴへ行くことになります。そこで人生のクライマックスといえる出来事が起こります。時がくればわかると思います。
最後にひと言、75年間生きてみて思ったのは「ダイエットなんてするもんじゃない」ってこと。といっても、今のあなたには判らないかな。
では、また。
残された人生を思う存分味わってください。



なんかぞっとしたーーー

気になる方はこちらから
天国からのメッセージ
名前からしてうさんくさいっ

でもぉぉぉ・・・シカゴってなにー?!ダイエットするなってどゅ意味ー?!!!!
リアルに当てはまり過ぎて怖い

Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf